【2019年・テーマ株】これから上がる・大化けするテンバガー候補銘柄!一攫千金を狙えるおすすめ株はこれだ!

【2019年・テーマ株】これから上がる・大化けするテンバガーを狙えるおすすめ株式銘柄はどれだ!?
秀次郎
株式投資をするのなら、今後注目されるテーマの株を購入して、楽しく動向を追いたいところじゃな。テンバガーに大化けしたらさらに最高じゃ。

【テンバガーとは?】低価格株が急上昇!?テンバガー銘柄の過去事例を紹介。

2019.08.02

 

かつて、「ITバブル」でインターネット関連銘柄が大化けしました。

IT(ドットコム)バブル勃発!その時日本は?ソフトバンクの大躍進と光通信の栄光、そして崩壊へ。原因は?

2019.03.08

 

同様に今後も経済トレンドを追っていくことで、同様に大化け株を見つけ出すことができるかもしれません。

 

大化け銘柄の見つけ方については実際に成功している投資家に学ぶのが最も近道です。

『60万円を7年で3億円にした実践投資法』で有名な堀哲也さんも講師を務める『グローバルファイナンシャルスクール』(=GFS)が魅力的です。

実際、筆者も受講していて非常に学びが大きいので参考にしていただければと思います。

 

 

このコンテンツでは、現在注目されており、これから株価が上昇する可能性のある業界をテーマ別に紹介していきます。

 

家三郎
NIKKEI225分析も他コンテンツで実施しているので、こちらも参考にするのじゃ。

 

【日経225企業株価予想】株を分析するならこんなふうに。業界別Nikkei銘柄のファンダメンタル分析一覧!

2019.06.27

 

家三郎
また、株価見通しに関する見解もまとめているので参考にするのじゃ。

 

【2019年株式相場見通し】米国を中心に堅調な推移が見込まれる株式市場。日経平均は25,000円を目指せるのか?

2019.04.24

【米国利上げの影響】アメリカの利上げで日本の株価はどうなる?世界への影響と合わせて予測解説。

2018.12.17

 

それでは、内容に入っていきます。

目次

オリンピック(東京五輪)関連銘柄

東京オリンピックを来年2020年に控え、競技会場や周辺施設などの建設や整備といった準備が着々と進められています。

 

秀次郎
わしは陸上のチケットに応募したぞよ!楽しみじゃ〜。

国内外から集まる選手や報道陣、観光客などによって東京オリンピックの経済効果は32兆円になると東京都は試算しております。

 

東京2020大会開催に伴う経済波及効果

(引用:東京都 オリンピック・パラリンピック準備局「東京2020大会開催に伴う経済波及効果」)

 

これらの恩恵を受けて売上や利益が伸びると予想される銘柄は、「オリンピック関連銘柄」として注目されています。

コンテンツ内では、これから上がるかもしれないオリンピック関連銘柄を紹介していますので、参考にしてみてください。

 

いよいよ2020年東京五輪開催。出遅れ厳禁・オリンピックまでに上がる?注目の関連株式銘柄は?

2019.05.15

 

目次に戻る

IoT・AI関連銘柄

IoTとは、Internet of Things(モノのインターネット)の略で、インターネット経由で機械間が通信して連携することです。

 

秀次郎
モノに搭載されたインターネットを介したネットワーク通信で、CMでもおなじみのGoogleHome(グーグルホーム)やAmazon(アマゾン)のecho(エコー)など、日本でも最近注目が高まっているのぉ。
家三郎
欧米ではすでにIoT化ですが、日本は5年遅れているといわれており、これから日本でも、急速に普及するであろうな。

 

インテリジェンスホームは、より一般的なものになり、生活の質を上げるIoT家電はもはやスタンダードになるでしょう。

IoT分野は大きく分けて、5つに分類されます。

 

  1. IoTデバイス:IoT における「モノ」にあたり、スマートフォンやタブレット、スマートスピーカー、スマート家電、ウェラブルデバイスなど。
  2. 通信モジュールや通信機器:インターネットに接続する通信端末。
  3. IoTプラットフォームソフトウェア:IoTサービスを提供するための共通基盤。
  4. IoT専門ソリューションサービス:IoTで企業の課題を解決するサービス。
  5. IoTセキュリティサービス:常にネットワークとつながるIoTデバイスをサイバー攻撃から守る。

 

一般には、デバイス分野が目立ちます。

しかし、ソリューションやセキュリティーなど、今後広がりを見せる分野にも注目することで、テンバガーを狙える銘柄と出会えるかもしれません。

コンテンツ内では、Iotの概要、これから上がるかもしれないIot関連銘柄を紹介していますので参考にしてみてください。

 

【IoT・AI関連銘柄】2019年・まだまだ注目のIoT分野で投資すべき本命株式はどれ?

2019.04.12

 

目次に戻る

RPA関連銘柄

RPA」という言葉をニュースで見たことがありませんか?

RPAは「Robotic Process Automation」の略です。

RPAとは一言で説明すると、「ロボットを活用した業務自動化の取り組み」のことです。

 

 

なぜ、いまこのRPAが注目されているのか?

 

産業革命以降、多くの業務が人間から機械へ移行しました。

はた織りの機械なんかは良い例です。

 

人間が手作業で織っていたものを、いまでは機械が全自動で製造しています。

これは特に物理的な業務の自動化という意味で変わってきました。

 

その時からIT等のシステムは「見える化」ということで数字を収集し、データを人間が使いやすいように改善されてきました。

現状の実績はどうか?どうしたら改善するのか?という試行錯誤は人間が行ってきました。

 

しかし技術発展によりそのデータを、人間を介することなく、機械、システムが判断し、業務をすることが可能になりました。

 

コンテンツ内では、そのRPA関連の銘柄を紹介していますので参考にしてみてください。

 

【RPA関連銘柄】本命はどれ?今後も発展が期待できる市場における注目株を紹介。

2019.08.02

 

目次に戻る

仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄

2019年に入り、仮想通貨であるビットコインが再度高騰しています。

世界情勢の不安も相まって、仮想通貨がふたたび注目を浴びています。

 

【仮想通貨・ブロック チェーン関連銘柄】ビットコイン高騰中。仮想通貨の今後へ投資で一攫千金?

 

ただビットコイン自体は値動きが激しく、数分で数万の動きがあることもあります。

注目はしているがとても手が出せない、という方もおられると思います。

 

コンテンツ内では、ビットコインに関連した株式銘柄を紹介します。

ビットコイン関連といっても、取引所から仮想通貨を取り扱ったサービスを提供している企業など様々あり、

今後の展望を含めて解説しています。

 

ビットコイン関連銘柄とは、その名の通りビットコインにまつわるサービスを提供する株式銘柄のことです。

これら銘柄の特徴として、ビットコインの値動きに関連して値動きがあるという点があります。

 

【仮想通貨・ブロック チェーン関連銘柄】ビットコイン高騰中。仮想通貨の今後へ投資で一攫千金?

2019.08.02

 

目次に戻る

eスポーツ関連銘柄

コンピューターゲームでの対戦を競技として扱う時に「eスポーツ」と呼ばれます。

競技人口や市場規模は年々拡大し、これからもこの流れは続くと予想されている市場です。

eスポーツは近年急速に成長を続ける市場であり、国内外の企業や投資家が注目しています。

市場規模は2019年には18億ドル、2021年になると21億ドルを超えると考えられています。

 

世界で存在感を増すeスポーツ市場

(引用:一般社団法人日本eスポーツ連合「世界で存在感を増すeスポーツ市場」)

 

コンテンツ内では、eスポーツの概要、これから上がるかもしれないeスポーツ関連銘柄を紹介していますので、参考にしてみてください。

 

最近話題の「eスポーツ」とは。投資するならどの上場企業株?市場規模と関連銘柄を紹介!

2019.05.14

 

目次に戻る

ソーシャルゲーム関連銘柄

ソーシャルゲーム」は2010年代前半から注目され始めたテーマのひとつです。

これといって特徴のなかった銘柄のはずが、ソーシャルゲームの大ヒットによって株価が数倍から数十倍に膨れ上がるという事が頻発しました。

現在でも年に何本か大ヒットソーシャルゲームは生まれています。

ソーシャルゲーム銘柄として代表的なものといえば、ガンホーです。

2012年9月頃から株価は徐々に上昇を始めました。

そして、2013年の5月には2012年前半と比べると約100倍以上高い株価にまでなりました。

 

秀次郎
とんでもない銘柄じゃ〜。

 

コンテンツ内では、これから上がるかもしれない、ガンホーのような、ソーシャルゲーム関連銘柄を紹介していますので、参考にしてみてください。

 

株で当たると大きいソーシャルゲーム業界とは?関連株式銘柄を紹介!

2019.05.30

 

 

目次に戻る

番外編:ディフェンシブ(景気鈍感株)・シクリカル銘柄(景気敏感株)

ディフェンシブ銘柄

ディフェンシブ銘柄とは、景気によって業績の上下動がすくなく株価も影響を受けにくい銘柄です。

以下は日経新聞が上場企業について業種毎に分類したものです。

 

日経平均が分類した上場企業の業種

(引用:日経新聞)

 

家三郎
赤枠で囲った以下の業種に多くディフェンシブ銘柄が存在する傾向にあるのじゃ。

 

デフェンシブ業種代表的銘柄
鉄道・バス<9022> JR東海
<9020> JR東日本
<9033> 広島電鉄
通信<9344> NTTドコモ
<9433> KDDI
電力<9501> 東京電力
<9503> 関西電力

<9502> 中部電力
ガス<9531> 東京ガス
<9532> 大阪ガス
食品<2801> キッコーマン
<2809> キューピー
医薬品<4519> 中外製薬
<4502> 武田薬品工業 

 

コンテンツ内では、ディフェンシブ銘柄のメリットとデメリット、具体的に株式投資を検討すべき銘柄について触れています。

 

ディフェンシブ銘柄(景気鈍感株)とは?投資するメリット・デメリットから「おすすめ銘柄」まで徹底解説。

2019.04.27

 

シクリカル銘柄

ディフェンシブ銘柄の正反対といえるシクリカル銘柄(=景気敏感株)。

シクリカル銘柄のシクリカルは英語でCyclicalとなっており、意味は『循環的な景気変動』のことを意味します。

株式市場においては、シクリカル銘柄は景気の変動によって上下する銘柄群のことを指します。

景気が『回復→拡大→後退→悪化』の循環をする過程で、シクリカル銘柄も回復・拡大期に上昇して後退・悪化期に下落します。

 

景気が悪くなると製造業が売れなくなりますので、最終製品の自動車・輸送機器や電気機器に影響が出始めます。

更に最終製品の原材料である鉱業や鉄鋼、石油、ゴム等にも影響が出ます。

当然、製品を輸送する陸運や海運業にも影響が出るので幅広い業種がシクリカル銘柄となります。

 

 

シクリカル銘柄が多い業界は多いので代表的な業種と銘柄について並べたものが以下となります。

 

シクリカル業種代表的銘柄
自動車<7203> トヨタ自動車
<7267> 日産自動車
電気機器<6758> ソニー
<6701> NEC
鉄鋼<5401> 日本製鐵
<5411> JFEスチール
化学<4063> 信越化学工業
<4183> 三井化学
海運<9104> 商船三井
<9101> 日本郵船
倉庫<9301> 三菱倉庫
<9303> 住友倉庫 

コンテンツ内ではシクリカル銘柄のメリットとデメリット、オススメのシクリカル銘柄を紹介しています。

 

シクリカル銘柄(=景気敏感株)とは?ディフェンシブ銘柄との比較から「おすすめ銘柄」まで解説。

2019.04.28

 

目次に戻る

まとめ

家三郎
今回はテーマ別に個別銘柄を紹介したぞよ。株式投資には分析が必須じゃ。

投資は勉強してこそ成功することが出来ます。

大きな書店に並んでいる株式投資関連の本は流行り物が殆どで本質的な内容については教えてくれません。

本格的に投資について学ぶためには、真のエキスパート陣から直接学ぶのが最も効果的なことは言うまでもありません。

私も実際に受講している『グローバルファイナンシャルスクール』では投資に実績のある著名人や、経済学者から直接学ぶことができます。

質・量ともに間違いなく日本一の金融スクールですので、以下もご覧頂ければと思います!

一緒に金融リテラシーを高めていきましょう。

 

 

 

以上、【2019年・テーマ株】これから上がる・大化けするテンバガー候補銘柄!一攫千金を狙えるおすすめ株はこれだ!…でした。

 




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。