【外国株】米国・新興国株式は今後も投資対象としてメリットだらけ?高配当銘柄も存在する市場を掴め!

【外国株】米国・新興国株式は今後も投資対象としてメリットだらけ?高配当銘柄も存在する市場を掴め!
秀次郎
外国の株を買う?イマイチよくわからんのぉ〜。
信太郎
あまり難しく考えんでも、単純に海外の企業に投資するだけじゃぞ。

 

海外企業に投資をするということは、日本とは経済状況の異なる国という環境。

日本は、現状少子高齢化、年金問題など。

課題が山積みで、1980年代のバブル期をピークに株価推移は大きな伸びを見せていません。

 

日本の株価と歴代首相

(引用:日興セットマネジメント「日本経済・株式のご参考資料」)

 

しかし、海外では、米国のように経済成長が継続していたり。

まさに日の出の勢いで経済成長をしている新興国が存在しています。

 

経済環境は、株式市場に非常に大きな影響を与えます。

信太郎
資金を日本より高いリターンのある国の企業へ投資することで「グローバル」な「分散投資」が可能となるのじゃ。

 

このコンテンツでは、外国株の代表格となる米国株、気になる中国。

そして「Rising Nation」と評される新興国株式の見通しや個別銘柄分析を実施しています。

 

信太郎
海外株に興味のある方は必見じゃ!

目次

やはり王道の米国株投資

「米国・アメリカ・USA」

世界の覇権国であり、資本主義経済の中心地として2020年を迎える現在でも君臨。

 

米国は先進国でありながらも、移民の流入で人口は増加し続け、イノベーションも起こり続けております。

 

このコンテンツでは、そんな米国株式市場の魅力と株価指数、株式市場の種類の紹介。

そして、具体的な米国株の買い方を紹介していますので参考にしてみてください。

 

【米国株特集】アメリカ株式市場の魅力とは?市場・指数の種類と株の買い方までわかりやすく解説。

2019.07.31

 

 

目次に戻る

ハイリスクハイリターンの新興国株式。見通しは?

新興国の株式に投資をすると聞くと、まだまだ投資初心者の方からすると別世界の話かもしれません。

新興国は「Rising Nation」と英訳される通り、経済の成長がこれから爆発する可能性がある残されたフロンティア。

 

先進国株式に対して、リスクは多少高くはありますが、高いリターンを誇る新興国株式は魅力です。

 

このコンテンツでは、各新興国のファンダメンタル、為替、株式銘柄分析を実施していますので、参考にしてみてください。

 

【新興国(エマージング)株式市場特集】令和元年!2019年以降リターンを最大化できるのはどこの国?見通しを徹底検証!

2019.06.27

 

 

目次に戻る

中国株式市場の現状

中国は2009年に我が国・日本を抜き、GDPは世界第二位。

現在では日本を大幅に引き離して米国を猛追してきています。

 

テレビでも頻繁に話題になることが増えた中国の「深圳」。

そこではまさにアジアのシリコンバレーといっても過言ではなく、ハイテク産業が犇めいています。

 

コンテンツ内では、そんな成長がとまらず、改善余地も大きい中国経済と株式市場の現状についてお伝えしています。

 

“中国経済の実態と見通しのポイント“

[懸念点]

  • 中国の労働人口は減少に転じているが緩慢なペース
  • 企業債務は高いが改善傾向にある

[明るい点]

  • 総人口は2030年まで増加する見通し
  • 高付加価値産業への転換は着実に進んでいる
  • 改善余地の高い1人あたりGDP水準
  • 共産党政府の協力なコントロール力

[見通し]

成長率は下落するものの今後も6%程度の他の国であれば十分高成長といわれる水準をキープすることが見通される。

 

 

成長を続ける中国経済の実態と現状、崩壊の可能性・2019年最新の見通しをわかりやすく考察・解説。

2019.01.22

 

また、以下のコンテンツでは、中国の株式市場の現状とおすすめの銘柄をお伝えした上で、中国株を取り扱っているSBI証券、楽天証券、マネックス証券のどの口座が投資に最適かを比較しています。

 

割安な中国株式市場の概要(種類・証券取引所)とおすすめ銘柄を紹介!更に取引可能な証券会社を徹底比較。

2019.01.23

 

 

目次に戻る

まとめ

このコンテンツでは、世界のトップを走る米国、中国。

そして日の出の勢いで経済成長をしている、インドをはじめとした新興国の株式市場、個別銘柄について分析してきました。

外国株に興味のある方は、情報収集を進めて、投資を始めましょう。

 

以上、【外国株】米国・新興国株式は今後も投資対象としてメリットだらけ?高配当銘柄も存在する市場を掴め!…でした。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。