【成長株発掘法】ウィリアム・J・オニール流銘柄選定術「CAN-SLIM」の「CAN」についてわかりやすく解説する!

【成長株発掘法】ウィリアム・J・オニール流銘柄選定術「CAN-SLIM」の「CAN」についてわかりやすく解説する!

前回オニールが愛したチャート形状であるカップウィズハンドルについてお伝えしました。

 

カップウィズハンドルの取っ手部分の特徴

【カップウィズハンドルとは?】ウィリアム・J・オニールが愛したチャートパターン「Cup with handle」をわかりやすく解説する!

2020年7月17日

 

本日はいよいよ本題としてオニールの投資手法として有名な「CAN-SLIM」についてお伝えしていきたいと思います。

「CAN-SLIM」は銘柄スクリーニング手法で長期にわたって継続して上昇する可能性が高い企業を継続的に選ぶ出す手法として知られています。

「CAN-SLIM」は個人投資家向けの投資手法で、時を経ても、また米国株市場以外でも有効性が確認されている点です。

 

信太郎
「CAN-SLIM」の頭文字にそれぞれ意味があるんじゃ!本日は各頭文字について詳しく紐解いていこうとおもうぞ!

 

「C」:Current Quarterly Earnings=当期四半期EPSと売上

まずCAN-SLIMの最初の「C」はCurrent Quarterly Earningsの略です。

「C」の意味

株価が急騰する直前の1-2四半期で大きなEPSの上昇が見られたとしています。

株を買うときは最新の決算が発表された四半期EPSが前年同期比で大幅に上昇している銘柄を選ばないといけないとしています。

 

信太郎
EPSとは1株あたり純利益のことじゃな!
淀姫
大幅にといいますが、具体的にどれくらいの伸びですか?
信太郎
オニールは1952年-2001年に最も成長した600銘柄の中の75%が直前の四半期EPSが前年同期比で70%以上の上昇をみせていたとしておるぞ!最低でも40%以上mんpの上昇している銘柄を選ぶべきとしておる。

 

オニールは何はともあれEPSが最も重要であるとしています。

多くの投資家はただ安くなったという理由でEPSが下がった株を買いたがるが、多くの場合失敗すると言及しています。

 

EPSが急騰している企業の注意点

直前のEPSが増加している企業でも以下の点については十分に注意してくださいと継承を鳴らしています。

 

■:あくまで前年同四半期で比較すること

企業には季節要因で四半期毎に利益の傾向がある銘柄が多く存在します。前年度の同四半期と比較しましょう。

 

■:売上や純利益ではなくあくまでEPSでみること

売上が伸びていても純利益が売上ほど増加していないとコスト構造に問題があります。

更に純利益が増加していても新規に株を発行してしまっては「1株あたり純利益」は下落してしまう可能性があります。

あくまで自分の保有する株の価値が重要ですのでEPSに着目しましょう。

 

■:特別利益は除外する

不動産や保有株の売却などであた一過性の特別利益が純利益項目となる場合は要注意です。

継続的に発生するわけではないので特別利益は除外した上でEPSを加味しておきましょう。

 

■:長期間上昇した銘柄については注意が必要

既に長期間上昇をつづけていた銘柄では、EPS増加率が前年同四半期比で100%を超えていても株価が頭打ちする銘柄もある。

 

■:売上の上昇も伴う必要がある

売上が直近四半期で少なくとも25%以上増加しているか、直近三四半期で増加率が加速していることが最低条件。

これは収益増加を継続的に達成させるにはコストカットだけではなく売上そのものの増加が必要だからです。

 

■:売上の上昇も伴う必要がある

売上が直近四半期で少なくとも25%以上増加しているか、直近三四半期で増加率が加速していることが最低条件。

これは収益増加を継続的に達成させるにはコストカットだけではなく売上そのものの増加が必要だからです。

 

■:2四半期連続でEPS増加率が減少した場合は要注意

EPS増加率が2四半期連続で減少している場合は注意が必要です。1四半期だとたまたまなことがあるため、2四半期としています。

具体的には前回の増加率に比べて33%未満の増加率に2四半期連続でなった場合は何かしらの原因を抱えているとみた方がよいでしょう。

 

■:同業他社の銘柄のEPSを確認

狙っている産業が上昇基調にあるか確認するために、

同業他社で同じく強いEPS成長率を示している企業が少なくとも一つあるか確認する必要があります。

 

「A」:Annual Earnings Increase=年間EPSの増加

先ほどの「C」はあくまで直近の四半期EPSの上昇でした。しかし、それだけでは十分魅力的な成長を成し遂げていると断ずることはできません。

年間EPS成長率「Annual Earnings Increase」を見極める重要性と基準

しかし、購入を検討する企業の質が高いことを確認するためには年間EPSの増加を確認する必要があるとしています。

 

信太郎
年間EPSが過去3年連続で増加している銘柄を探せ!としておるぞ!

 

あくまで継続的な上昇基調を前提とした銘柄に投資をせよとしています。

たとえ3年目の結果が過去最高水準だとしても2年目のEPSが下落している銘柄は対象外とするべきと警鐘を鳴らしています。

 

淀姫
ところで何%以上の年間EPS上昇率であればよいんじゃ?
信太郎
過去3年から6年の年間EPS増加率が25-50%以上の銘柄を選べとしておるの!

 

EPSの成長率が高い企業の特徴として高ROEが挙げられます。

ROEの考え方

 

ROEは自己資本の何%利益を生み出せるかという指標です。

企業が生み出した利益から配当金を差し引いた繰越剰余利益は自己資本に組み込まれます。

つまり、利益が増加する企業は自己資本もふえていくので当然EPS成長率も増加していきますね。

 

【ROE・ROAとは?】「自己資本利益率」と「総資産利益率」の計算方法と投資判断の基準・目安をわかりやすく解説。

【ROE・ROAとは?】「自己資本利益率」と「総資産利益率」の計算方法と投資判断の基準・目安をわかりやすく解説。

2018年12月20日

 

信太郎
過去50年間で急成長を遂げた銘柄はほぼ全銘柄で最低でも17%以上のROEを示していたとしておるぞ!

 

「C」と「A」を簡単に確認する方法

ちなみに3年EPS成長率や直近四半期EPS成長率はオニール氏が運営している『Investors Business Daily』で確認することができます。

以下がアップルの例です。

 

アップルのEPSのデータ

参照:Investors Business Daily

 

 

また、『Investors Business Daily』を活用することで前項の「C」と「A」を確認する方法があります。

以下はマイクロソフトの画面ですが、EPS Ratingが97となっています。

マイクロソフトの成績

 

EPS Ratingは1-99となっていますが、高ければ高いほど魅力的なEPSを成し遂げているとしています。

 

EPS Ratingは企業の直近2四半期のEPSの増加率を前年同期と比べ、過去3年でどれほど成長したかを測定したもの。その後、その測定結果を公開されている全銘柄と比較し、1-99の指数で表す。EPS指数が99の企業は年間EPSと当期四半期EPSの両方で残り99%の企業よりも良い成績であったことを意味する。

引用:オニールの成長株発掘法

 

淀姫
つまりマイクロソフトは非常に魅力的な成長力を備えているということですね!!

 

【Microsoft】マイクロソフト(MSFT)の今後の株価推移を予想!業績堅調かつ配当金14期連続増配中のGAFAM急先鋒に迫る。

2019年7月31日

 

コラム:PERは重要なのか?オニール流の考え方

銘柄選択の際にPERを非常に重要な指標として考えている方は多いのではないでしょうか?

ただ、PERで投資銘柄を考えることにオニール氏は警鐘をならしています。

 

PER投資では大化け銘柄は見つけられない

 

信太郎
ただ、オニール氏はPERは株価の動きとは関連性がなく、株式の売買判断には役にたたないとしておるぞ。

 

1952年から1985年まで大化け銘柄の上昇初期段階におけるPERは平均20倍と決して割安ではなかったとしています。

大化けする成長株の上昇初期のPERは25倍-50倍で、最終的に60-115倍まで上昇しているとしています。

 

淀姫
PERだけで投資をしていたら大化け銘柄を引き当てることはできないということですね。。

 

市場全体が急上昇する強気そうなでは、ある銘柄のPERが高すぎるという理由だけで選択肢から除外してはならない。

あくまで重要なのはEPSの増加率であるとしています。

 

PERは利確ポイントを見つける時に有効

ただ、PERにも活用法はあるとしています。

PERは利益を確定するポイントを見つけるために有効としています。

具体的には買いポイントを見つけた時点でのPERを2倍して2年後の予想EPSを掛け合わせて利確ポイントの基準とするとよいとしています。

 

信太郎
つまり、以下のようになるの!

 

PEREPS株価
現在30倍1203600
利確ポイント60倍
30倍×2倍
480
120×2倍×2倍
(2年後予想EPS)
28800
利確ポイント

 

上記のように具体的な目安のポイントを見つけるためには活用できますね。

 

「N」:Newer Companies,Products,High off Properly Formed Bases

CAN-SLIM の『N』はNewの頭文字です。

新興企業、新製品、新経営陣、正しい株価ベースを抜けた新高値を基準としています。

 

株価が驚くような上昇をみせるためには新たな何かが必要としています。

新しいユニコーンといわれるような企業や、経営陣、製品などが必要としています。

 

信太郎
なかでも新高値形成というのが重要なポイントなんじゃ!

 

例えば以下の二つのチャートがあるとします。多くの人は安くなっているパターンBを選好する傾向にあるとしています。

しかし、実際に大きく上昇する銘柄はパターンAであるとしています。

上がるチャートパターン

 

淀姫
株価が高すぎてリスクが高そうに見える銘柄は更に値上がりし、株価が低く割安に見える銘柄は更に値下がりする傾向にあるということですね!

 

まとめ

 

信太郎
今回は「CAN-SLIM」の「CAN」についてお伝えしてきたぞ!「SLIM」については次回紹介し、その次でCAN-SLIM銘柄を選んでいこうかの!

 

「C」:直近四半期EPSが前年同期の四半期EPSに比べて大幅に上昇しているか?

「A」:3年間の年間EPSの上昇が力強い上昇を見せているか?

「N」:新興企業、新製品、新経営陣、新高値を更新している銘柄を選ぶ

 

信太郎
後半のSLIMについては以下記事で伝えておるぞ!

 

ウィリアム・J・オニールの成長株発掘法で紹介されている「CAN-SLIM」の「SLIM」についてわかりやすく解説する!

ウィリアム・J・オニールの成長株発掘法で紹介されている「CAN-SLIM」の「SLIM」についてわかりやすく解説する!

2020年7月25日

 

淀姫
他の伝説の投資家の特集については以下でまとめてます!

 

【世界の有名投資家・資産家特集】長者番付上位のバフェット...師のグレアム...ピーター・リンチ氏など。稀代のインベスターを徹底解剖!

【世界の有名投資家・資産家特集】長者番付上位のバフェット…師のグレアム…ピーター・リンチ氏など。稀代のインベスターを徹底解剖!

2019年10月2日

[お金の学校特集]

 

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてました。

 

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

 

知識をしっかり仕入れた上で投資は実践していく必要があります。

 

 

その知識を学ぶにあたり、近年「お金の学校」への注目が高まっています。

 

長年、資産運用を学んできた編集部が、お金を専門としたスクールについての特集コンテンツを作成していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お金の学校特集

お金の学校の特集へ

 

 

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。