【GFS】評判のグローバルファイナンシャルスクールを徹底評価!今日本人が『お金の学校』で勉強すべき理由。

【GFS】評判のGlobal Financial Schoolを徹底評価!今日本人が『お金の学校』で勉強すべき理由。

マネリテ編集部長の私は幸運にも東京大学経済学部の金融学科で金融について学ぶ機会を得ました。

社会人になってからも業務を通じて金融の勉強を行うとともに自分でも投資を行い証券アナリスト試験にも合格しました。

今までの経験を通じて『お金についての知識』がある人とない人で将来形成できす資産に大きな差があることを身を以て実感しています。

 

日本では義務教育はおろか高校、大学でする『お金』についての教養を学ぶ機会は基本的には提供されていません。

結果的に日本人の金融リテラシーは先進国でもイタリアと並んで最低水準となってしまっています。

 

しかし、当メディアでも取り上げている投資の神様ウォーレン・バフェットも以下のように語っております。

 

ウォーレン・バフェット『金融の教養は1日でも早く身につけた方がいい』

 

金融教育を受けることの重要性はわかったとしても、実際に何から学べばよいのかわからないのが実情なのではないでしょうか。

 

そんな方に向けて『お金の学校』として最高品質・最多講義時間数を誇る『グローバルファイナンシャルスクール(GFS)』がスタートしました。

GFSでは『実際に長年成果を出している投資家』や『金融機関等の専門家』から直接学ぶことができる注目度が高まっている『お金の学校』です。

実際に私も入会しており大変おすすめできる『お金の学校』となっています。

GFSヘの入会した証拠

 

本日はなぜ今日本人が『お金』について学ばなければいけないのか?

という点を詳しく紐解いた上で、

TVにも多数出演している投資家兼実業家が運営しているGFSの魅力について徹底的に紐解いていきたいと思います。

 

 

『お金』について学ぶ意味〜自分自身に投資を行おう!〜

なぜ『お金』について学ばなければいけないのかという点を多面的に説明していきたいと思います。

  • 自分自身に投資を行うのが最も効果のある投資
  • 日本人の金融リテラシーは先進国で最低水準
  • 金融リテラシーの低さが米英の家計資産と大きな差を生んでいる
  • 金融リテラシーが低いと質の低い投資商品に投資を行ってしまう

自分の資産ポートフォリオを俯瞰すると今後の人的資本が殆どの人が多い

「あなたの資産は?」と聞かれた時に殆どの方は現在の資産を回答される方が多いのですが、実は今後稼ぐ金額こそが最大の資産なのです。

例えば現在40歳で現金500万円、株200万円を保有している太郎さんがいたとします。

今後60歳の定年までに20年間600万円を稼ぎ続けたとします。すると今後1億2000万円を稼ぐことになります。

しかし、『お金』の勉強をしていると常識なのですが、今の600万円と20年後の600万円の価値は異なります。

ここで割引現在価値という特殊な計算方式を用い資本収益率5%と仮定します。(難しいので読み流して下さい。)

現在時点で将来稼ぐ1.2億円の価値は7500万円となります。

 

「割引現在価値」等の難し言葉も『お金の学校』で体系的に教えてくれます。

結果的に太郎さんの現在の資金を円グラフで表すと以下のようになります。

将来の労働収入の重要さ

 

現在お金がない人でも将来の労働収入を如何に増やすかということによって将来の金融資産に大きな差がでてくるのです。

つまり、今現在大きな資産がない方は自分自身に投資を行うことが将来にわたる大きな資産構築の秘訣になるのです。

 

もう一度、投資の神様『ウォーレン・バフェット』の言葉を借ります。

バフェット名言『最も大切な投資は自分に投資することです。終生、あなただけのものです。』

 

学校や社会人生活で学べない『お金に関する知識』を体系的に学んで自分の潜在的な資産を大きく伸ばす必要があるのです。

 

20代〜30代におすすめの自己投資11選を徹底解説!若いうちに自分への投資で人生を豊かなものにしよう。

2019.06.18

 

日本人の金融リテラシーの低さ

金融リテラシーは高い人の方がお金持ちであることが『S&P Global FINLIST SURVEY』の調査でもわかっています。

金融リテラシーと比例する1人あたりGDP

日本の金融リテラシーは43%と世界的にみると34位と高いのですが、先進7カ国でみると最下位から一つ上の6位とブービーです。

先進諸国に占める金融リテラシーの低さ

金融リテラシーの低さが次項でお伝えするような金融リテラシーの高い米英との深刻な差を生む原因となってしまいます。

 

金融リテラシーとは?調査で日本人が低いと分かった身につけるべき必須の教養を徹底解説。

2019.06.16

 

金融リテラシーの低さが招く欧米との資産成長の差

以下は日米英の1995年を1とした場合の家計金融資産の推移です。

米国は3.11倍、英国は2.83倍と大きく資産をのばしていますが、日本はわずか1.47倍にしかなっていません。

 

日米の家計資産の推移

(引用:金融庁「平成27事務年度金融レポート」

 

上記を見る限り、我が国の金融資産は全然増えていないことがわかりますが、その原因を分解していきたいと思います。

以下はどのような要因で家計資産が増加したのかを分解した図です。

 

日米英の家計資産増加の要因

 

確かに米国は給料も増えているのですが、最も資産を増加させた要因は資産運用による運用リターンとなっています。

運用で1995年時点の1の資産を2.32倍にまで増加させているのに対して、日本はわずか運用で1.15倍にしか増やせていません。

原因は以下の資産運用の割合の違いにはっきりと現れています。

米国民の全資産にしめる株式・投信の保有率は45.4%であるのに対して、日本人は18.8%に止まっています。

 

日米英の株式・投信投資比率

資本主義が継続する限りにおいて株式投資は最も資産を増加させることができる資産であることを米国民は知識と知っているのが、この大きな差を生んでいます。

更に金融リテラシーが高い米国民に向けて、米国の金融業界も質の高い投資信託を多く提供しています。

質の低い商品を提供しても誰も買いませんからね。

 

一方、日本では未だに毎月分配型の投資信託や、レバレッジ型のような手数料が高く金融機関が儲かる商品ばかりが案内されています。

日本では長期投資に適した投信より、金融機関が儲かる投信が大々的に広告されております。

つまり金融機関の営業トークに乗って手数料が高くリターンが低い劣悪な金融商品を買ってしまう方で溢れてしまっています。

 

しかし、最近では金融庁の指摘もありようやく楽天VTIのような長期投資に適した投資信託が日本でも発売され始めています。

 

金融商品の質は国民の金融リテラシーが高くなれば自ずから高くなっていくのです。

 

今評判の『お金の学校』グローバルファイナンシャルスクール(GFS)に迫る

ではいよいよ本題の今注目の『お金の学校』である『グローバルファイナンシャルスクール(GFS)』についてお伝えしていきたいと思います。

代表運営者は実業家兼投資家

『お金の知識』という人生に関わる最も大事なことですから誰から学ぶのかという点は慎重に考えなければいけません。

金融の素人であったり、実際投資を行っていないコメンテーターから学んでも机上の空論で終わってしまいます。

『お金の知識』に関して学ぶのに適した人物像としては以下です。

  1. 経済・金融の知識面でのエキスパート
  2. 長期間投資家として活躍している方
  3. 社会的にも信用のある方
  4. 投資、金融界での人脈が豊富な方
  5. わかりやすく教えるのが上手な方

 

信用のない方からだと、逆に不適切な金融商品を勧められ投資詐欺に遭う可能性もあります。

また、1人ではなく人脈があれば外部講師も承知でき講義に幅を持たせることもできます。

更に、いくら本人が専門家でも教えるのが上手でなければ生徒側からすると意味がありません。

 

上記の5つの条件を全て満たすのがGFSの創設者であり、代表講師です。

代表講師はもともとは報道アナウンサーとしてテレビ局に勤務されていました。

有名な『情熱大陸』の番組制作に関与されていた実績もあります。

 

現在は独立し実業家として活躍され国内外で20社の経営を行なっており、Groupの売り上げは60億円に上っています。

また全国経営者団体連合会の理事も40歳を前に務められています。

 

更に彼は実業家であると同時に10代の頃から20年にわたり世界中の資産に投資を行ってきました。

株・債券・不動産はもちろんのこと、ありとあらゆる投資に携わってきており投資家としての実績も抜群に輝いています。

 

マネリテ編集部も彼の公式LINE@に登録しておりますが、毎朝示唆に飛んだ内容を無料で配信しています。

以下はソフトバンクIPO上場の際の一例です。

実際彼が予言する通り90%以上は儲かると言われているIPO投資においてソフトバンクは公募価格割れしてはじまりました。

投資に関する内容や経済・金融に対する時事ニュースの見解など多岐にわたります。

正直経済・金融分野に明るいと自負している私でも日々勉強になる内容が盛り込まれています。

代表の知識と経験の深さを伺い知ることができます。

 

GFS代表の公式ライン

 

大好評で12,000人以上が登録している公式ラインは、GFSに参加する前の期間限定無料セミナー『お金の達人講座』に参加することで登録することができます。

 

【グローバルファイナンシャルスクール】評判の『お金の学校』の無料体験版『お金の達人入門講座』をReview。

2019.03.26

 

GFSは2019年から始まったため期間限定で無料講座を開催していますが、既に会員は2000人を超えてきており近々有料となることもほのめかしています。

以下公式ページ内から申し込むことができますのでGFSの雰囲気を無料で体験してみると良いでしょう。

 

 

GFSは代表を中心とした経済・金融のエキスパートと『60年を7年で3億円にした』で有名な堀哲也氏を初めとした投資家陣によって運営されています。

もちろん、先ほどお伝えした通り代表自身も一線で活躍する投資家であり、テレビでも芸能人に対して資産運用をわかりやすく教えています。

 

講師は現在代表を含めて6人在籍していますが順次招致されていきます。

4月時点では3名でしたので3ヶ月で『堀哲也氏』に加えて『市川雄一郎氏』『永浜利廣氏』も参画しています。(公式ページ内に説明あり)。

運営開始から半年足らずですが、現時点で間違いなく質と量は日本一の水準となっています。

 

GFS設立の背景等については以下でまとめていますので参考にしてみてください。

 

▶︎Global Financial School(GFS)の理念を紐解く!なぜ今『お金の学校』が必要なのか?

 

GFSが目指しているもの

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)がスクール生に約束していることは以下です。(以下は一部です本当は15個あります)

 

■ GFSで得られるもの:

 

  • 投資の判断が自分一人で出来るようになる
  • 株式投資を一人で判断できるようになる。
  • NISAやiDeCoを自分で判断できるようになる。
  • 良質な投資信託を一人で判断できるようになる。
  • 不動産投資を一人で判断できるようになる。
  • 生保、損保、医療保険を一人で判断できるようになる。
  • 投資の被害者にならなくなる(=投資詐欺・質の悪い投資商品に投資しないようにする)
  • 銀行・証券会社・不動産会社の営業マンに騙されなくなる
  • 世界の経済・金融動向を自分で考えることができるようになる。

 

投資判断を自分で能動的に行えるようになり、投資詐欺や金融機関の営業マンに騙されない人生を歩むことができます。

また、GFSがカバーしている範囲は非常に広くなっています。

投資に関しては勿論のことですが、住宅用不動産や保険といった『お金』に関連した全てのことを講義の対象としています。

 

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)が提供するもの

Global Financial Schoolが提供するのは動画型のセミナーを提供。

■ GFSが提供するもの:

 

  • 提供動画数は現在200時間以上、順次拡大し2019年末に1000時間以上へ
  • 2063年まで40年以上にわたり利用が可能のほぼ一生サポート
  • 常に最新の情報を入手することが可能
  • 再生スピードアップも可能で何度見ても追加料金はなし
  • 一般的なことから他では得られない一次情報を提供
  • 国際投資家により日本にはない情報も提供
  • 電話相談も可能で、専任担当者がつく手厚いサポート体制
  • オンラインが苦手な方に向けて丁寧なITサポートセンター

 

一次情報というのは足で取ってきた生の情報のことです。

代表をはじめとした投資家集団が世界中を駆け回り生で取ってきた他にはない有効な情報を共有してくれます。

これだけでも他の情報とは一線を画する相当な価値があります。

インターネットでの情報の質には限界がありますし、皆が知れる情報に本当に価値のあるものは少ないですからね。

GFSの料金体系

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)は進化するサービスで現在既に2000人以上が在籍しています。

発生する費用は入会時に一回ポッキリです。

しかし、早く入れば入るほど安い価格で入ることができる仕組みになっています。

当然、動画提供時間が少ない時に入った人の方が後から入った人よりも低い価格で受講することができるのです。

 

動画提供時間は現時点でも古参の『ファイナンシャルアカデミー』の1講座の10倍の量があります。

また、価格については他の『お金の学校』に比べて講義時間あたり10分の1の激安水準となっています。

 

一回の入会金を支払うだけで40年間以上もサービスを利用できるという驚異的な設定となっている点も魅力です。

さらにGFSに入会したものの不満のある方には返金サービスを実施するとのことで相当な自信を持っていることがわかります。

まずは以下公式ページからGFSの説明を兼ねて無料で開催されている資産運用勉強会である『お金の達人入門講座』に申し込んで実際に話を聞いてみることをおすすめします。

 

 

マネリテ編集部も講座に参加しましたが『お金の達人入門講座』に参加するだけでも数十万円分の価値がある内容になっておりました。

さらに『お金の達人入門講座』に参加することで、GFSに割引価格で入会することができます。

 

よく巷にも無料の資産運用勉強会などがあります。

しかし無料であるということは不動産等の投資商品を販売する目的があるものが殆どで、営業トークが強くなり本質的な知識の獲得を行うことができません。

また私の経験なのですが、無料で手に入れたものはしっかりと勉強する気もおきません。

結果自分の身につけることはできないのです。

実際にGFSに入会して講義を受けての感想

冒頭にも申し上げた通り私は無料体験講座の『お金の達人入門講座』に参加した上でGFSに入会しています。

日々GFSの動画講義を聞いているのですが以下の点が非常におすすめできます。

 

GFSに入会した感想
  • 講義対象が広いので『初級者〜上級者』までカバー出来ている
  • 見たい動画講義から優先的に視聴することができる
  • 図やデータを使って視覚的にわかりやすい説明になっている
  • 書籍等には載っていない生の情報が手に入る
  • 速度を調節することができ個々人にあったスピード感で学べる
  • 日々動画が更新されており講義内容が充実していることが実感できる
  • 講師も日々拡大しており今後も期待できる

 

日々動画が更新されているという点ですが以下ご覧いただきたいのですが日々講義内容が追加されていっています。

 

私が入会した時は100時間程度でしたが2ヶ月経過して200時間まで拡大されています。

更に1000時間まで講義内容が拡大していくことを明言しています。

 

講義提供は40年以上にもわたることから自分の子供にも出来たら孫にも伝えていきたい内容もふんだんに盛り込まれています。

将来の子供のためにも、まずは自分の金融リテラシーを高めていきましょう!

まとめ

日本では金融・経済についてしっかり学ぶ機会は殆どありません。

結果的に先進国の中で金融リテラシーが低く欧米に比べて資産形成のスピードに大きな差がでてきています。

グローバルファイナンシャルスクールでは実業家兼投資家を中心としたエキスパート&投資家によって運営されています。

一般的な金融・経済に関する話は勿論のこととして、本やネットでは得ることができない講師陣が足で取ってきた生の有用な情報を得ることができます。

まずは前段階として『お金の達人入門講座』に参加して代表の見識の深さと詳しいGFSのサービス内容を見て参加されるか決めてみてはいかがでしょうか。

 

 

以上、【GFS】評判のグローバルファイナンシャルスクールを徹底評価!今日本人が『お金の学校』で勉強すべき理由。…の話題でした。

【お金の学校特集】失敗しない資産運用!金融知識(マネーリテラシー)を高める勉強・学習をするならこんなふうに。

2019.06.28



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。