《マネリテ!株式投資初心者の為のネット証券会社比較》について

 

金融・株式投資メディア:『マネリテ!』とは?

– SITE POLICY –

「株式投資を通じて資産形成・ダイナミックな経済を体感する」をコンセプトとする金融・投資メディア「マネリテ!」(運営元)は、株式投資・資産運用に関心がある投資初心者向けに、株式投資、おすすめネット証券口座比較、IPO、立会外分売、株主優待、外国株情報などに関する投資ノウハウ、ニュース、コラムなどを発信しています。

証券アナリストの資格を有し現役で投資を実践している、金融の知見が深い編集部メンバーが独自に調査・取材を行い、投資判断に役立つ最新情報や統計データに関する独自の分析結果などをコンテンツとしてまとめています。ぜひ、楽しく株式投資を学ぶことに役立ててください!

秀次郎
ワシと一緒に株式投資を初めて学んでいこうではないか!

「たったの1円」が222万円に?!株式投資は資本主義が始まって以来最も利益を上げ続けている手法!

日本の株式市場はバブル崩壊以降30年間の停滞期を迎えています。

しかし、徐々に株式市場は勢いを取り戻しつつあります。

信太郎
我が国も、ようやくバブル崩壊から抜け出しつつあるな!

 

「株式投資」は資本主義が始まって以来最も利益を上げ続けている投資手法です。

例えば、最も歴史の古い米国の株式市場では200年以上(1802年-2017年)にわたる平均年率リターンは7.2%となっています。

 

さて、米国の株式市場に1802年に1円を投資していたら、一体今頃いくらになっていたのでしょう?

2017年には2,222,777円!!!(222万円)となっていたのです。

秀次郎
複利の効果は凄まじいのー!!

 

現在、日本の定期預金金利が0.01%程度であることを考えると、預金だけでは大きな資産を築けません。

大きな資産を築くためには株式投資は必要不可欠となってくるのです。

信太郎
株式投資しないことはそもそも大きな損失だということを心得よ。実際世界の大金持ちはバフェット氏をはじめ株式投資しておるぞ!

 

資産運用の必要性に気づいている方。

また、歴史的に最もリターンが高いことが証明されている「株式投資を始めようとされている方。

 

当サイト「マネリテ!」では、そのような方々に向けて、株の基礎知識、ネット証券の適切な選び方、そしておすすめの投資手法についてお伝えしています。

ネット証券は手数料が断然安い!これからの株式投資には欠かせないメリットだらけのツール

上記で、株式の長期的なリターンの平均は7%とお伝えしました。

ここで、株の取引手数料の話です。

 

通常の証券会社の「店頭取引」では、株を購入する際に手数料が約「1%」が掛かります。

株を売却するのにまた、約「1%」の手数料が掛かります。

つまり、株の売買の往復で手数料は計「2%」。

 

これはつまり、1年間のうちに株の売買を完了させると、2%が差し引かれ、7%の株式投資のリターンは5%になってしまいます。

100万円を投資した際に「7%」と「5%」ではどのくらいの違いが出てしまうのでしょうか?

 

以下のグラフの「7%リターン」と「5%リターン」の上昇角度を見てみましょう。

総合証券で取引した場合のリターンの下がり方

 

たとえ同じ投資金額・利回りでも、長期的に見たら「その2%の手数料」が大きな差を生んでしまうことがわかります。

家三郎
株の売買の往復2%の手数料は侮れんということじゃな!手数料は安いにこしたことはないのじゃ。となれば、手数料の安いネット証券の出番なのじゃ。

 

以下は代表的なネット証券である楽天証券とSBI証券です。

1注文の約定代金楽天証券/SBI証券
〜5万円50
(税込54)
5万円〜10万円90
(税込97)
10万円〜20万円105
(税込113)
20万円〜50万円250
(税込270)
50万円〜100万円487
(税込525)
100万円〜150円582
(税込628)
150万円
〜3,000万円
921
(税込994)
3,000万円超973
(税込1,050)

 

ネット証券では取引の「片道0.1%程度」という店頭証券会社に対して破格な安さを誇っています。

家三郎
ほとんど手数料を気にすることなく取引を行うことができるのじゃ。

 

最も効率よく株式投資で大きな資産を築くためにはネット証券は欠かせないツールといえます。

 

実際に、近年はネット証券の口座の伸びは凄まじく、楽天証券、SBI証券をはじめ1300万口座が既に開設されています。

 

秀次郎
楽天証券とSBI証券のどちらが良いか、手数料水準が同等なので迷ってしまいそうじゃ。
信太郎
次の項目で表で各ネット証券を比較しておるぞ。今すぐチェックじゃ。

各ネット証券会社の強みを一括比較

一言にネット証券といっても、様々な種類のネット証券があります。

我々人間もそれぞれ個性があるように、各ネット証券も個性があります。

そして、それぞれ強みを持っている分野に違いがあります。

 

以下はネット証券で利用できる10種類のサービスについての比較表です。

特に強みを有している証券会社に◎=2点、ある程度の強みを有している証券会社に○=1点として評価しています。

(クリックで拡大!)ネット証券比較

 

総合ネット証券として「楽天証券」と「SBI証券」が際立って優秀なネット証券であることが一目瞭然です。

 

自身の趣向で、証券口座利用に於いて何を重んじるのか、検討した上でどのネット証券を選択するかを決めましょう。

 

ちなみに、特にそこまでこだわりがなければ、楽天証券を選べば間違いありません。

楽天証券は基本的に全ての分野でトップクラスのサービスを提供しています。

楽天証券漫画

【完全版・楽天証券口座開設マニュアル】コレだけ読めば万事解決!楽天経済圏を生かした全てのメリットも余すことなく解説。

2019.06.06

 

信太郎
また、ネット証券は無料で口座を開設することができ、口座維持費もかからん。複数開設も可能じゃぞ。楽天証券とSBI証券を併用するとIPO抽選に2回申し込めるメリットもあるぞよ。

 

 

最後に個別株・外国株など投資対象を軸にし、ネット証券会社を簡単にチャート方式で選べるようにしています。

自分に合った証券口座を選んで、株式投資を楽しみながら取り組んでいきましょう。

初級者チャート

秀次郎
わしはまだまだ株式投資については初心者なので、楽天ポイントで投信積立できてしまうばかりでなく、かっちょいい売買・分析ツール「マケスピ」(マーケットスピード)が使える楽天証券一択じゃ!
家三郎
楽天証券を開設すれば毎日の日経新聞の朝・夕刊も無料で読める「楽天版・日経テレコン」も購読できるしのぉ。まずはとにかく楽天証券を開設が正解であることは間違いないぞよ。

 

[楽天証券関連コンテンツ]

【完全版・楽天証券口座開設マニュアル】コレだけ読めば万事解決!楽天経済圏を生かした全てのメリットも余すことなく解説。

2019.06.06