【年金特集】年金とは、マクロ経済スライドとは。わかりにくい制度をわかりやすく網羅的に解説!

【年金特集】年金とは、マクロ経済スライドとは。わかりにくい制度をわかりやすく網羅的に解説!

このコンテンツでは、「年金とは?」というベーシックな点からマクロ経済スライドなど、難しい用語について解説をしています。

目次

年金(国民・厚生年金)とは、年金の未来とは

年金とは、現役世代の頃に積み立てた掛け金が、老後に戻ってくる制度です。

従い、現役の頃にどれだけ年金を納めたかによって、受給額が変わってきます。

 

但し、受給受け取りの開始年齢を引き上げるなど、実質的な受給額の減額が行われる可能性は高いです。

受給開始年齢が1つ上がれば、その1年で貰えた年金は無くなることになるので、かなりの額が消えてしまうことになります。

 

コンテンツ内では、今後の日本における老後の生活へ向けて、年金、医療費など現状制度の実態、今後考えられる未来について、論じています。

 

本当に安泰?将来あり得る老後生活の実態について年金・医療費・終身雇用・再雇用を切り口に考察。

2019.04.27

 

目次に戻る

マクロ経済スライドとは

「マクロ経済スライドによって受け取れる年金額が変わるのか気になる」

「名前が難しくてマクロ経済スライドの仕組みがイマイチ分からない」

 

このような方は多いのではないでしょうか。

 

物価によって変動する年金額の増幅を調整を行うのが「マクロ経済スライド」です。

マクロ経済スライド」は、直接年金額を調整するのではなく、相対的に年金額を調整しているのが特徴です。

 

将来に受け取れる年金が上限する理由を理解するために、そんなマクロ経済スライドの仕組みを知っておきましょう。

 

【マクロ経済スライドとは?】支給年金額が減る?その概要と仕組みを分かりやすく解説。

2019.05.12

 

目次に戻る

確定拠出年金について

現在の日本では、総人口に占める70歳以上の人口が20%を超える「超高齢化社会」を迎えていると言われております。

日本では公的年金の受給者に給付する、「年金給付費用」を現役労働者世代が負担する世代間扶養の賦課方式を採用しています。

 

1人の労働者が負担する年金保険料により、複数人の高齢者の年金を賄うことになり、年金制度自体が破綻しかねない状態を迎えることも想定されています。

 

これはつまり、過去に公的年金の掛け金を負担し続けてきたにもかかわらず、いざ年金受給世代を迎えても年金をもらえないのではないかという不安が広まっていきます。

 

そこで、公的年金である国民年金、厚生年金以外に年金給付を受けられる手段を確保するために、さまざまな金融商品が作られるようになりました。

 

その中でも近年、有名になってきたもののとして「確定拠出年金」があります。

コンテンツ内では、確定拠出年金について解説しています。

確定拠出年金と転職に伴うポータビリティ制度について解説。

2019.05.28

 

目次に戻る

まとめ

信太郎
今回は年金について色々と解説してきたぞよ。将来が不安なら、まずはどれくらい老後に年金がもらえるのかくらいは把握しておかねばならぬ。
秀次郎
ふむ、難しいですが、頑張りますぞ!

 

以上、【年金特集】年金とは、マクロ経済スライドとは。わかりにくい制度をわかりやすく網羅的に解説!…でした。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。