【富裕層特集】資産家になる方法とは?億万長者の思考とその生活スタイルを知ろう。

【富裕層特集】資産家になる方法とは?億万長者の思考とその生活スタイルを知ろう。

世界には、「お金持ち」と呼ばれる人たちが存在します。

そのお金持ちの中でも、飛び抜けてお金を持っている人たちを「資産家」と呼んだりします。

 

世界、日本の資産家たちは一体どれほどのお金を持っているのか、気になるところです。

このコンテンツでは、世界の資産家と、富裕層が活用するプライベートバンクなどの紹介をしています。

 

世界・日本の資産家ランキング

毎年、アメリカの経済雑誌「フォーブス」が発表している「世界長者番付」にて、資産家のランキングが発表されています。

コンテンツ内では、このランキングに載っている世界の資産家トップ5と、日本の資産家をご紹介しています。

 

ちなみに世界のランキングは以下の通りです。

※表示は人物名/保有資産額/国名/企業名or業界名の順

 

  • 1位:ジェフ・ベゾス /1310億ドル/米国/アマゾン・ドット・コム
  • 2位:ビル・ゲイツ /965億ドル/米国/マイクロソフト
  • 3位:ウォーレン・バフェット /825億ドル/米国/バークシャー・ハサウェイ
  • 4位:ベルナール・アルノー /760億ドル/フランス/LVMH
  • 5位:カルロス・スリム・ヘル /640億ドル/メキシコ/通信事業

 

また、以下は日本の資産家のランキングです。

※表示は人物名/保有資産額/国名/企業名or業界名の順

 

  • 41位(国内1位):柳井正/222億ドル/ファーストリテイリング
  • 43位(国内2位):孫正義/216億ドル/ソフトバンク
  • 478位(国内3位):永森重信 /41億ドル/日本電産

 

ユニクロの柳生さん、ソフトバンクの孫さんでさえ、世界では40位台です。

世界は広いですね。

 

コンテンツ内では、それぞれの資産家のプロフィールなども紹介しています。

やはり「事業オーナー」が一番多いのが特徴です。

 

【2019年の世界・日本の億万長者ランキング】真のお金持ちとはいくら持ってるものなのか?資産家になるにはやはり事業オーナー?

2019.07.30

 

目次に戻る

富裕層・資産家とは?億万長者になるには?

以下のコンテンツでは、「お金持ち」「資産家」の基準と、具体的にお金持ちになるにはどのような思考で、どのようなことを実践していけば良いのかを記載しております。

 

参考にしてみてください。

 

億万長者になるには『BS思考』と『投資』の両輪が必要不可欠!『簡単に』且つ『確実に』金持ちになる方法とは!?

2019.08.13

 

 

目次に戻る

プライベートバンクとは

富裕層のみに門戸が開かれているプライベートバンク(PB)。

PBとはどのような組織なのか?

 

プライベートバンクとは、一般大衆向けではなく、富裕層に特化して提供されているサービスの一つとなります。

プライベートバンク(Private Bank)とは、経営に無限責任を負うプライベートバンカー(Private Banker)が経営する銀行を指します。スイス発祥の銀行の一形態で、顧客対象は主に世界中の王族や貴族を含む富裕層、主要業務は資産保全、資産運用です。
万一の場合は無限責任のパートナーが個人資産を含めて責任を負う形態で、情報秘匿性、信頼度が高いといわれます。銀行によって基準が異なりますが、対象は富裕層が中心で、米ドルで100万ドル、日本円で1億円以上の金融資産(不動産を除く)がひとつの目安とされています。収益減は顧客から預かった資産の保全、管理、運用の手数料で、顧客の資産が増加すれば手数料が増え、銀行も儲かる構造です。
ここから転じて、金融機関によって提供される、富裕層を対象にした総合的な資産管理を行う金融サービスをプライベートバンキング(Private Banking)といいます。

(引用:SMBC日興證券「プライベートバンク」

 

PBはスイス発祥の銀行の一形態であり、富裕層の資産を本人の代わりに資産保全、資産運用をしてくれるというサービスとなります。

 

日本国内では、野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券、メガバンク系列でも三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行がサービスを提供しています。

 

コンテンツ内では、そんなプライベートバンクについてより詳しく紹介しています。

 

富裕層の称号!日本にも存在、お金持ちのみに門戸が開かれる「プライベートバンク」(Private Bank)とは?

2019.03.05

 

目次に戻る

ファミリーオフィスとは

世の中には富裕層向けのサービスはたくさんあります。

上記のコンテンツで紹介した富裕層向けのプライベートバンク(資産運用、投資商品紹介などのオーダーメード)もその一つです。

 

しかし「ファミリーオフィス」に関してはその上をいく「超富裕層」向けのサービスとなっています。

資産運用のサポートは当然のこと、会計・税務面、遺産相続、子息の教育など人生のフルサポートを提供する内容となっていることが特徴です。

 

コンテンツ内では、さらに詳しく紹介しています。

【富裕層】ファミリーオフィスとは?プライベートバンクとの違いとビジネスとしての成り立ちについて解説

2019.03.06

 

目次に戻る

まとめ

信太郎
今回は富裕層の世界を網羅的に紹介してきたぞよ。普段触れない世界はそれなりに面白かったじゃろうか?
秀次郎
殿!わしも富裕層になりたいですぞ!株式投資で成り上がってみせます!!

 

以上、【富裕層特集】資産家になる方法とは?億万長者の思考とその生活スタイルを知ろう。…でした。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。