【2020年3月】年度末に狙える高配当銘柄を3つ紹介(ベリテ/池田泉州ホールディングス/JFEホールディングス)

【2020年3月】年度末に狙える高配当銘柄を3つ紹介(ベリテ/池田泉州ホールディングス/JFEホールディングス)

「決算企業が多い3月に株式投資して、高い配当利回りを狙いたい」

「年度末の高配当銘柄における株価指標や業績が気になる」

 

3月は決算する企業が最も多い時期であり他月に比べて配当利回りが高い銘柄は多くあります。

配当が高いのに割安な銘柄も多く、投資するハードルのが低いのもメリット。

 

この記事では年度末の2020年3月に狙える高配当銘柄について3つ紹介します。

 

【9904】ベリテ:配当利回り5.99%

貴金属や宝石、ファッショングッズなど宝飾品を専門に取り扱っている会社がベリテです。

アクセサリーの販売だけでなくクリーニングや修理などのアフターサービスも対応しています。

 

1948年にベリテの前身である大久保時計店が設立され最初は時計や宝飾品の小売販売をしていました。

その後に日本全国にお店を展開していき、1991年には東証第二部に上場しています。

 

2008年にはダイヤモンドの開発や販売を行うディジコ・ホールディングス・リミテッドがベリテの親会社となりました。

親会社がディジコになってからはダイヤモンド専門店も展開しています。

 

ベリテの配当利回り

2019年9月19日時点におけるベリテの株価は333円であり予想配当利回りは5.99%です。

2017年までは株主に対する配当はありませんでしたが、現在では20円程度の配当を貰える見込みです。

ベリテの予想配当利回りの推移
2015/030.00 円
2016/030.00 円
2017/035.50 円
2018/0318.50 円
2019/0332.00 円
2020/03(予)19.94 円

 

また、2019年3月の実績配当性向は161.6%と大きく1株あたりの配当額が当期純利益を超えています。

他社に比べてより利益を還元する傾向があるのは投資家にとって大きなメリット。

 

2019年3月時点のPBRは2倍越え

2019年3月時点のPERは20.14倍でありPBRは2.03倍です。

ベリテの純利益や純資産に対して株価が大きく割高感が強いデメリットがあります。

 

ですが2019年9月19日には予想PERが15.2倍、実績PBRが1.69倍まで下がっているのがポイント。

業績の改善や株価の下落によってベリテが割安になっていく可能性があります。

 

営業利益は増加する傾向

過去10年におけるベリテの売上高は減少している傾向ですが営業利益は増加しています。

2020年3月予想では売上高が下がる見通しでありつつ、営業利益が伸びる予想なのが特徴となっています。

ベリテの業績推移

 

決算期売上高営業利益経常利益当期利益
2007/10 変8,861-781-933-1,545
2008/03 変5,491237272215
2009/0311,519-548-694-1,935
2010/039,243-659-613-740
2011/039,530594-169
2012/0310,091-5-90-212
2013/0310,56520974113
2014/039,77824020152
2015/038,603-141-254-1,587
2016/038,38919413224
2017/038,537293277260
2018/038,449560587589
2019/038,373589567538
2020/03予8,159620596596

 

売上が伸びなければ営業利益は頭打ちになるため将来的には業績が悪化していくリスクがあります。

 

【8714】池田泉州ホールディングス:配当利回り3.81%

関西で銀行や金融関連の事業を行っている会社が池田泉州ホールディングスです。

証券業務や信用保証業務だけでなく、クレジットカードやオートリースなどのサービスも提供しています。

 

大阪の地方銀行である池田銀行と泉州銀行が統合して、2009年10月に池田泉州ホールディングスが設立されました。

雇用している従業員数は109名であり、資本金は1,029億円です。

 

池田泉州ホールディングスの配当利回り

2019年9月19日時点における池田泉州ホールディングスの株価は197円であり予想配当利回りは3.81%です。

過去5年間では配当額が横ばいでしたが2020年には減配される見通し。

池田泉州HDの予想配当利回り推移

 

2015/0315.00 円
2016/0315.00 円
2017/0315.00 円
2018/0315.00 円
2019/0315.00 円
2020/03(予)7.50 円

 

また、2019年3月の実績配当性向は81.5%と大きく、株主に対して積極的に利益を還元する方針があります。

 

自己資本比率が4.3%と低い

2019年3月の実績PERは13倍でありPBRは0.34倍です。

現在の予想PERや実績PERとそこまで変化がなく、割安感が強くて投資しやすいメリットがあります。

 

ですが自己資本比率が4.3%とかなり低く、池田泉州ホールディングスの将来性は不透明です。

業績の悪化によって経営難に陥ってしまうリスクがあります。

 

売上高は減少している状況

マイナス金利政策が続く今では銀行業の業績が悪くなりやすく池田泉州ホールディングスの売上高も減少しています。

2020年には前年度に対して売上高が100億円も減る見込みです。

 

池田泉州ホールディングスの業績推移

 

決算期売上高営業利益経常利益当期利益
2010/03118,3326,057-2,845
2011/03117,2557,5327,690
2012/03115,95210,9053,810
2013/03111,55812,80610,102
2014/03104,85517,55116,604
2015/03114,32421,34217,584
2016/03110,34722,33516,472
2017/03103,06520,66812,210
2018/03111,61214,2068,395
2019/0397,3039,6986,139
2020/03予85,0005,0004,000

 

 

【5411】JFEホールディングス:配当利回り7.69%

鉄鋼事業やエンジニアリング、商社事業をグループで行っている会社がジェイ・エフ・イー・ホールディングス(以下、JFEホールディングス)です。

 

2002年9月に日本鋼管と川崎製鉄が株式を移転して、親会社であるJFEホールディングスを設立しました。

2013年にはJFEスチール、JFEエンジニアリング、JFE商事、ジャパン マリンユナイテッドが子会社として存続しています。

 

JFEホールディングスの実績配当利回りは非常に高い

JFEホールディングスは2020年3月の予定配当額を決めていないため、予想配当利回りは未定です。

2019年3月には1株あたり95円の配当額を還元して、配当利回り7.21%を達成しました。

JFEホールディングスの配当利回りの推移
2015/0360.00 円
2016/0330.00 円
2017/0330.00 円
2018/0380.00 円
2019/0395.00 円
2020/03(予)- 円

 

また、実績配当性向は33.5%であり、株式市場の中では利益を還元する姿勢があるといえます。

 

過去10年間で営業利益は回復

2007年をピークにしてJFEホールディングスの営業利益は大幅に下落しました。

しかし2013年からは売上高・営業利益は回復していて、将来的に業績が改善される見通しです。

JFEホールディングスの業績推移
決算期売上高営業利益経常利益当期利益
2007/033,260,447503,938513,520299,683
2008/033,539,802510,518502,974261,845
2009/033,908,282407,806400,562194,229
2010/032,844,35688,77569,28945,659
2011/033,195,560182,810165,80558,608
2012/033,166,51144,77952,977-36,633
2013/033,189,19639,87352,21439,599
2014/033,666,859153,327173,676102,382
2015/033,850,355222,599231,001139,357
2016/033,431,74090,63864,23933,657
2017/033,308,99296,74684,73567,939
2018/03 I3,627,248167,357152,87797,635
2019/03 I3,873,662221,818209,313163,509
2020/03予 I3,960,000125,00090,000

 

まとめ

決算企業の多い3月には高配当銘柄が多くあり、中には7%を超える配当利回りに期待できる銘柄もあります。

権利確定日を前もってチェックしておき、株式投資で高いリターンを狙いましょう。

 

【各月 高配当銘柄 特選】高いリターンを狙え!シーズンごとの注目銘柄を一挙に紹介。

2019.10.11



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。