【RPA関連銘柄】本命はどれ?今後も発展が期待できる市場における注目株を紹介。

【RPA関連銘柄】本命はどれ?今後も発展が期待できる市場における注目株を紹介。

RPA」という言葉をニュースで見たことがありませんか?

RPAは「Robotic Process Automation」の略です。

RPAとは一言で説明すると、「ロボットを活用した業務自動化の取り組み」のことです。

秀次郎
ロボットといえば成長市場、とむかーしから言われておるが、近年は本格化している気がするのぉ。

 

今回は、このRPAの市場規模と今後の動向予想、関連銘柄について紹介していきます。

目次

RPAとは?

RPAとは一言で説明すると、「ロボットを活用した業務自動化の取り組み」のことです。

 

ロボットといっても工場で活躍している機械だけではなく、分析や経理業務ツールなども含まれます。

RPAを活用することで人間の代わりに作業が少なくなり、効率化が進むとされています。

 

ではなぜ、いまこのRPAが注目されているのか?

 

産業革命以降、多くの業務が人間から機械へ移行しました。

はた織りの機械なんかは良い例です。

 

人間が手作業で織っていたものを、いまでは機械が全自動で製造しています。

これは特に物理的な業務の自動化という意味で変わってきました。

 

その時からIT等のシステムは「見える化」ということで数字を収集し、データを人間が使いやすいように改善されてきました。

現状の実績はどうか?どうしたら改善するのか?という試行錯誤は人間が行ってきました。

 

しかし技術発展によりそのデータを、人間を介することなく、機械、システムが判断し、業務をすることが可能になりました。

 

 

目次に戻る

RPAの市場規模と見通し

金融機関などはRPAをいち早く導入し、2022年度には市場規模が400億円ほどになると言われています。

ITRがRPA市場規模推移および予測を発表

(引用:ITRがRPA市場規模推移および予測を発表)

 

2017年度のRPA市場は売上金額35億円、前年度比約4.4倍の急速な伸びを示しました。2018年度も引き続き同2.5倍の高い伸びを予測しています。導入単価の下落が進みつつあるものの、市場参入ベンダーが拡大しており、今後も継続的な導入拡大が見込まれることから2022年度には400億円市場となり、CAGR(2017~2022年度)は62.8%を予測しています。

(引用:日経新聞

 

2019年以降、大手だけではなく中小企業の多くが、何らかの領域でRPAを導入する可能性が高いとされています。

RPA自体のツール、製品は導入する企業が多くなるため、過当競争になり単価が下落するのではないかと言われています。

それに付随してRPA関連サービスの伸び率が高くなっていくことが予想されます。

 

特にいまは「RPAがいいのはわかるが、何に使っていいのかわからない」という企業が多いと思います。

生産性をどう高めていけばいいのか、人間が行っていた複雑な業務の活用方法が広まれば、より一層導入が進むと考えられています。

 

また全世界で見ても、2025年までに1億人以上の知的労働者や3分の1の仕事がRPAに置き換わるとされています。

金融機関のディーリングがAIに取って代わったというのはずいぶん前の話です。

そこから人材派遣ビジネスを手掛ける企業も大手を中心にRPAに精通した人材育成に力を入れています。

 

目次に戻る

RPA関連銘柄

それでは、株式で注目される銘柄は何があるのでしょうか。

 

まず株式相場自体の話ですが、米中関税問題や全世界で見た金融緩和路線を見て、最近はわりとボラティリティが高くなってきています。

恐怖指数であるVIX指数も高くなりがちで、ディフェンシブ銘柄だから大丈夫という状態ではありません。

 

そのためRPAのようなテーマ株に投資妙味がありそうです。

いままで紹介させて頂いた内容で、さらにそこから4つの銘柄に絞って説明させて頂きます。

 

 

NTTデータ(9613)

RPA関連銘柄で「NTTデータ」は外せません。

RPAソフトで現在トップシェアである「WinActor(ウィンアクター)」を展開しています。

winactor

winactor

 

WinActorはWordやExcelといったWindowsアプリケーションをロボットに代行させることができます。

導入コストが低いため、現在でも1000社以上の企業に導入されており、今後も導入企業は増えていく見込みです。

 

NTTデータ自体も、市場シェアの40%以上を目指すとしており、導入による売り上げ増が見込めます。

野村総合研究所(4307)

先ほどのNTTデータがシステム自体を販売するのなら、「野村総合研究所」はそのシステムの保守、運用等を行うシステムインテグレーター最大手です。

大型株ではこの2社は外せないでしょう。

 

野村総合研究所のレポートでは、日本型RPAをグローバル標準にするという目標で動いています。

RPAはロボットに任せるということで、どうしてもリスク管理が重要になってきます。

 

現在はIoT化が進んでおり、ハッキングリスク等もあるでしょう。

 

野村総合研究所のグループ会社であるNRIセキュアテクノロジーズはRPAリスク管理ツールを提供しています。

ウィルス等によるロボットの不正操作や設定ミスによる異常処理。

 

あるいは従業員による不正利用といったリスクを防止するため、このツールを導入することでリスク管理に必要な社内の規定類や管理体制の整備を容易にします。

 

RPAはこれからまだまだ発展する市場です。

この日本型のリスク管理システムがもくろみ通りグローバル標準になれば、さらなる発展が見込めるでしょう。

ビジネスブレイン太田昭和(9658)

ビジネスブレイン太田昭和」はコンサルティング業務やシステム開発受託を行う企業です。

RPAの中でも会計システムや医療向けのシステムを作っています。

 

大きな特徴は、RPAホールディングス出資の子会社であるRPAテクノロジーズと業務提携をしたことです。

 

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor のベーステクノロジーを提供する RPA テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下 RPA テクノロジーズ)は、株式会社ビジネスブレイン太田昭和(本社:東京都港区、代表取締役社長 石川俊彦、以下ビジネスブレイン太田昭和)との間において、RPA テクノロジーズが持つ RPA 技術と、ビジネスブレイン太田昭和の持つ経理財務・人事総務分野のノウハウを統合し、両社の更なる発展を目指して業務提携を行うことに 4 月 28 日(金)付で基本合意いたしました。

本提携において、RPA テクノロジーズは RPA 技術を提供し、ビジネスブレイン太田昭和は、経理財務・人事総務等間接業務のノウハウを提供することで、両社のノウハウ・技術を融合した新たな RPA の BPO サービスモデルを作り、両社の更なる競争力の向上を目指します。また、ビジネスブレイン太田昭和が提供するコンサルティング、及びシステムソリューション事業において RPA 技術を活用し、新たなサービスモデルを生み出すことで、RPA 技術の更なる普及を図ってまいります。

RPAテクノロジーズは「BizRobo!」というRPAサービスを提供しており、すでに日本生命やオリックスグループでの導入実績があります。

(引用:日経新聞「RPAテクノロジーズ、ビジネスブレイン太田昭和と経理財務・人事総務分野でRPA活用のソリューション提供で業務提携 」

 

このため株価は、業務提携が決まった2017年の1000円台から2000円台と2倍の伸長を見せました。

その後は横ばいが続いていますが、PERは12倍程度(2019年6月現在)と割安感もあります。

 

また業績が好調のため配当利回りも2%近くあります。

今後RPAのニュースが出た際に注目される銘柄の一つです。

Ubicomホールディングス(3937)

Ubicomホールディングス」はグローバル事業、メディカル事業を展開しています。

 

フィリピンを拠点としてAIやRPAを用いて製造業や金融機関向けのシステムを作っていますが、注目すべきはメディカル事業です。

 

メディカル領域はAI等のシステム導入が遅れています。診療報酬請求で使われるレセプトはいまだに人間の目で確認している、支部によって査定内容が異なるなど、課題が山積みです。

 

厚生労働省はこのレセプト診断にAIを導入することを決めました。

 

高齢化で医療・介護費は膨らみ、日本は先進国で最悪の財政状態にある。そんな中で一人ひとりが自立した生活を送ることができる「健康寿命」を延ばし、医療・介護費を抑える対策が急務だ。

カギを握るのがIT(情報技術)だ。政府はこれを最大限使い、医療・介護の抜本改革につなげてほしい。

まず個人が病院や診療所で受診したときの診療報酬明細書(レセプト)の情報の活用だ。今は匿名に加工処理されて厚生労働省のデータベースにたまっている。

(引用:日経新聞「ITで医療・介護を抜本改革せよ 」

 

また支部によって異なっていた査定を一元化することで差をなくし、公正なシステム化を進めています。

UbicomホールディングスはRPA機能を強化したレセプト点検ソフトの新製品を提供しています。

 

業績に関してもAIや医療関連分野が順調であり、営業利益も連続で増加しています。

株価も2017年7月7日につけた1840円の最高値を超える勢いで動いており、自我総額200億円程度の銘柄では注目されるものです。

 

 

目次に戻る

まとめ

テーマ株は投資戦略を考える上で重要です。

過去にもバイオ銘柄、ロボティクス銘柄と上昇を見せました。

 

もちろん短期的な上下はありますが、成長分野に投資をすることは株式投資において重要です。

 

日本はIT分野において遅れをとっておりました。

そこから現在はIT人材の活用、育成に力を入れ始め、新たな技術が次々に出てきています。

むしろこの分野に力を入れなければ世界の市場で戦っていけないでしょう。

 

RPAの技術のその関連でも注目度の高い分野です。

人口減少が目に見えているため、業務の効率化は必須であり、成長するためには必要不可欠でしょう。

 

もちろん今回紹介させて頂いた銘柄以外にもRPA関連銘柄はあります。

こういった新技術の特徴は、決して大企業だけが開発をするものではないということです。

特にIT分野はベンチャーによる新技術の発展が著しいものです。

 

今後も発展が期待できるRPA関連銘柄。

投資の選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

 

以上、【RPA関連銘柄】本命はどれ?今後も発展が期待できる市場における注目株を紹介。。…でした!

 

【2019年・テーマ株】これから上がる・大化けするテンバガー候補銘柄!一攫千金を狙えるおすすめ株はこれだ!

2019.06.03



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。