【7097】さくらさくプラスの初値を予想!~将来性の高い保育園運営に従事~

さくらさくプラス(7097)の上場日は4月24日(金)で、上場市場は東証マザーズとなります。

主幹事はSMBC日興証券で、IPOの申し込み期間(BB期間)は4月9日(木)~4月15日(水)となっています。

今回はさくらさくプラスとはどのような企業なのかを目論見書を基に、事業内容や業績をチェックしながら詳しくご紹介していきたいと思います。

また、さくらさくプラスの気になる初値予想やIPOでの購入情報もご紹介していきます。

さくらさくプラスのIPOスケジュール

さくらさくプラスの主幹事は国内大手5社の一角、SMBC日興証券です。

上場規模は、想定時価総額87.3億円、吸収金額20.4億円程度と、東証マザーズでは中型の部類に入ります。

 

ブックビルディング期間4月9日(木)~4月15日(水)
市場東証マザーズ
公募価格決定4月16日(木)
購入申し込み期間4月17日(金)~4月22日(水)
上場予定4月24日(金)
当選株式数公募457,000株、売り出し402,900株、オーバーアロットメント128,900株
想定価格2,060円
仮条件価格
公募価格

 

さくらさくプラスの各証券会社の割当

それでは、さくらさくプラスの引受証券会社及び引受シェアを確認していきたいと思います。引受シェアは以下のとおりです。

証券会社株数割当率
SMBC日興証券804,40093.55%
大和証券34,3003.99%
SBI証券8,5000.99%
岩井コスモ証券8,5000.99%
マネックス証券2,5000.29%
エース証券1,7000.20%

 

さくらさくプラスの事業内容

さくらさくプラスの基本スペックは以下のとおりです。

社名株式会社さくらさくプラス
コード番号7097(東証マザーズ)
設立2017年8月
資本金50,000,000円
本社所在地東京都千代田区有楽町一丁目2番2号 東宝日比谷ビル
代表者代表取締役社長 西尾 義隆
従業員数878人(連結)
事業内容保育所の運営及び保育所への利活用を想定した不動産の仲介・管理業務

 

さくらさくプラスの事業内容

同社グループは以下の構成となっています。

子会社の経営管理を主な事業内容とする「さくらさくプラス」

保育事業として保育所の運営及び保育所への利活用を想定した不動産の仲介を主な事業内容とする連結子会社2社

保育所への利活用を想定した不動産の管理・運用及びベトナムにおける保育所の運営を主な事業内容とする関連会社2社

 

 

同社グループは、「おうちのようなほいくえん」作りをコンセプトとして、

「安全と安心を提供し、自然で和やかな笑いに満ちた温かい育児環境を作り出す」ことを経営理念として掲げています。

 

特に、同社は保育所の立地に関して駅からの距離、利便性の高いエリアへの進出を積極的に進めています。

これにより利用者や働く保育士から選ばれる施設づくりを行い、ソフト(保育の内容及び職員の質)とハード(施設及び不動産)の両輪を見据え事業を展開しています。

 

保育所の立地が良好であれば共働き夫婦にとっても保育士にとっても利便性が高いため、収益性は比較的高いのではないでしょうか。

 

さくらさくプラスの上場理由は?上場による資金調達の目的を探る

新規発行による手取り額

 

さくらさくプラスは上場することにより手数料を引いた手取り金額で10.98憶円程度の資金を獲得します。

資金使途は後述のとおりです。

 

調達資金の使途

調達資金ですが、目論見書によれば以下の用途に充当予定とのことです。

 

  • 全額を連結子会社である株式会社さくらさくみらいへの投融資資金として、充当予定。2021年4月に開設を予定している認可保育所(13施設)の設備投資資金として、2021年7月期中に全額を充当予定

 

さくらさくプラスは調達した資金を規模の拡大のために用いる様子です。

業績も好調で、資金需要の旺盛な上場に向いている企業であると考えられます。

 

目論見書から見るさくらさくプラスの売上高と利益推移 

本項目では、さくらさくプラスの業績を分析していきたいと思います。

売上高の推移

 

 売上高(千円)
2018年7月期3,244,326
2019年7月期5,154,037
2020年1月3,352,773

 

上記のとおり、同社の売上高は堅調に上昇していることがわかります。

2020年7月期は、2020年1月までの数値を2倍すると6,705,546千円程度の売り上げが見込まれ前年比大幅なプラスとなりそうです。

 

経常利益の推移

 経常利益(千円)
2018年7月期749,011
2019年7月期1,395,950
2020年1月219,398

 

経常利益も売上高同様安定的に推移しています。

2020年7月期は、このままのペースで推移すれば438,796千円となる見込みで前年比減益の見通しです。

 

EPSの推移

 EPS(円)
2018年7月期97.04
2019年7月期184.53
2020年1月36.72

 

EPSもおおむね堅調に推移していますが、2020年7月期は前年比減益の見通しです。

 

さくらさくプラスの上位10位までの大株主とロックアップ情報

株主名保有比率ロックアップ情報
(株)だいぎ15.16%180日間
(株)TKS15.16%180日間
西尾 義隆(社長)12.57%180日間
中山 隆志12.57%180日間
田中 順也4.76%180日間
(株)クリエイトバリュー3.67%180日間
森田 周平3.40%180日間
村田 良1.90%180日間
原 幸一郎1.70%180日間
原 周平1.70%180日間

 

ロックアップとは、株式が公開された後に一定期間、市場で持株を売却することができないようにする制度のことです。

上位株主には軒並みロックアップが付されています。

上位株主にベンチャーキャピタル等が名を連ねていないため、上場時に余計な売り圧力はかかりません。

 

さくらさくプラスの初値予想

ここでは編集部独自のさくらさくプラスの初値予想を公開していきたいと思います。

さくらさくプラスの総合評価

 

さくらさくプラス購入のメリット

  • IPOは上値抵抗がないため、比較的株価が上昇しやすい
  • 業績面が安定している
  • 待機児童が増えているため、業界の見通しは明るい
  • 上位株主にVC等が存在しない
  • 小型上場のため、需給面に不安が少なく株価が上昇しやすい

 

さくらさくプラス購入のデメリット

  • 小型株のため株価が乱高下しやすい
  • 業績が悪化した場合株価が急落する可能性がある
  • 株式市場の市況が悪い
  • 同日にSANEIの上場が控えている

 

さくらさくプラスの初値予想は1,765

さくらさくプラスのEPSは2018年7月末時点で97.04、2019年7月末時点で184.53、2020年1月末時点で36.72でした。

 

さくらさくプラスの競合として考えられる上場企業として、保育園運営事業、幼児教育関連事業に従事する企業であるJPホールディングス、

幼児活動研究会、ライクキッズ等が考えられます。競合他社のPERを用いて同社のEPSから推定株価を算出します。

 

企業名PER
幼児教育研究会15.06
JPホールディングス23.12
ライクキッズ5.89
グローバルキッズカンパニー17.34
京進7.89

 

さくらさくプラスの直近の業績を鑑み、上記のうちPERは競合5社の平均値である13.86倍を用いることとします。

EPSは、同社の直近2.5年間の平均値である127.32を用いることとします。

 

以上より、想定初値は、PER13.86倍×EPS127.32=1,765円程度となります。

 

まとめ

4月24日上場のさくらさくプラスですが、売上高は安定的に推移しているものの、利益水準が前年比低下している点は非常に気になります。

また、株式市場の地合いの悪さも要注意です。

加えて、同日にSANEIの上場も控えており資金が分散してしまう恐れがあります。

一方、業種としての見通しは比較的良好ですので、ファンダメンタルズの評価は高いです。

 

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

2020年2月2日

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。