再生可能エネルギー投資の魅力を徹底解説!個人でも少額から高い利回りの利息を得よう。

日本だけでなく世界の潮流として二酸化炭素の排出を抑えるために再生可能エネルギーへの注目が集まっています。

特に化石資源が算出されない日本においては、資源需要の国際的高まりの中で資源獲得競争に晒されています。

 

今後ますます再生可能エネルギー推進の流れは強まっていくと考えられています。

当サイトでは再生可能エネルギーの魅力とおすすめの投資手法についてお伝えしています。

目次

再生可能エネルギー投資の魅力は固定価格買取制度

再生可能エネルギーが高い注目を集めているのは固定価格買取制度が大きく影響しています。

再生可能エネルギーは以前として火力発電より発電単価が高いので通常の状況では発電が促されません。

 

そこで、国が電気事業者に一定期間、固定価格で買い取ることを義務付けた固定価格買取制度を開始しました。

 

2012年から制度が開始され、既に8年目となり急速なコストダウンが見込まれる電源と中長期的な戦略が必要な電源で状況が変わってきています。

 

【急速なコストダウンが見込める電源】

  • 太陽光
  • 風力
  • (バイオマス)

 

【中長期的な視点が必要な電源】

  • 地熱
  • 水力
  • (バイオマス)

 

固定価格買取制度

参照:経産省

 

固定価格買取制度は現在岐路に立たされている状況です。

そもそも固定価格買取制度とはどのような制度なのか?

今後、どのような方向へむかっていくのか?

 

という点についてお伝えしています。

 

【固定価格買取制度(FIT)とは?】見直しで終了の危機に瀕している太陽光発電の売電価格制度を紐解く!

2019.11.03

 

目次に戻る

太陽光発電投資

太陽光発電は最もメジャーな再生可能エネルギーなのではないでしょうか。

年度10kW未満10kW未満ダブル発電10kW以上
2012年度42円34円40円
2013年度38円31円36円
2014年度37円30円32円
2015年度33円(35円)27円(29円)29円:〜2015年6月30日
27円:2015年7月1日〜
2016年度31円(33円)25円(27円)24円
2017年度28円(30円)21円
2018年度26円(28円)18円
2019年度24円(26円)24円(26円)14円
調達期間10年20年
運転開始期限1年3年
売電単価の消費税税込価格税別価格

(参照:2018年度以前2019年固定価格買取制度単価)

 

太陽光発電の売電単価の推移

 

上記の通り売電の認定単価は年々減少してきています。

しかし、太陽光発電投資では今からでも高い利回りを得る手法が存在しています。

 

太陽光発電投資の魅力と個人が小規模の金額で高いリターンを狙える投資手法についてお伝えしていますのでご覧ください!

 

太陽光発電投資のリスクとは?今からでも失敗せずに7%の運用利回りを確保する方法を徹底解説!

2019.11.02

 

目次に戻る

風力発電投資

風力発電は太陽光発電に秘して売電単価の下落は緩やかです。

しかし、小型の20kW未満の括りがなくなってしまったのは痛いところです。

20kW以上20kW未満洋上風力
2012年度2255
2013年度2255
2014年度225536
2015年度225536
2016年度225536
陸上風力陸上風力
(リプレース)
洋上風力
(着床式)
洋上風力
(浮体式)
2017年度21183655
2018年度20173636
2019年度20163636
2020年度1816未定36
稼働開始から20年間認定

 

そもそも個人で風力発電投資を行うことは難しいです。

しかし、風力発電投資で個人でも少額からえ高いリターンを出す方法は存在しています。

 

以下コンテンツで説明しておりますのでご覧頂ければと思います。

 

個人でも出来る失敗しない風力発電投資とは?少額から設備を持たずリスクを極小化して儲けよう!

2019.11.05

 

目次に戻る

水力発電投資

水力発電についても容易に単価が下がらない発電として注目されています。

200kW未満200kW以上
1000kW未満
1000kW以上
5000kW未満
5000kW以上
30,000kW未満
2012年度34円29円24円
2013年度
2014年度34円(25円)29円(21円)24円(14円)
2015年度
2016年度
2017年度27円(15円)20円(12円)
2018年度
2019年度
2020年度
2021年度
 稼働開始から20年間経過

 

水力発電は現時点で再生可能エネルギーの中で最も大きなポーションを占めています。

再生可能エネルギー投資の発電量の推移

クラウドバンクでは水力発電投資で6.5%近い利回りを獲得することができます。

クラウドバンクは再生可能エネルギー投資の現在のパイオニアですので興味のある方は必見です。

 

【クラウドバンク】高利回りで安全運用を実現?評判の「Crowd Bank」の特徴と活用するメリット・デメリットを徹底解説!

2019.05.10

 

目次に戻る

バイオマス発電投資

バイオマス発電投資は水力、太陽光発電に次ぐ3番目の再生可能エネルギーです。

メタン発酵ガス間伐材等由来のバイオマス一般木質
バイオマス
農産物残さ
建設資材
廃棄物
一般廃棄物
その他の
バイオマス
2000kW以上2000kW未満2000kW以上2000kW未満
発電開始から20年間適用
2012年度39円32円24円13円17円
2013年度
2014年度
2015年度32円40円
2016年度
2017年度21円24円
一般木質バイオマス
農産物の収穫に伴い生じる
バイオマス固体燃料
農産物の収穫に伴い生じる
バイオマス液体燃料
10,000kW以上10,000kW未満13円17円
2018年度39円32円40円入札制度で決定24円入札制度で決定
2019年度
2020年度
2021年後

(参照:2018年度以前2019年固定価格買取制度単価)

 

特に間伐材等由来のバイオエネルギーは林業の活性化とカーボビュートラルによって再生可能エネルギーで最高単価が設定されています。

バイオ発電が何故魅力的なのか?

バイオ発電で高いリターンを得る投資法とは・

という点をお伝えしています。

 

バイオマス発電投資で少額からでも儲けよう!再生可能エネルギー投資の魅力をわかりやすく解説。

2019.11.07

 

目次に戻る

地熱発電

地熱発電は現状殆どプレゼンスを発揮していません。

15,000kW未満15,000kW以上
新規リプレース新規リプレース
全設備更新型地下設備流用型全設備更新型地下設備流用型
2012年度40円26円
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度40円30円19円26円20円12円
2018年度
2019年度
2020年度
2021年度
 発電開始から15年間適用

 

しかし、日本はご存知の通り火山を大量に抱えている火山大国です。

今後の拡大が期待されています。

 

目次に戻る

まとめ

再生可能エネルギーは固定価格エネルギー買取制度の後押しもあり徐々にではありますが発電量が増加してきています。

一言に再生可能エネルギーといっても様々な種類があります。

固定価格買取制度の特徴を理解して個人でも高いリターンを低いリスクで狙っていきましょう!




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。