【随時更新】安全性No.1のソーシャルレンディングと評判の『FUNDS(ファンズ )』の全案件を紹介!

【随時更新】安全性No.1のソーシャルレンディングと評判の『FUNDS(ファンズ )』の全案件を紹介!

ソーシャルレンディング」は低金利下の日本でも4%-10%のリターンを獲得できる有力な投資先です。

【ソーシャルレンディングとは?】特徴と注意すべきリスクから、『おすすめ業者』まで徹底解説!!

【ソーシャルレンディングとは?】特徴と注意すべきリスクからおすすめ業者まで徹底解説。

2019年5月15日

 

ソーシャルレンディングは危険なのでは?

失敗するのでは?

このように思われている方もいらっしゃるかと思います。

信太郎
そんな方におすすめなのが、安全性が最も高い業者として2019年1月からサービスをスタートした「Funds(ファンズ)」じゃ!
【FUNDS(ファンズ)】評判の貸付ファンドの仕組・利回りからメリット・デメリットまで徹底評価!

【Funds(ファンズ)】安全性抜群の大企業案件で高利回りを実現!評判のソーシャルレンディング・貸付ファンドの仕組み。利回りからメリット・デメリットまで徹底評価!

2019年5月3日

 

家三郎
ファンズは「クラウドポート社」によって運営されておる。創業者もマッキンーゼ出身のエリート、アドバイザーには東京大学名誉教授・元財務省事務次官といった錚々たる面々がおる。社会的信用は抜群じゃ。
FUNDS(ファンズ)を運営する株式会社クラウドポートってどんな会社?事業・財務内容・経営陣を紐解く。

「Funds(ファンズ)」を運営する株式会社クラウドポートとはどんな会社?事業・財務内容・経営陣を紐解く。

2019年6月21日

 

通常のソーシャルレンディングは中小企業に対して貸付を行います。

一方、Funds(ファンズ)は上場している大企業案件や大企業関連案件を取り扱っております。

秀次郎
上場企業に投資できるのはファンズだけじゃぞ!

 

ファンズというプラットフォームを通して調達した資金を、借り手である企業(上場企業)は事業に活用します。

たとえ事業がうまくいかなくても、借り手企業が倒産しない限り返済と利息支払いは実行されます。

 

上記でも触れましたが、ファンズの借り手は、上場企業がほとんどで、財務状況も安定しております。

企業規模から考えると、融資の額は少額。

事業が失敗に終わっても、ほとんど間違いなく、元本はもちろん、利子も含めて個人投資家に返済されると考えて問題ないでしょう。

 

信太郎
FUNDS(ファンズ)の仕組みや詳細については上記でまとめておるから、今回は個別の案件を『全て』紐解いていくぞ!

 

※新しい案件を順次継ぎ足していっています。

目次

Contents

【募集2/14 19:00〜】ムゲン買取再販事業ファンド#1:運用利回り2.0%(年率)

新規組成会社が組成したファンドが登場しました。

 

予定利回り(年率)2.0%
配当方法満期一括
運用期間約6ヶ月
募集金額2500万円
最低投資金額1円〜
先着方式2/14 19:00〜

 

ムゲン買取再販事業ファンド#1のスキーム

ムゲン買取再販事業ファンド#1のスキームは以下の通りとなっています。

最終的な資金需要家のムゲンエステートは東証一部上場企業です。

 

またファンド組成企業であるムゲンファンディング社は完全子会社で今回のファンドのために設立されました。

ムゲン買取再販事業ファンドのスキーム

ムゲンエステート社が倒産しないかぎり投資家には分配金が支払われます。

ムゲンエステートはどんな会社?

ムゲンエステートは東証一部に上昇している大企業です。

不動産を買い取って、リフォームを施して再販することで利益を得ている会社です。

スキームとしては以下の通りとなります。

ムゲンエステートの事業スキーム

参照:ムゲンエステート

 

ムゲンエステート社の業績は急成長というわけではありませんが安定した成績となっています。

 

ムゲンエステート社の業績推移

参照:ムゲンエステート

 

今回募集する資金の使途は本業の首都圏の幅広い中古不動産の買取に充当するとしています。

今回募集した資金での事業がうまくいかなかったとしても支払いとは

倒産しないかぎり支払いは実施されるので財務諸表の健全性を確認していきたいと思います。

 

ムゲンエステートのバランスシートは短期借入金の問題に若干の懸念

以下はサンセイランディックのバランスシートです。

 

東証一部企業として、通常レベルの財務の健全性となっています。

短期借入金も十分現金で返済することが可能な水準です。

ムゲンエステート社のバランスシート

参照:ムゲンエステートのIR

 

2%と利回りは低いですが非常に安全性が高い案件といえるでしょう。

 

 

目次に戻る

【運用中】EL FAROファンド#1:運用利回り4.0%(年率)

東証JASDAQ上場に明豊エンタープライズ社の新規案件です。

4.0%のリターンが狙える魅力的な案件ですね。

予定利回り(年率)3.0%
配当方法毎四半期
運用期間約11ヶ月
募集金額5000万円
最低投資金額1円〜
先着方式12/6 19:00〜

 

明豊エンタープライズ社の業績と財務内容

EL FARO案件のスキームは以下となります。

EL FARO案件の概念図

株式会社明豊エンタープライズは1968年創業で東証JASDAQに上場しています。

明豊エンタープライズは不動産を購入して不動産分譲、賃貸、仲介事業を行なって収益を得ています。

 

明豊エンタープライズ社が倒産しないかぎり、元本と分配金は保証されます。

以前、明豊エンタープライズ社が手がけた「世田谷区MIJSファンド(→ジャンプ)」で分析しています。

業績並びに財務健全性共に申し分ないできとなっています。

 

「EL FARO」案件とは?

「EL FARO」案件は前回明豊エンタープライズが募集した「MIJAS」の鉄筋コンクリート造りに発展させたものです。

今回の資金は「EL FARO」の不動産取得資金として活用されます。

実際に取得する案件は「EL FARO松蔭人車前」という物件で2020年4月に竣工予定となっています。

EL FARO松蔭神社前

 

 

目次に戻る

【運用中】あんばいファンド#5:運用利回り2.0%(年率)

Funds(ファンズ )が手がけた2020年最初の案件です。

名前からもわかる通り、『リースバック事業あんばいファンド#5』の5号ファンドです。

 

予定利回り(年率)2.0%
配当方法毎四半期
運用期間約12ヶ月
募集金額1億9300万円
最低投資金額1円〜
抽選方式 (1億円分)実施されない
先着方式2020/1/23 19:00〜

 

リースバック事業あんばいファンド#1(→ジャンプ)』の5号案件です。

 

 

目次に戻る

【運用中】底地くんファンド#1:運用利回り3.0%(年率)

12月最初のファンドであり、新しいファンド組成会社の登場です。

予定利回り(年率)3.0%
配当方法毎四半期
運用期間約11ヶ月
募集金額5000万円
最低投資金額1円〜
先着方式12/6 19:00〜

 

底地くんファンド#1のスキーム

底地くんファンド#1のスキームは以下の通りとなっています。

最終的な資金需要家のサンセイランディック社は東証一部上場企業です。

 

またファンド組成企業であるサンセイランディックファンディング社は完全子会社で今回のファンドのために設立されました。

底地くんファンドのスキームを図解

サンセイランディック社が倒産しないかぎり投資家には分配金が支払われます。

サンセイランディック社はどんな会社?

サンセイランディック社は不動産を生業とする東証1部上場企業です。

日本では土地の所有件(=底地)を有している人と、土地の使用権を手にしている借地権保有者が分かれていると市場価値が減少してしまいます。

サンセイランディックのビジネス

サンセイランディックでは底地を土地所有者から購入して借地人に売却することで収益を得ています。

直接借地人が交渉すればよいのではという方もいらっしゃるとおみます。

しかし、数多くの権利調整が必要となる場合もあるので、その調整をおこなってくれるのがサンセイランディック社なのです。

 

サンセイランディック社の収益モデル

今回の資金調達は認知活動のためのマーケティング費用として活用されます。

業績は以下の通り堅調に上昇しています。

サンセイランディックの業績推移

 

フリーキャッシュフローを見ていきましょう。

フリーキャッシュフローは営業活動で獲得した資金から投資して流出したお金を差し引いて算出されます。

決算期フリーCF(百万円)
2009/12894
2010/12-1,726
2011/121,095
2012/12-967
2013/12-839
2014/121,651
2015/12-1,565
2016/121,427
2017/12-3,559
2018/121,553

 

たまに大きな支出となっていますので念のためバランスシートも見ておきましょう。

 

サンセイランディックのバランスシートは短期借入金の問題に若干の懸念

以下はサンセイランディックのバランスシートです。

東証一部企業として、通常レベルの財務の健全性となっています。

ただ一点懸念されるのは現金36億円に対して、1年以内に返済が必要な短期借入金が70億円あることです。

サンセイランディックのバランスシート

サンセイランディックが倒産しないかぎり、債務は保証されます。

上記で指摘した短期借入金が現金を大きく上回っている点だけが懸念される点です。

しかし、販売用不動産が流動資産として119億円存在しているので捻出可能な水準とはいえるでしょう。

 

 

目次に戻る

【運用中】あんばいファンド#4:運用利回り2.0%(年率)

Funds(ファンズ )が手がけた2019年12月最初の案件です。

名前からもわかる通り、前回の『リースバック事業あんばいファンド#1』の4号ファンドです。

 

予定利回り(年率)2.0%
配当方法毎四半期
運用期間約12ヶ月
募集金額9700万円
最低投資金額1円〜
抽選方式 (1億円分)実施されない
先着方式11/22 19時〜

 

リースバック事業あんばいファンド#1(→ジャンプ)』の4号案件です。

 

今回『リースバック事業あんばいファンド#1』と異なり募集額が少ないということもあり抽選方式の応募は実施されません。

 

 

目次に戻る

【運用中】大阪王将ファンド#1:運用利回り2.0%(年率)

Fundsの11月最初の案件です。

だんだんファンド組成会社が増えてきているのが見て取れますね。

 

予定利回り(年率)2.0%
配当方法毎四半期
運用期間約11ヶ月
募集金額5000万円
最低投資金額1円〜
抽選方式 (1億円分)10/31-11/6
先着方式11/11 19:00〜

 

大阪王将ファンド#1のスキーム

大阪王将ファンド#1のスキームは以下の通りとなっています。

最終的な借り手であるイーアンド社は大阪王将を運営する東証一部上場企業です。

 

またファンド組成企業であるナインブロック社はイーアンド社の連結子会社となります。

つまりイーアンド社が倒産しない限り貸し倒れとなることはありません。

実質的にイーアンド社の社債を購入しているということになりますね。

大阪王将ファンド#1のスキーム

イートアンド社はどんな会社?業績は堅調?

イートアンドはご存知の通り『大阪王将』を中心とした外食事業を展開しています。

更に大阪王将ブランドを活用して餃子や惣菜等の冷凍食品の販売もおこなっています。

 

業績は2015年3月期に大幅に悪化していますが、近年は順調に回復してきています。

 

イートアンドの業績推移

フリーキャッシュフローを見ていきましょう。

フリーキャッシュフローは営業活動で獲得した資金から投資して流出したお金を差し引いて算出されます。

つまり、どれだけ資金が出て行っているかということを意味しています。

決算期フリーキャッシュフロー
2010/03685
2011/03817
2012/03-536
2013/03-930
2014/03-247
2015/03-364
2016/03826
2017/03-805
2018/03-699
2019/03-1,313

 

バランスシートは問題なく健全

以下はイートアンドのバランスシートです。

東証一部企業として、通常レベルの財務の健全性となっています。

イートアンドのバランスシート

特に現金と営業債券だけで短期的な負債については賄えるので倒産の危機は殆どないといってよいでしょう。

 

 

目次に戻る

【運用中】Kudan Deep Techファンド#1:運用利回り2.0%(年率)

Fundsの待望の10月最初の案件です。

予定利回り(年率)2.0%
配当方法毎四半期
運用期間約11ヶ月
募集金額3億円
最低投資金額1円〜
抽選方式 (1億円分)実施されない
先着方式10/18 19:00〜

 

Kudan Deep Techファンド#1のスキーム

Sudan Deep Techファンド#1はマザーズ上場のKudan社が最終的な借り手になります。

Kudan Deep Techファンド#1のスキーム

ファンド組成会社であるKudan FundsはKudanの子会社となります。

つまりKudanが倒産しない限り貸し倒れとなることはありません。

ではKudanがどのような会社なのか?

Kudanの財務内容は健全なのか?

という点についてお伝えしていきたいと思います。

 

Kudanとは?

Kudanは2018年にマザーズに上場された企業です。

Kudanは今注目のAIシステム会社です。

 

ARやVR、ドローン、自動運転、ロボティクスへの応用を目的に人口知覚技術によってソフトの開発を行っています。

つまりロボット等の眼としての役割を担う企業として注目されています。

 

業績は以下の通り、右肩上がりで上昇しています。

 

Kudanの業績推移

 

Kudanの財務内容はピカピカ

Kudanのバランスシートは以下となります。

現金だけで8.7億円あるにも関わらず、負債は僅か0.4億円しか存在していません。

Kudanの財務の健全性を検証

参照:Kudanの有価証券報告書

 

これだけキャッシュが潤沢にある企業において11ヶ月という運用期間の中で倒産する確率は天文学的数値であるといえるでしょう。

 

 

目次に戻る

【運用中】リースバック事業あんばいファンド#3:運用利回り2.5%(年率)

Funds(ファンズ )が手がけた2019年9月最初の案件です。

名前からもわかる通り、前回の『リースバック事業あんばいファンド#1』の3号ファンドです。

 

予定利回り(年率)2.5%
配当方法毎四半期
運用期間約11ヶ月
募集金額5600万円
最低投資金額1円〜
抽選方式 (1億円分)実施されない
先着方式9/9 19:00〜

 

案件の詳細については『リースバック事業あんばいファンド#1(→ジャンプ)』で解説しています。

 

今回は前回の『リースバック事業あんばいファンド#1(→ジャンプ)』と異なり募集額が少ないということもあり、抽選方式の応募は実施されません。

 

 

目次に戻る

【運用中】リースバック事業あんばいファンド#2:運用利回り3.0%(年率)

Funds(ファンズ )が手がけた2019年7月最初の案件です。

名前からもわかる通り、前回の『リースバック事業あんばいファンド#1』の2号ファンドです。

 

予定利回り(年率)3.0%
配当方法毎四半期
運用期間約11ヶ月
募集金額2億4400万円
最低投資金額1円〜
抽選方式 (1億円分)7/9 〜10:00
先着方式7/12 19:00〜

 

案件の詳細については『リースバック事業あんばいファンド#1(→ジャンプ)』で解説しています。

 

今回、新しく抽選方式が開始となりました。

Fundsの抽選方式

 

今回は2億4400万円のうち1億円を抽選方式で応募することになっています。

残り1億4400万円は7/12の19:00から募集開始。

仕事等で申し込みができない可能性がある人は抽選で申し込んでおくことをおすすめします。

 

目次に戻る

【運用中】リースバック事業あんばいファンド#1:運用利回り3.5%(年率)

ファンズが手がけた第8号案件です。

実際に筆者も投資している案件です。

【投資記録・1ヶ月目】ソーシャルレンディングのポートフォリオを組成!案件分析と運用実績を順次公開。

2019年6月17日
予定利回り(年率)3.5%
配当方法毎四半期
運用期間約9ヶ月
募集金額3000万円
最低投資金額1円〜

 

リースバック事業『あんばい』ファンド#1のスキーム

以下がリースバック事業『あんばい』ファンド#1のスキームです。

ファンズを通じて集めた資金をIntellex Fundingに投資して、親会社で東証一部上場企業であるインテリックスに貸付けます。

リースバック事業『あんばい』ファンドのスキーム

 

株式会社インテリックスは集めた資金を自身の『あんばい』というリースバックの事業運営資金(後述)に回します。

他の案件同様、今回集めた元本と利息は株式会社インテリックスが倒産しない限りは支払いが実行されます。

 

秀次郎
つまり株式会社インテリックスの支払い能力が重要というとですね!ところでどんな会社なんですか?
信太郎
株式会社インテリックスは東証一部上場の大企業じゃぞ!次項で説明していくぞ!

借り手の株式会社インテリックスの返済能力は高い

ファンズは上場企業案件を唯一取り扱っているソーシャルレンディング業者です。

株式会社インテリックスは上場企業の中でも最も格式が高い東証一部に上場しています。

平成7年から創業した20年以上の歴史のある企業です。

主要な事業としてはリノベーション事業を主要な事業として運営しています。

 

信太郎
購入からリノベーションまで一括でおこなっておるぞ!リノベーションは20,000件以上の実績がある第一人者といえるじゃろう。

 

以下は過去10年のインテレックスの業績です。

右肩あがりというわけではありませんが、安定した収益基盤を有していることが分かります。

株式会社インテレックスの業績推移

 

また支払い能力を見る上で欠かせない財務状況が以下となります。

1年以内に現金化可能な流動資産だけで全負債を賄うことが可能であり、支払い能力は高い優良企業であるといって間違いないでしょう。

インテリックスのバランスシート

返済義務の全うという観点では全く問題なく、当案件の安全性は非常に高いと言えます。

信太郎
そもそも東証一部上場企業が3000万円を返済できないなんてことは考えられないからな。

インテリックスが行うリースバック事業とは?

株式会社インテリックスの財務状況から支払い能力は十分であることは分かりました。

インテリックスは主にリノベーション事業を行なっておりますが、今回集めた資金は同社の『あんばい』というリースバック事業に使用します。

『あんばい』がうまく行かなかったとしても返済は行われますが、どのような事業か気になった方のために説明申し上げます。

 

リースバック事業は老後資金等の纏まった資金が必要な方から物件を買い取ります。

物件は買い取りますが、売却した家主はそのまま賃料を支払って元々の物件に住み続けるというシステムとなっています。

 

信太郎
つまり纏まった資金を今必要としている人に向けて現金化してあげて、将来にわたって家賃をいただくというビジネスモデルというわけじゃな。

 

さらにインテリックスは家主が退去した後に本業のリノベーションで改築して高値で売却して利益を得ようと二段階の収益を見込んでいます。

リースバック事業のビジネスモデル

 

 

目次に戻る

【運用中】イントランスバケーションズ京町ファンド#1:運用利回り4.5%(年率)

ファンズが手がけた第8号案件です。

予定利回り(年率)4.5%
配当方法毎四半期
運用期間12ヶ月
募集金額1500万円
最低投資金額1円〜

 

イントランス・バケーションズ京町家ファンド#1のスキーム

イントランス・バケーションズ京町家ファンド#1の仕組みは以下となります。

イントランス・バケーションズ京町家ファンド#1の仕組み

 

ファンズを投資した株式会社イントランスファンディングが100%親会社のイントランス社に対して貸付を行います。

イントランス社は受けた融資を原資にして京都府京都市下京区の宿泊施設を購入します。

 

購入した物件を定期借家契約に基づいて株式会社レアルが運営する予定で、レアル社からの賃料収入を受け取ります。

信太郎
既に賃料収入が確定しているのは有難いの!

 

また今までの案件同様、たとえ投資したプロジェクトが失敗に終わったとしてもイントラックスが倒産しない限りは元本と利子を受け取ることができます。

株式会社イントランスの支払い能力について詳しく紐解いていきたいと思います。

借り手の株式会社イントランスの返済能力は盤石

株式会社イントランスも東証マザーズに上場する大企業です。

イントランスは不動産投資・再生、コンサルティング・売買仲介、Property Management、子会社事業の4事業を運営しています。

株式会社イントランスの事業領域

イントランスのHP

 

当期純利益も2018年3月期が赤字でしたら業績は回復基調となっています。

株式会社イントランスの当期純利益の推移

株式会社イントランスのIR

 

支払いに関して重要なのは業績よりも寧ろバランスシートになります。

以下は株式会社イントランスの財務諸表をもとに纏めたものです。

株式会社イントランスのバランスシート

株式会社イントランスの財務諸表

 

信太郎
現金だけで負債全てを賄うことができるなんてピカピカのバランスシートじゃな!倒産なんてまずあり得ないと言えるじゃろう。

イントランス社が頭皮を行う宿泊施設とは?

イントランス社は調達した資金を京都府京都市下京区の丹波口駅から徒歩10分の京町家案件を取得しています。

取得した物件は株式会社レアルによって『鈴 花屋町』(りん はなやちょう)という名称でオープンしています。

鈴 花屋町

高級旅館で風情ある京都に立地しているので安定した収益が見込めそうな物件となっています。

【運用中】世田谷区MIJSファンド:運用利回り5.0%(年率)

FUNDS(ファンズ)が手がけた第7号案件です。

予定利回り(年率)5.0%
配当方法満期一括
運用期間9ヶ月
募集金額7,920万円
最低投資金額1円〜

 

世田谷区MIJASファンド#1のスキーム

ファンズを通じて集めた資金を明宝プロパティーズを通して100%親会社である明豊エンタープライズ社に貸し出します。

通常は明豊エンタープライズが集めた資金で投資するMIJASシリーズから得られる資金を投資家に還元します。

世田谷区MIJASファンド#1のスキーム

 

信太郎
ほかの案件同様MIJASで収益がでなかったとしても明豊エンタープライズが支払い能力があれば元本と利子を受け取ることができるぞ!

株式会社明豊エンタープライズの返済能力は高い

株式会社明豊エンタープライズは1968年創業で東証JASDAQに上場している上場企業です。

明豊エンタープライズは今回購入するMIJASを始めとした不動産分譲、賃貸、仲介事業を行なっている会社です。

同社の支払い能力をみるために決算書類からバランスシートを紐解きます。

明豊エンタープライズのバランスシート

明豊エンタープライズの財務諸表より編集部作成

 

流動資産のみでそう負債を賄えていることから財務状況は安定しており、返済能力に問題はないと言えますね。

投資するMIJAS(ミハス)物件とは?

MIJASは明豊エンタープライズが手がけるアパートメントブランドでスペインの街『MIJAS』をモチーフにしたデザインとなっています。

MIJASのイメージ

今回取得する物件は東急目黒線『奥沢駅』徒歩7分のMIJAS OKUSAWAです。

人気の自由が丘まで15分と立地条件もよく収益が期待できる案件であるといえるでしょう。

【物件概要】

MIJAS OKUSAWAの物件概要

 

 

目次に戻る

【運用中】フィル・パーク東京リバーサイドファンド#1:運用利回り3.0%(年率)

ファンズが手がけた第6号案件です。

予定利回り(年率)3.0%
配当方法毎四半期
運用期間12ヶ月
募集金額1億円
最低投資金額1円〜
特記:保証有り東証マザーズ上場会社
株式会社フィル・カンパニー
東証一部上場いちご(株)のグループ
株式会社セントロ上記2社が連帯保証

 

フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドファンド#1のスキーム

ファンズを通じて集めた資金をフィルまちづくりファンディング社の100%親会社であるTrophy社に貸し付けるスキームです。

フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドファンド#1のスキーム

株式会社Trophyは東証マザーズ上場企業であるフィル・カンパニーと、東証一部上場いちご株式会社の連結子会社である株式会社セントロの合弁企業です。

 

集めた資金は株式会社Trophyがフィル・カンパニーによって建設される『フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイド』の購入の原資となります。

 

今回特に安全性が高いのが借り手の株式会社Trophyの合弁元である『フィル・カンパニー』と『株式会社セントロ』が連帯保証をつけていることです。

信太郎
つまり事業がうまく行かなかったとしても、両社が保証してくれるということじゃな!ほぼ間違いなく安全性は高いといえるの。

フィル・カンパニーの返済能力は非常に高い

フィルカンパニーと株式会社セントロが倒産しない限り元本と利息は支払われるので、上場しているフィル・カンパニーについて紐解いていきたいと思います。

フィルカンパニーは東証マザーズに上場しており資本金は5億円となっています。

 

事業内容としては駐車場の上部分を活用して”もったいない”を解消して空間を有効利用する提案を行い収益を生む新しい形の不動産業者です。

 

秀次郎
詳しい事業内容についてはフィルカンパニーが漫画で説明してくれておるぞ!

以下フィルカンパニーの決算説明資料より業績は堅調で直近の2018年11月期は純利益が4億円を超えてきています。

フィルカンパニーの業績

フィルカンパニー決算説明資料

 

返済に関しては財務状況が重要なのでバランスシートについても確認していきましょう。

流動資産だけで総負債を大きく超える金額ですのでかなり安定感のある財務状況であることが分かります。

フィルカンパニーの安定したバランスシート

フィルカンパニーの決算資料を元に編集部作成

 

2019年11月期の決算もさらに倍増近くとなることが予想されていることから安全性は盤石といえるでしょう。

投資物件:フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドとは?

事業の成否にかかわらず元本並ぶに利息の安全性が高いことはお伝えしてきました。

念のため投資物件について紹介すると押し上げ駅徒歩3分の好立地で、リバーサイドの3階建ガラス張り物件です。

今回集める資金は購入資金として使われますが、収益はテナント収益によってもたらされます。

 

スカイツリー周辺は『下町』と東京スカイツリーによる『現代』が融合した人気のエリアであることからテナント需要は旺盛であり期待できる案件ですね。

 

目次に戻る

【運用中】台東区XEBEXファンド#1:運用利回り4.5%   #2:運用利回り4.3%

FUNDS(ファンズ)が手がけた第2号案件のXEBEX案件(→ジャンプ)と同じスキームでので案件概要だけお伝えします。

こちらが4号、5号となります。

【台東区XEBEXファンド#1 】

予定利回り(年率)4.5%
配当方法毎四半期
運用期間12ヶ月
募集金額2,135万円
最低投資金額1円〜

 

【台東区XEBEXファンド#2】

予定利回り(年率)4.3%
配当方法毎四半期
運用期間12ヶ月
募集金額2,055万円
最低投資金額1円〜

 

今回のXEBEX案件は銀座線と都営浅草線の『浅草駅』から徒歩10分圏内で都心へのアクセスも良好な地域となっています。

 

目次に戻る

【運用中】LENDYオンラインレンディングファンド#1:運用利回り6.0%(年率)

FUNDS(ファンズ)が手がけた第3号案件です。

予定利回り(年率)6.0%
配当方法満期一括
運用期間4ヶ月
募集金額700万円
最低投資金額1円〜

 

LENDYオンラインレンディングファンドのスキーム

最初の二つの案件はファンド組成企業が親会社で、実際の借り手が子会社というスキームでした。

しかし、今回はファンド組成企業のLENDY Fundingが子会社で、実際の借りては親会社のLENDYとなります。

 

LENDYは名前の通り中小企業に対して貸付を行なっているローン会社で、事業内容としては1号案件のアイフルと同じです。

LENDY社が行う事業が失敗したとしてもLENDYが支払い能力があるのであれば、元本と利息は返済されます。

 

秀次郎
つまりLENDYが信頼できる企業かどうかが重要ということじゃな!

 

LENDY社は上場企業ではないが700万円といった少額の返済は余裕

今までの案件が上場企業案件だったのに対してLENDYは2016年創業ということもあり上場企業ではありません。

しかし、LENDY社は米国の500 StartupsやDraper Nexus Venturesといった有名ベンチャーキャピタルから約2.3億円の資金を調達しています。

 

現在の資本金は2.4億円から考えると今回の借入金700万円は同社の中では少額という規模です。

返済がなされないのは考えにくいといっても過言ではないでしょう。

LENDYの会社概要

LENDY社会社情報

 

LENDYの事業内容

LENDY社が倒産しない限りにおいては返済が実施されるため事業の成否はダイレクトには関係しません。

しかし、どのような事業を行なっているかは把握しておいた方がよいでしょう。

 

LENDY社が提供するLENDYはこれまで銀行融資で必要とされた書類作成や面談を一切省くことをコンセプトとしています。

全ての作業をオンライン完結で行なっている点が革新的です。

LENDYの内容

 

信太郎
オンラインじゃから不安に思う方もおるだろうが、オンラインだからこそ定量的に与信状況を確認することができるんじゃ!

 

LENDYの最大の特徴は、審査において、中小事業者が利用するクラウド会計ソフトやオンライン決済、Eコマースの販売実績、インターネットバンキングの入出金データなどの様々データを利用することです。

基本的な事業主としての情報や、財務諸表に加えて、これらのオンラインデータを利用することで、より詳細に、そしてリアルタイムに事業者の与信状況を把握し、融資条件に反映させることができます。

LENDYの特徴

事業という観点からも本場米国のベンチャーキャピタルが出資しているという点からも期待が高い事業であるということができるでしょう。

 

目次に戻る

【運用中】大田区XEBECファンド#1:運用利回り5.0%(年率)

ファンズが手がけた第2号案件です。

予定利回り(年率)5.0%
配当方法毎四半期
運用期間12ヶ月
募集金額2620万円
最低投資金額1円〜

 

大田区XEBEXファンド#1のスキーム

ファンズを通してデュアルタップ社に投資を行い、デュアルタップ社が連結子会社のDualtapPropertyManagement社に貸付を行います。

DualtapPropertyManagement社は大田区のXEBECシリーズ(後述)の不動産事業から得られる収益を元本・利息の原資にします。

大田区XEBEXファンド#1のスキーム

 

信太郎
別に大田区XEBECシリーズの事業がうまく行かなかったとしても、デュアルタップ社並びに子会社のDPM社が倒産しなければ返済が実行されるぞ!

 

事業そのものというよりも貸し出し先が安心できる案件であれば、返済は問題なく実行されるのがFUNDS(ファンズ)の魅力です。

ファンズの返済の仕組み

デュアルタップ社の返済能力は高い

秀次郎
殿!デュアルタップ社といっても聞いたことないんですが、どんな会社ですか?
信太郎
デュアルタップ社は2016年7月にJASDAQ上場、2018年6月に東証二部に市場替えした勢いのある会社じゃ!

 

デュアルタップ社(HP)は不動産事業を行なっている会社で8期連続で増収しており売上高は100億円に近い水準となっています。

返済可能性として重要なバランスシートについても見てみましょう。

デュアルタップ社のバランスシート

デュアルタップ社の有価証券報告書を元に編集部作成

 

流動資産だけで総負債を上回っており財務基盤も安全性が高くデフォルトに陥る可能性は低い企業であるということができるでしょう。

大田区のXEBECシリーズとは?

今回子会社のDPM社が行う大田区XEBECシリーズの事業収益と元本の返済とは直接連動はしません。

しかし、事業がうまくいくことが良いにこしたことはありません。

 

FUNDSを通じて集めた資金で大田区のXEBEXシリーズの物件を購入します。

XEBECシリーズはデュアルタップ社が開発している不動産で東京23区の最寄駅から10分以内の立地をコンセプトにしています。

XEBECシリーズの2018年12月時点の入居率は驚異の98.5%で立地とデザインが人気を集めています。

事業自体も安定的な収益を産むものであることが見込まれるため貸し出し企業、案件ともに安全性が高く5%の利回りは魅力的ですね!

 

目次に戻る

【運用中】アイフルビジネスローンファンド#1:運用利回り1.8%(年率)

ファンズがサービス開始後に初めて手がけた第1号案件です。

予定利回り(年率)1.8%
配当方法四半期毎
運用期間12ヶ月
募集金額5000万円
最低投資金額1円〜

 

アイフルビジネスローンファンド#1のスキーム

ファンズで募った金額を有名な消費者金融業者アイフルを通じて、アイフルの連結子会社に貸し出すというスキームです。

ファンズを通して貸し出す大企業の関連企業に最終的に貸し出すという特徴があります。

FUNDS(ファンズ)のアイフルローンのスキーム

東証一部上場で連結総資産は6800億円の国内ノンバンク大手のアイフルの連結子会社ですので安心感がありますよね。

 

信太郎
もし連結子会社が倒産でもしたらアイフルとしても大きな痛手ですし、ソシャレンで借りて破産させたというニュースになれば信用問題にかかわるからの。

 

出資する事業内容

アイフルの連結子会社A社がビジネスローンとして中小企業に対して貸し付けた元本の返済と利息が返済の原資となります。

本質的には中小企業に貸し出しを行うソーシャルレンディングとなんら変わらないのですが、

アイフル又は連結子会社のA社が倒産しない限りは元本と利息は安全なので、殆ど5000万円という金額はリスクがない案件といってもよいでしょう。

 

目次に戻る

まとめ

Funds(ファンズ)は大企業案件を取り扱い安全性という観点で他のソーシャルレンディング業者と一線を画しています。

現状まだ案件がすくなく、あまりの人気の高さにすぐ満額成立となってしまう点が魅力が高いゆえの唯一の欠点といえます。

今後案件が増加するに従い更に規模は拡大していくことが見込まれる最も期待できるソーシャルレンディングです。

 

【ソーシャルレンディング業者比較・評価】28業者を一挙に紹介!気になる評判は?失敗しない投資を実現しよう。

【ソーシャルレンディング業者比較・評価】28業者を一挙に紹介!気になる評判は?失敗しない投資を実現しよう。

2019年9月19日

[お金の学校特集]

 

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてました。

 

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

 

知識をしっかり仕入れた上で投資は実践していく必要があります。

 

 

その知識を学ぶにあたり、近年「お金の学校」への注目が高まっています。

 

長年、資産運用を学んできた編集部が、お金を専門としたスクールについての特集コンテンツを作成していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お金の学校特集

お金の学校の特集へ

 

 

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。