ストキャスティクスとは?計算法と特徴と共に他の指標と組み合わせた使い方をわかりやすく解説する!

ストキャスティクスとは?計算法と特徴と共に他の指標と組み合わせた使い方をわかりやすく解説する!

ストキャスティクスはデイトレーダーに最も使用されているテクニカル・ツールです。

今回はデイトレードの必需品であるストキャスティクスとはどのような指標であるのか?

また、実際にはどのような場面で活用するのか?

という点を中心にご紹介していきたいと思います。

 

ストキャスティクスとは?

 

日経平均のストキャスティクス

参照:『株探』日経平均のストキャスティクス

 

上図は日経平均株価の5分足チャートにストキャスティクスを組み合わせたものです。

実は上手を見ただけで多くの売買サインが点灯していることがわかるのです。

ストキャスティクスは売買サインが点灯しやすいテクニカル・ツールであるためデイトレーダーの愛好家が多いツールとなっています。

 

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは相場の「買われすぎ、売られすぎ」を判断するためのオシレーター系のテクニカル・ツールです。

RSIやMACDよりも素早く売買サインが点灯することからデイトレーダーに人気のあるテクニカル・ツールであるといえます。

 

ストキャスティクスの判断方法

一般的にストキャスティクスは20%以下が売られすぎ、80%以上が買われすぎと判断していきます。

ストキャスティクスにはファーストストキャスティックスとスローストキャスティクスの2種類が存在します。

それぞれの計算式と特徴についてお伝えしていきたいと思います。

 

ファーストストキャスティクスの計算方法と特徴

ファーストストキャスティックスは「%K」と「%D」の2本のラインを利用したストキャスティクスです。

ファーストストキャスティクスの計算式

ファーストストキャスティックスの計算式は以下となります。

 

%K=(直近の終値-過去○日間の最安値)÷(過去○日間の最高値-過去○日間の最安値)×100(%)

%D=×日の%Kの単純移動平均

 

ファーストストキャスティックスの特徴とデメリット

ファーストストキャスティックスの特徴は売買サインが頻発するということです。

売買サインにフェイクが多くなるというデメリットにもなります。

日経平均のファーストストキャスティクス

 

上図は日経平均株価の5分足にファーストストキャスティックスを組み合わせたものです。

20%以下で購入し、80%以上で利確したとしても、売買サインが頻発しフェイクが多いことがわかります。

実際に相場で使うことはできません。

 

スローストキャスティクスの計算方法と特徴

一般的にストキャスティクスを使う場合はスローストキャスティクスを利用します。

スローストキャスティクスの計算式

ファーストストキャスティングの%Dを利用します。

Slow%K= %D

Slow%D= 3日の%Dの単純移動平均

 

スローストキャスティクスの売りサインと買いサイン

【スローストキャスティクスの売りサイン】

基本的にSlow%Dが80~100%にある時は、買われすぎと判断し利確していくことになります。

また、80~100%でSlow%KがSlow%Dを上から下に抜けた場合(デッドクロス)は売りサインが点灯したと判断します。

 

スローストキャスティクスの買いサイン】

Slow%Dが0~20%にある時は、売られすぎであると判断し買いに入ります。

0~20%でSlow%KがSlow%Dを下から上に抜ける(ゴールデンクロス)した場合は買いサインが点灯したと判断していきます。

 

スローストキャスティクスの特徴

日経平均のスローストキャスティクス

 

上図は日経平均株価の5分足にスローストキャスティックスを組み合わせたものです。

前述したファーストストキャスティックスと同じ期間での表示ですが、かなり売買サインがすっきりしていることがわかります。

フェイクが少なくなったとはいえ、やはりフェイクが頻発していることがお分かりいただけると思います。

 

よって、ストキャスティック単品でのトレード判断はリスクが高いことがわかります。

 

トレンド系指標『一目均衡表』『ボリンジャーバンド』との組み合わせ

見てきたようにストキャスティックはフェイクが多いテクニカルです。

それだけ、買いサイン・売りサインも他の指標と比較すると早く点灯するのですが、ス

トキャスティックだけでは逆に相場でロスカットが多くなってしまい、「ロスカット貧乏」になりかねません。

よって、ストキャスティックを利用する場合は他の指標と組み合わせて使いましょう。

 

一目均衡表との組み合わせ

一目均衡表とストキャスティックを組み合わせです。

「雲の下にある場合は参加しない」と決めてしまえば、売買サインがかなり少なくなります。

サインの信頼度も上がることがわかります。

 

ストキャスティクスと一目均衡表の組み合わせ

 

『一目均衡表』『雲』とは?一目山人氏が作った国産テクニカル指標の見方や使い方をわかりやすく解説!

2019.09.27

 

ボリンジャーバンドとの組み合わせ

「ボリンジャーバンドの-2σのみでの参加」と決めてしまえば、かなりトレードの精度が向上します。

株価が上がらなかったケースは下図のように1度だけになります。

ストキャスティクスとボリンジャーバンドの組み合わせ

 

 

【ボリンジャーバンドとは?】見方や使い方をわかりやすく解説!簡単な手法で売買タイミングをつかもう。

2019.08.07

 

【ボリンジャーバンド中級編】『スクイーズ』後の『エクスパンション』で買って『バンドウォーク』で利確しよう!

2019.09.29

 

ストキャスティクスとオシレーター系のテクニカル『MACD』との組み合わせ

ストキャスティックと同じオシレーター系のテクニカルで相性が良いのはMACDです。

MACDは一般的に遅行指数であるため、それだけ売買サインの点灯が少なくなるからです。

ただし、デメリットはストキャスティックの特徴である「素早い売買サインの点灯」が効率良く活用できない点にあります。

 

MACDの見方とは?『ゼロライン』と『ダイバージェンス』を組み合わせて株式投資の勝率をあげよう!

2019.08.05

 

ストキャスティックの実戦での活用方法

ストキャスティックは主に短期間のトレードで利用します。

具体的にはデイトレードです。

移動平均線との組み合わせ

ストキャスティクスと移動平均の組み合わせ

 

5分足を使ったデイトレードです。

30日はストキャスティックが下降中であるため寄りから無謀に買いを入れるといった判断をしなくて済みます。

そして、ストキャスティックが20%以下になり「売られすぎ」になった場面を狙い、買いを入れます。

利確はストキャスティックが80%以上になり、「買われすぎ」になったところです。

 

今回ストキャスティックがドンピシャで活用できています。

それは以下の要因によるものです。

 

【相場格言の活用】:「初押しは買い」

 

今回25MAが初めて下落した、まさに初押しの場面です。

意外かもしれませんが、この相場格言の的中率はかなり高いです(筆者の経験値では8割以上)。

 

使う場面が適切な場合はストキャスティックもフェイクが起こらずにうまく機能することがお分かりいただけたと思います。

 

レンジ相場

レンジ相場とストキャスティクスの組み合わせ

ストキャスティックはレンジ相場ではフェイクが出にくくなることが上図からお分かりいただけると思います。

移動平均線の向き(横向き)からレンジ相場を探しストキャスティックを使ってデイトレードに参加することで勝率を上げることができます。

 

意外!スパンを伸ばすとフェイクが出にくい

下図は日経平均株価の日足チャートです。

デイトレード向きと思われがちなストキャスティックですがスパンを日足に伸ばすとフェイクが出にくくなることがわかります。

このストキャスティックの精度であれば、十分に短期相場で利益を上げることが可能です。

日足でのストキャスティング

 

下図はさらにスパンを伸ばして週足です。

印をつけたところがストキャスティックの的中場面ですが、かなり精度が高いことがわかります。

週足のストキャスティング

特に下落場面ではなく、利確場面の精度は完璧です。

よって、スイング銘柄の利確にストキャスティックを活用することで確実に利確をすることができることがわかります。

 

まとめ

今回はデイトレードの必需品であるストキャスティクスとはどのような指標であるのか?

また、実際にはどのような場面で活用するのかをご紹介してきました。

意外なことにストキャスティクスは長いスパンのほうが精度が上がることがお分かりいただけたと思います。

デイトレードだけではなく、買い銘柄の利確の判断にも活用したい指標であるといえます。

 

【テクニカル分析】チャートだけで億万長者に?ファンダメンタルズの対極にある分析手法の基本知識を紹介。

2019.07.05



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。