【8002】大減損と減配で苦境の丸紅の今後株価見通しを予想!現在の低い株価と配当は今後復活し急騰する可能性はあるのか?

五大商社の一角『丸紅(8002)』の株価見通しを予想!高い配当利回りが魅力的で中長期での保有推奨。

今回は、5大商社の一角である、丸紅の株価についてみていきます。

 

淀姫
2020年3月期決算で大減損を発表して更に減配の発表して商社の中で一人負けの様相を呈しておりますね。
信太郎
うむ、以下の比較表をみても他の商社と比べて見劣りする結果じゃな。豊田通商にも時価総額で抜かれてしまって話題になっておるな。

 

2020年3月期
()は前期比
今期配当
前期→今期
配当利回り時価総額
三菱商事5354億円(▲9.37%)未定132円→134円5.70%3.72兆円
三井物産3915億円(▲5.41%)1800億円80円→80円5.00%2.73兆円
伊藤忠商事5013億円(+0.15%)4000億円85円→88円4.07%3.42兆円
住友商事1713億円(▲46.6%)未定80円→70円5.41%1.62兆円
丸紅▲1974億円
(前期:2309億円)
1000億円35円→15円3.18%8192億円

 

結果としてコロナショックを受けた商社の株価の中では一人負けの結果となっています。

青:三菱商事
赤:三井物産
緑:伊藤忠商事
黄;住友商事
紫:丸紅

商社の株価推移の比較

 

丸紅は鉄鉱石や石炭などの資源ビジネスに強みを持つ三井物産などとは対照的です。

非資源分野に強みを持ち、電力や穀物中心の収益構造が特徴の総合商社です。

 

他にも、社内副業の義務化など、他の商社にはない新しい取り組みも積極的に行っています。

現在、苦境に陥る丸紅は今後期待できるのか?

という点を中心に見ていきたいと思います。

 

■投資判断基準:中立

▷ コロナが収束すればリバウンドを狙えるが不透明性が高い

▷ 楽観的にみると700円-800円への戻り余地はあるが300円台後半への下落も覚悟が必要。

 

■ 業績見通し:

▷ 膿は2019年度に出したがそもそもの収益力が低下している

▷ コロナが長引けば2022年3月期も低水準の収益が継続することが予想される

 

■ 配当金見通し:

▷ 35円→15円に下がったのはDEレシオ改善を目指した債務返済が要因

▷ 2022年3月期の増配余地は大きいが2020年3月期の35円の水準に戻るかは不明

▷ 保守的に2017年3月期の23円程度には復活すると考えるのが妥当か

 

■ 他社との比較:

▷ あえて商社株の中で丸紅に投資するとするなら大復活にかける逆張り投資

▷ 配当金投資なら三菱商事、キャピタルゲインを狙いにいくなら伊藤忠商事が順当

 

 

丸紅とは?

丸紅は、日本を代表する総合商社のひとつです。事業分野も多岐に渡ります。

生活産業グループ、食料・アグリ・化学品グループ、電力・エネルギー・金属グループ、社会産業・金融グループの4グループがあります。

 

信太郎
以下はセグメント毎の業績じゃ!実態純利益をみると、電力エネルギーが若干多いが資源非資源という括りでみると非資源の割合が大きい商社なんじゃ!

 

丸紅のセグメント別の業績推移

参照:丸紅IR

※実態純利益とは丸紅が独自に発表している指標でコロナショックが起きなかった場合の本来の実力を指します。

 

実際、資源・非資源という括りで分類すると非資源の比重が74%という高水準となっています。

三菱商事や三井物産といった資源の強い商社と比べると特徴的ですね。

 

丸紅の資源と非資源比率

 

信太郎
以下は各グループの概要じゃが、早く業績を知りたいという衆は次の項目に移るがよいぞ!

 

生活産業グループ

生活産業グループは、ライフスタイル本部、情報・不動産本部、フォレストプロダクト本部の3つからなるグループです。

ライフスタイル本部は、衣料や生活用品などの企画や製造、販売などを手掛けています。

情報・不動産本部では、ICTサービスや国内外の不動産開発・不動産投資事業の他、物流や保険なども提供しています。

フォレストプロダクト本部では、植林やパルプ生産事業、紙製品の製造からトレードまで、幅広く手掛けています。

中でも昨今注目されているバイオマス燃料事業を強化中です。

 

食料・アグリ・化学品グループ

食料本部では、穀物類から水産・畜産品、飲料原料に至るまで、様々な食料の生産・販売、流通事業を行っています。

中でも、コーヒー豆輸入は業界ナンバーワンシェアである約30%を誇ります。

アグリ事業本部では、農薬や肥料、種子などの農業資材の販売や、穀物の集荷・輸出事業を行っています。

化学品本部では、化学基礎製品や合成樹脂などの誘導品から、機能性食品素材、電子素材や無機鉱物資源、肥料原料など、幅広く取り扱っています。

 

電力・エネルギー・金属グループ

電力本部では、発電事業や再生可能エネルギー事業、電力サービス事業を、国内外で幅広く展開しています。

エネルギー本部では、石油やガスの深鉱・開発・生産事業、天然ガスや新エネルギー開発の開発事業、

ガスなどの物流事業やマーケティング事業を行っています。

金属本部では、鉱山開発から鉄鉱石などの資源トレード事業など、世界各国での取引を手掛けています。

 

社会産業・金融グループ

社会産業・金融グループは、プラント本部、航空・船舶本部、金融・リース事業本部、建機・自動車・産機本部の4つに分かれています。

プラント本部では、石油やガス、化学品からセメント、砂糖、廃棄物発電などの多種多用なプラントを手掛ける他、

交通インフラや水事業への参画、インフラファンドの運営などを行っています。

 

航空・船舶本部では、航空機などのトレードや開発投資、空港周辺事業や船舶の保有運航事業などを行います。

金融・リース事業本部では、各種リース事業のほか、企業投資も請け負っています。

建機・自動車・産機本部では、自動車や建機、産機の販売などを行っています。

 

穀物・電力分野に強み!

特に強みを持つ穀物事業では、取扱量が6700万トンと総合商社の中でもトップです。

 

信太郎
ただ、穀物事業のガビロンが今回足を引張ったんじゃがな。。

 

電力分野でも、発電容量が国内企業ではナンバーワンとなっており今後の中核事業と位置付けて投資も拡大中です。

他に追随を許しません。

 

また、利益の構成も、ひとつの事業に偏らず満遍なく利益を出すことが出来ています。

国内大手商社では、資源分野に強みを持つ反面、資源価格が低迷すると業績に大きく響いてしまうところが多いので、

その点も丸紅の強みと言えそうです。

逆に、食料などは利益率が低い分野なので、資源市況がいいときには他の商社のほうがいいかもしれませんね。

 

丸紅の過去10年の業績推移

 

信太郎
2020年3月期の決算と今後の業績見通しについてはは次の項目で詳しく紐解くとして、まずは今までの業績の変遷をみてみようぞ!

 

丸紅に限らず商社は基本的に投資で利益を上げているため、売上高はさほど意味を持ちません。

そのため、純利益とEPS(=1株あたり利益)の推移だけを見ていきたいと思います。

丸紅の純利益とEPSの推移
純利益EPS
2007/03 S
119,34968.8
2008/03 S147,24984.9
2009/03 S111,20864.1
2010/03 S95,31254.9
2011/03 S136,54178.7
2012/03 S172,12599.2
2013/03 I130,14375
2014/03 I210,945121.6
2015/03 I105,60460.9
2016/03 I62,26435.9
2017/03 I155,35089.5
2018/03 I211,259121.7
2019/03 I230,891133.0
2020/03 I-197,450-113.7
2021/03予 I100,00057.6

 

市況高を追い風にエネルギー分野や金属分野が順調なことや、国内の発電事業の売却による利益で今期の決算は比較的順調に推移していました。

 

淀姫
しかし、今期と来期はコロナのせいで不調ということですね。。
信太郎
・・コロナのせいだけとは言い切れないんじゃ。

 

【2020年3月期決算】なぜ純損失に陥ったのか?

それでは今期の決算と来期の見通しについて見ていきましょう。

減益となった要因を紐解く-減損とは?-

以下が今期の決算の減益理由です。

 

淀姫
ひときわ大きいのが一過性要因の4220億円じゃな。。一体何があったんじゃ??

 

丸紅の今期

参照:丸紅IR

 

一過性要因というのは減損のことです。

 

淀姫
そもそも減損とはなんなのじゃ?
信太郎
簡単にいうと今持っている資産の価値の価値が低下したから、低下した分の評価損を計上するぞ!というものじゃな。

 

例えば、ある企業の株式を将来大きく稼ぎ出すと考えて100で購入したとします。

しかし、実際に業績が低迷し結果的に40の価値しかないと判断された時に▲60の減損損失が発生します。

 

減損処理とは

参照:日経新聞

 

信太郎
要は投資が失敗したということじゃな。

 

減損は評価損なので直接キャッシュアウトが発生するわけではありません。

しかし、今後支払われる配当金等が減額される可能性もあり、将来のキャッシュフローには影響を及ぼす内容となります。

 

淀姫
結果的に高い買い物をしてしまったということですね。。

 

丸紅が計上した減損の内容

では丸紅が計上した減損の内訳を見てみましょう。

 

信太郎
赤はコロナショックの影響をダイレクトに受けている分野じゃな。ただ、米穀物事業についてはコロナとは関係ないの。

 

丸紅の減損損失の内訳

 

淀姫
確かに資源価格下落や航空機リースのAircastleの減損はわかりますが、穀物事業はおかしいですね。。
信太郎
コロナにかこつけてしれっと減損を出しているかんじじゃな!

 

そして皆さん疑問に思われた方も多いのではないでしょうか。

なぜ、丸紅は三菱商事や三井物産より資源の割合が低いのに減損損失は両者よりも大きいのかと。

 

淀姫
確かに疑問よのぉ。
信太郎
三菱商事や三井物産の方が安い取得価格で購入できておる、又は生産コストが低い会社を保有できておるということじゃな。

 

資源の比率が低いからといって減損損失が少ないとも限らないのです。

 

2021年3月期以降の見通しは?コロナの影響は?配当金は復活しうる?

 

信太郎
肝心なのは過去ではなく未来じゃな

 

2020年度(=2021年3月期)の予想はどうなっているのか?

更に純利益の落ち込みは恒久的に影響を及ぼすものなのか?

という点についてみていきたいと思います。

 

コロナの影響は?業績は立ち直る?

以下は丸紅が発表している2021年3月期の決算の予想です。

丸紅の2021年3月期の業績予想

参照:丸紅

 

淀姫
基盤となっている電力事業やインフラ事業は殆ど影響をうけておりませんね!
信太郎
ただ、コロナの影響を受ける市況関連は甚大な影響をこうむることになっておるの。

 

(C)に分類されている中で金融・リース事業の▲370億円についてはコロナの影響から脱すれば、すぐ回復する分野になります。

ただ、石油ガス等の資源分▲410については地政学的なリスクも孕んでおり見通しは不透明ですね。

業績を受けた今後の株価の予想については後述していきます。

 

配当金は増額されるのか?

 

信太郎
正直、今回の丸紅の決算で最も衝撃が大きかったのは2020年度の減配ではなかろうかの。

 

丸紅の減配

 

1株あたり配当金35円から15円への約60%の減配は正直相当な衝撃を与えましたよね。

では今後の配当金の見通しについてみていきましょう。

以下が丸紅のフリーキャッシュフローの変遷です。

 

丸紅のフリーキャッシュフロー

 

淀姫
フリーキャッシュフローってなんでしたっけ?
信太郎
営業活動によって得たキャッシュと投資活動によって得たキャッシュの合計じゃな。つまり企業が自由に使うことができるお金ということじゃ。

 

フリーキャッシュフローの算出方法

 

投資において重要な指標「フリーキャッシュフロー(FC)」とは?その意味とFCが大きい企業を紹介!

重要な安全性指標「フリーキャッシュフロー(FCF)」の意味と計算方法とは?FCFが大きい企業とともにわかりやすく紹介!

2019年11月25日

 

丸紅は2020年度は配当金を支払う前に2400億円、配当金を支払った後で1400億円とかなり余力があるの。

更に以下の資本配分をみてみましょう。

 

丸紅の資本配分

 

信太郎
配当金が前年度のように35円だしても600億円で、今年度のように15円でも400億円であれば余力はありそうじゃな!

 

正直、上記の資本配分をみれば配当金を減額する必要もなかったのではないかというほど余力はあります。

ただ、債務の返済を行い負債を軽くして財務を健全にしたいという意図があるかのように見えます。

 

信太郎
ネットDEレシオを改善したいという狙いがあるんじゃろうな。

 

DEレシオは負債と資本の比率です。今回純損失をだしたことで資本が毀損されネットDEレシオが再び1を上回りました。

 

【DEレシオ・ネットDEレシオとは?】目安や自己資本比率との違いを含めてわかりやすく解説する!

【DEレシオ・ネットDEレシオとは?】財務レバレッジを表す両指標の目安や自己資本比率との違いを含めてわかりやすく解説!

2019年10月29日

 

正直ネットDEレシオが1.2倍でも問題ないレベルではありますが、できる限りピカピカにしておきたいという意図があるものと思われます。

 

丸紅のDEレシオの推移

 

信太郎
問題なく再び増配できるレベルの財務体質とみることができるの!35円に戻したとしても僅か200億円の負担でしかないからの!

 

丸紅の2021年3月末時点での株価見通しをシナリオ毎に予想

それでは業績と配当利回りから2021年3月時点での丸紅の株価を予想していきたいと思います。

 

2022年3月期決算から株価水準をシナリオ毎に予想

株価は1年後の利益を織り込んで動きます。

もう一度先ほどのリターンを見てみましょう。

丸紅の2021年3月期の業績予想

 

信太郎
コロナが短期に収束する場合とメインシナリオと長期間収束しない場合の2021年の純利益水準について考察していこうぞ!

 

【楽観的シナリオ】コロナの影響は2021年度(2022年3月期)は払拭

(A)安定収益  :860 → 900
(B)トレード収益:570 → 570
(C)コロナの影響:880 → 680 (市況は半分しか戻らないと仮定)

【合計】 2150億円 → EPS:123.9円

 

【メインシナリオ】コロナの影響は2021年度にも影響

(A)安定収益  :860 → 860
(B)トレード収益:570 → 250 (2020年度と同じ水準を仮定)
(C)コロナの影響:880 → 490 (半分しか戻らないことを仮定)

【合計】 1600億円 → EPS 92.2円

 

【悲観的シナリオ】コロナの影響は2021年度に甚大な影響

(A)安定収益  :860 → 830
(B)トレード収益:570 → 150 (2020年度から更に40%減少)
(C)コロナの影響:0

【合計】 980億円 → EPS:56.4円

 

株価は「EPS✖️PER」で算出することができます。

PERを過去3年で最高水準の8.5倍、平均の6.5倍、最低の4.5倍で掛け合わせていきます。

 

楽観的シナリオメインシナリオ悲観的シナリオ
EPS123.992.256.4
PER8.56.54.58.56.54.58.56.54.5
株価1053805558784599415479367254

 

信太郎
PERは8.5は現状の利益が下落した前提での数値じゃからな。楽観的、メインシナリオでは6.5倍を使うのが現実的じゃろうな。
淀姫
問題なのは254円まで下がる可能性があるのかということですね。
信太郎
うむ。下値余地を探るのであれば配当利回りを使うのが有効ぞ!

 

配当利回りから下値余地を探る

商社株は基本的には高配当銘柄です。

高配当銘柄の場合、株価が下がれば配当金を目的とした投資家の買いが入るので下値が高くなります。

 

上記2022年3月期のメインシナリオの1600億円の純利益と同水準の2016年度決算での配当金は23円でした。

つまり、配当金も楽観的には35円、メインシナリオでは23円、悲観的には15円となります。

 

ここに配当利回りが4%、5%、6%の水準で考えると株価の予想は以下となります。

 

楽観的シナリオメインシナリオ悲観的シナリオ
配当金352315
配当利回り4%5%6%4%5%6%4%5%6%
株価875700583575460383375300250

 

現実的に現在の15円の場合の予想配当利回りが3%であることを考えると、375円が下値目処といったところでしょうか。

現状の480円から22%程度の下落を許容する必要はありそうですね。

 

2021年3末までの予想まとめ

コロナがしっかりとおさまって業績が戻れば700円-800円の上昇余地があります。

しかし、コロナが引き続きくすぶり続けた場合は300円台後半までの下落余地はあるでしょう。

 

丸紅の各種株価指標関連

ROEとROA

ROE、ROAはともに会社が資本をどれだけ効率よく使い、利益を生み出しているかを表し指標です。

日本企業ではROEが8%、ROAが2%程度の会社が多くなっています。

 

丸紅のROEは低下傾向にあるのは懸念されるところですが一概に悪いとはいえません。

 

信太郎
ROAが上昇傾向だったことから負債比率が減っていることを意味しておるの!逆に2010年代初頭はレバレッジを効かせ過ぎていたとみることができるの。

 

丸紅のROEとROAの推移
決算期ROEROA
2007/03 S16.94%2.52%
2008/03 S19.31%2.92%
2009/03 S16.51%2.24%
2010/03 S14.52%2.05%
2011/03 S17.98%2.95%
2012/03 S21.17%3.51%
2013/03 I18.52%3.38%
2014/03 I16.64%3.16%
2015/03 I7.27%1.41%
2016/03 I4.39%0.84%
2017/03 I10.35%2.22%
2018/03 I12.23%3.07%
2019/03 I12.32%3.37%
2020/03 I-11.30%-3.01%
2021/03予 I6.60%1.58%

 

コロナ前の水準を取り戻せれば、良好な水準のROEとROAと言えますね。

 

丸紅のPERPBR水準を紐解く

PERは現在の株価がEPS(1株あたりの利益)の何倍になっているかを表し日本企業では15倍程度が平均です。

ただし、PERは業種によって大きく変わるため比較する際は同業他社との比較が必要です。

 

丸紅の予想PERは8.7倍となっています。

日本企業と比べると非常に低いことがわかりますが、商社のPERは低めで、各社5~8倍となっています。

 

信太郎
丸紅は株価も低下しておるが利益予想も下落しておるためPERは過去水準だと高くなっておるの。

 

丸紅の予想PERの推移

 

信太郎
PERもコロナ次第というわけじゃな!

 

予想配当利回り

以下は丸紅の予想配当利回りの推移です。

減配するまでは7%近い配当利回りでしたが、減配によって配当利回りも3%台まで減少しました。

丸紅の予想配当利回りの推移

 

信太郎
ただ先ほど見てきたように配当金が元の水準に戻れば魅力的な株価水準であることは間違いないの!

 

丸紅の同業他社との比較

次に、様々な数値について、競合他社と比較していきます。今回比較するのは三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事です。

 

信太郎
5社全体の傾向として、PERやPBRが低めになっておることじゃな。
淀姫
どうしてですか?

 

理由としては諸説あります。

事業分野が多岐に渡りすぎて業績見通しが立てにくい、投資家が詳細な分析をしにくいため積極的な投資がし辛いのではないかなどの説があります。

逆に言うと、事業分野が多岐に渡っているため、商社は会社として業績の急激な悪化のリスクを軽減できていて魅力的であると言えます。

 

 三菱商事三井物産住友商事伊藤忠商事丸紅
株価2,375.5 円1,596.5 円1,294.0 円2,275.0 円482.7 円
時価総額37,772 億円27,407 億円16,188 億円36,056 億円8,389 億円
会計基準IFRSIFRSIFRSIFRSIFRS
株主優待なしなしなしなしなし
予想PER- 倍15.1 倍- 倍8.5 倍8.4 倍
PBR0.67 倍0.71 倍0.64 倍1.13 倍0.66 倍
予想配当利回り5.64 %5.01 %5.41 %3.87 %3.11 %
ROE9.80 %9.69 %6.45 %16.90 %-11.30 %
ROA3.10 %3.30 %2.14 %4.77 %-3.01 %
自己資本比率29.0 %32.3 %31.3 %27.4 %24.0 %

 

信太郎
あえて、丸紅に投資せずとも、キャピタルゲインを狙うのであれば伊藤忠、配当を狙うのであれば三菱商事の方がワシは魅力的じゃと思うぞ!

 

【株の配当金生活に必須の全知識】失敗しないおすすめ高配当・優良銘柄(日本・米国)も一挙に紹介!

【株の配当金生活に必須の全知識】失敗しないおすすめ高配当・優良銘柄(日本・米国)も一挙に紹介!

2019年7月4日

 

まとめ

 

信太郎
コロナショックで見通しは不透明ではあるが今回のまとめは以下じゃ!

 

■投資判断基準:中立

▷ コロナが収束すればリバウンドを狙えるが不透明性が高い

▷ 楽観的にみると700円-800円への戻り余地はあるが300円台後半への下落も覚悟が必要。

 

■ 業績見通し:

▷ 膿は2019年度に出したがそもそもの収益力が低下している

▷ コロナが長引けば2022年3月期も低水準の収益が継続することが予想される

 

■ 配当金見通し:

▷ 35円→15円に下がったのはDEレシオ改善を目指した債務返済が要因

▷ 2022年3月期の増配余地は大きいが2020年3月期の35円の水準に戻るかは不明

▷ 保守的に2017年3月期の23円程度には復活すると考えるのが妥当か

 

■ 他社との比較:

▷ あえて商社株の中で丸紅に投資するとするなら大復活にかける逆張り投資

▷ 配当金投資なら三菱商事、キャピタルゲインを狙いにいくなら伊藤忠商事が順当

 

 

以上、【8002】大減損と減配で苦境の丸紅の今後株価見通しを予想!現在の低い株価は今後急騰する可能性はあるのか?…でした。

 

【商社株見通し】長期保有で高配当利回りを狙う?5大総合商社の株式銘柄を分析&株価予想!

【商社株見通し】長期保有で高配当利回りを狙う?5大総合商社の株式銘柄を分析&株価予想!

2019年9月10日

 

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。