オニール流の米国グロース株分析!素晴らしい銘柄に最高のタイミングで投資をして爆発的な利益を狙おう!!

オニール流の米国グロース株分析!素晴らしい銘柄に最高のタイミングで投資をして爆発的な利益を狙おう!!

 

信太郎
わしと猿の運営するマネリテに訪問頂きかたじけない!
秀次郎
殿とともに基礎から発展的なテーマまで纏めていますが、ここでは米国の個別株の分析を取り扱います。

 

米国は常に成長し続ける株が絶えず産まれて隆盛を誇っています。

特に米国のグロース株はGAFAMの台頭以降勢いをましており留まることを知りません。実際、米国のユニコーン企業の数は他国を圧倒しています。

 

米国のユニコーン企業の数

※Unicorn:創業から10年以内で評価額は10億ドル以上の未上場テクノロジー企業

 

秀次郎
シリコンバレーを中心にたえず魅力的なハイテクグロース企業が現れているわけですね!
信太郎
うむ。そんな米国の成長株に早くから投資してきた衆は大きなリターンを得てきておるし、今後もその傾向は変わらんと考えておる。

 

イノベーションの聖地米国の魅力的なハイテク銘柄に最高のタイミングで投資するために当カテゴリーを肝いりで開始しました。

分析手法として用いるのは成長株投資の神として崇められているウィリアム・オニール提唱のCANSLIMです。

 

信太郎
この瓦版ではオニール流の概要をお伝えした上で、各記事で分析した個別記事を列挙していくゆえ興味のある個別銘柄を除いてみてくれい!
秀次郎
殿(Twitter:@nobutaro_mane)とわし(Twitter:hidejiromoney)で随時更新情報発表していくゆえフォローしてくれるとありがいです!

 

ウィリアム・オニール流銘柄分析術の概要

オニール流の「CANSLIM分析」については以下の記事で詳しく解説していますが、エッセンスをお伝えします。

 

 

信太郎
オニールの投資手法を完結に要約すると以下の記述となる。まさにこれなんじゃ。

 

われわれの投資手法は、強いファンダメンタルを持つ企業、つまり独自の新製品や新サービスによってもたらされた大きな売上と増益を見せる銘柄を見つけ出し、そのような銘柄が適切に形成されたベース期間から抜け出して強気相場で大きく上昇を始める前に、正しいタイミングで買うということだ。

(オニールの成長株発掘法)

 

つまり、良いファンダメンタルの銘柄を上昇するタイミングで狙い撃つということですね。

株価を引き上げるのは機関投資家の買いです。機関投資家が買いやすい銘柄を彼らが買うタイミングで狙い撃つ手法がオニール流となっています。

 

各銘柄分析では「CANSLIM分析」というオニール流のファンダメンタル分析を行なった上でチャートについても言及しています。

CANSLIMを簡単に纏めると以下となります。

 

■ C(Current Quartery Earnings):

当四半期のEPSが上昇していること。少なくとも18-20%、出来れば40%-100%、好況期であれば200%以上が好ましい。

成長率は高ければ高いほどよいが最近の四半期のどこかで加速的に上昇していることが必須。

同様に四半期売上も加速的に上昇しているか25%以上上昇しているべきである。

 

■ A(Annual Earnings Increase):

年間の収益増加。過去3年間毎年大きな収益増加(25%以上)を続け、ROEは17%以上であること。

ROEが低すぎる場合は、税引き前利益が高いことが必須。

 

■ N(New Products, New Management, New Highs):

新製品、新経営陣、新高値。新製品や新サービス、新経営陣、あるいは産業状況にみられた新たな変化などを探す。

何よりも重要なのは、正しく形成されたベースから抜け出て新高値をつけ始めた銘柄を買うこと。

 

■ S(Supply and Demand):

株式の需要と供給。時価総額が大きすぎて尚且つ浮動株比率が高いとなかなか株価が動きにくい。

また経営陣の持株比率が高いと期待が持てる。適切に形成されたベースから抜け出す時に出来高が増加する銘柄を探す。

 

■ L(Leader or Laggard):

主導銘柄か停滞銘柄か。マーケットを索引する主導銘柄を買うこと。

特定の分野や地域で首位をいく企業の株を買うこと。殆どの主導株はレラティブストレングス指数が80-90以上。

オニールの運営するInvestors Business Dailyでも強気相場であれば総合評価が90以上。

 

■ I(Institutional Sponsorship):

機関投資家による保有。機関投資家による買いが増加しちえる銘柄を買うこと、

そして少なくとも最近の投資成績がトップの投資信託マネージャーが買っている銘柄を選ぶこと。

 

■ M(Market Direction):

たとえ銘柄選択があっていたとしても強気相場の中で投資をしないと4分の3は失敗するとしています。

あくまで投資は強く相場の中で行う必要があることを強調しており、最も相場環境を見極める方法について紙面を割いています。

マネリテ編集部では毎週オニール流に従って相場見通しを執筆しています。

 

Pinterest, Inc/ピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)

【PINS】急成長著しい未来計画型SNSを運営するピンタレストの株価を分析!業績推移を紐解いた上でオニール流にファンダメンタルやテクニカルを評価する。

ピンタレストは成長著しい未来指向型のSNSです。急速にユーザー数と単価を伸ばし、EPSが急成長を見せています。

 

 

目次に戻る

Square, Inc./スクエア(ティッカーシンボル:SQ)

sq

 

Square, Inc.(ティッカーシンボル:SQ)」は、広範な「決済サービス」「POS(販売時点情報管理)システム」を提供するフィンテック企業です。

 

【SQ/米国株銘柄分析】ペイメントエコシステムの覇者への道を踏み出すスクエアの企業概要・ビジネスモデル・今後の株価見通し(将来性/成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

【SQ/米国株銘柄分析】ペイメントエコシステムの覇権の掌握を目指すフィンテック企業/スクエアの企業概要・ビジネスモデル・今後の株価見通し(将来性/成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

2021年4月18日

 

 

目次に戻る

【FVRR】拡大するギグエコノミーを取り込むマーケットプレイスを運営

【FVRR】画期的なマーケットプレイスでギグエコノミーの覇権を狙うファイバー(Fiverr)の株価の今後の見通しをオニール流に分析!

 

Fiverrはイスラエルに存在するマーケットプレイスです。

インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方を行う「ギグワーカー」と事業主を結びつけるサービスです。

2019年6月に上場を果たし既にテンバガー を成し遂げている銘柄の今後の見通しについて分析しています。

 

【FVRR】画期的なマーケットプレイスでギグエコノミーの覇権を狙うファイバー(Fiverr)の株価の今後の見通しをオニール流に分析!

【FVRR】画期的なマーケットプレイスでギグエコノミーの覇権を狙うファイバー(Fiverr)の株価の今後の見通しをオニール流に分析!

2021年4月18日

 

Tesla, Inc./テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)

Tesla, Inc.(ティッカーシンボル:TSLA)」は、電気自動車およびクリーンエネルギー関連企業です。

テスラ株といえば、2020年に大相場入りし、誰の目にも明らかな米国株式市場の主役でした。1年で株価は約+700%以上の驚異の上昇を見せました(株式分割後価格:年初$88.60→年末$705.67。2021年1月26日には$895まで上昇)。

 

【TSLA/米国株銘柄分析】「テクノキング」率いるテスラの会社概要・ビジネスモデル・今後の株価見通し(将来性/成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

【TSLA/米国株銘柄分析】2020年にテスラ株を買えなかった君へ。「テクノキング」率いる総合エネルギー・テクノロジー企業の概要・ビジネスモデル・今後の株価見通し(将来性/成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

2021年4月12日

 

 

目次に戻る

【AAPL】成長する時価総額2兆円企業

【AAPL】時価総額世界最大のアップルの株価見通しをオニール流のCANSLIM分析で紐解く!ビジネスモデルや自社株買についても詳しく解説。Appleは世界最大の2兆ドル企業として君臨していますが成長力を維持している稀有な企業です。

ただ、現在のアップルの事業構成や資本政策について詳しく知っているという方は実は多くないのではないでしょうか?

アップルが現在どのような状況にあり、投資妙味があるのかという点について纏めています。

 

【SQ/米国株銘柄分析】ペイメントエコシステムの覇者への道を踏み出すスクエアの企業概要・ビジネスモデル・今後の株価見通し(将来性/成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

【SQ/米国株銘柄分析】ペイメントエコシステムの覇権の掌握を目指すフィンテック企業/スクエアの企業概要・ビジネスモデル・今後の株価見通し(将来性/成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

2021年4月18日

 

PayPal Holdings, Inc./ペイパル(ティッカーシンボル:PYPL)

【PYPL/銘柄分析】ペイパルの会社概要・ビジネスモデルとその将来性を考察!今後の株価見通し(成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

PayPal Holdings, Inc.(ティッカーシンボル:PYPL)」は、「デジタル」および「モバイルの決済ソリューション(=オンライン決済サービス)」を世界中に提供する米国企業です。

 

【PYPL/銘柄分析】ペイパルの会社概要・ビジネスモデルとその将来性を考察!今後の株価見通し(成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

【PYPL/米国株銘柄分析】オンライン決済サービスを提供するペイパルの会社概要・ビジネスモデル・今後の株価見通し(将来性/成長性)を決算とCANSLIMの観点から考察。

2021年4月6日

 

 

目次に戻る

【FB】世界最大のSNS企業の今後は魅力的?

【FB】今再びEPS成長が加速するフェイスブックは再び株価は飛翔できるのか?徹底的に分析してオニール流に評価してみた。

 

Facebookは世界最大のSNS企業として覇権を握っています。

FacebookだけでなくWeChatやInstagramのFacebookの傘下として不動の地位を築いています。

Facebookの今後の展望も踏まえながら成長するGAFAの一角を握る企業についてお伝えしています。

 

【FB】今再びEPS成長が加速するフェイスブックは再び株価は飛翔できるのか?徹底的に分析してオニール流に評価してみた。

【FB】成長するSNSキング「フェイスブック」の今後の株価を見通す!

2021年4月4日

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。