アップルバンクとは?サービスの特徴と利用するメリット・デメリットを詳しく解説!

アップルバンクとは?サービスの特徴と利用するメリット・デメリットを詳しく解説!

「国内の不動産に投資してみたいけど、多額の自己資金を用意するのは難しい」

 

そんな方が検討に入れるのが、主に不動産事業を行っている会社のレンディングサービスが「アップルバンク」です。

ノウハウを持ったプロが案件を選別して、投資家が不動産ビジネスに投資できるのがポイントとなります。

 

このコンテンツでは、そんなアップルバンクの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説します。

目次

アップルバンクの特徴

日本の不動産ビジネスに特化したソーシャルレンディングがアップルバンクです。

第二種金融商品取引業者のmaneoマーケットと、借り手の管理を行う株式会社アップルバンクにより運営されています。

 

アップルバンクでは投資家から資金を集めて、関連子会社を通して国内事業会社に融資。

スケジュールに従って貸付先から利息や元本が返済されたら、アップルバンクを通して投資家に利益が還元されます。

 

不動産事業でさまざまな投資案件を経験したプロがアップルバンクに在籍しているのが特徴。

会社の資金ニーズをプロが分析して、ソーシャルレンディングによる不動産投資を実現します。

 

また、アップルバンクは不動産デベロップメント事業も行っていて、開発プロジェクトに投資できるのもポイントです。

ソーシャルレンディングにより不動産の投資ハードルは低くなりました。

サービスを利用するには

アップルバンクで不動産投資を始めるには、いくつかの利用条件を満たしていることが必要です。

個人の場合は以下の条件を満たすことで、アップルバンクの投資口座を開設できます。

 

  • 口座開設の申し込み時点で20歳以上かつ75歳未満であること
  • 日本に在住していて、在留資格を持っていること
  • maneoマーケットの審査に通過すること

 

利用条件を満たしている人はアップルバンクのホームページにアクセスして、さっそく口座を開設しましょう。

ページ上部にある「新規口座開設」ボタンを押すことで手続きできます。

 

口座の開設ページでは利用規約の同意、投資経験の回答、個人情報の入力などをすることが必要です。

情報をすべて入力して、本人確認書類をオンラインや郵送で送信すると手続きが完了します。

 

口座開設手続きを済ませると、運営会社が登録した住所宛に本人確認ハガキを郵送。

ハガキにはキーコードが記載されていて、マイページでコードを入力することで本人確認が完了します。

 

本人確認が完了すると投資口座を使えるようになり、資金をアップルバンクへ入金することが可能です。

お金を入金した状態で投資案件を選ぶと、実際にファンドへ投資できます。

投資先の具体例

2019年7月上旬に募集していた投資先として、「リースバックシステム事業支援ローンファンド【川崎市高津区戸建】11号」があります。

運用期間は11ヶ月であり、想定利回りは7.5%です。

 

このファンドはリースバックシステム不動産を取得するための資金調達を目的とします。

リースバックは入居者が自分の不動産を売却して、オーナーに家賃を支払うことで住み続ける方法。

 

今回の対象物件は神奈川県川崎市にある3階建ての住居であり、大手不動産会社による市場価格は3,898万円です。

調達した資金で借り手は不動産を取得して、市場価格をターゲットに売却活動します。

 

もしファンドの運用期間内に不動産を売却できて、ターゲット価格を上回る売却金額が成立すると利回りが上場する可能性があること。

最大期待利回りは14.0%とかなり高めです。

 

目次に戻る

アップルバンクのメリット

「他にもソーシャルレンディングはあるのに、アップルバンクを利用する意味が分からない」と思う人はいるはず。

確かに不動産案件を取り扱うサービスは多く、特定のソーシャルレンディングにこだわる必要はありません。

 

アップルバンクは利回りが比較的高くて、既に数々のファンドを運用した実績があります。

ソーシャルレンディングで不動産投資を検討している人が知っておくべきメリットは次の3つです。

 

 

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

想定利回りが7%と高め

アップルバンクで取り扱うファンドの運用利回りは7%台が多く、他社サービスに比べてリターンに期待できます。

また、条件を満たすことで利回りが10%を超える可能性があるのもメリットです。

 

各ファンドには最大期待利回り(IRR)が設定されています。

運用期間内に目標よりも高い金額で不動産を売却できた場合、利回りが高くなります。

 

もしファンドが最大期待利回りの条件を満たせなくても、他の資産運用に比べるとそれでも利回りは高い水準です。

日経平均株価の平均配当利回りは2.32%の予想であり、株式よりも高リターンを得やすいことが分かります。

800件以上の完済実績あり

2019年8月現在、アップルバンクの貸付件数は968件であり、その内完済したのは888件です。

既に23億円以上の資金を完済した実績があり、多くのファンドを適切に運用していることが分かります。

 

ソーシャルレンディングは比較的新しいサービスであり、運営会社によってサービスの質は異なるもの。

信頼性のない運営会社を選んでしまうと、貸し倒れリスクが大きくなってしまいます。

 

アップルバンクには800件以上の完済実績があるから、新規のソーシャルレンディングに比べて信頼性が大きいです。

損失やリスクが心配な人でも安心して投資を始められます。

2万円から簡単に投資できる

アップルバンクでは最低投資額が2万円のファンドが多く、少額から不動産に投資することが可能です。

資産運用に使えるお金をあまり持っていない人でも投資に参加できます。

 

投資したファンドが問題なく運用されれば、運用期間後に出資金や配当金が投資口座に残るもの。

利益を追加して投資を繰り返すことで、効率的に自分の資産を形成できます。

 

目次に戻る

アップルバンクのデメリット

投資することで高リターンに期待できて、数多くの返済実績により信頼性があるのがアップルバンクのメリット。

少額から不動産投資をできるのは魅力的ですが、アップルバンクにはデメリットも2つあります。

 

■ アップルバンクのデメリット:

 

  • 担保や保証のないファンドが多数あり
  • 出金手数料は投資家が負担

それぞれのデメリットを簡単に見ていきましょう。

担保や保証のないファンドが多数あり

アップルバンクには保証や担保がついていないファンドが多くあります。

もし資金の借り手が返済できなくても、保証や担保がなければ投資家は貸し倒れになってしまうのがデメリット。

 

理由としては借り手が複数の機関から資金を借りていて、担保を優先して設定するのが難しい実情があります。

ファンドの安全性が低くてリスクが大きいことを知っておきましょう。

出金手数料は投資家が負担

投資口座から自分の銀行口座に出金するには、払戻手数料を支払うことが必要です。

2019年8月現在、3万円未満の出金なら手数料は163円であり、3万円以上の出金では257円の手数料が発生します。

 

出金手数料によってリターンが減ることを防ぐために、一度にまとめて出金することがオススメです。

 

目次に戻る

アップルバンクの有効な活用法

高い利回りで国内の不動産に投資できるのがアップルバンクのポイントです。

少額から不動産投資をしてみたいときに、アップルバンクで投資口座を開設してみましょう。

 

目次に戻る

まとめ

800件以上の返済実績があり、高めの利回りに期待できるのがアップルバンクです。

本サービスなら少額から不動産に投資できるため、これから資産運用を始めたい人にオススメします。

 

以上、アップルバンクとは?サービスの特徴と利用するメリット・デメリットを詳しく解説!…の話題でした。

 

 

【ソーシャルレンディング業者比較・評価】28業者を一挙に紹介!気になる評判は?失敗しない投資を実現しよう。

2019.09.19



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。