資産運用で不可欠な知識「単利」と「複利」とは?数値シミュレーションで理解、投資に活かそう。

資産運用を行う際、気になってくるのが「利率」です。

年金利2%など、金融商品にはそれぞれの運用利回りが設定されています。

 

「2%」と聞くと、「たった数%で資産を増やせるのか」と思われる人もいるかもしれません。

ただ、このたった数%が資産運用では大事になってくるのです。

 

その理由を解き明かすためには、「単利」と「複利」の正体を知る必要があります。

今回は、この「単利」と「複利」について、徹底解説していきます。

目次

単利とは

まず始めに、単利について確認していきましょう。

単利とは、元本にのみつく利子を差します。

 

たとえば、100万円を単利2%で運用した場合、以下のとおりとなります。

■ 100万円を単利2%で運用

 

  • 1年後 1,020,000円
  • 2年後 1,040,000円
  • 3年後 1,060,000円
  • 4年後 1,080,000円
  • 5年後 1,100,000円
  • 6年後 1,120,000円
  • 7年後 1,140,000円
  • 8年後 1,160,000円
  • 9年後 1,180,000円
  • 10年後 1,200,000円

 

 

秀次郎
グラフで表すとこの通りじゃ。一直線じゃな。
単利グラフ

 

1年あたり100万円×0.02=20,000円ずつ利子が積まれていくことがわかります。

毎年一定の額が利子として入ってくるという点が特徴です。

 

単利の仕組みを使った代表的な金融商品として、「個人向け国債」が挙げられます。

国債は、購入した際の金額によって、半時に1回利子を受けとるシステムになっています。

 

最初に大きな額で国債を購入すれば、その後、毎年安定した利子収入を得ることができます。

ただ、個人向け国債の利回りは、10年保有の国債で、0.05%となっています。

 

この利回りは、銀行預金よりは少しマシと言えるぐらいの利回りで、正直、資産運用の選択肢としてはあまり有用な金融商品ではありません。

 

日本は、超低金利時代に突入しているため、銀行の普通預金の金利が、ほぼ0にちかい数値になっています。

その煽りを受けて、国債の利回りも低くなっているのです。

 

ちなみに、同じ国債でもアメリカ国債の利回りは約2.2%となっています。

日本の国債と比べて利回りが非常に高いです。

 

先進国の中でも、日本の国債利回りの低さは異常な状態になっています。

外国の国債であれば、資産運用の手段として充分利用可能ですので、検討の余地がありますね。

 

ただ、外国の国債の場合、その国の通貨で利子を貰うため、日本円に替える際に、為替変動のリスクが生じます。

円安状態であれば、日本円に替えても問題ありませんが、円高が進行している場合は、損失が発生してしまうので要注意です。

 

目次に戻る

複利とは

複利とは、投資元本+利子に対して、金利がつく利子のことです。

たとえば、以下は100万円の元本を複利2%で運用した場合です。

 

■ 100万円を複利2%で運用:

 

  • 1年後 1,020,000円
  • 2年後 1,040,400円
  • 3年後 1,061,208円
  • 4年後 1,082,432円
  • 5年後 1,104,080円
  • 6年後 1,126,161円
  • 7年後 1,171,657円
  • 8年後 1,171,657円
  • 9年後 1,195,090円
  • 10年後 1,218,991円

(小数点以下は切り捨て)

上記の具合に資産が増えていきます。

 

秀次郎
グラフで表すとこの通りじゃ。単利とは違い、金額がまばらじゃな。
複利グラフ

 

単利運用と比較して、資産が増えていくペースが早い点が特徴です。

100万円の運用である場合、単利運用と複利運用で、それぞれ10年間運用してもそこまで大きな差はありません。

 

ただ、運用額が1千万円、1億円、10億円と大きくなるにつれて、複利で得られる金額は単利で得られる金額を大きく越えてきます。

 

投資額が大きい資産家にとって、複利運用はまさに「魔法」のようなものです。

複利運用するだけで、毎年得られる利子額が激増してきます。

 

複利が使われている金融商品は、実は身近にあります。

私たちが銀行に預けている普通預金も、複利運用を採用しています。

 

利子がついた後、翌年は利子額を含めた預金額に利子がつくため、単利ではなく複利の形式となっているのです。

ただ、普通預金の金利は、資産運用するには小さすぎる額のため、複利の恩恵を一般の人たちは享受できないのが現実です。

 

目次に戻る

複利を味方につけることが大切

資産運用を行う際、複利を見方にできるかどうかで、手元に入ってくる利子収入に大きく差がつきます。

 

複利は、元本+利子につく利回りであるため、複利を味方につけるには、「利子収入分をそのまま全て次の投資にあてる」ことが原則となります。

 

手に入れた利子収入を消費に回してしまっては、結局、元本にのみ利子がつく状態に舞い戻ってしまいます。

利子を引き出さずに、すべて再投資に回すことが、複利を見方につける絶対条件です。

 

ただ、人間の精神力は弱いもので、利子を得るとそれを他のものに使いたくなる衝動にかられてしまいます。

極論、複利を見方につけるには、利子に微塵も手をつけないという精神力の強さが必要になってくるわけです。

 

複利を使って資産運用を行う資産家たちは、その点を熟知しています。

得た利子は使うのではなく、「増やしていく」のです。投資家ではない一般の人たちも、この姿勢から学ぶことは多いです。

 

無駄遣いをせずに、資産を増やすことにお金を使えば、自ずと手元に残る資金は増えていきます。

 

目次に戻る

消費マインドから抜け出すこと

複利運用を行う上で意識すべきことは、「消費マインドから抜け出す」ことです。

日本では高度経済成長以降、モノをたくさん買えることに価値が見い出されていきました。

「消費=良いこと」という図式が、幸福の尺度となってしまったのです。

 

バブル経済崩壊後、日本人の消費行動は停滞してきますが、これは「消費=良くないこと」という考えが広まった訳ではありません。

単純に消費に回すお金が減ってしまったために起こったことです。

 

手元に購入資金があれば、それを消費に使う人が大半でしょう。

ただ、このような状態では、いつまで経っても複利を味方につけることはできません。

 

本気で資産を増やしていくのであれば、消費を最小限にとどめて、投資にお金を回していくことが必須となります。

 

株式投資の世界で、莫大な資産形成に成功したBNFさんも、巨額の富がありながら毎日の食事はカップ麺や立ち食い蕎麦といった質素なものでした。

 

稼いだお金をすべて使ってしまうスタイルでは、少なくとも複利の世界では成功することができません。

まったく贅沢をするなとまでは言えませんが、贅沢三昧な状況になってしまっては、もとも子もありません。

 

「金持ち=たくさんお金を使う」というレッテルを排除して、愚直に投資へお金を回していくことが、資産を増やす一番の近道です。

 

まずは、日々の無駄遣いを止めて、本当に必要なものだけにお金を使うよう心掛けてみましょう。

惰性で、コンビニで買い物ばかりするのを辞める等、改善できる部分が出てくると思います。

 

自分の意志がないと、中々無駄遣いを減らすことはできませんので、その点、自分を律して取り組まなければなりません。

 

目次に戻る

まとめ

単利と複利は、それぞれ利回りという面では同じものですが、利子が増えていくスピードが異なります。

特に、投資元本が大きいほど、複利で得られる利子収入は莫大なものになってきます。

 

複利運用の場合、手に入れた利子を全額再投資に回すことが前提となります。

利子にひとつも手をつけずに、投資へ回していく精神力の強さが、複利運用には求められます。

 

逆に言えば、モノを買うことにあまり興味がない人であれば、複利運用は楽に行うことができると言えます。

物欲が高い人は、その欲を抑え込まないと複利運用の世界で成功することはできません。

 

複利を味方につけられるか否かで、将来、資産家になれるかが決まってきます。

一般のサラリーマンの方でも、複利運用を意識するだけで、お金の使い方が変わってきますので、是非、実践してみてください。

 

以上、資産運用で不可欠な知識「単利」と「複利」とは?数値シミュレーションで理解、投資に活かそう。…でした。

 

【初心者向け・投資の基本用語】資産運用実行に向けての最初の知識!言葉を正確に理解して金融リテラシーを高める。

2019.07.26



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。