【株の始め方】証券口座はどれが正解?資金が少額でも取引可能?そもそも始めるにはいくら必要?疑問を一挙に解決!

【株の始め方】証券口座はどれが正解?資金が少額でも取引可能?そもそも始めるにはいくら必要?疑問を一挙に解決!

「何かを始める」というのは、最初は怖いもの、しかし、ワクワクするものです。

この「怖い」という感情がなくなれば、もっと人は色んな挑戦ができるのではないでしょうか?

 

そもそも何かを始める時の「怖い」という感覚は、「知らない」ことから生まれるものです。

「株取引で損をしたらどうしよう」

「株価が暴落したらどうやって逃げればいいの?」

 

このようなことは、基本的な株の取引方法を理解して、適切な投資をしていけば避けられるものです。

ここでは、まず取引を始める際の適切なネット証券、そして株の買い方の基本を紹介しています。

目次

おすすめネット証券会社はどこ?口座開設の手引き

株を買うにはまず「証券口座」を開設する必要があります。

証券口座には「ネット証券」と野村証券など営業マンを通して株を売買する「対面型」のものがあります。

 

上記で、株式の長期的なリターンの平均は7%とお伝えしました。

ここで、株の取引手数料の話です。

 

通常の証券会社の「店頭取引」では、株を購入する際に手数料が約「1%」が掛かります。

株を売却するのにまた、約「1%」の手数料が掛かります。

 

つまり、株の売買の往復で手数料は計「2%」。

 

これはつまり、1年間のうちに株の売買を完了させると、2%が差し引かれ、7%の株式投資のリターンは5%になってしまいます。

100万円を投資した際に「7%」と「5%」ではどのくらいの違いが出てしまうのでしょうか?

 

以下のグラフの「7%リターン」と「5%リターン」の上昇角度を見てみましょう。

 

複利効果

 

たとえ同じ投資金額・利回りでも、長期的に見たら「その2%の手数料」が大きな差を生んでしまうことがわかります。

家三郎
株の売買の往復2%の手数料は侮れんということじゃな!手数料は安いにこしたことはないのじゃ。となれば、手数料の安いネット証券の出番なのじゃ。

 

以下は代表的なネット証券である楽天証券とSBI証券です。

1注文の約定代金楽天証券/SBI証券
〜5万円50
(税込54)
5万円〜10万円90
(税込97)
10万円〜20万円105
(税込113)
20万円〜50万円250
(税込270)
50万円〜100万円487
(税込525)
100万円〜150円582
(税込628)
150万円
〜3,000万円
921
(税込994)
3,000万円超973
(税込1,050)

 

ネット証券では取引の「片道0.1%程度」という店頭証券会社に対して破格な安さを誇っています。

家三郎
ほとんど手数料を気にすることなく取引を行うことができるのじゃ。

 

最も効率よく株式投資で大きな資産を築くためにはネット証券は欠かせないツールといえます。

実際に、近年はネット証券の口座の伸びは凄まじく、楽天証券、SBI証券をはじめ1300万口座が既に開設されています。

ネット証券の詳細と、対面型証券の比較を併せて以下のコンテンツでは解説しているので参考にしてみてください。

 

ネット証券とは?初心者でもカンタン利用!評判のツールを活用・圧倒的に低い手数料で株式投資を始めよう!

2019.06.09

 

また、証券口座はどこの会社のものを利用すればお得なのかをわかりやすくランキングにしています。

 

【2019年】おすすめネット証券会社「総合」ランキング!!あらゆる側面から開設すべき証券口座を格付け。

2018.11.11

 

ランキングにある通りですが、マネリテ編集部では「楽天証券」「SBI証券」「マネックス証券」の順番で証券口座開設はおすすめとしています。

 

以下はネット証券で利用できる10種類のサービスについての比較表です。

特に強みを有している証券会社に◎=2点、ある程度の強みを有している証券会社に○=1点として評価しています。

 

(◎=2点、○=1点)

項目楽天証券SBI証券マネックス松井証券SMBC日興Livestar
投資信託21
IPO投資1212
優待投資222
株分析ツール212
外国株投資222
取引手数料112
デイトレード212
iDeCo22
NISA22
積立NISA21
合計点18/20点15/20点5/20点4/20点2/20点2/20点

 

口座開設は最初は手間がかかり面倒ですが、一度開設してしまえば株式投資の世界が広がっています。

コンテンツ内では、開設手順も詳しく解説していますので参考にしてみてください。

 

【おすすめ第1位】

【完全版・楽天証券口座開設マニュアル】コレだけ読めば万事解決!楽天経済圏を生かした全てのメリットも余すことなく解説。

2019.06.06

 

【おすすめ第2位】

【完全版・SBI証券口座開設マニュアル】評判のSBI証券の特徴とメリットを徹底紹介!画面付きで口座開設までナビゲート。

2019.01.08

 

【おすすめ第3位】

【完全版・マネックス証券口座開設マニュアル】ツールと米国・中国株取引で評判のネット証券のおすすめポイントと口座開設方法を徹底解説!

2019.01.24

 

最後に個別株・外国株など投資対象を軸にし、ネット証券会社を簡単にチャート方式で選べるようにしています。

自分に合った証券口座を選んで、株式投資を楽しみながら取り組んでいきましょう。

初級者チャート

 

秀次郎
わしはまだまだ株式投資については初心者なので、楽天ポイントで投信積立できてしまうばかりでなく、かっちょいい売買・分析ツール「マケスピ」(マーケットスピード)が使える楽天証券一択じゃ!
家三郎
楽天証券を開設すれば毎日の日経新聞の朝・夕刊も無料で読める「楽天版・日経テレコン」も購読できるしのぉ。まずはとにかく楽天証券を開設が正解であることは間違いないぞよ。

 

 

目次に戻る

株の買い方・売り方

秀次郎
株式投資は、やはり大金が無いとできないんじゃろうか・・・?
信太郎
そんなことはないぞよ。各証券会社が少額でも株式投資ができるサービスを行っておる。なんなら10,000円未満からでも株は買えるのじゃ。

 

以下のコンテンツ内では、取引で必要となる基本中の基本である「約定」「指値・成行・逆指値注文」「損切り」。

また、口座の種類、具体的な楽天証券を利用した株の売り買いの方法を解説しています。

 

【株の買い方・売り方完全ガイド】これで取引は完璧!初心者の「株式投資道」の第一歩。

2019.10.01

 

目次に戻る

まとめ

ここではネット証券会社の比較、そして株の基本的な買い方・売り方を紹介してきました。

理解できたところで、実際の株取引に移っていきましょう!

 

以上、【株の始め方】証券口座はどれが正解?資金が少額でも取引可能?そもそも始めるにはいくら必要?疑問を一挙に解決!…でした。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。