【7317】自動車用縫製技術に強み!IPO銘柄松屋アールアンドディの初値を予想する。

松屋アールアンドディは4月6日に上場予定のIPO銘柄です。

松屋アールアンドディは 自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売などを行っています。

 

この記事では【7317】松屋アールアンドディのIPO情報を紹介します。

スケジュールや初値予想などのIPO情報や事業内容、業績などを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

松屋アールアンドディのIPOスケジュール

松屋アールアンドディのIPOスケジュールは以下の通りです。

ブックビルディング期間3月18日(水)~3月25日(水)
市場マザーズ
公募価格決定日3月26日(木)
購入申し込み期間3月27日(金)~4月1日(水)
上場予定日4月6日(月)
当選株式数716,400株(内訳 公募280,000株 売出436,400株)
オーバーアロットメントによる売出93,400株
想定価格960円
仮条件価格未定
公募価格3月26日(木)発表

主幹事は野村証券!SBI証券でも取引可能

証券会社株式数割当率
野村証券(主幹事)
SBI証券
みずほ証券
岡三証券
東洋証券

※各証券会社の割当株式数は現時点で未定。

主幹事は野村証券です。

主幹事は割当株式数が圧倒的に多いので、IPO当選確率を高めるなら主幹事証券からの申込みは必須になります。

 

松屋アールアンドディの会社概要

会社名松屋アールアンドディ
コード番号7317(マザーズ)
設立1982 年 8 月 7 日
資本金125,000 千円
本社住所福井県大野市鍬掛第 20 号 1 番地 2
代表代表取締役社長 後藤 秀隆
事業内容自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売など
従業員数1,371名

 

松屋アールアンドディの事業内容

松屋アールアンドディは自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売などを行っています。

 

主な事業は以下の2つです。

・縫製自動機事業

・縫製品事業

 

具体的な事業内容を確認していきましょう。

 

縫製自動機事業

縫製自動機事業は松屋アールアンドディの祖業です。

現在では自動車の安全装置に関する自動機の開発・製造・販売を行っています。

具体的にはエアバッグやシートベルトを裁断から縫製まで全工程をカバーする幅広い製品を開発する事業です。

長年のノウハウが松屋アールアンドディの強みであり、ノウハウを生かした各種縫製自動機を開発・製造しています。

また、現在では自動車分野以外のアパレル・航空分野などにも事業を展開しています。

 

縫製品事業

縫製品事業では、縫製品を生産するための機械を製造する縫製自動機事業とは異なり縫製品そのものを販売しています。

主な製品には血圧計腕帯やカーシートカバー、エアバッグなどがあります。

顧客からの要求により受注生産を行いますので在庫を抱えるリスクが低いのが特徴です。

一部の高低を自動化するなど効率化・コスト削減も進んでいます。

 

IPOにより得る手取金の使途は研究開発資金、人件費、設備資金に充てる予定

松屋アールアンドディがIPOにより得る資金は手取り概算で238,296千円です。

第三者割当増資で得られる手取り概算額は82,490千円となっています。

これらの資金については研究開発資金や人件費、設備資金に充当する予定です。

具体的な資金の使途は以下の通りとなっています。

 

・縫製自動機事業拡大のための研究開発費(100,000千円)

・研究開発人員の人件費(55,000千円)

・建物付属設備費・移転費、設備購入費(100,000千円)

・人件費及び人件採用費(45,000千円)

 

松屋アールアンドディの業績

ここでは松屋アールアンドディの業績を有価証券報告書で確認していきます。

まずは売上高の推移です。

売上高は増加傾向

売上高(千円)
2015年3月1,077,583
2016年3月1,128,602
2017年3月1,505,519
2018年3月1,475,591
2019年3月2,239,178

 

売上高は2018年3月期は小幅に減少していますが、過去5期中4期は増加しています。

2015年3月期に比べて2019年3月期の売上高は2倍以上です。

つづいて、松屋アールアンドディの経常利益を確認していきましょう。

 

経常利益は変動が激しい

経常利益(千円)
2015年3月49,455
2016年3月△55,507
2017年3月48,120
2018年3月266,502
2019年3月57,005

 

経常利益は、変動が大きく2016年3月期に赤字を計上しています。

また、直近の2019年3月期についても大幅減益となっています。

 

松屋アールアンドディのロックアップ情報

松屋アールアンドディの上位株主の保有比率、ロックアップ情報は以下の通りです。

株主保有比率ロックアップ期間
後藤 秀隆25.53%90日間
後藤 倫啓23.40%90日間
後藤 匡啓23.40%90日間
オムロンヘルスケア(株) 10.64%90日間
CBC(株)4.26%90日間
ゴトウホールディング(株)4.26%90日間
NVCC7号投資事業有限責任組合2.43%90日間
後藤 久代1.83%
中野 雅史0.34%
長谷川 克人0.34%

 

松屋アールアンドディは第1位株主~第7位株主にロックアップが設定されています。

ロックアップ期間中は、保有する株を売却することはできません。

 

ロックアップは上場と同時に大株主が株を売却し、株価が暴落しないように取られている対策です。

IPO銘柄は特に需給によって株価が大きく変動しますので、ロックアップ情報は必ず確認しましょう。

 

松屋アールアンドディの初値予想

松屋アールアンドディは安定した利益を計上できていませんが、売上高は増加傾向にあります。

 

前期のEPSは50.53円(連結ベース以下同様)です。

今期のEPSは第3四半期時点で106.86円となっています。

第4四半期も第3四半期と同様の利益になると想定すると今期のEPSは142.48円です。

 

IPOにより280,000株の公募があり、発行済総株式数の増加を加味すると今期の予想EPSは126.71円となります。

EPS126.71円という数字と同業者のPERから初値を予想してみます。

 

松屋アールアンドディと同様の自動車関連部品を扱っている企業と比較してみます。

比較するのは以下の3社です。

【3526】芦森工業

【3569】セーレン

【7291】日本プラスト

 

企業名PER
【3526】芦森工業2.5
【3569】セーレン8
【7291】日本プラスト5
PER平均5.16倍

 

EPS 126.71円×PER5.16倍=653円 となります。

 

まとめ

松屋アールアンドディは 自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売や縫製品を扱っている会社です。

 

業績は自動車業界の好不調に左右される部分が大きく波があります。

コロナウイルスの影響で世界の株式市場が混乱していますので、より注意が必要なIPOとなりそうです。

 

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

2020年2月2日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

  • 講義は満足できる内容か?
  • 運営は信頼できるか?
  • 口コミや評判は良好か?

 

おすすめセミナー

 

 

 

 



 


 

[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。