【4488】AI insideの初値の予想は?期待大のAI関連企業のIPOを紐解く。

AI insideの初値を予想

AI inside(エーアイ インサイド)は12月25日に上場予定のIPO銘柄です。

AI insideはテーマ性のあるAI関連銘柄であり人気度も高くなることが予想されます。

 

今回は、そんなAI insideのIPOスケジュールや初値予想などのIPO情報や事業内容、業績などを紹介します。

IPO投資を検討している方はぜひ最後まで読んでいただき参考にしてください。

 

AI insideのIPOスケジュール

AI insideのIPOスケジュールは以下の通りです。

ブックビルディング期間 12月9日(月)~12月13日(金)
市場東証マザーズ
公募価格決定日 12月16日(月)
購入申し込み期間12月17日(火)~12月20日(金)
上場予定日12月25日(水)
当選株式数500,000株
(うち公募株式数が300,000株、売出枚数が200,000株)
オーバーアロットメントによる売出75,000株
想定価格2,660円
仮条件価格 3,000円~3,600円
公募価格 12月16日(月)発表

 

AI insideの各証券会社割当

証券会社株式数割当率
野村証券(主幹事)440,000 88%
大和証券12,500 2.5%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券12,500 2.5%
SMBC日興証券12,500 2.5%
SBI証券12,500 2.5%
岩井コスモ証券2,500 0.5%
マネックス証券2,500 0.5%
いちよし証券2,500 0.5%
楽天証券2,500 0.5%

 

主幹事は野村証券です。

主幹事は割当株式数が圧倒的に多いので、IPO当選確率を高めるなら主幹事証券からの申込みは必須になります。

 

AI insideの会社概要

会社名AI inside
コード番号4488(東証マザーズ)
設立2015年8月3日
資本金465,200千円
本社住所東京都渋谷区渋谷三丁目8番12号
代表代表取締役社長 CEO 渡久地 択
事業内容人工知能事業
従業員数57名

 

AI insideの事業内容

AI insideは人工知能(AI)事業を行っている会社です。

AI insideは手書きの文字を認識できるAIを開発しており、このAIを誰もが利用できるサービス「DX Suite」を販売しています。

 

DX Suiteには3つのアプリケーションがあり、顧客の希望でそれぞれを組み合わせて契約、利用することが可能です。

 

【DX Suiteのアプリケーション】

 

  • 「Intelligent OCR」

手書き文字認識技術を利用し、手書き文字をデジタルデータ化するサービスです。

レイアウトが統一されている帳票であれば読み取ることが可能です。

各申込書やアンケートなど手書きで書かれることの多い帳票をデジタルデータにできます。

 

  • 「Elastic Sorter」

Intelligent OCRのオプションとして利用するアプリケーションです。

複数種類の帳票を読み取った際に、同じ種類の帳票を区別し仕分けるサービスです。

 

  • 「Elastic Sorter」

Intelligent OCRのオプションとして利用できます。

レイアウトが統一されていない非定型帳票を読み取り構造化を含めてデジタルデータ化するサービスです。

 

AI insideが上場する理由!上場で得た資金の使途は?

スペースマーケットがIPOで得られる資金は、手取概算額9億180万円です。

第三者割当増資により得られる資金2億2,770万円(手取概算上限)と合わせて、

設備費用及び運転資金に使用する予定となっています。

 

設備費用としては、サーバの購入費、運転資金としてはサーバの維持費、エンジニアの採用費及び人件費に使用する予定です。

 

特に優秀なエンジニアの採用及び人件費にIPOで得られる資金の半分程度を使用する予定としています。

AI insideの事業に必須のAIエンジニアを増やし事業を拡大していくものと考えられます。

 

AI Insideの業績

ここではAI insideの業績を目論見書から確認していきます。

まずは売上高の推移です。

AI insideの売上高推移

 売上高(千円)
2016年3月9,259
2017年3月41,553
2018年3月279,435
2019年3月445,264
2019年9月
※第2四半期
613,894

 

売上高は右肩上がりに加速度的に増えています。

2016年の約925万円に比べ2019年は4億4,526万円と50倍近くに上昇しています。

 

今期も第2四半期時点で既に前期の売上高を大幅に上回っており高成長が続いていることが読み取れます。

つづいて、AI insideの経常利益を確認していきましょう。

 

AI insideの経常利益推移

 経常利益(千円)
2016年3月△51,549
2017年3月△140,645
2018年3月△311,479
2019年3月△182,914
2019年9月 ※第2四半期176,739

 

2018年3月期までは赤字が拡大しています。

売上も大幅に拡大していることから先行投資により規模の拡大を優先していたことが分かります。

 

前期の2019年3月期は赤字幅が減少しており、売上を拡大させつつ利益を得られる土壌が整いつつあったのでしょう。

今期は、第2四半期時点で1億7千万円以上の黒字を達成しており、満を持しての今回の上場となりました。

 

AI関連企業らしく利益率も高いので、多くの投資家に注目されることになりそうです。

 

AI insideのロックアップ情報

AI insideの上位株主の保有比率、ロックアップ情報は以下の通りです。

株主保有比率ロックアップ期間
渡久地 択(代表)56.77%90日間
アクサ生命保険(株)7.10%90日間
UTEC4号投資事業有限責任組合6.27%継続保有
(株)レオパレス215.68%90日間
中沖 勝明4.20%90日間
日本郵政キャピタル(株)4.17%継続保有
大日本印刷(株)2.84%90日間
名井 将元2.78%90日間
レカム(株)1.65%90日間
第一生命保険(株)1.42%90日間

 

上位株主はロックアップが設定されているか、継続保有となっています。

ロックアップ期間中は、保有する株を売却することはできません。

ロックアップは上場と同時に大株主が株を売却し、株価が暴落しないように取られている対策です。

 

IPO銘柄は特に需給によって株価が大きく変動しますので、ロックアップ情報は必ず確認しましょう。

また、ロックアップ期間終了後は大株主が株を売却する可能性がありますので、大株主のロックアップ期間は覚えておきましょう。

 

AI insideの初値予想

AI insideは今期第2四半期累計で黒字転換しており、1億7,500万円程度の純利益を達成しています。

通期でも第2四半期までと同様の業績だと考えれば、通期の純利益は3億5,000 万円程度です。

 

EPSは公募による希薄化を考慮すると98.87円程度となります。

AI insideはAI事業会社ですので、AI関連企業とPERを比較してみましょう。

 

企業名PER
アドバンストメディア【3773】33倍
モルフォ【3653】54倍
 PER平均43.5倍

 

EPS 98円×PER43.5倍=4,263円 となります。

人気の高騰しやすい注目のAI関連銘柄ですので、市場状況が良ければ公募価格を大幅に上回る高値をつけることも十分あり得ます。

 

まとめ

AI insideは手書き文字をデータ化するという様々な場面で活用できるAIを開発しています。

テーマ性の高いAI関連企業であり、人気の高いIPO銘柄の中でも更に注目を集めることが予想されます。

 

公募価格を上回る可能性も高く、IPO投資をするなら外せない銘柄となりそうです。

 

2019年新規公開株一覧!!魅力的なIPO銘柄に投資をしよう。

2019年新規公開株一覧!!魅力的なIPO銘柄に投資をしよう。

2019年8月22日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。