【新バフェット銘柄・Apple】編集部も保有するアップル(AAPL)の今後の株価の見通しを予想する。

ウォーレン・バフェットのポートフォリオの特徴と構成比率25%を占める新『バフェット銘柄』アップルを分析する

ウォーレン・バフェット氏は世界第3位の富豪です。

同氏が運営する投資会社バークシャー・ハサウェイは1965年〜2017年(※)までの53年間平均利回り20.9%を達成しております。(※2018年は発表待ち)

仮に1965年時点でバークシャー株に1万円投資をしていれば、現在1億9000万円になっている計算になります。

資産運用成功

バフェットが好む『消費者独占型企業』の特徴と見分け方については以前「『バフェットの銘柄選択術』を参考に『投資の神様』が好む消費者独占型企業の特徴を紐解く」でお伝えしました。

今回は、以下の分析をしていきたいと思います。

  • 現在のバークシャーハサウェイのポートフォリオの特徴
  • 最大ポーション25%を占める新たなバフェット銘柄であるアップル社

因みに筆者もアップル株については30万円分保有しており3ヶ月で20%以上上昇して7万円以上の大きな利益を獲得できています。

アップル株を投資した実績の画面

分析の結果まだまだ上昇していく見込みですので保有を継続していきたいと思っています。

今回は何故編集部がアップル株を継続保有しようと思っているかの理由についてもお伝えしていきます。

バークシャー・ハサウェイの投資ポートフォリオの特徴

まずはバークシャーのポートフォリオです。

時価総額は$183Billion(約20兆円)の構成銘柄はなんと僅か48銘柄で、上位6社で全体の70%を占めています。

バークシャーハサウェイのポートフォリオ

(参照:Monex証券 iBillionaireを元に編集部作成)

 

バフェット氏は自分が選んだ銘柄に自信を持っているからこそ、過度な分散投資を行わずに集中投資を実現し高い利回りを実現しているのです。

バフェットは自分が投資した銘柄について論文1本かける程に熟知していないと投資するべきではないとしており、綿密な調査と確証を持って投資していることが読み取れます。

 

またご覧いただければわかると思うのですが、奇をてらった銘柄というよりはアップルやコカコーラ、アメリカン・エクスプレスと誰もが知っている銘柄に投資をしているのも特筆すべき点です。

注目の個別銘柄-コカコーラ

 

【ウォーレン・バフェット特集】「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」から解読する有名投資家の思考。

2019.06.04

投資ポートフォリオTop25%を占める世界的IT企業アップル

アップル」は時価総額8000億ドル(約90兆円)を誇る世界最大の時価総額を誇る米国の巨大IT企業です。

apple

バークシャーが25%投資しているということは5兆円規模でアップル社株を保有していることとなります。

桁が違いますね。

 

皆さんが普段使用されているiPhoneや私を含めてMacBookの虜になっている人は日本でも非常に多いのではないでしょうか。

編集部でもiPhone、iPad、MacBookとヘービーアップルユーザーなのですが、仮に壊れたとしても新しいApple製品を買うでしょう。

 

また、iPhoneの価格をみてもわかる通り、最早手放せないものとなっているので価格が上昇したとしても需要が衰えずに世界中の消費者がアップル社製品を買い求めます。

iphone

つまり以前説明した『消費者独占型企業』の特徴をまさに体現している企業であるということができます。

アップルの業績はうなぎ登り

まずは直近発表されている2018年9月までの売上高・当期純利益の過去からの推移をご覧ください。

リーマンショック後から凄まじい伸びをしめしていますね。丁度iPhoneブームと重なる時期かと思います。

アップル社の業績の凄まじい伸び

(参照:stock lip)

 

後ほど詳しく説明しますが2019年は特殊要因もあり下落していますが、急速な勢いで成長しているのがわかります。

50%近い驚異的なROEの水準から株価見通しを予想

何より驚くべきはバフェットが最も好きな指標である「ROE」が圧倒的な水準である50%近い水準で推移していることです。

アップルのROE

ROEは現在の株主に帰属するお金である株主資本を元手にどれだけ利益をあげれているのかという指標で、

ROE =  当期純利益 ÷   株主資本 ×  100

で算出されます。

 

日本企業の平均は10%に届くかどうかという水準で20%あれば非常に効率よくリターンを稼げている企業という評価を得ることができます。

ROEについて詳しくは「ROE(自己資本利益率)/ROA(総資産利益率)とは?計算方法と基準としての目安をわかりやすく解説」で解説していますので参考にしてみてください。

 

いかにアップルの50%が桁違いの数値であるかということをご理解いただけたかと思います。

例えば現在1億円の株主資本があったとすると今後10年間ROEが50%を継続したとします。

すると以下のように大きく株主資本と利益を伸ばすことができます。

  • 10年後の株主資本:38.4億円 (38.4倍)
  • 10年後の当期利益:19.2億円 (38.4倍)
ROE50%
株主資本(億円)利益(億円)
1年目1.000.50
2年目1.500.75
3年目2.251.13
4年目3.381.69
5年目5.062.53
6年目7.593.80
7年目11.395.70
8年目17.098.54
9年目25.6312.81
10年目38.4419.22

 

つまり「PERやPBR」が一定であると仮定すると10年後に株価は38倍になることが予想されるのです。

PER、PBRについては詳しく「株式投資における重要指標:PER(株価収益率)/PBR(株価純資産倍率)とは?概要とその適正値(及び目安)をわかりやすく解説。」で解説しています。

現在のアップルのPERは15倍と高ROEの割に非常に低い値なのでバフェットが勝負をかけているのも頷けます。

直近業績の低迷の理由から見えるバフェットの買い増し理由

2018年9月までの成績に連動しても株価も右肩上がりでしたが、直近6ヶ月で大きく下落しています。

アップルの株価

下落の要因はアップルが決算で売上高並びに利益の下方修正を出したことにあります。

米アップルは2日、2018年10~12月期の売上高が当初予想よりも5~10%低い840億ドル(約9兆1600億円)にとどまる見込みだと発表した。

中国でのスマートフォン「iPhone」の販売が低迷し、ほかの先進国でも新機種への買い替えが予想に達しなかった。売上高は16年7~9月期以来、9四半期ぶりに前年同期を下回ることになる。

2日に、ティム・クック最高経営責任者(CEO)による投資家向けの手紙を公表した。アップルは昨年11月の決算発表の際に、10~12月期の売上高を890億~930億ドルになると予想していた。クック氏は「売り上げ見通しの引き下げの大半は中華圏(中国と香港・台湾)で起きた」と説明。

<中略>

18年後半の中国経済の減速に触れて「中国の経済環境は米国との貿易面の緊張関係の高まりに影響を受けている」と強調した。発表を受け、アップル株は2日夕の米株式市場の時間外取引で急落。一時、同日の通常取引終値の8%安まで売り込まれた。

華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)逮捕以降、アップル製品の「不買」を呼びかける動きも出ていたことも影響しているとみられる。

<中略>

ドル高による米国外での販売価格上昇や電池交換費用の値下げで、従来機種を使い続ける人が増えたとの見方だ。

(引用:日経新聞「アップル、売上高予想5~10%下方修正 中国減速で」)

 

つまり要約すると経営成績悪化の主要因は以下の2つとなっています。

  • 中国との貿易摩擦に加えファーウェイに端を発した不買行動による中華圏の不調
  • ドル高による海外でのアップル製品の価格高騰
Conflict between US and China, business war ドル高による海外でのアップル製品の価格高騰

 

しかし2017年末から2018年末にかけてバフェットは10%→25%まで大幅にアップルの投資ポーションを引き上げています。

 

つまり高いROEに対して一時的な要因によって株価が下落したことによって非常に魅力的な価格で現在アップルの株価が取引されていると確信をもっているからこそ、25%ものポーションをアップルに投じていると考えるのが妥当です。

 

つまり貿易戦争はあくまで一時的な要因で恒常的なものではなく、ドル高も米国の利上げ見通しが落ち着き利下げまでちらつき始めた中において長期的に収束し再び強いアップルが戻ってくると考えているとみることができます。

 

冷静に考えて10万円以上するiPhoneを買うことができる経済レベルの人口は世界でもまだまだ一部で、今後世界の経済成長並びに人口増加でiPhoneやMacBookを購入できる人口が増えることは必定です。

 

世界的な需要は増加することはあれ、減少することはあり得ないことを考えると、アップルの現在の株価は買いでしかないということができます。

 

取引手数料が最安の楽天証券での購入方法についてはアップルを例に以下でわかりやすく説明しておりますので参考にしてみてください!

 

【米国株】手数料引き下げで魅力が増大!?楽天証券で有望なアメリカの株の買い方をわかりやすく解説。

2019.07.24

 

まとめ

バフェットは自信のある銘柄に集中投資することで長期間にわたって20%のリターンを実現してきました。

現在最も力を入れているのは世界的巨大企業アップルであり投資ポーションの25%をしめる水準でバフェットのポートフォリオの中で圧倒的No1の規模で投資を実行しています。

アップル社は2018年9月までは売上・利益共に右肩上がりでしたが、直近は貿易摩擦や米中関係の悪化で決算を下方修正したこともあり大きく値をさげています。

 

しかしROEは平均して40%以上の数値を叩き出しており、現在の下押し要因が一時的の可能性が高くPERも15倍と近年の成長を加味すると非常に割安な水準ということもあり、

株価が下落する中でバフェットはアップルの投資ポーションを10%→25%に大幅に引き上げております。

 

米国にはアップルのほかにも長期的に大きなリターンをもたらすであろう銘柄が多く存在しております。

米国株の魅力と米国株を取引する際におすすめできる証券会社についてまとめた「米国株投資の魅力と個別株・ETFの注目銘柄をわかりやすく解説!おすすめの証券会社はどこなのか?」も参考にしてみてください。

 

以上、【新バフェット銘柄・Apple】編集部も保有するアップル(AAPL)の今後の株価の見通しを予想する。…の話題でした。

 

【ウォーレン・バフェット特集】「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」から解読する有名投資家の思考。

2019.06.04

【賢明なる投資家・ベンジャミン・グレアム特集】バフェット氏の師匠・バリュー投資の父の思考回路を解読。

2019.06.04

【米国株特集】アメリカ株式市場の魅力とは?市場・指数の種類と株の買い方までわかりやすく解説。

2019.07.31

 

【"GAFA" "FAANG"株見通し】アメリカの巨大IT企業の個別株式銘柄を分析&株価予想!米国株でリターンを最大化。

2019.09.17



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。