【クラウドリース】貸し倒れリスクが高い?延滞・遅延発生中のソシャレン業者の特徴とメリット・デメリットを解説。

【クラウドリース】貸し倒れリスクが高い?延滞・遅延発生中のソシャレン業者の特徴とメリット・デメリットを解説。

「高い利回りで企業に投資できるソーシャルレンディングを探している」

「リスクを減らすために運用期間が短いファンドに投資したい」

 

ベンチャーや中小企業に投資することで、高い利回りを期待できるのが「クラウドリース」です。

運営会社では事業支援を行っていて、厳しい基準を満たしたファンドに投資できるのが特徴。

 

2万円から投資できるファンドが多数あり、少額から投資を始めたい人にも最適です。

このコンテンツでは、そんなクラウドリースの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説します。

目次

クラウドリースの特徴

株式会社Crowd Lease」が提供するソーシャルレンディングサービス、それがクラウドリースです。

投資家から集めた資金を関連会社に貸し付けて、利払いや元本返済により投資家は分配金を得られます。

 

取り扱っているファンドは事業関連がほとんどであり、企業に投資してリターンを狙えるものです。

不動産に投資できるソーシャルレンディングが多い現状では、クラウドリースは分散投資するのに便利です。

 

2019年8月現在の貸付件数は6,000件以上あり、その内4,492件は既に完済しています。

分配金や出資金を返済した実績があるから、実績のないサービスに比べてリスクは小さいですね。

 

また、クラウドリースを含むソーシャルレンディングの運営や投資家の管理はmaneoマーケットが担当しています。

上場企業の子会社が運営に携わっているのは投資家にとって安心です。

サービスを利用するには

クラウドリースで投資を始めるには、最初に投資口座を解説することが必要です。

クラウドリース公式サイトに「新規口座開設」ボタンがあるため、それをタップしましょう。

 

口座を開設できるのは申し込み時点で20歳から75歳未満であり、日本に在住していて、独自審査に通過できること。

法人の場合はクラウドリースの法人投資家登録サポート係に連絡することで投資口座を開設できます。

 

口座開設画面に進むと規約への同意や個人情報の入力などが指示されるもの。

指示に従って手続きを済ませると、身分証明書や通帳のコピーを送信する画面に進みます。

 

本人確認書類の送信が完了すると、運営会社から本人確認キーが記載されたハガキが郵送。

登録した住所でハガキを受け取り、クラウドリースのマイページでキーを入力することで口座開設は完了します。

 

そしたら決められた投資口座に資金を入金して、クラウドリースで興味のあるファンドに投資することが可能です。

ハガキによる本人確認が必要であるため、口座開設には数日かかります。

投資先の具体例

2018年12月に募集が開始した投資先として、「事業性ローンファンド63号」があります。

このファンドの目的はウォーターサーバーを扱う事業者MDなどに事業資金を貸し付けること。

 

貸付金額は約600万円であり、ファンドの運用期間は11ヶ月となっています。

ファンドには返済できなくなった時の担保として、健康水サーバーやその売掛債権が確保されているのが特徴です。

 

資金の借り手である事業者MDの代表者に連帯保証があり、担保と個人保証で貸し倒れリスクを小さくできるのがメリット。

リスクを減らして高リターンを狙いたい人にクラウドリースは役に立ちます。

 

目次に戻る

クラウドリースのメリット

「株式投資という手段があるのに、ソーシャルレンディングで企業に投資する意味が分からない」と思う人はいるはず。

企業への投資が目的であれば、ソーシャルレンディングを使わなくても問題ありません。

 

クラウドリースには投資家にとってさまざまなメリットがあり、サービスを使うことで効率的に資産を増やせるのがポイント。

特に知っておくべき3つのメリットは以下の通りです。

 

 

それぞれのメリットを詳しく解説します。

利回り10%以上のファンドに投資できる

クラウドリースには想定利回りが10%から12%のファンドが数多くあります。

投資信託や定期預金よりも利回りが高く、投資による高リターンに期待できるのがメリットです。

 

例えば10万円の資金を利回り10%で運用すると、1年後に1万円の税引き前利益を得られます。

10万円を預金しても資産は増えないのに、10万円をクラウドリースで運用することで資産を増やせるのです。

 

また、クラウドリースには3ヶ月や5ヶ月だけ運用するファンドもあり、短期投資にも活用できます。

運用期間が短ければ出資金が早めに戻ってくるため、リスクが気になる人も安心です。

担保や保証付きのファンドが多数あり

ファンドの想定利回りが高くても、実際に資金が返済されなければ意味がありません。

一般的には高利回りのファンドに担保や保証がないパターンが多く、投資家への貸し倒れリスクが大きいものです。

 

クラウドリースではほとんどのファンドに担保や保証が付いていて、投資家へのリスクが抑えられています。

もし貸付先が返済できなくなっても、担保や保証で損失をカバーすることが可能です。

2万円から投資を始められる

クラウドリースでは大半のファンドにおける最低投資額を2万円、または3万円以上と設定しています。

株式投資に比べて必要な最低資金が低いものであり、投資のハードルが低いところがメリット。

 

最低投資額が小さければ資金に余裕がない人でも投資できますし、投資資金が少ないとリスクも小さくなります。

たとえデフォルトが発生しても、数万円の損失に抑えることが可能です。

 

最低投資額が10万円以上のサービスも一部にはありますが、投資額が大きくなるとリスクも大きくなるもの。

低リスクでソーシャルレンディングを使いたい人にもクラウドリースは便利ですね。

 

 

目次に戻る

クラウドリースのデメリット

想定利回りが10%以上と高く、リスクを抑えて投資できるのがクラウドリースのメリットです。

低リスク高リターンを狙えるクラウドリースには、投資家が知るべき2つのデメリットもあります。

 

それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

30件以上のファンドで延滞が発生

2019年8月現在、クラウドリースでは34件のファンドが延滞しています。

延滞金額は58億円以上であり、担保や保証によって資金を回収している状況です。

 

ソーシャルレンディングには問題のあるサービスが多くあり、投資により大きく損するリスクがあります。

利回りや担保だけでなく、貸付先のリスクなどを考慮したうえで投資判断することが重要です。

払戻で出金手数料がかかる

クラウドリースでは投資口座から資金を払い戻すために、数百円の出金手数料が発生します。

他社のソーシャルレンディングでは出金手数料が無料のところが多いですが、クラウドリースでは手数料がかかるため注意しましょう。

 

 

目次に戻る

クラウドリースの有効な活用法

2019年8月現在、クラウドリースでは投資家登録の受付を中止しています。

また、既存のローンファンドにおける問題が解決するまでは、新規のファンドが募集される可能性が低いです。

 

ソーシャルレンディングでトラブルが発生したとき、運営会社がどのように対処するのか知るために、クラウドリースを定期的にチェックすることを勧めます。

 

目次に戻る

まとめ

高い利回りで企業に投資できるソーシャルレンディングがクラウドリースです。

2万円から投資することが可能であり、担保や保証により貸し倒れリスクが小さい特徴があります。

貸し倒れリスクは小さいものの、現状は延滞が発生しているため、検討対象には入らないでしょう。

安全性の高い「Funds」などを利用することをオススメします。

 

以上、【クラウドリース】貸し倒れリスクが高い?延滞・遅延発生中のソシャレン業者の特徴とメリット・デメリットを解説。…でした。

 

【ソーシャルレンディング特集】「ソシャレン」は危ない・失敗する?流行りの運用手法の概要と本当のおすすめ業者を紹介。

2019.06.28



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。