【”GAFAM” “FAANG”株見通し】アメリカの巨大IT企業の個別株式銘柄を分析&株価予想!米国株でリターンを最大化。

【"GAFA" "FAANG"株見通し】アメリカの巨大IT企業の個別株式銘柄を分析&株価予想!米国株でリターンを最大化。

アメリカの巨大IT企業。

 

インターネットに繋がるスマートフォンを世で当たり前のものとした、スティーブ・ジョブズ氏が創業した「Apple」。

ナデラ氏の元で構造改革を行いクラウドサービスに舵をきり急成長している巨大企業「Microsoft

最近では、フォーブス世界第一位の大富豪にランクインしたジェフベゾス氏がCEOを務めるネットEC企業「Amazon」。

映画「ソーシャルネットワーク」で日本でも一躍注目を浴びた「Facebook」。

毎日、私たちが調べものをする時に利用する検索エンジン「Google」。

映画を気軽に家で見ることができる、サブスクリプション型のコンテンツ配信プラットフォーム「Netflix」。

 

 

この5つの企業は、「FANG」「FAANG」「GAFA」「GAFAM」などと呼ばれ、世界で注目されています。

このコンテンツでは、そんな米国IT企業の株式銘柄分析をしていますので、米国株投資に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

「FANG」「FAANG」「GAFA」「GAFAM」とは?

そもそも「FANG」「FAANG」「GAFA」とはなんの造語でしょうか?

 

「FANG」は「Facebook」「Amazon」「Netflix」「Google」。

「FAANG」は「Facebook」「Amazon」「Apple」「Netflix」「Google」。

「GAFA」は「Google」「Amazon」「Facebook」「Apple」。

「GAFAM」は「Google」「Amazon」「Facebook」「Apple」「Microsoft」

 

このような括りとなっています。

 

秀次郎
職場の上司がガファガファ言っておったら、これを思い出すのじゃ!

 

さて、ここから本題の個別株式銘柄分析に入っていきます。

 

目次に戻る

GOOGL:Google/Alphabet(アルファベット)

アルファベットは世界の検索プラットフォームの覇権をとっているといえるGoogleを運営しています。

殆どの収入を占める広告収入は今後も世界のインターネット化で増えることが期待されます。

更に、傘下のウェイモがおこなっている自動運転をはじめとした新事業も育ってきています。

 

以下コンテンツでは巨大IT企業アルファベットの今後の株価の見通しについてお伝えしております。

 

【GOOGL】Google(グーグル)を運営するアルファベット(Alphabet)の今後の株価推移を予想する!

【GOOGL】コロナショックで広告収入が懸念!?Google(グーグル)を運営するアルファベット(Alphabet)の株価推移を予想する!

2019年9月7日

 

 

目次に戻る

AAPL:Apple(アップル)

アップル」は時価総額8000億ドル(約90兆円)を誇る世界最大の時価総額を誇る米国の巨大IT企業。

 

バフェット氏の会社であるバークシャーハサウェイが25%投資(5兆円規模)している銘柄です。

 

多くの方が普段使用されているiPhoneやMacBook。

アップル製品の虜になっている人は日本でも非常に多いのではないでしょうか?

 

コンテンツ内では、そんなアップルの株価の見通しを分析しています。

 

apple

【バフェット銘柄・Apple】アップル(AAPL)の今後の株価の見通しを予想。

2019年2月15日

 

 

目次に戻る

AMZN:Amazon(アマゾン)

アマゾンは成長著しい米国の巨大IT企業群『GAFA』(Google、Apple、Facebook、Apple)の一角を成しています。

 

2019年5月、ウォーレン・バフェット氏が運営する投資会社「バークシャーハサウェイ(BerkshireHathaway)」がアマゾン株に投資を実行したとのニュースが入りました。

 

以下はCNBCの記事からの引用です。

Buffett has long been a fan of both Amazon and its CEO Jeff Bezos, praising the company’s dominance and the founder’s business prowess. But while Buffett has sung the company’s praises, he’s never bought Amazon shares. So a headline that Berkshire was buying shares likely would spark interest in the markets.

(引用:CNBC『Berkshire Hathaway has been buying shares of Amazon,Warren Buffett says』

 

元来バフェット氏はアマゾンとCEOのベゾス氏については賞賛していました。

しかし、アマゾン株は購入してきませんでした。

 

突然の購入に米国のマーケット関係者は興味を持ってこのニュースを見ているとのことです。

コンテンツ内では、そんなバフェット氏も投資を実行したアマゾン株について見通しを分析しています。

 

amazon

コロナで苦境に陥るAmazonは投資妙味あり!?今後のアマゾンの株価の見通しを業績・PER推移から予想。

2019年5月3日

 

 

目次に戻る

MSFT:Microsoft(マイクロソフト)

マイクロソフトは従来はWindowsやOfficeのライセンスを販売する形態で収益を上げていました。

しかし、2014年に新CEOに就任したナデラ氏のもとクラウド事業を主力に添えた従量課金型のビジネスモデルに切り替えました。

 

結果として収益は右肩あがりに上昇し時価総額は米国No.1となっています。(ちなみに世界No.1はサウジアラムコとなっています。)

株価は2015年から急激に指数関数的に上昇してきています。

マイクロソフトの株価推移

2020年のコロナショックの影響もうけずに堅調に収益を挙げています。

同社の肝とも言えるクラウドサービスのAZUREはアマゾンのAWSを猛追しています。

今後、クラウド市場の急拡大も見込まれており暫く強気でみて問題ないでしょう!

 

【Microsoft】マイクロソフト(MSFT)の今後の株価推移を予想!業績堅調かつ配当金14期連続増配中のGAFAM急先鋒に迫る。

2019年7月31日

 

FB:Facebook (フェイスブック)

Facebookは『ソーシャルレンディング』で映画化されたように米国の巨大IT企業です。

アマゾン、アップル、ネットフリックス、グーグルと並んでFAANGという総称で呼ばれています。

 

Facebookは個人情報流出事件等の制裁金の影響で純利益は今期は凹んでしまいますが、売上高自体は堅調に推移し、仮想通貨事業にも期待が持てる成長する巨大IT銘柄となっています。

 

 

【FB】FAANGの一角『フェイスブック』の今後の株価推移を見通す!Facebookは制裁金等の苦難を乗り越えられるか。

【FB】GAFAMの一角『フェイスブック』の今後の株価推移を見通す!Facebookはコロナショックや制裁金等の苦難を乗り越えられるか。

2019年9月9日

 

目次に戻る

NFLX:Netflix(ネットフリックス)

「ネットフリックス」はFAANGの一角を担う米国の巨大IT企業です。

 

日本でもお馴染みになっているNetflixですが目覚ましい成長を続けて株価も勢いよく上昇してきました。

しかし、直近では本拠地の米国で競合他社の参入により会員数の伸びが鈍くなってきています。

 

以下コンテンツでは、ネットフリックスの今後の見通しについてお伝えしておりますので参考にしてみてください。

 

ネットフリックスの株価

【NFLX】『ネットフリックス』の今後の株価推移を予想する!競合他社参入でNETFLIXの見通しに暗雲!?

2019年9月16日

 

 

目次に戻る

まとめ

注目の米国巨大IT企業を分析してきました。

米国株投資を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

以上、【”GAFA” “FAANG”株見通し】アメリカの巨大IT企業の個別株式銘柄を分析&株価予想!米国株でリターンを最大化。…でした。

 

 

【米国(アメリカ)個別株分析!】2019年のおすすめ株式銘柄はどれ?株価見通しと今後の推移を徹底予想。

【米国(アメリカ)個別株分析!】2020年のおすすめ株式銘柄はどれ?株価見通しと今後の推移を徹底予想。

2019年9月17日

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。