【6861】無借金経営企業『キーエンス(KEYENCE)』の今後の株価推移を予想する!配当は低いが成長性に期待。

キーエンス株価予想

キーエンスは世界46カ国・210拠点で事業を展開しているグローバル企業です。

キーエンスは、自動制御機器、計測機器、情報機器、光学顕微鏡・電子顕微鏡などを製造販売しています。

今回はファンダメンタルとテクニカル両面からキーエンスの今後の株価推移を分析していきたいと思います。

 

■ 投資判断基準:中長期的に強い『買い』

以下の点を総合的に勘案し中長期的に90,000円(現状66,800円)程度が妥当な水準と予想。

■ 業績見通し:

▷ 19年3月期の連結経常利益は前の期比7.0%増の3198億円と業績が好調。

▷ ROEとROAがともに高い水準で推移していること

■ PERとPBRの低さ(割安かどうか):

▷ 予想PBRは5.01倍で割高水準であるが、日経平均株価を牽引する値嵩株の宿命。

■ 他社との比較:

▷ 競合が減益に落ち込む中で19年度も好調な業績を上げていること

■ 株主還元策の動向:

▷ 今期100円の増配を実施

 

【企業情報】キーエンスとは?

ここでは日本が世界に誇るグローバル企業であるキーエンスの事業内容をご紹介していきたいと思います。

半導体・液晶業界

半導体チップの高さを非接触で高精度に検出することで、生産性を向上させる役割を提供しています。

 

自動車業界

自動車のドア・フードの組み付け後、溝の幅の自動測定ができるような技術を提供しています。

 

電機・電子業界

製造工程でのロットNo をバーコードで読み取る技術を提供することでシリアル管理の自動化に貢献しています。

 

食品・薬品業界

パッケージ不良、日付印字の有無などの複合検査を行なうことで、品質向上に貢献しています。

 

金属・鉄鋼業界

生産現場・機械での事故防止など安全性を向上させるシステムを提供しています。

 

化学・プラント業界

工場エネルギー使用量の記録と把握を実施し、省エネ法対応に貢献しています。

 

キーエンスは自動車、半導体、電子・電気機器、通信、機械、化学、薬品、食品など、製造業のあらゆる分野で展開しています。

FA(ファクトリー・オートメーション)用センサをはじめとする高付加価値製品を提供することで、生産現場の生産性・品質向上に貢献しています。

 

キーエンスの過去10年の業績推移(PL)

ここではキーエンスの過去10年間の業績推移を見ていきます。

キーエンスの業績推移

引用:キーエンスの有価証券報告書

 

決算期売上高営業利益経常利益当期純利益
2007/03 182,71192,97797,54158,646
2008/03 200,666102,354104,98463,208
2009/03 165,32873,37172,43941,996
2010/03 136,17755,65859,52737,695
2011/03 184,80286,61189,98755,345
2012/03 199,33491,14594,24458,162
2012/06 変52,01622,80525,51915,535
2013/03 変165,81376,41682,87752,043
2014/03 265,010130,689136,74285,904
2015/03 334,034175,719186,347121,063
2015/06 変88,05045,84148,61531,521
2016/03 変291,232155,468156,905105,645
2016/06 変96,35249,16047,94332,475
2017/03 変316,347169,750173,436120,680
2018/03 526,847292,890298,860210,595
2019/03 587,095317,868319,860226,147

 

度々決算期は3月期と6月期に変更しているのでわかりにくくなっています。

しかし、基本的に売上高も営業利益も2012年を底として横ばい状態からのV字回復を遂げていることがわかります。

 

キーエンスの業績は順調であるといってよいでしょう。

 

キーエンスが4月24日に最新決算を発表しました。

19年3月期の連結経常利益は前の期比7.0%増の3198億円、20年3月期の業績見通しについては非開示と公表しています。

 

また配当に関しては、200円(前期100円)と大幅に増額するとしています。

 

キーエンスのROEとROA

キーエンスのROEとROA

参考:キーエンス 有価証券報告書

決算期ROEROA
2007/03 15.11%13.70%
2008/03 14.26%13.01%
2009/03 8.66%8.14%
2010/03 7.23%6.90%
2011/03 9.76%9.20%
2012/03 9.37%8.84%
2012/06 変9.51%9.06%
2013/03 変10.08%9.63%
2014/03 11.28%10.63%
2015/03 14.02%13.03%
2015/06 変13.46%12.64%
2016/03 変14.13%13.41%
2016/06 変12.32%11.71%
2017/03 変14.30%13.60%
2018/03 16.42%15.39%
2019/03 15.23%14.27%

 

キーエンスのROEは7.23%~15.11%と非常に高い数値で推移しています。

2010年を除くすべての期間で日本の東証一部の平均値である8%を超えて推移していることがわかります。

 

また、ROAは6.90%~13.70%と日本の東証一部の平均値である2%を大幅に超えて推移しています。

キーエンスのROEとROAは非常に高く経営効率がよいことを意味してます。

 

キーエンスのテクニカル分析

ここではキーエンスは買いか売りかをテクニカル的な側面から分析していきたいと思います。

キーエンスの過去10年の株価推移

キーエンスの過去10年の株価推移

参考:ヤフーファイナンス

 

上図はキーエンスの過去10年の株価推移です。日経平均株価に連動した美しい上昇トレンドを形成しているといえます。

 

月足でエリオット波動の第3波継続中

キーエンスの月足チャート

参考:ヤフーファイナンス

 

上図はキーエンスの月足チャートです。

現在最も安定した株価の上昇が期待できるエリオット波動の3波のさなかであることがわかります。

 

エリオット波動

エリオット波動理論とは?入門者でもフィボナッチと第3波への投資ルールを活用して相場で勝とう!

2019年9月28日

 

長期的にキーエンスは「買い」であると判断することができます。

 

週足の一目均衡表も雲に支えられ買いサイン点灯中

キーエンスの週足チャート

参考:ヤフーファイナンス

 

上図はキーエンスの週足チャートです。

変化日から、中期で調整に入っていましたが現在は再度変化日から上値抵抗を抜け上昇波動に転換していることがわかります。

よって、中期でも買いサインが点灯している状態であるといえます。

 

一目均衡表とは?

『一目均衡表』『雲』とは?一目山人氏が作った国産テクニカル指標の見方や使い方をわかりやすく解説!

2019年9月27日

 

テクニカルから見たキーエンス

テクニカル的にもキーエンスは「買い」であるということができます。

これほど見事なチャートを形成している銘柄は珍しいといってよいほどテクニカル的に安定している銘柄です。

 

競合他社比較-ファナックと比較する-

キーエンス(6861)を同業であるファナック(6954)と比較検討していきます。

キーエンスファナック
時価総額8.1兆円2.0兆円
予想PER36.2倍(実績:予想は非開示の為)66.9倍
PBR5.01倍3.00倍
予想配当利回り0.30%
ROE15.23%10.63%
ROA14.27%9.19%
自己資本比率94.40%88.50%

 

PERとPBRはどちらも高い

PERはファナックが66.9倍、キーエンスは実績ベースですが36.2倍となっています。

日経平均株価の平均PER13~14倍ということから考えると非常に高い水準まで買われていることがわかります。

 

PBRはファナックが3.00倍、キーエンスは5.01倍となっています。

日経平均株価の平均PBRは2倍程度のため、PBRからみても非常に割高感が高いセクターであるといえます。

 

 

配当利回りは低く優待は設定していない

配当利回りは大幅増配したキーエンスでも0.30%と低い利回りであるといえます。

成長産業であるため配当金をだすよりも成長に投資した方が合理的ですからね。

 

両社株主優待は設定されていません。

決算予測

キーエンス

19年3月期の連結経常利益は前の期比7.0%増の3198億円、20年3月期の業績見通しについては非開示。

 

ファナック

19年3月期の連結経常利益は前の期比26.5%減の1834億円、20年3月期も前期比53.8%減の847億円に大きく落ち込む見通し。

 

テクニカル分析

ファナック 月足チャート

参考:ファナックの月足チャート

同じ値嵩株でもファナックの月足はキーエンスのような安定感はありません。

2016年の15,300円と2019年の15,570円で過労して上昇トレンドに踏みとどまっている状態です。

 

15,300円を割れてしまうと、上昇トレンドが崩れ暴落するリスクを内包しているチャートであるといえます。

ファナック 週足チャート

参考:ファナックの週足チャート

 

ただし、週足を見ると、ファナックは現在長い上値抵抗である雲を抜けたばかりです。

投資妙味のある位置に株価が存在していることがわかります。

 

テクニカル的に安定感が高く、高勝率を期待することができるのはキーエンスです。

しかし、逆張り派にはファナックがテクニカル的におすすめであるといえます。

 

競合他社比較総合

企業向けに高付加価値製品を提供することで、生産現場の生産性・品質向上を提供している最先端企業であるキーエンスとファナック。

19年度の業績とテクニカル的な側面からキーエンスのほうが投資安定感があるといってよいでしょう。

 

まとめ

今回はファンダメンタルとテクニカル両面からキーエンスの今後の株価推移を分析してきました。

キーエンスはテクニカル・ファンダメンタル両面から見て「買い」の優良銘柄です。

積極的に押しを狙っていきましょう。

 

【機械株見通し】IHIをはじめとした個別株式銘柄を分析&株価予想!

【機械株見通し】IHIをはじめとした個別株式銘柄を分析&株価予想!

2019年9月16日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。