【TOPIX】トピックス(東証株価指数)とは?日経平均株価とは何が異なるかを初心者にもわかりやすく解説。

TOPIX(東証株価指数)とは?日経平均株価とは何が異なるかを比較とその概要をわかりやすく解説します。

TOPIX(東証株価指数)は日経平均株価と並んで日本の代表的な株価指数です。

TOPIX連動の投資信託やETFも数多く組成されております。

秀次郎
結局TOPIXとはなんじゃ?日経平均株価と何が異なるかよくわからないんじゃが。

そこで本日は、TOPIXとはそもそもどのような指数なのかという点を日経平均株価との比較を通じながらお伝えしていきたいと思います。

TOPIX(東証株価)の成り立ちと歴史

TOPIX(東証株価)の成り立ちと歴史

東京証券取引所(現在は東京証券取引所と大阪証券取引所が合併して日本取引所グループ)によって1969年7月1日に公表が開始され、1968年1月4日の時価総額を100として基準値としています。

信太郎
ちなみにTOPIXとはTokyo Stock Price Indexの略です。本来TSPIになりそうですが、語呂がいいように取ったんじゃな。

 

東京証券取引所は日経平均株価の元となる『東証一部修正平均株価』を1949年から発表していますが、TOPIXの算出公表にともなって1970年に東証一部修正平均株価を日本経済新聞社に引き継いでいます。

以下はTOPIXの算出当時からの値動きです。

TOPIXの推移

(日本取引所グループ(元東証)のデータを元に編集部作成)

 

1990年までは化学の時間のPHジャンプのような動きをしていましたがバブル崩壊以降は高値を切り下げながら下落していきましたが、直近はアベノミクスによって徐々に勢いを取り戻しつつある状況です。

信太郎
むしろバブル「で盛り上がりすぎだだけで、通常の成長速度に戻った動きをしておるな。

また日経平均株価が○○○円という形で表されるのに対してTOPIXは○○○ポイントという形で表現されます。

TOPIXの算出方法〜浮動株時価総額加重平均とは?〜

TOPIXの算出方法〜浮動株時価総額加重平均とは?〜

日経平均は平均株価指数であったのに対して、TOPIXは東証一部上場企業の浮動株時価総額加重平均指数です。(この違いの影響は下の項目で詳しく紐解きます。)

 時価総額加重平均指数とは?

時価総額とは企業をいくらで購入することができるかという指標で以下の算出で表されます。

時価総額 = 株価 ×  発行済株式数

現在日本の時価総額のトップは約20兆円のトヨタ自動車です。

秀次郎
つまりトヨタ自動車を丸々買うためには20兆円が必要ということじゃな。

 

TOPIX以外に世界的には有名なS&P500指数も同じ時価総額加重平均指数で、株式市場全体の成長を表すことができるという特徴があります。

時価総額加重平均指数では各企業の時価総額を足し合わせて基準時価総額(具体的算出法で説明)で割り、基準値100を掛け合わせることによって算出されます。

そのため時価総額が大きい企業の値動きがTOPIXの値動きに大きく影響を及ぼすということになります。

浮動株とは?何故TOPIXは浮動株時価総額加重平均なのか

TOPIXは『浮動株』時価総額加重平均なのですが、『浮動株』については聞きなれないワードだと思います。

秀次郎
浮動株??また難しいワードがでてきたな。
浮動株とは?

安定した株主が保有している簡単に売りに出すことができない株式ではなく、市場で幅広く流通し、毎分毎秒、常に売買が行われている株式を指します。

つまりは、株式市場の参加者(投資家)がキャピタルゲインやインカムゲインの獲得を主な目的とし、株式市場で日々売買されている株式のことをいいます。

株式には浮動株と、創業者や関係会社による株式持ち合いや金融機関が保有しており簡単に売買ができない『特定株(固定株)』の二種類があります。

浮動株と特定株

世界的に時価総額加重平均指数は浮動株時価総額加重平均指数に移行する動きが1990年代から活発になってきたことを受け、TOPIXも2006年6月から浮動株時価総額加重平均指数に移行しました。

信太郎
なぜ浮動株なのかというと二つの要因があるんじゃ。

一つ目はTOPIXに連動するETFや投資信託などが連動を目指すために一斉に購入した時に、浮動株比率が低い株式は売買できる数量がすくないので需給の関係で価格が吊り上がってしまうのを防ぐためです。

たとえば単純のために10,000株発行している企業で特定株が9,000株の企業があったとすると、浮動株はたったの1000株となってしまいます。

このような状況でTOPIX銘柄全体が大幅に購入され状況となれば、取引できる銘柄に対して大量の買がはいるので需要超過となって実質以上に株が大きく上昇してしまうことになりかねないためです。

二つ目は株式持ち合いの場合は時価総額が重複カウントされてしまい企業の実力を正確に反映しにくいためです。

例えばある企業Aと企業Bが存在していたとして、A社が100億円のB社の株を保有して、代わりにB社が100億円分のA社の株を保有し株式持ち合いをしたとします。

すると、100億円払って100億円資本を受取るわけですのでA社、B社ともに特に事業活動を行なっているわけでもお金を使っているわけでもないのに時価総額が100億円ずつ増やすことが可能となってしまいます。

秀次郎
結果として企業の実態を表さなくなってしまいますので、特定株(固定株)を除外して算出する浮動株時価総額加重平均に傾いていったということじゃな。

TOPIXの具体的な算出方法

TOPIXの具体的な算出手順については正直難しいことは興味ないな、という方は読み飛ばしていただければと思うのですが、

日本証券取引所グループが発表しているTOPIX算出の手順を元に概要を解説していきたいと思います。

  • TOPIX = (算出時指数用時価総額①/基準時価総額③) × 基準値100
  • ①算出時指数用時価総額=(各銘柄の指数用株式数② × 株価)を東証1部全銘柄を足し合わせた合計

②の各銘柄の指数用株式数は上場株式数に先ほど説明した浮動株の率を掛け合わせたものです。

算出された算出時指数用時価総額を破る基準時総額ですが、基準時価総額はTOPIXの指数を100として算出した1968年1月4日時点での基準時価総額です。

TOPIXの求め方を図解

つまり分かりやすい例で説明していきますと(わかりやすさの追求のため実際の数値とは異なります)

TOPIXが100として算出された時点での時価総額が10兆円だったとします。

現時点での東証一部の時価総額が200兆円だとすると、以下のようにTOPIXは算出されます。

TOPIX = (200兆円 /  10兆円 ) × 100 = 2,000ポイント

また当然東証一部は新規上場銘柄もありますし、倒産する銘柄等々ありますので基準時価総額は日々修正が加えられています。

〜コラム〜日本と世界の時価総額ランキング

〜コラム〜日本と世界の時価総額ランキング

時価総額は日本でトップはトヨタ自動車とお伝えしましたが、トップ10はどうなっているのか?

また世界のTOP10を1ドル110円で換算してお伝えしていきたいと思います。

2019年1月現時点の日本の時価総額TOP10は以下の顔ぶれとなっています。

順位企業名時価総額
1位トヨタ自動車21,8兆円
2位NTTドコモ9.8兆円
3位ソフトバンクグループ9.3兆円
4位NTT9.1兆円
5位三菱UFJ銀7.9兆円
6位ソニー6.9兆円
7位KDDI6.9兆円
8位武田6.9兆円
9位キーエンス6.8兆円
10位ソフトバンク(2位の通信子会社)6.4兆円

 

ちなみに世界でみると米国・中国のテクノロジー系企業が圧倒しており、日本で最大のトヨタ自動車は42位に沈んでいます。

信太郎
バブル期は日本企業が世界の時価総額を独占していたことを考えるとかなり凋落してしまったものよ。

 

順位企業名時価総額
1位マイクロソフト(米)85.8兆円
2位アップル(米)82.5兆円
3位アマゾン(米)80.3兆円
4位アルファベット(元Google)(米)79.2兆円
5位バークシャー(バフェットの運用会社)(米)55.0兆円
6位テンセント(中国)41.8兆円
7位FACEBOOK (米)41.3兆円
8位アリババ (中国)38.7兆円
9位Johnson & Johnson38.0兆円
10位JPモルガン (米)35.6兆円

TOPIXと日経平均株価の違い

それでは結局のところ日経平均とTOPIXは何が異なるのかについてまとめていきたいと思います。

日経平均株価について特化して解説している記事は「日経平均(NIKKEI225)とは?歴史や特徴を徹底解説!算出方法で必要となる『みなし額面』や『除数』もわかりやすく解説する。」となりますのでこちらも参考にしてみてください。

組入銘柄の違い-TOPIXは東証一部全銘柄、日経平均は大型株225銘柄-

信太郎
まず組み入れられている銘柄が違うのじゃ。

TOPIXは東証一部に上場している全ての銘柄を組み入れ銘柄としておりますが、日経平均は東証一部のなかの日本を代表する大型銘柄225銘柄に限定されています。

TOPIX日経平均
対象銘柄東証一部に上場している全ての日本企業約2,200銘柄東証一部に上場している銘柄のうち日本を代表する225銘柄

 

つまり日経平均は大型株のみを組み入れておりますが、TOPIXは大型株だけに止まらず中型株や比較的小型な銘柄も含めて全てを組み入れています。

秀次郎
TOPIXは日経平均の約10倍の銘柄がくみいれられておるんですな!

また組入銘柄数が多いと各個別銘柄の影響が極小化されるのに対して、日経平均は銘柄数が少ないので各銘柄の個別要因が影響しやすいという特徴の差があります。

算出方法の違い-TOPIXは時価総額加重平均、日経平均は平均株価

TOPIXは浮動株時価総額加重平均指数である時価総額が大きい企業が大きい企業の構成比率が高いのに対して、

日経平均株価はユニクロやファナックなどの時価総額は10位以内に入らないものの株価自体が大きい銘柄が指数に占める割合が大きくなっています。

TOPIX日経平均株価
算出方法浮動株時価総額加重平均指数平均株価指数

構成上位銘柄、業種別ウェイトの違い

組入銘柄や算出方法の違いが影響してTOPIXと日経平均では構成上位銘柄と業種別ウェイトに大きな違いがあります。

また構成比率は銘柄数が多いということもありTOPIXは1位のトヨタ自動車でも3.38%であるのに対して、日経平均では1位のファーストリテーリングは8.85%という高いウェイトになっています。

順位TOPIX構成上位構成比率日経平均構成上位構成比率
1位トヨタ自動車3.38%ファーストリテリング8.85%
2位三菱UFJ1.75%ソフトバンクグループ4.54%
3位ソニー1.69%ファナック3.26%
4位NTT1.42%KDDI2.90%
5位ソフトバンクグループ1.42%東京エレクトロン2.78%
6位キーエンス1.29%ユニファミリーマート2.26%
7位三井住友1.20%テルモ2.00%
8位ホンダ1.16%京セラ2.17%
9位みずほ1.08%ダイキン工業2.09%
10位KDDI1.07%信越化学工業1.63%

 

信太郎
また構成業種もTOPIXと日経平均では大きな差が出てきておるぞ!

日経平均はTOPIXに対してソフトバンクや東京エレクトロンの影響力が高いこともあり情報・通信や小売業であるファストリテーリングの影響で小売業が大きくなる一方、

銀行や卸売業などのウェイトが小さくなっています。

TOPIX日経平均株価
電気機器14.71%17.70%
輸送用機器8.31%6.80%
銀行業6.51%1.03%
情報・通信7.50%11.80%
化学7.50%8.61%
機械4.83%5.48%
医薬品4.90%7.82%
食料品4.54%5.01%
小売業5.27%10.42%
卸売業5.10%2.21%
その他30.83%23.12%

TOPIXの方が全体として業種別の偏りが少ないといえます。

TOPIXと日経平均株価の値動きの違い

両者の値動きを横並びで比較するためにTOPIXの算出が始まった1968年初の100に合わせて、1968年初の日経平均株価の価格を100円に合わせて比較したものが以下となります。

日経平均株価とTOPIXの値動きの違い

結局のところ同じような値動きとなっていますが、大型銘柄が多い分日経平均は下落のスピードも、上昇のスピードも若干ではありますが激しいという特徴があります。

まとめ

TOPIX(東証株価)は東証一部全上場銘柄の浮動株時価総額加重平均であり、時価総額が高いトヨタ自動車のような企業の構成比率が高くなります。

TOPIXと日経平均の違いについてわかりやすくまとめたものは以下になります。

TOPIX日経平均
対象銘柄東証一部に上場している全ての日本企業約2,200銘柄東証一部に上場している銘柄のうち日本を代表する225銘柄
算出方法浮動株時価総額加重平均平均株価
構成銘柄上位トヨタ自動車、NTTなどの時価総額が高い企業ファストリテーリング、ファナックなどの株価が大きい銘柄
構成業種各業種バランスが良いテクノロジーや電気機器などに偏りがある
値動きほぼ同様の値動きであるが、若干日経平均の方が値動きが大きくなりがちな特徴がある。

 

以上、TOPIX(東証株価指数)とは?日経平均株価とは何が異なるかを比較とその概要をわかりやすく解説します。…でした。

 

 

【基本「株」用語・基礎知識】株式投資初心者が取引を始める上で最低限知っておくべきこと。

2019.05.21



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。