【DEレシオ・ネットDEレシオとは?】目安や自己資本比率との違いを含めてわかりやすく解説する!

投資は資産を増やすためにするものですが「増やす」という点にばかり目を向けていると思わぬ損失を招くことがあります。

急成長している企業が、一時的な不況を耐えることができずに崩壊してしまった。

というようなことが投資の世界では珍しくありません。

 

信太郎
投資においては、増やすこと以外にも減らさないという意識を持つことが大切じゃ!投資を長く続ければ失敗することもあるからの!

 

その時に資産を全て失ってしまっては投資を続けることはできません。

ですが、損失を限定することができれば一時的に資産が減少してもその後立て直すことが可能です。

 

今回は、投資で大損失を被らないために重要な企業の財務健全性を測る指標「DEレシオ」について紹介します。

投資で将来の資産を堅実に築きたいという方はぜひこの記事を最後まで読んでいただき参考にしてください。

 

DEレシオとは 

DEレシオとは「デットエクイティレシオ」を意味します。

 

信太郎
デットとは負債、エクイティとは資本のことじゃ!

 

レシオは倍率や割合を意味しますので、DEレシオ=デットエクイティレシオは資本の何倍負債があるのかを示す指標となります。

つまり有利子負債が自己資本の何倍あるかという指標になります。

DEレシオの図解

 

DEレシオの計算式は以下のとおりです。

DEレシオ=有利子負債÷自己資本

 

DEレシオは1倍であれば負債額と資本額は同じとなり、1倍を超えると資本より負債が多いことを意味します。

よって、一般的にはDEレシオが低ければ低いほど財務健全性は高くなります。

DEレシオが高ければ高いほど借金が多く財務健全性が低いと判断することが可能です。

 

信太郎
自己資本とはそもそも何か分からないというモノは以下コンテンツで復習するがよいぞ!

 

【貸借対照表とは?】BS(バランスシート)の見方を紐解く!『株主資本』『自己資本』『純資産』の違いとは?

2019.05.05

 

急成長しており株価が上昇している企業でも、資本に比べて高額の負債を抱えている場合は危険です。

事業が景気変動など外部的な要因で一時的に落ち込んだだけであっても、多額の負債の返済ができずに倒産してしまうこともあり得ます。

投資対象を選定する際には業績が好調であっても、財務状況をしっかりと確認するようにしましょう。

その際に有効な指標となるのがDEレシオです。

 

DEレシオの目安

DEレシオの目安としてよく言われているのが1倍です。

DEレシオが1倍であれば、有利子負債額と自己資本額が同じということです。

DEレシオが1倍を下回っていれば財務健全性が高く、1倍を超えているようだと有利子負債が多いという見方ができます。

 

秀次郎
DEレシオが1倍以下ということは自己資本で有利子負債を賄うことができるからの!

 

ただし、有利子負債を多く抱える傾向のある業種もありますのでDEレシオを用いて他企業との比較を行う際は同業他社と比較するようにしましょう。

 

例えば、不動産業は高額な物件を多数保有しているため、借入金が他業種より多いという傾向があります。

また、IT関係企業は資産をそれほど必要としないため、負債が少ないことが多いです。

 

このように負債の割合は、業種によって異なりますのでDEレシオを使用する際には注意する必要があります。

 

自己資本比率とDEレシオ

DEレシオと同様に企業の財務健全性を測る指標としてよく使われているのが自己資本比率です。

自己資本比率は総資産に占める自己資本の割合を示します。

 

自己資本比率とDEレシオの比較

 

計算式は以下のとおりです。

自己資本比率=自己資本÷総資産

 

自己資本比率は数値が高ければ高いほど財務健全性が高いとされています。

 

信太郎
自己資本の割合が高いということは負債が少ないということでもあるからの!

 

自己資本比率とDEレシオは両方とも財務健全性を測る指標ですが違いがあります。

それは、DEレシオは有利子負債に着目しているという点です。

 

有利子負債とは言葉のとおり利子が有る負債のことです。

金融機関からの借入金や社債など利子が発生する負債を意味します。

 

負債には利子が発生しない買掛金や未払金といったものがあります。

自己資本比率は総資産を用いて計算しますがDEレシオでは有利子負債のみを加味します。

 

 

ネットDEレシオ

DEレシオにはネットDEレシオという、より負債を厳密化した指標があります。

ネットDEレシオでは、有利子負債から現預金を除いた金額と自己資本を比べます。

 

信太郎
現金があれば負債を返済することは可能じゃからな!

 

計算式にすると以下のとおりです。

ネットDEレシオ=(有利子負債―現預金)÷自己資本

 

DEレシオとネットDEレシオの比率

 

「ネット」とは実質を意味します。

有利子負債が100億円あったとしても、現金を100億円保有していればすぐにでも負債を全額返済することが可能です。

財務的には実質的に無借金の状態です。

豊富な現預金を有している企業も多く、現預金が多いほど財務健全性は高まります。

 

DEレシオの短所は多額の現預金を保有している企業であっても有利子負債が多ければDEレシオは高くなってしまうという点です。

その点をカバーするために現預金を含めた実質的な負債をもとに計算したのが、ネットDEレシオとなります。

 

ただし、いくら多額の現預金を保有しているから実質無借金といっても実際に有利子負債を抱えている限り利子は発生します。

現預金を効率的に活用できているかをしっかりとチェックする必要があります。

 

ネットDEレシオは「有利子負債―現預金」を計算対象とします。

多額の借入を行っても借入金を現預金として保有している限りネットDEレシオはほとんど悪化しません。

 

しかし、借入金を経営に有効活用できていないのであれば財務基盤は悪化していきます。

 

財務健全性を測る指標は、DEレシオ、ネットDEレシオ、自己資本比率と複数あります。

しかし、それぞれに特徴があり短所もありますので、それぞれを組み合わせて分析を行うことが重要です。

 

コラム:DEレシオと自己資本比率の確認方法

では実際にDEレシオや自己資本比率をどのように確認するのか?

という点について楽天証券を例にとりながらお伝えしていきたいと思います。

 

秀次郎
まだ楽天証券を保有していないという方は以下も参考にしてみるがよいぞ!一番おすすめできるネット証券じゃ!

 

 

まずは楽天証券にログインして銘柄検索欄で銘柄を入力します。

今回は三井物産を例にお伝えしていきたいと思います。

 

楽天証券の検索欄で『三井物産』と入力して、下の欄の三井物産をクリックします。

楽天証券でのDEレシオと自己資本比率の見方①

 

次の画面で『指標』をクリックすると様々なファンダメンタル指標が一覧形式で閲覧することができます。

その中にDEレシオや自己資本比率を確認することが出来ます。

 

楽天証券でのDEレシオと自己資本比率の見方②

 

DEレシオの改善策

DEレシオを改善させるには大きく2つの方法があります。

 

  • 分子の有利子負債を減らす
  • 分母の自己資本を増やす

 

DEレシオの計算式は有利子負債÷自己資本ですので分子を減らすか分母を増やすことで数値は低くなります。

 

当然借入金などを返済して有利子負債を減らせばDEレシオは改善されます。

その他にも、利益が積みあがっていけば自己資本は増えますのでDEレシオは低下しますし、

増資によって自己資本を増加させることでもDEレシオを低下させることが可能です。

 

いずれにしろ、DEレシオだけにとらわれずに効率的な経営ができているか合わせて確認することが重要になります。

財務基盤は良くなったが、収益力は落ちたという事態になっては投資家には評価されません。

 

まとめ

今回は企業の財務健全性を測る指標であるDEレシオについて、指標の意味と活用方法などを紹介しました。

 

最後に重要点をまとめますと以下のの5点があげられます。

 

  • DEレシオは有利子負債を自己資本で割った数値で、数値が低いほど財務健全性は高い
  • 自己資本比率との大きな違いは単なる負債ではなく有利子負債を重視しているという点
  • 有利子負債とは利子が発生する借入金や社債などの負債のこと
  • ネットDEレシオとは有利子負債から現預金を除いて自己資本を割ったもの
  • DEレシオ、ネットDEレシオどちらも特徴があり組み合わせて分析することが重要

 

DEレシオは企業の財務を分析する上でよく使用されます。

株式投資などに興味がある方は、ぜひこの記事を参考にDEレシオを用いて企業分析を行ってみてください。

株式投資におけるファンダメンタルズ分析とは?代表的指標(PER・PBR・ROE・ROA等)と計算・分析方法を解説!

2019.05.29



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。