【機械株見通し】IHIをはじめとした個別株式銘柄を分析&株価予想!

【機械株見通し】IHIをはじめとした個別株式銘柄を分析&株価予想!

このコンテンツでは、「機械」セクターの株式銘柄の分析を実施しています。

 

※2019年7〜9月分析

銘柄名荏原製作所日本製鋼所日立建機オークマ住友重機械工業IHI千代田化工建設日本精工
時価総額3,026 億円1,391 億円6,103 億円1,961 億円4,615 億円3,861 億円771 億円5,353 億円
予想PER14.7 倍9.8 倍12.6 倍11.3 倍10.0 倍11.0 倍12.8 倍11.1 倍
PBR1.04 倍1.07 倍1.24 倍1.13 倍1.01 倍1.10 倍-1.28 倍0.93 倍
予想配当利回り2.02%2.94%- %2.24%2.98%2.80%0.00%4.12%
ROE6.55%16.27%14.66%11.72%10.32%11.84%-441.18%10.39%
ROA3.03%6.62%6.03%7.84%4.94%2.42%-55.61%5.12%
自己資本比率47.30%42.00%41.00%68.00%47.50%21.00%-17.10%49.40%
銘柄名ジェイテクトNTN日立造船アマダH三菱重工業小松製作所クボタダイキン工業
時価総額4,590 億円1,715 億円703 億円4,576 億円16,224 億円25,201 億円21,687 億円43,161 億円
予想PER11.5 倍18.0 倍13.9 倍13.2 倍14.7 倍11.4 倍15.0 倍22.3 倍
PBR0.85 倍0.74 倍0.58 倍1.00 倍1.13 倍1.35 倍1.59 倍3.04 倍
予想配当利回り3.29%4.66%2.91%3.86%3.12%4.24%- %1.09%
ROE4.61%-2.88%4.61%7.63%7.17%14.74%10.53%13.94%
ROA1.94%-0.83%1.33%5.95%1.95%7.32%4.84%7.28%
自己資本比率42.30%27.40%27.80%77.90%27.80%49.90%46.30%52.40%

 

 

目次

「変革」と「挑戦」アマダホールディングス

アマダホールディングス」は日本最大手の金属加工機械の総合メーカー。

特に板金加工機は国内シェア6割を占めています。また海外にも積極的に進出しています。

 

■投資判断基準:中期は様子見、長期的に『買い』

以下の点を総合的に勘案し長期的に10,000円(現状7,390円)程度が妥当な水準と予想。

■ 業績見通し:

▷ 19年3月期の連結税引き前利益は前の期比28.7%増の1155億円、20年3月期も前期比2.1%増の1180億円に伸びる見通しであること。

■ 指標を分析:

▷ ROEが2009年を底としてV字回復中。予想PBRは1.07 倍で割安水準。

■ 他社との比較:

▷ 競合が減益に落ち込む中で8期連続増収とトップクラスの業績を誇る。

■ 株主還元策の動向:

▷ 今期20円の増配を実施。

 

 

【6113】金属加工機械メーカー『アマダホールディングス』の株価をファンダメンタル・テクニカル両面から予想。

2019.06.12

 

 

目次に戻る

「エンジニアリングの最先端を探求する」石川島播磨重工業(IHI)

IHI」は旧石川島播磨重工業、日本を代表する重工業メーカーです。

2007年に改名を行っています。

 

■ 投資判断基準:投資対象外

以下の点を総合的に勘案し、IHIは「投資対象外」と予想。

■ 業績見通し:

▷19年3月期の連結経常利益は前の期比3.1倍の657億円とV字回復してるが、20年3月期は前期比11.8%減の580億円に減る見通しと業績の回復に安定感がないこと。

■ 指標:

▷ ROEとROAも2019年を除き低値安定していること。

▷ 予想PER10.7 倍、予想PBRは1.07 倍でともに割安水準。

▷ これは人気がないため物色されないことから割安水準になっていると推測されること。

■ 他社との比較:

▷ 業績ならダイキン工業、割安度ならコマツと同業と比較して、投資効率が劣っていること。

■ テクニカル的な判断:

▷ すべての足で強い上値抵抗があり、株価の上昇が困難であること。

 

 

 

【7013】株価暴落したIHI(旧:石川島播磨重工業)は買いなのか?チャート分析を含めて分析する。

2019.06.29

 

 

目次に戻る

「世界をなめらかにする仕事。」NTN

NTN」は世界シェア4位のベアリングメーカー。

現在「世界をなめらかにする仕事。」をメインワードにしてイメージ戦略にも力を入れています。

 

■ 投資判断基準:投資対象外

▷ 以下の点を総合的に勘案し、NTNは「投資対象外」と予想。

■ 業績見通し:

▷ 19年3月期の連結経常利益は前の期比28.9%減の222億円、20年3月期も前期比19.0%減の180億円に減る見通しと業績の回復を感じることができないこと。

■ 指標関連:

▷ ROEとROAも日本の東証一部の平均値以下で推移していること。

▷ 予想PERは16.8 倍と割高水準、予想PBRは0.66倍で割安水準。

■ 他社との比較:

▷ 業績ならダイキン工業、割安度ならコマツと同業と比較して、投資効率が劣っていること。

■ テクニカル的な判断:

▷ すべての足で強い上値抵抗があり、株価の上昇が困難であること。

 

 

【6472】業績が下降気味のNTNの株価は魅力的な水準なのか?徹底分析!

2019.07.11

 

 

目次に戻る

まとめ

このコンテンツでは、「機械」セクターの株式銘柄の分析を実施してきました。

これから株式を購入する人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

以上、【機械株見通し】IHIをはじめとした個別株式銘柄を分析&株価予想!…でした。

 

【日経225企業株価予想】株を分析するならこんなふうに。業界別Nikkei銘柄のファンダメンタル分析一覧!

2019.06.27

 




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。