【アクティブプラン&スタンダードプラン】SBI証券の手数料プランを比較分析!どちらのプランがどのような状況でお得なのか?徹底解説します。

SBI証券の手数料プランの形態であるアクティブプランとスタンダートプランを比較分析!どちらがどのような状況でお得なのか。

口座開設数で楽天証券と並んで人気を誇る「SBI証券」。

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

 

SBI証券」はIPOや投資信託の取扱数が非常に多いというメリットがあります。

また、同社は、そもそも取引する「手数料形態」が非常に低く抑えられています。

 

今回のコンテンツでは、SBI証券の非常に安い手数料形態。

そして、同社が用意している「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」を紹介します。

 

どのような方がどちらの手数料形態を選ぶべきなのか?

わかりやすく例を交えて説明していきます。

まずは、「スタンダードプラン」からです。

目次

業界最安水準の「スタンダードプラン」の手数料形態

業界最安水準のスタンダードプランの手数料形態

まずは基本的なSBI証券の基本的なプランである「スタンダードプラン」です。

 

こちらは、楽天証券と全く同じ手数料形態となっています。

両者全く譲らずの同率手数料最安水準となっているのです。

 

【完全版・楽天証券の全てを解説】コレだけ読めば万事解決!全てのメリットを余さず享受しよう。

【完全版・楽天証券口座開設マニュアル】コレだけ読めば万事解決!楽天経済圏を生かした全てのメリットも余すことなく解説。

2019年6月6日
【株初心者必見】楽天証券とSBI証券のどちらがおすすめできるかを徹底比較!!

【株初心者必見】楽天証券とSBI証券のどちらがおすすめできるかを徹底比較!!

2019年3月7日
業界最安水準の手数料を誇る楽天証券の手数料についてわかりやすく解説!選べる『超割コース』とデイ割を併用した『いちにち定額コース』の魅力。

【業界最安水準】楽天証券の手数料形態についてわかりやすく解説!選べる『超割コース』と『いちにち定額コース』(デイ割併用)の魅力。

2018年12月20日

 

※2020年4月4日現在

1注文の約定代金手数料
~5万円50円(税込55円)
~10万円90円(税込99円)
~20万円105円(税込115円)
~50万円250円(税込275円)
~100万円487円(税込535円)
~150万円582円(税込640円)
~3,000万円921円(税込1,013円)
3,000万円超973円(税込1,070円)

(引用:SBI証券のスタンダードプラン

 

5万円以上の取引であれば、最高でも取引金額の0.2%以内の手数料形態に抑えられています。

証券会社の営業マンと直に売買の取引をされていたという方にとっては、非常に安いという感想が出るのではないでしょうか。

 

例えば、証券会社の営業員と電話で注文を受けた場合は片道約1%ずつの手数料。

売買、と往復すると2%の手数料が徴収されてしまいます。

 

▲2%で株式市場に参戦するのか?(証券マンを通しての売買取引)

最大▲0.4% (0.2%×2)で株式市場に乗り込むか?(SBI証券

 

最終的なリターンに大きな差が付くのは火を見るより明らかです。

次は、「アクティブプラン」について説明します。

 

 

目次に戻る

少額取引に有利なアクティブプラン

上記の「スタンダードプラン」は魅力的な手数料形態でした。

しかし、例えば5万円以下などの少額の取引をされたい方にとっては、手数料形態が高くなってしまう可能性があります。

少額取引に有利なアクティブプラン

 

具体的に言うと、例えば1万円の取引を行った場合55円の手数料がかかります。

売却まで含めると110円が発生することになります。

 

※2020年4月4日現在

1注文の約定代金手数料
~5万円50円(税込55円)
~10万円90円(税込99円)
~20万円105円(税込115円)
~50万円250円(税込275円)
~100万円487円(税込535円)
~150万円582円(税込640円)
~3,000万円921円(税込1,013円)
3,000万円超973円(税込1,070円)

(引用:SBI証券のスタンダードプラン

 

1万円の売買で110円の手数料となれば、全体で1%の手数料となってしまいます。

証券会社との電話取引に比べると、安い水準とはなります。

しかし、ネット証券ならではの手数料の安さを享受することが出来ません。

 

そこで用意されているのが「アクティブプラン」という第二の手数料形態です。

 

※2020年4月4日現在

1日の約定代金手数料
50万円まで無料
100万円まで762円(税込838円)
以降100万円毎に400円(税込440円)ずつ増加

(引用:SBI証券「アクティブプラン」

 

前の項目で紹介した「スタンダードプラン」は一回の取引毎に手数料が発生しました。

この項目の「アクティブプラン」は「1日」の約定代毎に手数料が発生します。

 

1日の約定代金が50万円未満であれば、なんと手数料は無料で取引することができるのです。

 

 

目次に戻る

少額取引以外でアクティブプランが有利になるのは?取引回数が多いと有利になるパターンがある!

少額取引以外でアクティブプランが有利になるのは?〜取引回数が多いと有利になるパターンがある〜

 

まずはスタンダードプランとアクティブプランが一目で比較できるように横並びに並べてみました。

 

※2020年4月4日現在

スタンダードプランアクティブプラン
1注文の約定代金手数料1日の約定代金手数料
〜5万円50円(税込55円)
5万円〜10万円90円(税込99円)
10万円〜20万円105円(税込115円)
20万円〜50万円250円(税込275円)〜50万円まで無料
100万円まで762円(税込838円)
100万円〜150万円582円(税込640円)以降100万円毎に400円(税込440円)ずつ増加
150万円〜3,000万円921円(税込1,013円)
3,000万円超973円(税込1,070円)

 

上記の表だけを見ると、10万円を超える全ての取引の場合の手数料において、アクティブプランに対してスタンダードプランの方がお得に見えます。

 

しかし、注意しなければならない点があります。

「スタンダードプラン」は『1約定』に対して手数料が発生します。

それに対して「アクティブプラン」は『1日の約定の合計』に対して手数料が発生するという点です。

 

例えば10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円の取引があるとします。

一回の取引ではなく、2回の取引で行った場合を考えてみましょう。

 

10万円であれば5万円でA株を買い、同じ5万円でA株を売るという取引を一日の間に行ったとします。

50万円であれば25万円のB株を買って、保有していた25万円のC株を売却。

このような感じで複数の取引を行ったと仮定します。

 

すると手数料はスタンダードプランとアクティブプランで以下のようになります。

 

※2020年4月4日現在

スタンダードプラン手数料(税込)アクティブプラン手数料(税込)
10万円 (5万円の取引×2)110円無料
20万円 (10万円の取引×2)198円
50万円 (25万円の取引×2)550円
102万円 (51万円の取引×2)1070円838円
202万円 (101万円の取引×2)1280円1718円

 

10万円までの取引に加えて、25万円ずつ売買した場合の1日の合計約定が50万円の場合でも、アクティブプランが有利な結果となっています。

 

しかし、まだまだ全然スタンダードプランがお得であることには変わりありません。

では、今度は1日の約定代金は同じにして取引回数を2回から4回に増やしてみましょう。

 

スタンダードプランとアクティブプランの手数料の結果は以下のようになります。

 

※2020年4月4日現在

スタンダードプラン手数料(税込)アクティブプラン手数料(税込)
10万円 (2.5万円の取引×4)220円無料
20万円 (5万円の取引×4)220円
50万円 (12.5万円の取引×4)460円
100万円 (25万円の取引×4)1100円838円
204万円 (51万円の取引×4)2140円1718円

 

先ほどの2回の約定回数に比べて、アクティブプランの方が手数料が低くなる場合が多く発生しています。

つまり少額取引に加えて、取引回数が多くなればなるほどアクティブプランの優位性が高まってくるという結果となります。

 

 

目次に戻る

信用取引の手数料形態

今まで見てきたのは通常の株式売買に対する手数料でした。

しかし、自己資金以上の取引を行う信用取引でも、スタンダードプランとアクティブプランが設定されております。

信用取引の手数料形態

信用取引の場合、前日の未決済として残っている約定が5000万円以上ある場合。

また、前日の約定金額が5000万円を超えるような大口の投資家には嬉しい手数料無料となっています。

 

しかし、大口ではない方でも通常の現物取引と同等又は以下の格安手数料で信用取引を行うことが出来ます。

 

※2020年4月4日現在

スタンダードプランアクティブプラン
1注文の
約定代金
約定日の前営業日の未決済建玉の合計
or
約定日の前営業日の新規建約定代金合計
1日の
約定代合計
約定日の前営業日の未決済建玉の合計
or
約定日の前営業日の新規建約定代金合計
5,000万円未満5,000万円以上5,000万円未満5,000万円以上
〜10万円90円
(税込99円)
無料〜50万円無料無料
10万円
〜20万円
135円
(税込148円)
20万円
〜50万円
180円
(税込198円)
50万円
〜100万円
477円
(税込524円)
50万円超350円
(税込385円)
以降100万円増加毎400円
(税込440円)ずつ増加

(引用:SBI証券信用取引手数料)

 

信用取引であっても10万円未満の取引であればアクティブプランは無料で取引できます。

また、現物の例でも見てきた通り、取引回数が多くなればなるほどアクティブプランの魅力が高まる結果となっております。

 

目次に戻る

手数料プランの変更方法

手数料形態は柔軟に変更することができます。

手数料プランの変更方法

 

1日に1回平日であれば23時29分までに変更を行えば、翌日の取引から変更した手数料が適用できます。

また金曜日の23時30分から、土曜、日曜、月曜の23時29分までの手数料変更は火曜日取引分から適用されることとなります。

SBIの手数料の変更期日

 

明日は大きな金額を一回で取引しようと考えている場合はスタンダードプランに変更し、少額取引を行ったり頻繁に取引をしようと考えている場合は前日にアクティブプランに柔軟に変更すればよいのです。

 

手続きは非常に簡単です。

まずは「SBI証券」にログイン。

口座管理の中の

【お客様情報設定・変更→お取引関連・口座情報→手数料プラン】

と30秒もかからないうちに簡単に切り替えることが出来ます。

 

SBIの手数料変更画面

まとめ

SBI証券は大手ネット証券ということもあり手数料は最低水準に抑えられています。

基本的にはスタンダードプランで十分事足ります。

 

しかし、10万円以内の少額の取引を行いたい方。

また、一日の中で頻繁に取引を行いたい方に向けてアクティブプランも用意されています。

各個人の趣向に合わせて選べる手数料形態を用意されています。

 

手数料プランの変更も非常に容易、かつ無料で可能です。

翌日には手数料形態を柔軟に変更できます。

翌日予定している取引毎に手数料形態を頻繁に変更することも出来ます。

 

手数料形態の魅力をお伝えしました。

まだ「SBI証券」を開設していない方は、この機会に無料開設して、株取引を始めましょう。

他証券会社と比較して手数料で損することはなく、IPO株取引などで強みがある証券会社ですので、後悔することはありません。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

 

以上、【アクティブプラン&スタンダートプラン】SBI証券の手数料プランを比較分析!どちらのプランがどのような状況でお得なのか?徹底解説します。…の話題でした。

 

【口座開設数No.1】SBI証券の特徴とメリットに迫る!評判のネット証券の特徴から口座開設方法まで徹底解説。

【完全版・SBI証券口座開設マニュアル】評判のSBI証券の特徴とメリットを徹底紹介!画面付きで口座開設までナビゲート。

2019年1月8日

 

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。