CAPEレシオ(=シラーPER)とは?データ取得方法や活用方法を含めてわかりやすく解説!

みなさんは、CAPEレシオという指標の名前をご存知でしょうか?

CAPEレシオは別名シラーPERとも呼ばれています。

 

PER(株価収益率)と同様に株価の割安感・割高感を把握するための指標のことです。

アメリカの株価指数に対して使われることが多いので知らない方も多いかもしれません。

しかし、実は日本の株価指数に使うことも可能です。

 

本記事では、そんなCAPEレシオについて徹底解説していきます。

 

CAPEレシオとは?

CAPEレシオはITバブルの崩壊を予見した指標として有名となりました。

 

CAPE(Cyclically Adjusted Price Earnings Ratio)は、ノーベル経済学賞受賞者の米エール大学ロバート・シラー教授が考案した株価の割高感を測る投資指標でPER(株価収益率)の一種。ITバブル(ネットバブル)の崩壊を予見した指標として有名である。一般的に、PERは株価を一株当たりの当期純利益で割って算出することが多いが、単年度の一株利益を使用すると変動が大きくなることもあり、CAPEでは過去10年間の平均利益に物価変動を加味した値を一株利益として指数を算出。景気循環の影響を調整した株価の割高、割安を見ることができることも特徴の一つであり、景気変動調整後のPER(株価収益率)とも言われる。CAPEでは割高、割安の分岐点は25倍程度と言われている。

参照:野村證券

 

つまり、長期的な利益の平均値を用いて算出したPER(株価収益率)ということです。

 

そもそもPERとは??

という方はCAPEレシオについて掘り下げる前に以下の記事で復習しておきましょう。

 

PER(株価収益率)/PBR(株価純資産倍率)とは?その概要と適正値(目安)をわかりやすく解説。

2019.02.08

 

CAPEレシオの算出式は以下です。

 

CAPEレシオ

「現在の株価」÷  「インフレ調整後10年間の1株あたり純利益の平均値」

 

長期的な平均利益を用いたPERであるCAPEレシオは、ノーベル経済学賞を受賞したことのあるアメリカの経済学者であるロバート・シラー教授によって生み出されたものです。

 

彼は、サブプライムローン問題やリーマンショックなどによるアメリカの住宅バブルの崩壊で注目されていた「S&Pケース・シラー住宅価格指数」を生み出した人物でもあります。

 

CAPEレシオは、ロバート・シラー教授によって生み出されたPER指標です。

その為、特に日本以外の国では「シラーPER」と呼ばれることが多いので覚えておきましょう。

 

本記事では「CAPEレシオ」と表記していきます。

 

なぜ長期的な平均利益を用いるのか?

CAPEレシオは前述の通りインフレ率で調整した過去10年間の1株あたり純利益の平均値を用います。

 

ただし、通常のPERは単純に1年分の1株あたり純利益の数値を用います。

なぜCAPEレシオは、インフレ率で調整した長期的な平均利益を用いて計算するのでしょうか?

 

短期間の数値を用いれば一時的な要因による利益の大きな変動や中長期にかけての景気変動による影響を受けます。

長期にすることでこれらの影響を除外することができるというメリットがあるのです。

 

また“10年間”の1株あたり純利益を平均することで、長期的なスパンでの割安感・割高感を把握することもできます。

 

ここで1つ、例を用いてみましょう。

 

あるとき東証一部のPERが500倍という非常に割高な値を叩き出しバブルの状態にあったとします。

 

このとき今後もバブルが継続して株価が上昇し続けるのか?

翌日にはバブルが弾けて株価が急落するのか?

 

的確な予想をするには根拠が足らないように思います。

 

ただし、CAPEレシオというインフレ率で調整した過去10年間の1株あたり純利益の平均値を用いたPERが500倍という数値を叩き出していた場合を考えて見ましょう。

10年間という長期的な視点が差し込まれているために割高という根拠が強いものになりますよね。

 

つまり、CAPEレシオが割高を示したときは、その株は買うべきタイミングでないと考えていいでしょう。

 

CAPEレシオの利用方法

では、実際にCAPEレシオはどのようなシーンで用いられることが多いのでしょうか?

CAPEレシオは個別株の割安感・割高感を調べるのに使うこともできます。

ただ、基本的には東証株価指数(TOPIX)やS&P500などの株価指数に対して用いることが多いです。

 

ちなみに東証株価指数とはTOPIXのことです。

東京証券取引所が運営している株式市場の1つである東証一部に上場している全銘柄を対象とする株価指数です。

1968年1月4日の時価総額を100として指数化されています。

 

【TOPIX】トピックス(東証株価指数)とは?日経平均株価とは何が異なるかを初心者にもわかりやすく解説。

2019.02.01

 

S&P500とは、ニューヨーク証券取引所、NYSE American、NASDAQに上場している500銘柄を対象とする株価指数です。

のことで、アメリカの経済全体の動向を見る指標として非常に有効とされています。

 

【S&P500指数とは?】米国の代表的な株価指数の全容をダウ平均株価との違いも含めてわかりやすく解説する!

2019.12.02

 

また、CAPEレシオは一般的に25倍以上になると割高として判断されます。

 

S&P500指数のCAPEレシオの取得方法

CAPEレシオは「ONLINE DATA ROBERT SHILLER」の以下赤枠をクリックすることでエクセルで取得できます。

 

CAPEレシオの取得方法

 

赤枠をクリックするとエクセルがダウンロードされます。

 

S&P500指数のCAPEレシオ

 

CAPEレシオは一般的に25倍以上になると割高として判断されます。

ではここで1つ、CAPEレシオを用いたトレード手法をご紹介します。

PERモメンタム手法

PERモメンタム手法を簡単にいうと、“CAPEレシオが15倍のときに買い、24倍のときに売る”となります。

以下で、具体的な手順を説明していきますね。

 

  1. 1カ月に1回、CAPEレシオを確認する
  2. CAPEレシオが15倍未満に下がっていたら毎月その数値を控えておく
  3. その後、株価指数(東証株価指数やS&P500など)が6%以上上昇したら株価指数に連動しているファンドを購入
  4. 同様に新規投資を続けていき配当金などを元手にさらに再投資をしていく
  5. CAPEレシオが24倍を超えたら、毎月その数値を控えておく
  6. その後、株価指数(東証株価指数やS&P500など)が6%以上下落したら株価指数に連動しているファンドを売却
  7. 国債などのリスクが低い資産に投資対象を切り替える
  8. 再度、CAPEレシオが15倍未満に下がるまで、じっくり(数年かかることもある)待つ。
  9. その間はリスクが低い資産を運用する

 

これが、PERモメンタム手法の一連の流れです。

“株価指数に連動しているファンドを購入した後ある程度下落するまで放置する”ことを「持ち切り方式」といいます。

圧倒的な利益を得られやすい手法として知られています。

 

PERモメンタム手法を実践しないとしても、15倍未満は割安、24倍以上は割高という基準を基に投資をしていくのも有効です。

ここまでの説明でお分かりいただけたかと思いますがCAPEレシオは割安感・割高感を把握するうえで非常に重要な指標です。

 

株式投資においては「安く買って、高く売る」が鉄板ルールです。

もし株価が割高なときに買ってしまうと利回りは小さくなってしまうことが予想されます。

 

株式投資は国債などと比べると投資リスクが高いのです。

折角リスクをとったのに利回りが安全資産である国債とほとんど差がなかったら意味がありませんよね。

 

つまり、多少のリスクをとって株式投資をおこなうのであれば、

CAPEレシオを考慮して長期的な視点から見て“割安”であるときに株を買うというのが最も効率的で、

利回りを最大化できる可能性が高いのです。

 

CAPEレシオが割高を示しているときは株ではなく安全資産に切り替えておきましょう。

割安を示しているときに株にシフトチェンジすることをおすすめします。

 

近年のCAPEレシオのデメリット

先ほどPERモメンタム手法についてお伝えしてきましたが近年のCAPEレシオにおいては一つ欠点があります。

以下が「ONLINE DATA ROBERT SHILLER」から取得した超長期のS&P500指数のCAPEレシオです。

 

ご覧いただければわかる通り、CAPEレシオは2000年のITバブルの割高感を見事に的中させていますね。

 

S&P500指数のCAPEレシオの推移

参照:ONLINE DATA ROBERT SHILLER

 

CAPEレシオは1990年代後半までは15倍以下で買い、25倍で売却する手法が非常に上手くいきました。

しかし、2008年のリーマンショック以降水準自体が上がってしまい15倍を割り込む機会がなくなりました。

 

理由の一つにはリーマンショック以降FAANGのような巨大IT起業が大躍進を遂げていることが上げられます。

 

【"GAFA" "FAANG"株見通し】アメリカの巨大IT企業の個別株式銘柄を分析&株価予想!米国株でリターンを最大化。

2019.09.17

 

テクノロジー企業のPER水準は高い傾向にあります。

時価総額全体に占めるテクノロジー企業の割合が増加してきているため、PER水準全体が増加してきています。

 

一概に15倍以下であれば購入すると考えると投資機会を得ることができないという機会損失を被るリスクがあります。

少し水準を上げて20倍以下であれば購入を考える水準といったように自分にあった水準を考えていくことも肝要となります。

 

まとめ

本記事では、CAPEレシオの意味やPERとの違い(メリット)、利用方法や投資に活かすコツをご紹介してきました。

CAPEレシオはPERと同様に株価の割安感・割高感を把握するための指標です。

しかし、現在の株価を「インフレ率で調整した過去10年間の1株あたり純利益の平均値」で割るという大きな違いがあります。

 

こうすることで一時的な要因や景気変動による影響を取り除くことができるというメリットがあります。

また、CAPEレシオを株式投資に活かす手法として「PERモメンタム手法」というものがあるのでぜひ参考にしてみてください。

 

【株価指標まとめ】株式投資で銘柄分析する上で最低限押さえておきたい指標(PER・PBR・ROEなど)とその見方。

2019.05.22



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。