【クラウドファンディングとは?】新しい資金調達の手段!クラファンの種類とリターン(見返り)わかりやすく解説。

【クラウドファンディングとは?】新しい資金調達の手段!クラファンの種類とリターン(見返り)わかりやすく解説。

これまでは、起業などに際して利用する資金調達手段は、融資が一般的でした。

ただ、融資ですと審査が必要で、手軽に利用できる手段ではありません。

 

そんな中、新しい資金調達の手段が登場します。

それは「クラウドファンディング」と呼ばれるものです。

 

クラウドファンディングは徐々に知名度を上げていますが、それでもまだまだマイナーな存在です。

そこで、今回はこのクラウドファンディングについて、詳しく解説していきたいと思います。

目次

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディング(crowdfunding)とはどのような意味なのでしょう?

 

「群衆」という意味の「crowd」、「資金調達」を表す「funding」。

この2つの言葉を合わせて作られた言葉です。

 

クラウドファンディングは、インターネット上で資金を集める方法です。

自身のサービスや商品、事業内容をアピールすることで資金を提供してくれる人を募ります。

 

「クラウドファンディング」という言葉は、最近利用されるようになりました。

クラウドファンディングが世の中で知られるようになったのは、2011年。

 

Readyfor」という会社がクラウドファンディングのサービスを始めたことがきっかけです。

筆者も実は、大学生時代に創業者の米良はるか氏のプレゼンテーションを聞いたことがあります。

 

当時は斬新な資金調達の手法で、今では有名になったベンチャー社長たちが「Readyfor」に注目していたことを思い出します。

 

その後、クラウドファンディングサービスを始める企業がどんどん増えていきます。

 

ネット社会が浸透して、個人がスマホを持つことが当たり前になった世の中では、如何に情報発信できるかが資金調達の鍵です。

 

クラウドファンディングは、こういった世の中の変動を的確に利用した資金調達方法と言えますね。

 

目次に戻る

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには、複数の種類があります。

それぞれ内容を確認していきましょう。

 

■ コンテンツ:

 

融資型

融資型」のクラウドファンディング。

クラウドファンディング事業者が投資家から小口で資金を集め、それを大口化して企業に対して融資するという形式です。

クラウドファンディング事業者は、融資先から返済を受けた後、利益を投資家に還元します。

 

融資型のクラウドファンディングは、「ソーシャルレンディング」という名称で日本では知られています。

 

融資型の場合、投資家は金銭(利子・利息)でリターンを得ることが可能です。

ソーシャルレンディングに関しましては、編集部でまとめた特集がありますのでそちらを参考にしてみてください。

 

 

【ソーシャルレンディング特集】「ソシャレン」は危ない・失敗する?流行りの運用手法の概要と本当のおすすめ業者を紹介。

2019.06.28

 

投資型

投資型」のクラウドファンディング。

クラウドファンディング事業者が投資家から資金を募って、その資金で企業の未公開株を購入する形式です。

 

投資家はリターンとして、投資先の未公開株を手にすることができます。

未公開株を手に入れれば、その企業が上場した際に大きなリターン得ることが可能です。

 

投資家はあらかじめ、出資先の企業情報、財務情報を確認することができるため、リスクの予測も行えます。

ただ、出資先の企業が倒産してしまうと未公開株の価値はゼロになるので、その点を踏まえて投資をする必要があります。

 

未公開株への投資とは?という方向けのコンテンツも編集部で特集しています。

参考にしてみてください。

 

【IPOの全て】失敗しない新規公開株投資!おすすめのネット証券会社とこれから上場する株の買い方(抽選申し込み)を解説。

2019.07.05

 

購入型

購入型」のクラウドファンディング。

支援者がプロジェクトに対して資金を提供する代わりに、商品やグッズ、サービスがリターンとして返ってくる形式です。

原則として、現金でのリターンはありません。

 

購入型クラウドファンディングは、「All or Nothing型」と「All In型」に分かれています。

All or Notihing型は、募集目標金額が達成した場合にのみプロジェクトが成立します。

All In型は目標金額達しない場合でもプロジェクトが成立します。

 

All or Nothing型では、資金が集まらないと実行できないプロジェクトが多いです。

したがって、まだリターンが確実に得られるかが不明瞭なものが見られます。

 

それに対して、All In型は、仮に資金調達が上手くいかなくても実行可能なプロジェクトであるため、ある程度リターンの目処が立っているものが多いです。

 

寄付型

寄付型」のクラウドファンディング。

支援者が資金を提供するのみの形式で、支援者に対するリターンは一切発生しません。

ユニセフなどの募金事業と同様に、支援者の善意によって行われています。

 

このため、寄付型のプロジェクトには災害支援や福祉関連など、非営利関連のプロジェクトが多く見受けられます。

 

まれに、営利目的の寄付型プロジェクトも見受けられます。

しかし、よほど魅力的なプロジェクトでない限り、寄付型クラウドファンディングで資金調達するのは至難です。

 

 

目次に戻る

代表的なクラウドファンディングサービス

次に、日本国内の代表的なクラウドファンディングサービスをご紹介していきます。

 

■ 代表的なクラウドファンディング業者:

 

Readyfor(レディーフォー)

Readyfor」は2011年3月にリリースされた購入型クラウドファンディングサイトです。

社会貢献型のプロジェクトを中心に展開されていて、地方公共団体、大学などの公的機関が関わっているプロジェクトも見られます。

国内でも大手のクラウドファンディング事業者なので、初心者の方でも安心してサービスを利用することができます。

MotionGalley

MotionGalley」は、映画ジャンルを中心に購入型クラウドファンディングを展開しているサイトです。

MotionGalleyでクラウドファンディングを受けた映画が、実際に東京国際映画祭、カンヌ国際映画祭など名だたる映画祭に出展しています。

 

間接的に映画製作に関われるクラウドファンディングですので、映画好きの人にはたまらないですね。

Makuake

Makuake」は、株式会社マクアケによって運営されているクラウドファンディングサービスです。

飲食店、日本酒、ファッションなど多様なジャンルのプロジェクトを掲載しています。

 

国内資金調達金額は、クラウドファンディング業界の中でもトップクラスとなっています。

案件の中にはクラウドファンディング史上No.1の資金調達額を記録したものもあります(折り畳み式電動自転車、1億2千万円)。

CAMPFIRE

CAMPFIRE」は2011年にリリースされたクラウドファンディングサービスです。

社会貢献系や地域活性化系を中心にプロジェクトが掲載されています。

 

CAMPFIREは、クラウドファンディングアプリの開発にも着手しており、現在「polca」と呼ばれるアプリをリリースしています。

スマホ1台でクラウドファンディングを行うことができる画期的なサービスとなっています。

 

2019年1月時点で、プロジェクト数は18,000件にも及び、流通総額は約95億円となっています。

今後も堅調に利用者を増やしていくことが見込まれてます。

A-port

A-port」は2015年3月に株式会社朝日新聞がリリースしたクラウドファンディングサービスです。

映画や伝統工芸などのプロジェクトを中心に展開しています。

 

A-portの知名度が上がったきっかけは、アイドルグループ「SMAP」の解散時に募集された「SMAPにありがとうを伝えたい」というプロジェクトです。

 

このプロジェクトをサポートしたことで、一気に知名度が高くなりました。

このSMAP関連のプロジェクトによって、国内購入型クラウドファンディングの支援者数記録を更新しました(13,103人を突破)。

 

 

その他にもそれぞれの特徴を捉えてクラウドファンディングアプリを紹介しているコンテンツもあります。

参考にしてみてください。

 

クラウドファンディングのおすすめのアプリはどれ?多彩なプロジェクト・アートに特化・不動産投資型などを紹介。

2019.08.24

 

 

 

目次に戻る

まとめ

クラウドファンディングは、新しい資金調達の手段として急速に広まっています。

個人、法人問わずに利用できる資金調達手段で、アイディアさえあれば資金を大量に集めることができます。

 

もちろん、魅力あるプロジェクトでないと資金は容易には集められません。

ただ、これまでの資金調達を大きく変える手段であることは間違いありません。

 

国内のクラウドファンディング事業者も増えてきて、今後さらにクラウドファンディングが広がっていくことが予想されます。

アイディアで資金を集めることが当然となる時代が舞い降りてくるかもしれません。

 

以上、【クラウドファンディングとは?】新しい資金調達の手段!クラファンの種類とリターン(見返り)わかりやすく解説。…でした。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。