JASDAQ市場の全銘柄を対象として算出される「ジャスダックインデックス(指数)」とは?わかりやすく解説。

JASDAQ市場の全銘柄を対象として算出される「ジャスダックインデックス(指数)」とは?わかりやすく解説。
信太郎
ジャスダックインデックス」、「ジャスダック指数」なるものを知っておるかの?
秀次郎
知りませぬ。
信太郎
(はっきり言うの〜。)

 

日経平均株価」や「TOPIX」といった株価指数と比べると知名度が少し低いかもしれません。

 

ジャスダックインデックス」は、その名の通り、「JASDAQ市場」に上場しているベンチャー企業の「全銘柄」を対象とした株価指数のことです。

このコンテンツでは、そんなジャスダックインデックスについて徹底解説していきます。

目次

ジャスダックインデックス(JASDAQ INDEX)とは

 

ジャスダックインデックス」とは、東京証券取引所が運営している株式市場の1つである「JASDAQ市場」に上場している全銘柄を対象として算出される、株価指数のことです。

信太郎
ジャスダックインデックスの数値を見ると、JASDAQ市場全体の株価の動向を掴むことができるということじゃ。

 

算出方法としては、1991年10月28日(取引システムが稼働開始した日)の時価総額を基準(=100)とします。

そして、東証株価指数(TOPIX)と同じように「時価総額加重型」で求めます。

 

ちなみに「時価総額加重型」とはただ単純に平均を出すものではありません。

時価総額(=発行済株式数×株価)の大小を反映させることで、より正確な株価指数を算出することができるのです。

 

信太郎
別名「ジャスダック指数」、「JQ指数」などと呼ばれることもあるのじゃ!

 

ジャスダック指数

(引用:楽天証券「ジャズダック指数」)

 

 

目次に戻る

ジャスダックインデックス算出の対象となる銘柄

上記でも少し触れたように、ジャスダックインデックスはJASDAQ市場に上場している全銘柄が対象となっています。

秀次郎
JASDAQ市場に上場している銘柄はどのようなものがあるのじゃろうか?

 

東京証券取引所が運営している株式市場の1つに「マザーズ」という市場があります。

秀次郎
ベンチャー企業がまずは上場するのがマザーズじゃったな!その後東証一部を目指していくのじゃ。

 

JASDAQ」はマザーズと同様にベンチャー企業向けの市場となっています。

 

【ジャスダックとは?】大化け株も存在?JASDAQ(JQ)の概要と上場審査基準を解説。

【ジャスダックとは?】大化け株も存在?JASDAQ(JQ)の概要と上場審査基準を解説。

2019年8月2日

 

ただしJASDAQは店頭登録制度が発展した市場であることに加え歴史も長いです。

実態はベンチャー企業とはいえない企業も多く上場しているというのが現状です。

 

ちなみに「店頭登録」とは日本証券業協会が企業の発行する株の売買価格を公表したり、発行企業に関する資料を公開したりすることを承認することをいいます。

 

以前はJASDAQ市場が店頭取引市場だったので、かつては「店頭登録=JASDAQ上場」という解釈がされていました。

秀次郎
ほほぅ。

 

ただし、JASDAQ証券取引所が創設されたことから全銘柄が上場銘柄となったので、現在店頭登録銘柄は存在していないのです。

また、2019年10月時点でJASDAQ市場には711社が上場しています。

 

有名な企業としては

  • 日本マクドナルドホールディングス
  • ワークマン
  • セリア
  • ユニバーサルエンターテインメント
  • 東映アニメーション

などがあります。

 

秀次郎
マクドナルドってジャスダックなのじゃなぁ〜。

 

目次に戻る

〜コラム〜JASDAQ市場はさらに2つに分けられる

実はJASDAQ市場に上場している企業は

  • JASDAQスタンダード
  • JASDAQグロース

の2つに分けられます。

 

この理由は上記でも触れたように、JASDAQ市場は歴史が長いためにベンチャー企業以外にもベンチャー企業とはいえないような老舗企業も並存しているからです。

JASDAQスタンダード

JASDAQスタンダードは歴史の長い老舗企業やある程度成長して存続可能なベンチャー企業が中心となっています。

2019年10月9日時点でJASDAQスタンダードには674社が上場しています。

 

JASDAQスタンダード上場には最近1年間の利益額が1億円以上といった条件が定められています。

もしこれを満たさない場合は時価総額が50億円以上あり、そして純資産が2億円以上あることが必要です。

 

JASDAQグロース

JASDAQグロースは成長性があって発展途上なベンチャー企業が中心となっています。

また、2019年10月9日時点でJASDAQグロースには37社が上場しています。

スタンダードに比べると、的少ないことが分かります。

 

JASDAQグロース上場は赤字企業であっても、成長性が見えていれば可能であることが多いです。

また、JASDAQスタンダードのように利益や時価総額に規定はなく、純資産もプラスであればOKとされています。

 

上場審査で見られるのはひとえに「成長性」ということです。

 

目次に戻る

ジャスダックインデックスの特徴は?

ここで、ジャスダックインデックスの特徴を見ていきましょう。

JASDAQ市場に上場しているのはベンチャー企業が中心となっています。

 

ベンチャー企業は簡単に言うと「新規の市場分野は雇用の創出」「ビジネスモデルを開拓する企業」です。

今後の成長性が高いことが期待されていることになります。

 

そのため企業としていい結果を出すことができた際は株価が大きく上昇する可能性が高いのです。

トレーダー側からすると大きなキャピタルゲインを得られることになります。

 

ただし、ベンチャー企業である分経営がまだ不安定であったり赤字で経営を続けている企業も多々あったりします。

株価が下落するリスクとも隣り合わせであるといえます。

信太郎
つまり、同じく東京証券取引所が運営している東証一部や東証二部と比べると、ハイリスクハイリターンということじゃな。

 

ジャスダックインデックス以外にもある!JASDAQの株価指数

実はジャスダックインデックス以外にもJASDAQ市場に関連する株価指数がいくつか存在します。

ここでは、そのなかで代表的な株価指数を2つご紹介します。

日経ジャスダック平均株価

「日経ジャスダック平均株価」とは、東京証券取引所が運営している株式市場の1つであるJASDAQ市場に上場している全銘柄を対象として算出される、株価指数のことです。

 

似た株価指数として「ジャスダックインデックス」があります。

しかし、大きな違いは算出方法にあります。

 

ジャスダックインデックスは時価総額加重型で株価指数を求めます。

企業それぞれの時価総額の大小を考慮したより厳密な指数が算出されているのです。

 

対して、「日経ジャスダック平均株価」は上場している全銘柄の単純平均を修正平均して求めるのです。

日経平均株価のように連続性を持たせた指数が算出されているということになります。

 

算出するには

  • 日本銀行
  • REIT(不動産投資信託)
  • ETF(投資信託)
  • 優先出資証券
  • 子会社連動配当株式
  • 外国株
  • 整理ポスト銘柄

 

等を除くJASDAQ市場に上場している全銘柄の単純平均を、ダウ平均株価の算出方法を基にした計算方法で修正平均を求める必要があります。

 

日経ジャスダック平均株価は1983年11月から算出が開始され、算出開始当時は「日経店頭平均株価」と呼ばれていました。

また、2017年7月までは1分間隔ごとの算出でしたが、現在は東京証券取引所が開場している間15秒間感覚で算出されています。

 

現在では、JASDAQ市場の動向を把握するのに欠かせない指数として用いられています。

 

JASDAQ-TOP20

JASDAQ-TOP20」は、JASDAQ市場を代表する20の銘柄で構成された株価指数のことをいいます。

詳しくいうと、JASDAQ市場に上場している711社の中から、流動性や時価総額などを条件として厳選。

そして選ばれた20銘柄のみで構成されているということです。

 

 

秀次郎
なぜこのような株価指数が作られたのでしょう?

 

JASDAQ市場全体で見ると流動性がほとんどない銘柄も多く上場しています。

JASDAQ市場全体(ジャスダックインデックス)に連動するETFを作ることは困難でした。

 

そのため、成長性が高いとされるJASDAQ市場のなかから選りすぐりの20銘柄を選んで株価指数とし、結果としてJASDAQ-TOP20に連動するETFを作ることができたのです。

 

また、構成銘柄はずっと固定というわけではなく10月の最終営業日に入れ替えが実施されます。

つまり現在(2019年10月14日)では、2018年の10月の最終営業日に銘柄入れ替えが実施されて残った20銘柄が名を連ねているということです。

 

有名どころとしては、日本マクドナルドホールディングス・セリア・ユニバーサルエンターテインメント・エン-ジャパンなどがあります。

 

目次に戻る

まとめ

このコンテンツでは、ジャスダックインデックスの意味や構成銘柄、特徴について解説してきました。

ジャスダックインデックスは、JASDAQ市場に上場している全銘柄を対象とした株価指数のことです。

時価総額加重型」で算出されているというのがポイントの1つです。

 

また、JASDAQ市場に上場している銘柄は、JASDAQスタンダード・JASDAQグロースの2つに分けられていることも知っておきましょう。

JASDAQ市場には主にベンチャー企業が上場しているため、経営が不安定であったりビジネスモデルが目新しいものばかりであったりするので、少しリスキーです。

 

そのため、JASDAQ市場に上場している銘柄に連動するETFに投資する際は、注意が必要です。

 

以上、JASDAQ市場の全銘柄を対象として算出される「ジャスダックインデックス(指数)」とは?わかりやすく解説。…でした。

 

【基本「株」用語・基礎知識】株式投資初心者が取引を始める上で最低限知っておくべきこと。

【基本「株」用語・基礎知識】株式投資初心者が取引を始める上で最低限知っておくべきこと。

2019年5月21日

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。