【4450】10月最初のIPO銘柄「パワーソリューションズ」を分析!高騰が期待できる初値を予想する。

パワーソリューションズの初値を予想

10月1日上場予定のIPO「パワーソリューションズ」。パワーソリューションズの事業内容は金融機関に向けた業務コンサルティング・システムの受託開発・運用保守サービス及び業務のアウトソーシング受託などです。

現在、花形のIT関連企業ということで人気化しやすく、初値が期待できるIPOであるといえます。

今回はパワーソリューションズとはどのような企業なのかを事業内容や業績をチェックしながら詳しくご紹介していきたいと思います。

また、パワーソリューションズの気になる初値予想やIPOでの購入情報もご紹介していきます。

 

パワーソリューションズのIPOスケジュールと各証券会社の割当

パワーソリューションズの主幹事はIPOに強い大和証券です。

また当選株式数も328,500株と少な目であり、初値の上昇が期待できる銘柄だといえます。

 

パワーソリューションズのIPOスケジュール

ブックビルディング期間9月12日(木)~9月19日(木)
市場東証マザーズ
公募価格決定9月20日(金)
購入申し込み期間9月24日(火)~9月27日(金)
上場予定10月1日(火)
当選株式数328,500株
仮条件価格- *1

*1:仮条件価格は9月10日に決定されます。

 

パワーソリューションズの各証券会社の割当*2

証券会社株式数割当率
大和証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
松井証券
極東証券
エース証券

*2:割当率や株式数などは、仮条件決定時(9月10日)付近に発表されます。

 

パワーソリューションズの事業内容

初値が期待できるIPOパワーソリューションズ。

ここでは気になるパワーソリューションズの事業内容をご紹介していきます。

 

パワーソリューションズの基本スペック

社名株式会社パワーソリューションズ
設立2002年1月7日
本社所在地東京都千代田区大手町1-5-1

大手町ファーストスクエアイーストタワー

代表取締役社長佐藤 成信
従業員数134名
資本金約7,500万円(別途資本準備金 約5,500万円)
事業内容金融機関に向けた業務コンサルティング・システムの受託開発・運用保守サービス

 

パワーソリューションズの事業内容

 

パワーソリューしょんの事業内容

パワーソリューションの目論見書

 

システムインテグレーション

システムインテグレーションはパワーソリューションズの主要サービスです。

具体的には、資産運用会社をはじめとする金融機関に向けた業務システムの受託開発及び運用保守に関するサービスを提供しています。

 

アウトソーシング

金融機関の付随業務の受託やチーム単位での人材派遣による、顧客企業の業務プロセスの一部代行及び航空券の手配代行サービスを提供しています。

 

RPA関連サービス

業務プロセスの自動化を推進するためのRPAソフト「UiPath RPA Platform」のライセンス販売及び導入サポート・サービスを提供しています。

 

パワーソリューションズの事業内容は主に金融機関を対象にしたシステムの受託開発及び運用保守といった堅い企業であることがわかります。

 

≪パワーソリューションズの主な取引先≫

  • アセットマネジメント会社
  • 銀行・信託銀行
  • 証券会社
  • その他金融機関

よって、パワーソリューションズはIT関連企業といっても、堅実な業績が求められる企業であるといえます。

 

パワーソリューションズの上場理由とは?上場で得た資金の使い道を探ろう!

パワーソリューションズは上場して得た資金をどのように活用するのでしょうか?

ここでは目論見書から資金のつかいみちを探っていきたいと思います。

 

新規発行による手取り金額

パワーソリューションズは上場することにより手数料を引いた手取り金額で527,259千円の資金を獲得します*。

 

*:有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,870円)を基礎として算出した見込額です。

 

手取り金の使途

ⅰ.サービスの拡大を目指したコンサルタントの人件費の一部 200,000千円、外注費の一部として150,000千円

ⅱ.社内システムインフラ設備の増強にかかる設備投資費100,000千円、基幹システム更新のための設備投資費 30,000千円

ⅲ.業務拡大に伴うオフィス増設のための設備投資費 50,000千円

ⅳ.借入金の返済 11,509千円

 

パワーソリューションズの資金の使途から、パワーソリューションズは上場することによって得る資金でさらなる業務の拡大を行うことがわかります。

 

目論見書からみる『パワーソリューションズ』の売上高と利益推移

ここではパワーソリューションズの業績を分析していきたいと思います。

順調に伸びる売上高

以下は過去期からのパワーソリューションズの売上高の推移です。

売上高(千円)
2014年12月期1,602,667
2015年12月期1,869,917
2016年12月期1,899,263
2017年12月期2,131,833
2018年12月期2,364,018
2019年6月期
(半期)
1,378,618

 

パワーソリューションズの売上高の推移

パワーソリューションズ目論見書

 

パワーソリューションズは着実に売上高を上げていることがわかります。

また、2019年度も2Qで前年度の売上高の半分を超過しているため、本決算に期待が持てる売上高であるといえます。

 

当期純利益も堅調

 

当期純利益(千円)
2014年12月期22,153
2015年12月期-95,156
2016年12月期84,726
2017年12月期206,938
2018年12月期202,525
2019年6月期139,074

 

パワーショリューションズの当期純利益の推移

 

当期純利益を見ると、一見して波があるように見えますが、長期的なスタンスから見ると、利益も順調に増加していることがわかります。

また2019年度も2Qですでに前年度の2/3以上の利益を上げているため、本決算に大きな期待が持てる企業であるといえます。

 

1株あたり利益(EPS)

株価は『EPS × PER』で算出することができます。

EPSは『1株あたり純利益』で当期純利益を発行済株式数で割ることで算出されます。

たとえ純利益が上昇したとしても発行済株式数が増加するとEPSは増加しません。

 

パワーソリューションズは以下のとおりEPSも純利益と同様に増加しており安心ができますね。

パワーソリューションズの1株あたり純利益の推移

1株あたり利益も経常利益はいったん頭打ちにも見える推移になっています。

しかし、パワーソリューションズでは2018年と2019年に株式分割を行っていることから、実質的には順調に推移していることがわかります。

また成長株の基本特性である株式分割を積極的に行っていることは今後の株価推移を考えた場合、好感が持てる企業であるということができます。

 

このように、パワーソリューションズの業績は順風満帆であるということができます。

 

パワーソリューションズの上位8位までの大株主とロックアップ情報

ロックアップとは、株式が公開された後に一定期間、市場で持株を売却することができないようにする制度のことです。

株主保有比率ロックアップ情報
合同会社未来企画25.59%180日間
合同会社一誠堂24.38%
佐藤 成信8.41%
みずほ成長支援投資事業有限責任組合7.73%90日間

1.5倍

兼子 浩之7.56%180日間
高橋 忠郎5.43%
老川 信二郎3.02%
加藤 秀和          2.31%

 

パワーソリューションズの上位株式保有者はすべてロックアップの設定がなされています。

しかし、みずほ成長支援投資事業有限責任組合のみ売出価格の1.5倍以上のロックアップ解除の条件が設定されています。

よって、売出価格の1.5倍以上に株価が上昇した場合、大株主の売り出しに注意が必要です。

 

気になるパワーソリューションズの初値予想!

ここでは編集部独自のパワーソリューションズの初値予想を公開していきたいと思います。

 

パワーソリューションズの総合評価

ⅰ.パワーソリューションズ購入のメリット

  • IPOは上値抵抗がないため、株価が上がりやすい傾向がある
  • パワーソリューションズの当選株式数は328,500株と少なめであるため、株価が上がりやすいIPOである
  • 花形業種のIT関連で人気化しやすいセクターであること
  • 業績も順調であること
  • 初値での株価の上昇が期待できること

 

ⅱ.パワーソリューションズ購入のデメリット

  • IT関連といっても金融機関を対象にしたシステムの受託開発及び運用保守といった地味な業種であること
  • ロックアップ解除条件まで上場した場合、ベンチャーキャピタルの売り圧力が懸念されること

 

パワーソリューションズの初値予想は7000円

今期の第二四半期ベースでのEPS133.98円から考えると、今期のEPSは267円程度であると予想されます。

株価は『EPS × PER』で算出れきます。
パワーソリューションズと同様のRPA関連事業を行なっている競合他社の平均PERは26,29倍となっており、最低でも15倍以上となっています。
RPA銘柄PER
NESIC15.10
パーソルHD22.40
システナ29.30
キューブシス14.60
ディップ14.70
日本サード27.00
ハイパー18.70
テリロジー65.90
スタティアH16.30
TIS19.10
電算システム21.40
AGS27.70
ブレインP49.80
システム情報26.00
平均26.29

 

平均PER程度の株価となると想定すると7,000円程度となることが想定されます。

 

まとめ

10月1日上場のパワーソリューションズ。

当選株式数少ないうえに、人気化しやすい花形業種のIT関連のため、期待感の高いIPOであるといえます。

よって、積極的に参加して入手したい銘柄であるといえます。

 

2019年新規公開株一覧!!魅力的なIPO銘柄に投資をしよう。

2019.08.22



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。