IPO投資の購入申込時にペナルティを受ける証券会社は?抽選申込と購入申込の違いを含めてわかりやすく解説。

IPO投資の購入申込時にペナルティを受ける証券会社は?抽選申込と購入申込の違いを含めてわかりやすく解説します。

IPO投資は勝率90%を誇る初心者にもおすすめできる投資手法です。

IPO投資について詳しくは『 勝率90%のIPO投資の概要とおすすめの証券会社を紹介!取扱数・主幹事数・平等性から徹底比較。』でお伝えしていますが、今回は抽選並びに購入申込の部分についてです。

「それぞれ何が違うのか?」

「当選後にキャンセルすることができるのか?」

「キャンセルした場合にペネルティーが用意されている証券会社はあるのか?」

これらの点についてそれぞれお伝えしていきたいと思います。

抽選申込と購入申込の違い

抽選申込期間とは証券会社が投資家に対して、『いくら』で『何株』申し込みたいかという抽選を受け付ける期間です。

信太郎
IPO投資においては抽選申込とは別に購入を決定する購入申込というPhaseが存在するんじゃ!

■ 今回のポイント:

  • 抽選申込と購入申込を行って初めて公募価格で購入することができる
  • 購入申込より抽選が早い前期型と抽選の方が遅い後期型の証券会社がある
  • 前期型も後期型も抽選申込・購入申込の時期は同じ
  • 前期型は当選後辞退可能だがペネルティーが発生する会社もある

世の中の証券会社には抽選と購入申込の順番によって前期型と後期型の証券会社が存在しています。

前期型の証券会社では抽選申込のあと抽選が行われ、当選した方のみ購入申込が行われます。

しかし、後期型であれば抽選申込の後に購入申込が行われ、その後に抽選が実施されます。

 

信太郎
前期型と後期型の証券会社は以下のように分かれておるぞ!
前期型 SBI証券
SMBC日興証券
野村證券
マネックス証券
後期型 楽天証券
松井証券
カブドットコム証券

 

抽選の順序は両者で異なりますが、抽選申込や購入申込の時期は両方で同じなので複数の証券会社でIPOを申し込んでいる場合は、購入申込を行う時期には忘れずに纏めてやっておきましょう。

前期型と後期型のメリットとデメリットを分けると以下のようになります。

メリット デメリット
前期型 当選後辞退することができる
・抽選申込のみで抽選に参加できる
證券会社によって辞退ペネルティー
後期型 ・当選の可能性が若干上がる
資金効率がUpする
・抽選に参加すれば、その後のプロセスはない
・当選後辞退できない
・購入申込を忘れ抽選に参加できないリスク有

 

人間はうっかり忘れてしまうので、後期型の証券会社で申し込んだ人の中には抽選申込を行った後に購入申込を怠ったことにより抽選に参加できない人が存在するため、

若干ではありますが後期型の方が当選確率が高くなるというメリットもあります。

更に後期型では抽選申込から購入申込の間に資金を移動させてもよいので、以下の手順をふむことで楽天証券と前期型の証券会社で二度抽選に参加することができます

以下は後期型の楽天証券を例に説明しています。(▶︎ 【強化宣言】楽天証券のIPO投資の特徴を解説!後期型のスケジュールを利用して資金効率をUPさせよう。)

後期型と前期型を組み合わせて資金効率をUpさせる手順

楽天証券は抽選申込を行ってから購入申込を行うまでの資金拘束を受けないので、楽天証券で抽選申込をおこなったあと資金をSBI証券に移して、

SBI証券で抽選申込を行いSBI証券で当選したら購入申込を行い、SBI証券で落選した場合は楽天証券に再び資金を移して購入申込を行うことで一つの資金で二回抽選に参加することが出来ます。

家三郎
一つの資金で二回申込を行うことができるのは資金が少ない人にとってはお得なシステムじゃな!

また購入申込を行ってから抽選が実施される後期型では当選後に辞退をするという選択肢は残されていませんが、前期型は抽選後に購入申込を行うことができます。

最初抽選申込時点では魅力的だと思っていたものの、その後調査するにつれて懐疑的になってきたという場合は、購入申込でキャンセルを行うことができるという点が強みではあります。

しかし、当選を辞退することとなるので、証券会社によってはペネルティーを課す証券会社も存在しておりますので注意する必要があります。

コラムを挟んで次項で当選辞退のペナルティがある証券会社とない証券会社について紐解いていきます。

〜COLUMN〜IPO投資に定評のあるSBI証券の抽選申込方法

IPO投資の取扱数並びに主幹事数にも定評のあるSBI証券のブックビルディング抽選申込方法について画面つきで説明していきたいと思います。

▶︎SBI証券でIPO投資を行うメリットをわかりやすく解説!外れても無駄にならないIPOチェレンジポイントの魅力。

SBI証券の抽選申込は非常に簡単で、まずログイン後に国内株式→IPO・PO→新規上場ブックビルディング・購入申込画面にすすみます。

SBi証券IPO投資申込画面1

次の画面で申込を行いたい銘柄の『申込』ボタンを押すことによって抽選申込を行いたい銘柄の画面に進みます。

SBi証券IPO投資申込画面1

次に入力画面なのですが、まず申込株数については自分が欲しい株数を記載するのですが、下に記載されている売買単位毎しか入力することができません。

また価格について、ストライクプライスというのはどのような価格になっても、購入する意思がありますという選択肢で、それ以外の方は購入単価を記載します。

通常のIPOでは上限価格で決定することが多いので、上限の1800円で入力しています。

またIPOチャレンジポイントは過去SBI証券からIPO申込をおこない外れた場合に溜まるポイントで、IPOチャレンジポイントを使用することでIPOが当選しやすくなります。

SBi証券IPO投資申込画面1

申込確認画面へを押して申込ボタンを押すことで抽選申込が確定します。

SBi証券IPO投資申込画面4 SBi証券IPO投資申込画面1

当選辞退に対しペナルティーを設けていない証券会社

抽選に申し込んだにも関わらず、いざ当選したら辞退をするとなれば証券会社としては迷惑な行為なのですが、ペナルティーを設けていない心の広い証券会社も存在しています。

ちなみに後期型の証券会社は、そもそも購入申込を行ってから抽選が行われるのでペナルティーという概念そのものが存在していません。

ペナルティー無の証券会社
SBI証券
マネックス証券
野村證券
大和証券
岡三オンライン証券
みずほ証券
いちよし証券

しかし一点注意しなければいけないのはSBI証券で、SBI証券は通常IPOチャレンジポイントを使用して抽選に参加した場合、仮に外れたとしてIPOチャレンジポイントは返還されますが、

辞退をした場合は申込時にしようしたIPOチャレンジポイントは消失となってしまいます。貴重なIPOチャレンジポイントは『ここぞ』という時にしようするようにしましょう。

当選辞退に対しペナルティーを設けている証券会社は?

しかしペナルティーを設けている証券会社も存在します。

まず一つめはSMBC日興証券です。

SMBC日興証券」はIPO取扱数並びに主幹事数に定評がある証券会社です。

▶︎IPO投資と信用取引に強いSMBC日興証券の魅力と口座開設方法について解説します

しかしSMBC日興証券では辞退となった場合は1ヶ月間のIPO投資への参加ができなくなるというペナルティが課されます。

また現在申し込んでいる分についてもキャンセルとなってしまうので気をつけましょう。

SMBC日興証券のIPOキャンセル時のペナルティー

次にペナルティーがあるのは三菱UFJモルガンスタンレー証券ですが、三菱モルガンスタンレー証券もSMBC日興証券と同様に辞退した場合は1ヶ月間IPOに申し込めないというペナルティを課されます。

まとめ

IPO投資では抽選申込→抽選の後に購入申込を行うことで漸くIPO銘柄の購入が確定する前期型と呼ばれる証券会社が数多く存在している。

当選してから購入を行うため、当選したとしても気が変わり辞退したくなった場合は辞退することができるというメリットがある反面、辞退したことによってペナルティーを課す証券会社もあります。

SBI証券やマネックス証券、松井証券など殆どの証券会社ではペナルティーを課していませんが、SMBC日興証券や三菱モルガンスタンレー証券では新規のIPO申込を1ヶ月間できなくなるというペナルティーを課しています。

しかし、結局は実際の金銭的なペナルティーを課す証券会社はないため公募価格に対して初値が低くなることが確実だなと見込まれる場合は、損失回避のためにキャンセルするのが賢明でしょう。

以上、IPO投資の購入申込時にペナルティを受ける証券会社は?抽選申込と購入申込の違いを含めてわかりやすく解説します。…の話題でした。

 

【IPOの全て】失敗しない新規公開株投資!おすすめのネット証券会社とこれから上場する株の買い方(抽選申し込み)を解説。

2019.07.05

 




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。