【建設株見通し】国の発展を担う建設(ゼネコン・プラントエンジニアリング)業界の個別株式銘柄を分析&株価予想!

【建設株見通し】国の発展を担う建設(ゼネコン・プラントエンジニアリング)業界の個別株式銘柄を分析&株価予想!

建設」といえば、ゼネコンは社員が高年収、プラント建設・保全を海外で受注するなどロマンのある業界であるとして有名ですよね。

このコンテンツでは、そんな建設業界の東証一部に上場している会社の株価予想・分析をしています。

 

※2019年7〜9月分析

銘柄名積水ハウス日揮コムシスH大成建設長谷工大和ハウス工業
時価総額12,978 億円3,907 億円3,928 億円9,296 億円3,525 億円21,553 億円
予想PER9.3 倍38.1 倍14.1 倍8.8 倍5.8 倍8.5 倍
PBR1.09 倍0.93 倍1.20 倍1.25 倍0.95 倍1.35 倍
予想配当利回り4.31%0.80%2.69%3.14%5.12%3.55%
ROE10.82%5.97%10.60%16.23%26.36%15.47%
ROA5.32%3.44%7.30%5.96%11.96%5.67%
自己資本比率49.00%57.70%67.80%39.00%47.50%36.80%
銘柄名清水建設大林組鹿島建設
時価総額7,404 億円7,915 億円8,104 億円
予想PER7.8 倍7.2 倍8.8 倍
PBR1.01 倍1.02 倍1.06 倍
予想配当利回り3.83%2.92%3.26%
ROE14.44%15.57%15.48%
ROA5.45%5.19%5.27%
自己資本比率39.20%34.70%36.00%

 

目次

日本最大手の建設エンジニアリング「日揮」

日揮株式会社」は日本最大手の建設エンジニアリング企業です。

日本だけではなく海外でも数多くの石油・ガス、化学、発電等プラントなどを建設しています。

信太郎
ロマンあふれる仕事じゃな。しかし株式銘柄としては買いなのじゃろうか?

 

 

■投資判断基準:『売り』

▷ 以下の点を総合的に勘案し1,000円〜1400円程度が妥当な水準と予想。

■ 業績見通し:

▷ 20年3月期は前期比19.5%減の260億円との見通しであること。

■ 株主還元策の動向:

▷ 前期比16.5円減の12円に大幅減配を実施。

 

 

【1963】最大手建設エンジニアリング『日揮』の株価推移を見通す!業績の低迷が大きな重し。

2019.08.30

 

 

目次に戻る

日本最大手の通信建設企業「コムシスホールディングス」

コムシスホールディングス」は日本最大手の通信建設企業です。

海底ケーブルの敷設、山岳における通信鉄塔建設、通信専用トンネル築造などの通信設備建設工事を受注しています。

 

■ 投資判断基準:長期的に『買い』

以下の点を総合的に勘案し長期的に株価は6,000円(※2019年9月10日時点2,904円)程度が妥当な水準と予想。

■ 業績見通し:

▷19年3月期の連結経常利益は前の期比17.5%増の360億円、20年3月期も前期比6.7%増の385億円の見通しであること。

■ ROE:

▷ 2012年を底としてV字回復中。

■ PERとPBRの低さ:

▷ 予想PBRは1.15 倍で割安水準。

■ 株主還元策の動向:

▷ 今期15円の増配と自社株買いを実施。

 

【Comsys HD】コムシスホールディングス(1721)の株価・業績推移を見通す。

2019.06.07

 

 

目次に戻る

国内大手住宅メーカー「大和ハウス工業」

国内大手住宅メーカーである大和ハウス工業。

近年では都市開発や海外へも事業を展開しています。

秀次郎
CMでもよく見る会社じゃな。

 

■投資判断基準:『手出し無用』

▷ 以下の点を総合的に勘案し、ファンダメンタルでは「買い」、テクニカル的には「売り」の判断であるため「手出し無用」。

■ 業績見通し:

▷20年3月期も前期比4.6%増の3760億円への伸びを見込み9期連続の増益。

■ ROE

▷2018年を天井として下降中。

▷東証一部の出遅れセクター。

■ PERとPBRの低さ(割安かどうか):

▷予想PERは現状株価で8.7倍と割安。PBRも1.38 倍で割安水準。

■ 他社との比較:

▷今期増配で株主還元も充実。

■ 株主還元策の動向:

▷今期1円の増配を実施。

 

 

業績堅調で割安な大和ハウス工業(1925)の株価・業績推移は買い?テクニカル分析を含めて予想する。

2019.06.06

 

 

目次に戻る

1892年(明治25年)創業の老舗「大林組」

1892年(明治25年)創業の建設業界大手の大林組。

近年は海外や不動産事業にも積極的に進出しています。

 

■投資判断基準:中立

▷ 以下の点を総合的に勘案し、大林組の投資判断は中立。

■ 業績見通し:

▷ 19年3月期の連結経常利益は前の期比13.3%増の1630億円に伸びている。

▷ しかし20年3月期は前期比4.0%減の1565億円に減るとの見通し。

■ 指標関連:

▷ ROEが2020年に減少に転じている。

▷ 予想PERは現状株価で6.9倍と割安。

▷ PBRも0.99 倍で割安水準。

■ 競合他社比較:

▷ 業界他社比で清水建設に劣る業績&実質配当利回り。

 

 

【1802】大手ゼネコン『大林組』の株価推移を予想する!割安だが今後の業績見通しは暗い。

2019.08.29

 

 

目次に戻る

まとめ

建設株の個別株分析・株価予想を実施してきました。

建設業界の株式銘柄に投資を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

以上、【建設株見通し】国の発展を担う建設(ゼネコン・プラントエンジニアリング)業界の個別株式銘柄を分析&株価予想!…でした。

 

 

【日経225企業株価予想】株を分析するならこんなふうに。業界別Nikkei銘柄のファンダメンタル分析一覧!

2019.06.27



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。