【7686】カクヤスの初値を予想!大正時代から続く老舗酒類卸売り企業が新規上場。

【7686】カクヤスの初値を予想!大正時代から続く老舗酒類卸売り企業が新規上場。

カクヤス」(7686)の上場日は12/23(月)で、上場市場は東証2部となります。

主幹事は野村証券で、IPOの申し込み期間(BB期間)は12/5(水木)~12/11(水)となっています。

 

今回はカクヤスとはどのような企業なのかを事業内容や業績をチェックしながら詳しくご紹介していきたいと思います。

また、カクヤスの気になる初値予想やIPOでの購入情報もご紹介していきます。

 

カクヤスのIPOスケジュール

カクヤスの主幹事は国内最大手の証券会社である野村證券です。

時価総額は114億円程度、吸収金額は35.7億円程度と、東証2部ではやや大型の部類に入ります。

ブックビルディング期間12月5日(木)~12月11日(水)
市場東証2部
公募価格決定12月12日(木)
購入申し込み期間12月13日(金)~12月18日(水)
上場予定12月23日(月)
当選株式数公募株式数:285,000株
売出株式数:1,757,000株
オーバーアロットメント(OA):306,300株
想定価格
仮条件価格1,520円 〜 1,600円
公募価格

 

 

カクヤスの各証券会社の割当

それでは、カクヤスの引受証券会社及び引受シェアを確認していきたいと思います。引受シェアは以下のとおりです。

 

証券会社株数割当率
野村証券1,838,00090.01%
みずほ証券81,6004.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券40,8002.00%
SMBC興証券20,4001.00%
マネックス証券20,4001.00%
SBI証券20,4001.00%
岩井コスモ証券20,4001.00%

 

カクヤスの事業内容

カクヤスの基本スペックは以下のとおりです。

社名株式会社カクヤス
コード番号7686(東証2部)
設立大正10年11月
資本金10,000万円
本社所在地東京都北区豊島2-3-1
電話番号03-5959-3088
代表者代表取締役社長  佐藤 順一
従業員数1,430人
事業内容卸売業

 

 

カクヤスの事業内容

カクヤスは「お客様の利便性を中心としたお届け販売事業」を経営の中心としています。

カクヤスの事業の中核は、個人及び法人向けの酒類の販売であると言えます。

 

東京都23区内において、1店舗の商圏を半径1.2kmとモデル設定し、「23区内どこでもビール1本から2時間以内(当時)で無料配達」する体制を構築し、

受注から配達まで一貫して自社で提供するワンストップのサービスを作り上げてきました。

 

一般的な酒類販売業者は、個人向け及び法人向けの酒類の販売手法の違いから、いずれか一方に特化しているケースが多いですが、

カクヤスは両方の顧客に対しサービスを提供することで配達量を増加させ、

短時間でお届けできるよう効率的な配達サービスの実現を目指しています。

 

カクヤスの上場理由は?上場による資金調達の目的を探る

新規発行による手取り額

カクヤスは上場することにより手数料を引いた手取り金額で35.7憶円の資金を獲得します。

資金使途は後述のとおりです。

 

調達資金の使途

目論見書によると、同社の上場の目的を以下としています。

独立的な資金調達能力の拡大による自己資本の充実
社会的信用度及び知名度の向上
優秀な人材の確保並びに人材のモラル向上

今後は資本市場においてさらに認められた存在して、

事業をさらに発展させることで従業員に安心して働いてもらえるような企業とすることとしています。

 

目論見書から見るカクヤスの売上高と利益推移

本項目では、カクヤスの業績を分析していきたいと思います。

売上高の推移

 売上高(百万円)
2015年3月期105,789
2016年3月期109,503
2017年3月期110,963
2018年3月期109,806
2019年3月期108,507
2019年9月55,198

 

上記のとおり、カクヤスの売上高は安定的に推移していることがわかります。

2020年3月期も、このままのペースで売上を計上することができれば2019年3月期と同水準程度になりそうです。

 

経常利益も安定的に推移

 

 経常利益(百万円)
2015年3月期1,078
2016年3月期1,238
2017年3月期748
2018年3月期1,179
2019年3月期1,807
2019年9月805

 

経常利益は2017年3月期にやや減少幅が大きくなりました。

しかし、2018年3月以降復調し2019年3月期には前年比大幅な増加となりました。

2019年9月時点では前年比ややマイナスですが、過年度比では経常利益も高い水準となりそうです。

 

EPSも成長基調

 

 EPS(円)
2015年3月期68.38
2016年3月期53.79
2017年3月期68.77
2018年3月期60.04
2019年3月期103.03
2019年9月70.53

 

EPSも概ね安定的に推移しています。同社が安定的に事業を成長させてきた証拠であると言えるでしょう。

 

カクヤスの上位10位までの大株主とロックアップ情報

 

株主名保有比率ロックアップ情報
(株)SKYグループホールディングス87.16%90日間
カクヤス従業員持株会2.70%
佐藤 順一(社長)0.25%90日間
田島 安希彦0.20%90日間
並木 吉彦0.12%90日間
赤坂 敏明0.12%90日間
関口 信彦0.12%90日間
森山 雅司0.07%
新里 正0.07%
川口 雅博0.07%

 

ロックアップとは、株式が公開された後に一定期間、市場で持株を売却することができないようにする制度のことです。

上位株主には軒並みロックアップが付されています。

ですが、上位株主にベンチャーキャピタル等が名を連ねておらず、エグジット上場ではなさそうです。

 

カクヤスの初値予想

ここでは編集部独自のカクヤスの初値予想を公開していきたいと思います。

カクヤスの総合評価

 

【カクヤス購入のメリット】

  • 安定的な経営がなされており、今後も大幅な業績悪化は想定しにくい
  • IPOは上値抵抗がないため、比較的株価が上昇しやすい
  • 上位株主にベンチャーキャピタル等が存在しない

 

【カクヤス購入のデメリット】

  • 酒類の卸売りはっ不人気なセクターであり、注目が薄い
  • 12月はIPOラッシュであるため、資金が分散しやすい
  • 上場の目的や資金使途が不明瞭

 

 

カクヤスの初値予想は2,687

カクヤスの競合として考えられる上場企業として、やまや、チムニー(居酒屋チェーン花の舞を展開)、国分ホールディングス及び日本酒類販売等が考えられます。

このうち上場企業はやまや及びチムニーですので同2社のPERを用いて同社のEPSから推定株価を算出します。

 

企業名PER
やまや12.18
チムニー63.73

 

PERは上記2社の平均値である37.96倍を用いることとします。

カクヤスの直近の業績を鑑み、EPSは、過去5年間の平均値である70.80を用います。

 

以上より、想定初値は、PER37.96倍×EPS70.80=2,687円程度となります。

 

まとめ

12月23日上場のカクヤスですが、業績は魅力的な銘柄であるものの12月はIPOラッシュとなっています。

他企業の上場も控えており投資家の資金不足が懸念されます。

他社の赤字上場を経たのちの黒字上場ですので好感を得られる可能性が高いです。

特に上場目的が不明瞭であるため、今後どのように会社規模を拡大していくのかに注目が集まりそうです。

 

2019年新規公開株一覧!!魅力的なIPO銘柄に投資をしよう。

2019年新規公開株一覧!!魅力的なIPO銘柄に投資をしよう。

2019年8月22日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。