フィボナッチを株取引に活用しよう!投資の勝率をあげるフィボナッチの使い方とは?

フィボナッチを株取引に活用しよう!投資の勝率をあげるフィボナッチの使い方とは?

フィボナッチはよく株式のトレードで使われる数値です。

しかし、その基礎理論は字面からもわかる通り難しいです。

結果的にフィボナッチでテクニカル分析に挫折してしまう人も多い理論となってしまっています。

 

しかしご安心下さい。

本質を捉えればフィボナッチは何も難しい理論ではありません。

今回は株式投資初心者に向けて簡単なフィボナッチの使い方をご紹介したいと思います。

 

とても簡単でしかも実際に相場に役立つ内容ですので、最後までお付き合いしていただければ幸いです。

フィボナッチとは?

まずは簡単にフィボナッチとはなになのかをご説明していきたいと思います。

もし「難しい、わからない」と思った場合はここは飛ばしていただいてOKです。

フィボナッチはどんな理論?

 

【発見者はフィボナッチ】

フィボナッチ数は、イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチが発見した数列です。

フィボナッチは幼少時から数が大好きで、いろいろなものから数の規則性を見つけてばかりいました。

このため、肝心の学校の成績は芳しくなく学校よりも父親と行商に行くことが多かったといわれています。

 

当時はローマ数字がイタリアでは主流でしたがフィボナッチは実用的なアラビア数字を好んで勉強したといわれています。

このようにフィボナッチは学校ではなく、リアルな体験から数学に取り組んでいたことがわかります。

 

そのフィボナッチの学習スタイルはリアルの体験から相場を学ぶ投資家に通じるものがあるといってよいでしょう。

 

フィボナッチの基礎理論~株式投資編

投資で使うフィボナッチ及び頻出する数値は以下の通りです。

23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%

実はたったこれだけです。

 

しかも、100-61.8%=38.2%、100-76.4%=23.6%です。

基本的に61.8%、76.4%を覚えればよいということになります。

 

フィボナッチ

フィボナッチと黄金比

黄金比とは人間が自然に美しいと感じる比率のことです。

名刺やカードの縦横比率に使われています。

 

黄金比はおよそ1:1.618の比率であり、ここにフィボナッチ数である「618」を見ることができます。

よって、フィボナッチ数は人間が意識しなくてもなぜか気になってしまう数値であるということができます。

 

株価というのは人間の心理によって大きく動きます。

人間が無意識に気にしている数値というのは重要な意味を持ってくるのです!

 

フィボナッチと株式投資~フィボナッチを投資で活用してみよう

ここでは実際に株式投資でフィボナッチ数をどのように使うのかをご紹介していきたいと思います。

 

押し目の計算に使う

フィボナッチ 押し目計算

参考:ヤフーファイナンス

 

【STEP1.安値と高値を見つける】

上図はトヨタ自動車の月足チャートです。

ここで赤丸のところからの押し目はいくらになるのか計算してみましょう。

 

安値は直近の安値です。上図では2,795円になります。

また、高値は直近の高値です。上図では6,760円になります。

 

【STEP2.高値から安値を引く】

6,760円-2,795円=3,965円

 

【STEP3.フィボナッチ数を計算する】

下記のようにフィボナッチ数から株価を計算します。実際にトヨタ自動車の押し目は5,205円でした。

よって、38.2%の押し目であったことがわかります*。

 

フィボナッチ数で押し目の概算は出ますが実際の相場では数値ジャストということはあまりありません。

余裕をもって指値を判断しましょう。

 

フィボナッチ数株価
38.2%5,247円
50%4,777円
61.8%4,309円
76.4%3,730円

 

下落値の計算に使う

フィボナッチ数 計算

参考:ヤフーファイナンス

 

上図は短期で株価が5倍以上に高騰したアライドテレシスホールディングスの週足チャートです。

 

こうした銘柄は「そろそろ、下げ止まるだろう」といった、逆張りのチャレンジャーが高値で購入。

失敗しやすいチャートであるといえます。

 

天井がわかったら、フィボナッチを使って下落値を計算しましょう。

フィボナッチ数株価
23.6%67.496円
38.2%109.252円
50%143円
61.8%176.748円
76.4%218.504円

 

底値は68円ですから、フィボナッチ数を使えば高値つかみをすることはありません。

うまく逆張りでも株を購入することができることがわかります。

 

フィボナッチ数 計算

参考:ヤフーファイナンス

 

ただし上図のようにフィボナッチ数のポイント付近ではテクニカル・リバウンドが出やすいという難点があります。

このフェイクにかからないようにするために、トレンドラインを一緒に使いましょう。

 

高値の計算に使う

フィボナッチ数 計算

参考:ヤフーファイナンス

 

アライドテレシスホールディングスの週足チャートからフィボナッチ数を使った高値計算をしてみましょう。


【最初の波を観察する】

最初の波の安値は59円、高値は194円、押しは97円になっています。

 

【計算する】

高値-安値=幅値

194-59=135円

 

幅値にフィボナッチ数を掛ける

135×61.8%=83.43円

 

押し目をプラスする。

83.43円+97円=180.43円

 

フィボナッチ数株価
61.8%180.43円
100%232円
138.2%283.57円
161.8%315.43円

 

高値は286円でしたので、フィボナッチ数で計算することによって、暴騰銘柄の上値も算出することができることがわかります。

 

テクニカルリバウンドの計算に活用する

フィボナッチ数 計算

参考:ヤフーファイナンス

 

アライドテレシスホールディングスの週足チャートから、フィボナッチ数を使ったリバウンド値の計算をしてみましょう。

 

【STEP1.高値と安値をチェックする】

ここでは高値286円、安値が132円になります。

 

【STEP2.値幅を計算する】

高値-安値=幅値

286-132=154円

 

【STEP3.幅値にフィボナッチ数を掛ける】

135×61.8%=95.172円

安値をプラスする。

 

95.172円+132円=227.172円

フィボナッチ数株価
38.2%190.828円
50.0%209円
61.8%227.172円

 

戻り高値は191円でしたので、しっかりとフィボナッチが意識されていることがわかります。

 

デイトレードで利用する

フィボナッチ数 計算

参考:かぶたん

 

上図は栄電子の5分足です。

直近安値が571円、高値が710円、押し目が639円であることがわかります。

フィボナッチ数 計算

参考:インベスティングドットコム

 

フィボナッチの計算サイトを使って算出した計算値です。(次の項目で解説)

栄電子の上値は861円(ストップ高)でした。

 

861円の出来高を見ると、しっかりとデイトレーダーにもフィボナッチが意識されていることがわかります。

 

このようにフィボナッチは相場の様々な場面で活用することができる大変便利なテクニカルツールであることがわかります。

 

初心者でも簡単!フィボナッチの使い方~便利な計算サイトを利用する

いくらフィボナッチが便利だといっても、いちいち場中に計算するのは大変ですよね?

そこで、計算要らずの一発入力でフィボナッチが算出することができる便利なサイトをご紹介したいと思います。

 

計算サイトは数多く存在しますが。

今回はテクニカル分析には欠かすことのできない便利な投資サイトである「インベスティングドットコム*」を例にして説明していきたいと思います。

*参考:インベスティングドットコム

 

テクニカル分析にカーソルを合わせる

計算サイトの利用方法

参考:インベスティングドットコム

 

トップページの上にある「テクニカル分析」にカーソルを合わせると、「フィボナッチ計算機」が表示されます。

「フィボナッチ計算機」をクリックします。

 

高値と安値を入力する

計算サイトの利用方法

参考:インベスティングドットコム

 

高値・安値・押し目を入力し「計算する」をクリックするとフィボナッチが自動的に計算されます。

一発入力で簡単に計算することができますので、ぜひフィボナッチを投資に役立ててください。

 

まとめ

今回は投資家向けの簡単なフィボナッチの使い方をご紹介してきました。

難しそうなフィボナッチですが、実際は簡単に相場で活用することができることがお分かりいただけたと思います。

 

誰しもが本能で意識してしまうフィボナッチ数列。投資の世界でもそれは例外ではありません。

フィボナッチ数列を活用して、相場での利益の向上を目指しましょう。

 

【テクニカル分析とは?】チャートだけで億万長者に!?ファンダメンタルズの対極にある分析手法の基本知識を紹介。

2019.07.05



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。