【日本たばこ産業】高配当利回りで有名なJT(2914)の今後の株価推移を予想する!配当維持の可能性を含めて見通しをたてる。

【日本たばこ産業】JT(2914)の業績推移と株価を分析!国内トップクラスの高配当銘柄の今後を予想する。

日本国内のたばこ製造を独占している企業がJTです。

 

信太郎
近年、喫煙による健康への影響などの問題から、喫煙はネガティブに捉えられることが多いのぉ。

 

その結果、実際に喫煙者数、喫煙率が低下の一途を辿り苦境にたたされ株価は下落の一途を辿っています。

 

JTの株価推移

 

淀姫
株価が下落し続けて、投資家界隈の中でも懸念の声が上がっていますね。
信太郎
ただ、配当金は増加基調を維持し配当利回りは8.5%という超高水準を維持しておるんじゃ!直近四半期決算でも配当金維持が発表され話題をよんでおったの!

 

そういった状況でたばこ銘柄であるJTの業績はどうなっているのでしょうか?

JT株は「買い」なのでしょうか?それとも「売り」なのでしょうか?

配当金は今後も維持可能なのでしょうか?

 

という気になるポイントについてまとめていきたいと思います。

 

信太郎
JTへの投資を考えている方は参考にしてくれると嬉しいぞ!

 

目次

JT(日本たばこ産業)とは?

JTは国内たばこを独占的に販売するために政府が設立した日本専売局、日本専売公社が基となっております。

 

JT

参照:JT

 

1985年に日本たばこ産業株式会社が設立。

1994年には政府が保有していた同社株を市場にて売り出したことで、現在のような株主が多岐にわたる上場企業へと至りました。

現在でも国内のたばこ製造を独占しているメーカーであり時価総額3.5兆円を超える大企業です。

 

目次に戻る

JTの事業

JTの事業セグメントは「国内たばこ事業」、「海外たばこ事業」、「医薬事業」、「加工食品事業」の4つです。

 

JTはたばこのイメージが強いです。

しかし、たばこ事業の他にも医薬品の開発・製造・販売を行う医薬事業や冷凍食品や加工食品、

調味料などの製造・販売を行う加工食品事業があります。

ただし、医薬事業と加工食品事業を合わせても売り上げの1割を少し超える程度の規模です。

 

信太郎
依然として、たばこ事業が主力であることに間違いないのぉ!

 

主力のたばこ事業は海外事業が国内事業の2倍以上の売り上げとなっています。

国内たばこメーカーのイメージがあるJTですが、実際は海外でのたばこ販売の方がかなり多く、

売上全体の50%以上が海外売上です。

以下は2019年12月期の各事業別売上高の構成比率です。

 

JTの事業別売上高構成比率

 

海外でもシェアを獲得しているJTのたばこ事業は世界4位の規模となっており、ロシアや台湾でもシェアは1位。

イギリスやイタリアなどの欧州でも高いシェアを獲得しています。

 

目次に戻る

JTの過去10年の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、当期純利益)

JTの過去10年間の売上高、営業利益、経常利益、当期純利益は下記の通りです。

JTの売上高、営業利益、純利益の推移
決算期売上高営業利益経常利益当期純利益
2007/034,769,387331,991312,044210,772
2008/036,409,726430,553362,681238,702
2009/036,832,307363,806307,586123,400
2010/036,134,695296,504255,377138,448
2011/032,059,365401,321385,242243,315
2012/032,033,825459,180441,355320,883
2013/032,120,196532,360509,560343,612
2014/032,399,841648,260636,203427,987
2014/122,153,970499,757502,299362,919
2015/122,252,884565,229565,113485,691
2016/122,143,287593,329578,237421,695
2017/122,139,653561,101538,532392,409
2018/122,215,962564,984531,486385,677
2019/122,175,626502,355465,232348,190
2020/122,010,000422,000286,000

 

信太郎
営業利益、経常利益、純利益ともにここ数年間は少しずつ落ち込んでおり、たばこ販売の苦戦が影響しておるの。

 

2014年に落ち込んでいるように見えます。しかし、これは決算時期を変更したことによるものです。

決算月が3月決算から12月決算に変更したことにより2014年は4月~12月の9カ月の決算となっている為です。

 

他の年に比べて3カ月短い決算となっていますので、業績が大幅に落ち込んでいるように見えます。

しかし、実質の業績が大きく落ち込んだわけではありません。

 

淀姫
2011年の売上高が激減しておりますが??何故ですか?
信太郎
うむ。これは会計基準の変更が影響しておるんじゃ!

 

また、2011年3月期より売上高が大幅に減少しているのは会計基準を国際基準のIFRSに変更したためです。

JTの主力商品であるたばこは価格のかなりの部分を税金が占めます。

 

日本の会計基準では、たばこ税も含めた販売価格が売上に計上されていましたが、IFRS基準ではたばこ税は売上には含めません。

ですので、実際の顧客への売上高は同程度でも売上高としては大幅に落ち込んでいるように見えるのです。

 

たばこ事業の特徴として安定性が高いという点があります。というのは、たばこにはニコチンが含まれており依存性があるからです。

ニコチンによる依存性があるため、いわゆるヘビースモーカーと呼ばれる人達全員が急にたばこを辞めるという可能性は低いと考えられます。

依存性がある故に、たばこ税の増税などにより価格が上昇してもたばこは売れ続けます。

 

実際、たばこの価格弾力性(価格が上昇した際の需要の落ち込みを測る指標)は低く、数値的には生活必需品などと同レベルの数値です。

価格弾力性が1以下の場合は理論上販売価格を上げた方が売上は高くなります。

 

通常、価格弾力性が1以下の商品と言うと、食料品などの価格が高くなっても買わざるを得ない生活必需品などが該当します。

しかし、たばこも価格弾力性が1を下回っており、安定した販売が期待できる商品と言えます。

 

このようにたばこ事業は安定性が高い事業であり、たばこ事業を主力とするJTも10年間赤字は一度もありません。

サブプライムローン、リーマンショック、東日本大震災などがあったにも関わらず、

業績に大きなダメージが無かったことがわかります。

景気に影響されないディフェンシブ銘柄の特徴を備えていると言えますね。

 

ディフェンシブ銘柄(景気鈍感株)とは?メリット・デメリットから「おすすめ銘柄」まで徹底解説。

ディフェンシブ銘柄(景気鈍感株)とは?投資するメリット・デメリットから「おすすめ銘柄」まで徹底解説。

2019年4月27日

 

淀姫
とはいえ、株価は値下がりし続けていますよね。。今後の業績の動向はどうなのですか?
信太郎
そうじゃな、今後の業績動向について主要セグメントの動向をもとにみていこうぞ!

 

目次に戻る

主要事業セグメントから今後の業績動向を推察!

売上の約30%をしめる「国内たばこ事業」と約60%をしめる「海外たばこ事業」の今後の動向をみていきましょう。

国内たばこ事業の今後の見通しは縮小継続が確定的

以下は国内の「たばこ事業」ですが、やはり販売本数、売上高、営業利益ともに落ち込んでいますね。

たばこを嫌煙する風潮が高まっているので致し方ない結果といえますね。以下2019年12月決算でも前年と比べて減少していることが分かります。

JTの国内たばこ事業の業績

参照:JTのIR

 

直近発表された6月末決算でも、訪日外国人の激減に伴う免税ビジネスの影響や「たばこ増税」の影響で見通しを引き下げています。

「国内たばこ事業」に関しては厳しい事業環境が継続していくことが想定されますね。

2020年2QのJTの国内たばこ事業の下方修正理由

参照:JTのIR

 

信太郎
JTが発表しておる国内喫煙者率は減少の一途を辿っておる。「人口減少×喫煙者率減少」で縮小傾向は確定的じゃな。

 

喫煙率:単位(%)2014年2015年2016年2017年2018年
男性30.3%31.0%29.7%28.2%27.8%
女性9.8%9.6%9.7%9.0%8.7%
男女計19.7%19.9%19.3%18.2%17.9%

 

海外たばこ事業の見通しは明るい

国内は厳しくても海外たばこ事業はどうでしょうか?

実は殆ど知られていませんが、欧州や台湾でJTは非常に高いシェアを獲得しています。2019年12月期の実績も販売本数は増加基調で、為替を加味しない場合増益基調を維持しています。

JTの海外たばこ事業の販売

 

信太郎
海外タバコ事業は堅調ということじゃな!

 

今期はコロナの影響で海外たばこ事業の総販売数量は約6%の減少としています。

今期の販売数量減少を一過性要因と考えるかどうかは今後の世界のタバコ市場の動向が重要となります。

 

世界の喫煙人口も残念ながら減少基調です。2025年には13億人程度にまで減少します。

人口が増加する中において、喫煙率の低下が喫煙者数の低下を招いています。

世界の喫煙者数の推移

 

傾向としては先進国は年々喫煙者が減少していき、新興国が増加するという形になっています。

 

世界の各地域のタバコの消費量の推移

 

更に、新興国の単価は年々増加していきます。販売数量増加と単価増加の掛け合わせで収益を上昇させる余地はまだ十分残されているのです。

新興国の価格推移

 

信太郎
新興国市場でシェアを伸ばせるか?ということが長期的な成長にとって重要な要素となるじゃろうな。

 

JTはロシアやトルコといった新興国で高いシェアを獲得しています。

今後も買収を行い世界的なシェアを拡大していくことで成長軌道を回復させることは十分可能であると見ています。

実際、コロナが発生する前の見通しでは以下の通り海外事業の営業利益は10%の増益を見込んでいました。

JTの海外事業の見通し

参照:JT

 

信太郎
GFBとは「ウィンストン」「キャメル」「メビウス」「LD」のことじゃ!世界でも有数のたばこブランドであり、JTグループのブランドポートフォリオの中核を成しておるぞ!

 

JTブランドの販売数量は3%下落しますが、GFBが1%上昇し、価格上昇もあいまり10%の増益を見込んでいたということです。

全体の業績の見通しは?

国内たばこは縮小継続で、海外タバコが上昇基調ということをお伝えしました。

以下は各セグメントの事業利益の推移ですが、国内タバコの落ち込みが深刻です。

結果的に海外たばこの上昇を打ち消しています。

JTの事業別の利益の推移

 

この傾向はしばらく続くことが見込まれますので、利益は横ばいで推移していくと考えておいた方がよいでしょう。

業績を踏まえた今後の株価見通しとは?

今までの業績動向を踏まえると今後の業績はせいぜい横ばいであるということをお伝えしました。

以下は過去5年のEPSの推移です。

 

信太郎
2020年はコロナで致し方ないとしても基本的にはEPSは200円がベースと考えておいた方がよいじゃろうな。
決算期EPS
2016/12 I237.7
2017/12 I221.2
2018/12 I217.4
2019/12 I196.3
2020/12 I161.2

 

とすると、株価は「EPS」×「PER」であらわされるのでPER水準が重要となります。

 

信太郎
PERは好景気の時は17倍、現在のような不況時は11倍、平均して13.5倍となるの。

 

PERの推移

 

つまり、業績推移とPERから考える株価は以下と推定されます。

目標株価
好況時
PER17倍
3400円
通常時
PER13.5倍
2700円
布教時
PER11倍
2200円

 

高配当利回りは持続可能!?

JTに投資している投資家の一番の目的は配当金ではないでしょうか?

 

淀姫
株価の下落の影響で配当利回りは8%に迫っていますね!

 

JTは累進的に配当金を増額させています。

JTの配当金の推移
決算期配当金
2013/0368.00 円
2014/0396.00 円
2014/12100.00 円
2015/12118.00 円
2016/12130.00 円
2017/12140.00 円
2018/12150.00 円
2019/12154.00 円
2020/12(予)154.00 円

 

上記は2019年12月決算時のデータですが、最新の第2Q決算でも154円を維持することを発表しました。

現在の決算レベルでいうと配当性向は95%と殆ど純利益の全額を配当していることになっています。

 

淀姫
配当今後も維持できるんですか?
信太郎
うむ。利益はキャッシュとは関係ない項目も入っておるからの。キャッシュフロー計算書を見る必要があるの!

 

以下は過去10年間のJTのキャッシュフロー項目です。

JTノフリーキャッシュフロー計算書
決算期営業CF投資CF財務CFフリーCF
2007/03435,958-149,692-32,634286,266
2008/03145,030-1,668,634519,000-1,523,604
2009/03275,271-65,008-217,470210,263
2010/03320,024-84,057-250,398235,967
2011/03 I406,847-125,993-185,379280,854
2012/03 I551,573-103,805-279,064447,768
2013/03 I466,608-147,928-569,473318,680
2014/03 I396,496-163,473-145,189233,023
2014/12 I543,696-49,110-388,859494,586
2015/12 I468,432-63,271-254,852405,161
2016/12 I376,549-687,50991,318-310,960
2017/12 I419,212-352,632-77,03266,580
2018/12 I461,389-383,307-62,36078,082
2019/12 I540,410-123,571-333,832416,839

 

事業で稼いできている営業CFは年々増加基調であることが分かります。

投資CFは文字通り、買収等で発生するキャッシュアウトですが平均3000億から4000億で営業CF以下となります。

つまり営業CFから投資CFを差し引いたフリーCF(以下FCF)は一貫してプラスを維持しています。

 

信太郎
FCFがプラスなので借入金を返済したり配当金として拠出しているわけじゃな!それが財務CFのマイナスとしてでておるの!

 

現在の配当金に必要な金額を算定してみましょう。

154円の配当金に発行済株式数(除く自己株)1,774,011,394を掛け合わせると2730億円となります。

 

FCFを4000億円程度あれば十分配当金を支払っていくことができるのです。

とはいえ、その分M&Aをする余地が少なくなるのでバランスが難しいところですね。

 

ただ、自己資本は2.7兆円で自己資本比率は48%と健全な数値となっています。

仮に大きな投資がしたい場合は借入金を増やすことで十分対応可能といえるでしょう。

JTの財務諸表

 

信太郎
配当金が株価を支えておることは十分経営陣もわかっているじゃろうからの。普通に配当金は維持していくと考えるぞ!

(目次に戻る

テクニカル的には下落トレンド継続!配当維持が反転のきっかけとなるか?

最初にお伝えした通りJTは長期の下降トレンドが継続しています。

25週移動平均線で何度も跳ね返され、一貫して75週移動平均線を下回っています。

また上空にはがあり、転換点もありません。

JTの週足の下降トレンド

 

ただ、日足でみると2Q決算で配当維持が示されたことで株価は急反発しています。

決算後に8%以上下髭を作って上昇しています。

JTの日足

 

RSIは売られ過ぎの20からニュートラルの50%まで戻しました。

しかし、MACDは買いポイントとなるピンクに転換しようとしており短期的には上昇が見込めます。

ただ、長期的な転換となるかどうかはまだまだ不確定です。

 

信太郎
やはり下落トレンドの中で購入する逆張りは塩漬けになる可能性があるからの。前回の高値2234円を上回るまたわ、エリオット第3波動を形成してから購入したいところじゃな。テクニカル的にはまだ待ちたいところじゃ。

(目次に戻る

まとめ

 

■ 今回の総括:

 

  • JTは安定性の高いたばこ事業を主力とする国内唯一のたばこ製造販売を行う上場企業。
  • 国内は苦戦するも海外は伸び幅がある。業績は両者が相殺して横ばいを予想。
  • 現在の株価は過去PER推移と配当利回りから割安だがテクニカル的には買いにくい
  • 配当金の維持はフリーキャッシュフローと自己資本比率から考えて持続可能

 

信太郎
配当利回りは約8%じゃから配当投資家としては財務状況とキャッシュフローみる限り十分投資妙味はあるの!ただ、テクニカル的にはまだ下落基調じゃから価格下落いよる損失は覚悟する必要があるぞ!

 

 

株式投資で着実に利益を出していくためには、「正しい知識・正しい分析」が必要です。

つまり、勉強が必要になるのですが、この勉強も方法を間違えてしまっては、なかなか成果に繋がりません。

そこで、おすすめなのが、「グローバルファイナンシャルスクール」です。

 

グローバルファイナンシャルスクールは、「お金の本質」を学ぶことができ、「投資の王者」ともいえる株式投資の講義も充実しています。

株式投資で資産形成を考えている方は、検討してみては如何でしょうか?

 

【GFS(お金の学校)】「もう騙されたくない」「損したくない」を一気に解決!「グローバルファイナンシャルスクール」で実践的な金融知識を獲得しよう!

【GFSに入会してみた】お金の本質を学べる「グローバルファイナンシャルスクール」を徹底評価!評判・口コミはどうか?なぜ日本人が「お金の学校」で勉強する必要があるのか。

2019年3月24日

 

以上、【日本たばこ産業】JT(2914)の業績推移と株価を分析!国内トップクラスの高配当銘柄の今後を予想する。…でした。

 

【食品株見通し】おすすめ割安株を探せ!味の素をはじめとした個別株式銘柄を分析&株価予想!

【食品株見通し】おすすめ割安株を探せ!味の素をはじめとした個別株式銘柄を分析&株価予想!

2019年9月11日

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。