実はメリットも?特定口座ではなく一般口座を使った株式投資!確定申告の必要書類とやり方を解説。

実はメリットも?特定口座ではなく一般口座を使った株式投資!確定申告の必要書類とやり方を解説。

株式投資をしている個人投資家のほとんどが、確定申告が不要である「源泉徴収有り」の「特定口座」を選択しているでしょう。

そのため、確定申告をしている人は多くありません。

 

確定申告という言葉を聞くと、「難しそう・・・」「確定申告なんてしたことない」。

このように思われる方が多いですが、実は、確定申告は今や簡単にできるようになりました。

 

そして、株式投資をしている場合は確定申告することで、実は得になること(メリット)もあります。

今回は株式投資と確定申告について紹介します。

どういった時に確定申告をした方がお得になるのかをわかりやすく説明します。

 

今回のポイントは以下の通りです。

■ 今回のポイント:

  • 株の損失は確定申告することで3年間繰り越しが可能。
  • 株式配当を受け取った場合は確定申告により配当控除を受けることができる。
  • 確定申告書はインターネットを利用して簡単に作成できる。
  • 確定申告をすることで、所得情報が市町村にも把握させる点は注意が必要。

 

それでは、内容に入っていきましょう。

目次

確定申告が必要な場合 

そもそも株式投資をしていた場合、確定申告は必要なのでしょうか?

その答えは、証券会社に開設している口座と年間損益によって異なります。

 

法律により、サラリーマンの場合は、給料以外の所得が年間20万円を超えた場合は確定申告が必要であると定められています。

 

「収入」ではなく、「所得」ですので株式投資の場合であれば年間の通算利益が20万円を超える場合です。

異なる証券会社であっても、株式投資の損益は通算できます。

 

A証券で100万の利益を出し、B証券で90万円の損失を出した場合は、差引した利益が10万円。

20万円を超えませんので、確定申告は不要となります。

 

証券口座の種類には以下の3種類があります。

■ 証券口座の種類:

 

  • 一般口座
  • 特定口座 源泉徴収有
  • 特定口座 源泉徴収無

 

このうち②の特定口座 源泉徴収有の場合は、利益を出した時点で税金が徴収されています。

損益に関わらず確定申告の必要はないとされています。

 

ただし、詳しくは後ほど説明しますが、確定申告した方が得になる場合もありますので注意が必要です。

 

そして、①と③の場合は源泉徴収がされていませんので、前述のとおり年間利益が20万円を超えた場合は確定申告が必要となります。

 

基本的には年間利益が20万円を超えれば確定申告が必要ですが、特定口座の源泉徴収有での取引に限っては確定申告が不要だということです。

 

その手間の少なさから個人投資家のほとんどが②を選んでいます。

 

 

目次に戻る

株式投資をしていて確定申告をした方が良い場合

 さて、ほとんどの方が確定申告不要である「特定口座」の「源泉徴収有り」口座で取引しており、確かに確定申告がいらず利便性は高いのですが、確定申告をすることで得になる場合もあります。

 

どういった場合に、確定申告をした方が良いのでしょうか?

それは、以下の場合です。

■ 確定申告をした方が良いケース:

 

  1. 株式投資の年間損益がマイナスの場合
  2. 株式による配当を受け取った年の所得が一定以下の場合

 

それぞれについて詳しく説明します。

 

目次に戻る

① 株式投資の年間損益がマイナスの場合

 株式投資をしていれば当然損失を出すこともあり、年間の損益がマイナスになることも珍しくありません。

 

そういった場合は、当然税金が徴収されていませんので、確定申告しても全く意味がないと思いがちです。

しかし、確定申告をすることで損失を繰り越すことが可能となり、将来の税金が少なくなる可能性があります。

 

例えば、2018年に100万円の損失を出し、2019年に100万円の利益を出した場合。

確定申告をしていなければ、2019年の利益100万円に対しおよそ20%の税金が徴収されます。

つまり、約20万円は税金を支払わなければなりません。

 

一方、2018年に100万円の損失を確定申告していた場合。

2019年の利益と2018年の損失が相殺され合計利益は0円となり、税金は一切徴収されません。

 

結果的に、確定申告するかしないかで、手元に残るお金はおよそ20万円という金額の差が出るのです。

 

このような損失を繰り越すことを繰越損失といいます。

個人投資家が行う株式投資の繰越損失は最長3年間の繰越が可能となっています。

 

3年あれば、年間で利益を出す年がある可能性は高く、将来の株式投資がどの程度の損益となるかはわかりませんが、損失を繰り越しておけば損をすることはありません。

 

また、過去年の確定申告を行うこともできます。

損失の確定申告を忘れていた場合であっても、利益を出した年の確定申告と同時に過去分の確定申告を行うことも可能です。

 

目次に戻る

② 株式による配当を受け取った年の所得が一定以下の場合

株式投資をしていて、確定申告をした方が良い場合の2つ目は、配当を受け取った年の所得が低かった場合です。

 

源泉徴収有口座の場合は配当を受け取った段階で株式譲渡益と同じく約20%の税金が徴収されます。

この税金は分離課税と言われており、総所得金額に関わらず一定です。

 

つまり、その人の年収が1億円だろうが100万円だろうが20%の税金が徴収されることになります。

 

通常であれば、配当所得はこの分離課税により税金が徴収されます。

しかし、確定申告をすることで総合課税を選択することが可能です。

 

総合課税を選択した場合は給与などの所得と合算した上で税金の計算が行われます。

 

この時に、配当所得には配当額の10%を所得から控除する配当控除という処理が行われます。

所得税率が10%以下の人であれば配当には所得税は一切かからないことになり、既に源泉徴収された所得税の還付を受けることが可能です。

 

住民税については、分離課税の方が得になるので住民税は分離課税で申告します。

 

上記をわかりやすくまとめますと、以下の通りとなります。

  • 総所得(課税所得)が330万円以下であれば配当の源泉所得税は全額返ってくる
  • 課税所得900万円以下であれば確定申告により配当の源泉所得税の一部が還付される
  • 住民税の申告は分離課税で行う

 

所得900万円というとサラリーマンであれば、給料が1,000万円を大きく超えるような水準です。

配当を受けている多くの方が確定申告をすることで徴収された所得税を取り戻すことができます。

 

ただし、配当の金額が少なければ当然還付金も少なくなります。

所得が900万円に近付くほど、還付される割合は少なくなりますので注意が必要です。

 

目次に戻る

確定申告の仕方

 確定申告未経験の方は確定申告と聞くと難しいと思いがちです。

しかし、現代では税務署が確定申告作成に便利なサイトを作成しています。

インターネットを利用してとても簡単に確定申告書を作成することができるのです。

 

必要書類は勤め先の会社が発行する「源泉徴収票」と証券会社から発行される「特定口座年間取引報告書」。

配当がある場合は「配当支払通知書」です。

 

書類の細かな見方がわからなくとも、税務署のインターネットサイトである確定申告書作成コーナーを利用すれば、どの金額を入力すればいいか全てわかりやすく示されています。

手書きに比べて格段に簡単に確定申告書が作成できます。

 

目次に戻る

確定申告する場合の注意点

 確定申告をすることで、お金が返ってくる方法について紹介しましたが確定申告には注意点もあります。

最後に確定申告における注意点を紹介します。

 

株式取引の確定申告をすると、お金が返ってくることがありますが、確定申告をすることで損をする場合もあるのです。

確定申告をすると株式取引を含めた所得で所得が確定します。

 

そして、税務署はその情報を各市町村に送付します。

 

ですので、健康保険やその他何らかの制度において、誰かの扶養親族となっている場合所得が一定水準を超えると扶養親族を外れてしまうのです。

 

例えば、専業主婦や学生が株取引の確定申告を行い所得が扶養親族である基準を超えてしまうと、夫や親の扶養親族ではなくなり、健康保険料を自分で払う必要があります。

 

また、夫や親の税金は扶養親族が減ることで高くなってしまいます。

 

このように税金を取り戻そうとして結果的に取り戻した金額より多くの金額を別で支払わなければならないことになる、ということもありますので注意が必要です。

 

目次に戻る

まとめ

今回は株式投資と確定申告について紹介しました。

最後に重要点をまとめます。

 

■ 総括:

  • 株の損失は確定申告することで3年間繰り越しが可能。
  • 株式配当を受け取った場合は確定申告により配当控除を受けることができる。
  • 確定申告書はインターネットを利用して簡単に作成できる。
  • 確定申告をすることで、所得情報が市町村にも把握させる点は注意が必要。

 

 

このコンテンツを参考に株式投資と確定申告について知っていただき、税金を取り戻してください!

 

以上、実はメリットも?特定口座ではなく一般口座を使った株式投資!確定申告の必要書類とやり方を解説。…でした。

 

【株の買い方・売り方完全ガイド】これで取引は完璧!初心者の「株式投資道」の第一歩。

2019.10.01



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。