年初来高値や年初来安値を活用した投資法とは?其々更新した銘柄は『買い』と『売り』どちらでエントリーするべきかを解説!

年初来高値や年初来安値を活用した投資法とは?其々更新した銘柄は『買い』と『売り』どちらでエントリーするべきかを解説!

証券会社のツールや株式サイトで必ず表示される「年初来高値・年初来安値」。

どのサイトでも表示されているということは投資家の注目度が高く、投資家に利用されているデータであるということができます。

今回は投資する際に「年初来高値・年初来安値」を相場でどのように活用すべきであるのかをご紹介していきたいと思います。

 

年初来高値を買いで攻略!?短期投資向けの投資テクニック

下図は日本経済新聞のインターネット版です。

年初来高値の銘柄をリアルタイムで配信していることがわかります。

 

年初来高値銘柄

(引用:日本経済新聞)

 

年初来高値更新銘柄のデータを読み取る

年初来高値更新のデータ

(引用:日本経済新聞HP)

 

年初来高値更新の情報ページには何が記載されているのでしょうか?

 

<<ⅰ.年初来高値更新の情報ページ記載事項>>

  • 証券コード
  • 銘柄名
  • 業種
  • 新高値(時刻)
  • 前回高値(日付)
  • 現在値
  • およそ1か月スパンの短期チャート

 

<<ⅱ.年初来高値更新の情報ページ記載事項からわかること>>

年初来高値更新の情報ページではおよそ1か月スパンの短期チャートが記載されています。

よって、投資家が知りたい情報は「短期」の値動きであることがわかります。

また、日付付きで前回の高値更新時の株価も記載されています。

ここから、高値を更新するまでのスパンも簡単に知ることが可能です。

さらに業種(セクター)も併記されています。

現在勢いのあるセクターがどこなのかも、年初来高値情報から知ることができます。

 

≪年初来高値からわかること≫

  • 現在勢いのあるセクター
  • 現在「短期」投資向きの銘柄

 

よって、年初来高値銘柄は短期投資向きの銘柄であることがわかります。

 

データを分析する

実際に投資で活用するためには、年初来高値のデータをどのように読み取るべきなのでしょうか。

年初来高値更新のデータ

参考:日本経済新聞HP

 

ⅰ.勢いのあるセクターを見つける

上記から、短期的に勢いのあるセクターは「不動産」であることが一目で理解できます。

 

ⅱ.投資対象の銘柄を見つける

次に高値更新のスパン(期間)と出来高から、投資する銘柄を決めていきます。

上図ですと日本管理Cとハウスドゥの高値更新スパンが短いため、

他の銘柄よりも、より勢いのある銘柄であることがわかります。

また出来高から、ある程度出来高がある銘柄を選択します。

出来高の少ない銘柄は流動性が低く、換金売りが難しいことがあるからです。

よって、このケースでは日本管理Cを選択することになります。

 

ⅲ.短期チャートをチェックしポジションをとる

日本管理Cの直近のテクニカルチャート

引用:株探

 

上図は日本管理Cの日足チャートです。

日足は見事なボリンジャーウォーク中ですね。

このように年初来高値の銘柄をチェックすることで、売買のしやすい優良銘柄を見つけることができます。

ポジションはボリンジャーバンド通りに1σで買い、2σで利確がベターでしょう。

 

【ボリンジャーバンドとは?】見方や使い方をわかりやすく解説!簡単な手法で売買タイミングをつかもう。

2019.08.07

 

【ボリンジャーバンド中級編】『スクイーズ』後の『エクスパンション』で買って『バンドウォーク』で利確しよう!

2019.09.29

 

このように、年初来高値は勢いを生かした短期売買向けの銘柄を探すのに便利なツールだといえます。

 

年初来安値を売りで攻略!?短期投資向けの投資テクニック

年初来安値のデータ

参考:日本掲載新聞HP

 

次は年初来安値のデータの活用方法をご紹介していきたいと思います。

年初来安値は買いでとりたいという逆張り派の方が多いと思います。

しかし、トレード手法としては順張りの空売りでの参加をお勧めします。

データの読み方は年初来高値と同様ですので割愛しデータの分析方法から入っていきたいと思います。

 

年初来安値からデータを分析する

 

年初来安値のデータ

参考:日本掲載新聞HP

 

年初来高値のセクターはバラバラです。

ちょうど決算時期に当たっているため、セクターというよりは決算が悪い銘柄が売り込まれやすい傾向があることがわかります。

空売り銘柄はある程度流動性がある銘柄を狙いましょう。

ライトオンはかなり魅力的な空売りチャートですが、歩み値が虫食い状態です。

個人が少し物色すると、株価が暴騰してしまうような銘柄は避けなければいけません。

 

ここでは流動性を考えてベクトルを空売り銘柄として選択するのがベターであるといえます。

 

基本的に空売りはデイトレード

ベクトルのテクニカル分析

参考:株探

 

上部はベクトルの5分足チャートです。

流石年初来安値ですね。

こんなに簡単でいいのでしょうか?といいたくなるような、きれいな下落トレンドであることがわかります。

単純に移動平均線とMACDだけでも簡単に空売りを成功させることができることがわかります。

 

移動平均線とは?期間毎の『種類』『活用法』と共にMAを利用した簡単投資方法を紹介!!

2019.09.25

 

MACDの見方とは?『ゼロライン』と『ダイバージェンス』を組み合わせて株式投資の勝率をあげよう!

2019.08.05

 

基本的に年初来安値銘柄=下降トレンド銘柄です。

買い目線でトレードするのではなく、トレンドに沿って空売りで勝負すると手軽にお小遣い稼ぎができることがわかります。

 

年初来安値を買いで攻略!?長期期投資向けの投資テクニック

基本的にトレンドに沿って空売りすることが年初来安値銘柄の正当な攻略方法です。

しかし、場合によっては買いで攻略したほうが良い場面も存在します。

 

長期投資向けの銘柄の逆張り~バーゲンに参加しよう〜

KDDIのチャート

参考:KDDI(9433)日足チャート

 

上図はKDDIの日足チャートです。

およそ2,800-3,200のレンジ相場を下にブレイクして急落、年初来安値をつけたことがわかります。

通常こうした急落は手出し無用の様子見です。

しかし、KDDIは以下の理由から逆張りでの買いで攻略すべきであると分析します。

 

≪KDDIが買いの理由≫

  • KDDIの自身要因ではなく、セクターの連れ下げであること
  • PER10倍以下とバーゲン価格であること
  • 日足・週足・月足すべてのボリンジャーバンドで-3σ以下であること
  • KDDIが優良企業であること
  • 配当と優待を合わせた投資効率が5%以上であり、長期投資という視点から見ると、絶好の買い場であること

 

通信業界大手KDDI(9433)の株価見通しは?au経済圏の構築で堅調な業績と割安度から予想。

2019.06.06

 

KDDIのテクニカル分析

参考:KDDI(9433)日足チャート

 

上図は現在のKDDIの日足チャートです。

しっかりとWボトムを付け、順調に株価が上昇していることがわかります。

 

≪テクニカル的なKDDIの買い判断要因≫

  • 日足・週足・月足すべてのボリンジャーバンドで-3σ以下であること

急落後の反発は大きいため、大きな幅値を短期間で稼ぐことができます。

 

  • 急落に大きな出来高がついていること(株主が大きく入れ替わった証拠)

新規の株主の取得単価は低いことがわかります。よって、株価の下落に対する耐性が高くなったといえます。

 

  • レンジ相場のアノマリー「レンジ・ブレイク後は再度レンジに戻ることが多い」

KDDIはおよそ2,800-3,200のレンジ相場でしたので、一旦2,800円には戻る可能性が高いことがわかります。

 

  • 窓を開けた銘柄は窓を閉める

2,730円以下に大きな窓が開いたため、「窓埋め理論的」的に一旦2,730円に戻す確率が高いことがわかります。

 

よって、KDDIはファンダメンタル・テクニカルから判断して、中長期での絶好の買い場だったことがわかります。

 

相場はイレギュラーが起こります。

ですから、中長期で投資する銘柄を購入する場合はイレギュラーを狙って株を購入しましょう。

当然安く購入できれば、それだけ、相場でのアドバンテージを得ることができ投資安心感を享受することが可能だからです。

 

まとめ~年初銘柄は勢いが魅力〜

今回は年初来高値・年初来安値銘柄の活用方法をご紹介してきました。

年初来高値・年初来安値銘柄は株価に勢いがあり、短期間で大きな幅値をとることができることが魅力です。

 

トレンド活用方法メリットデメリット
年初来高値上向き短期売買売買方法がわかりやすい

短期で大きな幅値を獲得できる

天井に注意(高値つかみに注意)
年初来安値下向きデイトレード
(空売り)
成功率の高いデイトレードが可能流動性が低い銘柄の場合、急騰に巻き込まれる

底打ちやテクニカル・リバウンドに注意

中長期投資


バーゲン価格で株を購入できる

 

それぞれの特徴を理解したうえで、年初来高値・年初来安値銘柄をうまくトレードに活用していきましょう。

以上、『年初来高値・年初来安値を上手く活用できてますか?~年初銘柄の投資方法3選…』でした!

 

【テクニカル分析とは?】チャートだけで億万長者に!?ファンダメンタルズの対極にある分析手法の基本知識を紹介。

2019.07.05



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。