【4493】注目のサイバーセキュリティクラウドの初値を予想!サイバーセキュリティサービスを展開する有望企業。

サイバーセキュリティクラウドは3月26日に上場予定のIPO銘柄です。

サイバーセキュリティクラウドはAIを活用したサイバーセキュリティサービスを提供をしています。

IPOで人気となりやすいAI、クラウド関連事業を行う会社です。

 

この記事では【4493】サイバーセキュリティクラウドのIPO情報を紹介します。

スケジュールや初値予想などのIPO情報や事業内容、業績などを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

サイバーセキュリティクラウドのIPOスケジュール

サイバーセキュリティクラウドのIPOスケジュールは以下の通りです。

ブックビルディング期間3月10日(火)~3月16日(月)
市場マザーズ
公募価格決定日3月17日(火)
購入申し込み期間3月18日(水)~3月24日(火)
上場予定日3月26日(木)
当選株式数70,000株(内訳 全て公募)
オーバーアロットメントによる売出無し
想定価格4,010円
仮条件価格4,240円~4,500円
公募価格3月17日(火)発表

主幹事はSBI証券!

証券会社株式数割当率
SBI証券(主幹事)
大和証券
みずほ証券
SMBC日興證券
あかつき証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
香川証券
楽天証券

※各証券会社の割当株式数は現時点で未定。

主幹事はSBI証券です。

主幹事は割当株式数が圧倒的に多いので、IPO当選確率を高めるなら主幹事証券からの申込みは必須になります。

 

サイバーセキュリティクラウドの会社概要

会社名サイバーセキュリティクラウド
コード番号4493(マザーズ)
設立2010 年 8 月 11 日
資本金174,250 千円
本社住所東京都渋谷区東三丁目 9 番 19 号
代表代表取締役社長 大野 暉
事業内容AI 技術を活用したサイバーセキュリティサービスの開発・提供
従業員数27人

 

 

サイバーセキュリティクラウドの事業内容

サイバーセキュリティクラウドはAI 技術を活用したサイバーセキュリティサービスの開発・提供を行っています。

 

主な事業内容は以下の2つになります。

・クラウド型WAF「攻撃遮断くん」

・AWS WAFのルール自動運用サービス「WafCharm」

・AWS WAFのManaged Rules

 

具体的な事業内容を確認していきましょう。

 

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」

攻撃遮断くんはクラウド型のセキュリティサービスです。

Webアプリケーションに対するサイバー攻撃を検知・遮断・可視化します。

サイバーセキュリティクラウドは製品の開発・運用・販売・サポートまで、一貫して提供しています。

そのため、大量のサイバー攻撃のデータと運用ノウハウを持っている点が強みです。

 

AWS WAFのルール自動運用サービス「WafCharm」

「WafCharm」はAWS WAFのルールを自動運用するセキュリティサービスです。

サイバー攻撃のパターンをAIによって学習しAWS WAFのルールを自動運用することができます。

「WafCharm」により、AWS WAFの持つ複数のルールから、最適なルールの運用を自動化することが可能です。

 

AWS WAFのManaged Rules

AWS WAFのManaged Rulesは、厳選されたAWS WAFのセキュリティルールセットです。

サイバーセキュリティクラウドの子会社は世界で7社目となるAWS WAFマネージドルールセラーに認定されています。

「攻撃遮断くん」や「WafCharm」のノウハウを生かしパッケージ化されたサービスです。

 

IPOにより得る手取金の使途は人件費、採用費に充てる予定

サイバーセキュリティクラウドがIPOにより得る手取金は概算で253,244千円です。

具体的な資金の使途は以下の通りとなっています。

・Webセキュリティ事業における開発体制強化及び販売体制の拡充のための人件費・採用費(253,244千円)

 

サイバーセキュリティクラウドの業績

ここではサイバーセキュリティクラウドの業績を有価証券報告書で確認していきます。

まずは売上高の推移です。

売上高は順調に成長

売上高(千円)
2015年6月29,214 
2016年6月69,150
2016年12月66,720
2017年12月246,957
2018年12月488,838

※2016年12月期から決算期が変更

売上高は順調に増加しています。

2016年12月期は決算期の変更により6カ月決算となっています。

その点を加味すれば売上高は2016年12月期も実質的には増加していますね。

2018年12月期も2017年12月期に比べて2倍程度の高い増加となっています。

 

経常利益は赤字が続く

経常利益(千円)
2015年6月△26,597
2016年6月△87,124
2016年12月△40,207
2017年12月△46,840
2018年12月△27,525

 

経常利益は赤字が続いています。

2018年12月期は赤字幅は減少しています。

 

サイバーセキュリティクラウドのロックアップ情報

サイバーセキュリティクラウドの上位株主の保有比率、ロックアップ情報は以下の通りです。

株主保有比率ロックアップ期間
Vector Group International Limited 16.48%90日間
(株)オークファン 14.33%90日間
GMCM Venture Capital Partners I Inc 13.21%90日間
西江 肇司 9.38%90日間
武永 修一 6.37%90日間
大野 暉(社長)5.21%180日間
海老根 智仁 4.17%90日間
B Dash Fund 3号投資事業有限責任組合 3.74%90日間
(株)AMBITION 2.88%90日間
S173(株) 2.54%90日間

 

サイバーセキュリティクラウドは第1位株主~第10位株主に90日間または180日間のロックアップが設定されています。

ロックアップ期間中は、保有する株を売却することはできません。

 

ロックアップは上場と同時に大株主が株を売却し、株価が暴落しないように取られている対策です。

IPO銘柄は特に需給によって株価が大きく変動しますので、ロックアップ情報は必ず確認しましょう。

 

サイバーセキュリティクラウドの初値予想

サイバーセキュリティクラウドは売上高は順調に伸びていますが、経常利益は赤字が続いています。

ただし、今期は第3四半期時点では黒字転換しています。

 

今期のEPSは第3四半期時点で46.03円となっています。

第4四半期も第3四半期と同様の利益になると想定すると今期のEPSは61.37円です。

 

IPOにより70,000株の公募がありますので、発行済総株式数の増加を加味すると今期の予想EPSは59.5円となります。

EPS59.5円という数字と同業者のPERから初値を予想してみます。

 

サイバーセキュリティクラウドと同様にサイバーセキュリティサービスを行っている他社と比較してみます。

比較するのは以下の3銘柄です。

【3042】セキュアヴェイル

【3692】FFRI

【3916】デジタル・インフォメーション・テクノロジー

 

企業名PER
【3042】セキュアヴェイル34.75倍
【3692】FFRI67.55倍
【3916】デジタル・インフォメーション・テクノロジー24.18倍
PER平均42.16倍

 

EPS59.5円×PER42.16倍=2,508円 となります。

 

まとめ

サイバーセキュリティクラウドはサイバーセキュリティサービスを提供している会社です。

公募のみのIPOであり、公募株数も少ないことから当選確率は低くなると考えられます。

クラウド、サイバーセキュリティという人気のテーマ株であり、市場の注目を集めるIPOとなりそうです。

 

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

2020年2月2日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。