【初心者向け・投資の基本用語】資産運用実行に向けての最初の知識!言葉を正確に理解して金融リテラシーを高める。

【初心者向け・投資の基本用語】最初の知識!言葉を正確に理解して金融リテラシーを高めよう。

社会人になり、日々の仕事に没頭していると、気づけば結婚して家庭を築き、うっすらと老後の人生について考え始める頃ではないでしょうか?

 

2018年10月に、財務省の審議会の中で「年金の支給開始年齢を68歳に引き上げる」ということが案が浮上。

2019年6月には、「老後2000万円報告書」が出され、さらに資産運用の必要性が高まっています。

 

今回のコンテンツでは、資産運用をいざ始めるにも、基本用語をまずは把握したい。

そのような方に向け、一般的な知識としての投資用語を解説していますので参考にしてみてください。

目次

投資・資産運用とは

そもそも投資・資産運用とは何を意味するのでしょうか。

「投資」は積極的に利益獲得を目指すこと、「資産運用」は減らさないことを目的とし投資をすることです。

 

日本の全国民が取り組むべき「資産運用」とは、保有している資産(現金、不動産、株、債券など)を管理・運用。

そして、リターン・資産を増やすことです。

 

「貯蓄から投資へ」

「NISA の申し込みを!」

 

テレビを見ていると、このようなワードをよく聞くようになりました。

会社員生活を過ごし、30代を迎える頃とは、周りの同僚が一斉に資産運用に取り組むようになる時期です。

 

しかし、資産運用を始めようと思っても、あと一歩が踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

コンテンツ内では、そもそも投資をやった方がいいのか、やらない方がいいのかという前提から、「投資」の魅力を中心にお伝えしています。

投資で社会の仕組みを学ぼう!初心者の投資のやり方と資産を増やす運用の必要性・醍醐味を解説。

2018.11.19

 

 

また、以下のコンテンツ内では、資産運用をする「必要性」について様々な角度から詳しく解説しています。

 

投資・資産運用とは?老後の不安を解消するために「資産運用の必要性」と資産構築する方法を理解しよう。

2018.10.09

 

目次に戻る

財テクとは

【財テクとは?】令和元年(2019年)知らなきゃ損する初心者・中級者向け財テクを紹介。

2019.04.17

 

財テクとは、財務テクノロジーの略で、株式、債券、土地などに投資するなど、お金を増やすことを表現した俗語です。

元々は、企業が投資などで儲けることが用途で使われていましたが、バブル経済の頃から個人でも財テクという言葉が使われ始めました。

 

現在は、資産運用と類義で使われることが多いですが、バブルの頃にもてはやされた財テクは、ハイリスクハイリターンの印象が強く残っています。

 

財テクについて、超初心者向けの運用方法も合わせてわかりやすく解説しています。

 

 

目次に戻る

投資・資産運用の「リスク」とは

資産運用を始めようと考えていても「投資で失敗して損をしたくない」と考えてしまいなかなか最初の一歩を踏み出せな人がいると思います。

しかし、老後費用などを考え、着実にお金を資産を増やしていくには、資産運用が必須です。

 

世の中には数多くの投資商品が存在し、各商品にリスクが存在します。

しかし、その「リスク」を事前に把握して、投資を実行していけば大きな失敗はせず、効率よく資産を大きくしていくことができます。

 

コンテンツ内では、資産運用を始める上で事前に理解しておくべきリスクについて解説をしていきます。

資産運用の初心者が必ず抑えておくべき投資の「リスク」とは?投資に回すお金(余裕資金活用)と分散投資の必要性を理解しよう。

2019.03.10

 

 

また、「老後や子どもの教育資金のために投資をしよう」と思っていても、実際には投資していない人は多くいるでしょう。

投資にはお金が減ってしまうリスクがあり、リスクを回避して預金する人が多いです。

預金していれば元本割れしないメリットはありますが、投資しない人にもリスクはあります。

投資しない人の問題点や未経験者に役立つ投資法を知り、投資の重要性を確認しておきましょう。

 

投資しない人の特徴とそのリスクを解説!お金の勉強が必須の時代到来。

2019.05.16

 

目次に戻る

利回り・利率とは

株式投資や不動産投資をしていると、「利率」や「利回り」といった言葉をよく耳にすると思います。

どちらも、投資をする上で、非常に大切なものです。

 

実は、利率と利回りは、厳密に言うと意味が違います。

意味を混同してしまうと、投資のパフォーマンスにも影響が出かねません。

 

コンテンツ内では、利率と利回りの違いについて、事例を使いながら徹底解説しています。

 

運用における「利率」と「利回り」とは?その特徴・違いと計算方法を株式投資・不動産の事例を用いてわかりやすく解説!

2019.08.11

 

目次に戻る

単利・複利とは

資産運用を行う際、気になってくるのが「利率」です。

年金利2%など、金融商品にはそれぞれの運用利回りが設定されています。

 

「2%」と聞くと、「たった数%で資産を増やせるのか」と思われる人もいるかもしれません。

ただ、このたった数%が資産運用では大事になってくるのです。

 

その理由を解き明かすためには、「単利」と「複利」の正体を知る必要があります。

コンテンツ内では、この「単利」と「複利」について、徹底解説しています。

 

資産運用で不可欠な知識「単利」と「複利」とは?数値シミュレーションで理解、投資に活かそう。

2019.08.08

 

目次に戻る

分散投資とは

【分散投資】資産形成において必須とされる「分散投資」のメリットとデメリット。リスクを縮小する投資ポートフォリオの作成方法を解説します

2018.11.15

 

当然ながら、資産運用は必ずしも元本が保証されたものではありません。

資産運用を始める場合は、まず「リスクを最小限に減らすこと」を頭にいれておきましょう。

 

資産運用をする際、株式や債券など何かしらの金融商品に投資することになります。

これらの金融商品には必ず、値下がりするリスクがあります。

 

卵は一つのカゴに盛るな」ということわざは、株式相場の先人の格言ですが、資産運用の世界でも頻繁に使われます。

 

いくつかの投資商品に分散投資をした場合はリスクを免れる、または軽減できるのです。

資産運用をする際、株式投資を選択する人もいれば、債券に投資する人もいます。

 

株式投資をするにしても、1つの企業の株式銘柄のみ集中して買うと、その企業が倒産した際に大きな損失が出てしまいます。

資産形成は、常にリスクを考えながら行わなければいけません。

 

コンテンツ内では、そんな「分散投資」についてわかりやすく解説しています。

 

 

目次に戻る

投資・資産ポートフォリオとは

【投資ポートフォリオとは?】資産形成で必須となる投資ポートフォリオの作成方法をわかりやすく解説。

2018.12.16

 

資産形成は、常にリスクを考えながら行わなければいけません。

そこで、資産形成の際に、収益と損失のリスクのバランスを取るために考案されたのが、「ポートフォリオ」です。

 

例えば以下のような投資先がありますが、それぞれ資産の「属性」と「相関性」を考えることも重要であり、組み合わせによってはリターンが大きく異なってきます。

国内株式国内投資信託国内債券海外株式
海外投資信託海外債券不動産投資

 

コンテンツ内では、「投資ポートフォリオ」の概要と具体的な作成方法を解説しています。

 

 

目次に戻る

不労所得とは

不労所得とは?実際の事例から収入源(仕組み・システム)を構築する方法を解説。

2019.05.18

 

働かずにお金を受け取れる不労所得をつくって、時間やお金に余裕がほしい

このように誰しもが考えますよね。

王道的な「不労所得」の方法として有名なのは、株式投資・不動産投資や、インターネットを利用しビジネスをする人が多いでしょう。

 

「不労所得」を得るにはさまざまな方法があり、必要な初期費用や労働量はビジネスによって異なるものです。

コンテンツ内では、不労所得の意味や実際に収入源を作る方法について解説しています。

 

 

目次に戻る

まとめ

信太郎
今回はまだまだ資産運用の初心者向けに重要な言葉の意味を解説してきたぞよ。参考にするのじゃ。
秀次郎
資産運用ライフの始まりじゃ!

 

以上、【初心者向け・投資の基本用語】資産運用実行に向けての最初の知識!言葉を正確に理解して金融リテラシーを高める。…でした。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。