ナスダック総合指数とは?米国の巨大IT企業がひしめくNASDAQ総合指数の全貌を紐解く。

アメリカ企業と聞くと、GoogleやMicrosoftなどのIT企業を連想しがちです。

しかし、これら大企業も最初は小さなベンチャー企業から始まりました。

 

アメリカのベンチャー企業が上場しているのが「ナスダック」と呼ばれる株式市場です。

 

【アメリカ株式市場の種類】大化け銘柄・企業を探せ!米国ストックマーケット「NYSE」と「NASDAQ」とは?わかりやすく解説!

2019.08.07

 

このナスダックをもとに算出されている指標が「ナスダック総合指数」になります。

今回はこのナスダック総合指数について、徹底解説していきます。

 

ナスダック総合指数とは?

ナスダック総合指数はアメリカの新興企業市場である「ナスダック」に上場している企業の株価動向を反映した指標です。

ナスダック上場企業の株価すべてを対象としており、株価の加重平均を算出してナスダック総合指数が出されます。

 

信太郎
ナスダック総合指数に組み入れられている企業は3000を超えおるぞ!

 

アメリカの株価指標の中で今もっとも注目されている指標と言っても過言でないです。

 

1971年2月5日の算出時点における終値を100としています。

以下はナスダック総合指数の値動きです。

2019年11月27日時点では8705ポイントと9000ポイント間近という水準まで上昇してきています。

ナスダック総合指数の値動き

 

秀次郎
約90倍になってるということですな!

 

ナスダック総合指数の特徴

ナスダックに上場している企業は、ITなどのハイテク関連企業が多数を占めています。

そのため、ナスダック総合指数の動きは、「アメリカのハイテク産業」の動向を如実に示していると言えます。

 

ナスダック総合指数が最初に盛り上がったのはITバブルの時です。

1500ポイント程度であったナスダック指数が約1年足らずで4800ポイントまで3倍以上に急騰しました。

 

ナスダック総合指数のITバブル期の値動きの激しさ

 

その後、ITバブルの崩壊に伴ってナスダック総合指数は4800ポイント近辺から1300ポイントまで約7割ほど下落しました。

 

IT(ドットコム)バブルとは?株価チャートからみるベンチャー企業台頭に湧いた1990年代の米国株式市場とその崩壊の原因を解説

2019.03.07

 

秀次郎
ドットコムバブル近辺のナスダック総合指数の価格の値動きの激しさはリーマンショックをゆうに超えておりますな。

 

2008年あたりから2019年にかけて、ナスダック総合指数は右肩上がりに上昇してきました。

これは、GoogleやMicrosoftなどIT企業の業績が良かったことが要因です。

 

ただ、目下のナスダック総合指数は横ばいの状態となっています。

IT関連企業の勢いがこの1年で無くなってきたためです。

 

2015年の1年間も現在と同じような状況となっており、ナスダック総合指数が中々上昇しませんでした。

ただ、2016年ごろから再びブレイクするようになります。

 

これを踏まえると、ナスダック総合指数は途中横ばいの状態が生じても、堅調に伸びていくことが予想されます。

それだけ、アメリカのハイテク企業にかかっている期待が大きいということもでもありますね。

 

実際、1998年以降のナスダックの上位100銘柄で構成されるNASDAQ100指数、NASDAQ総合指数、ダウ指数、S&P500指数の値動きを比較してみましょう。

 

ナスダック総合指数とダウ平均指数やS&P500指数との値動きの比較

参照:大和投資信託

 

上位100銘柄を集めたナスダック100指数はS&P500指数の2.5倍、ナスダック総合指数も約2倍となっています。

 

秀次郎
ナスダックの伸びはすごいですな!ハイテク企業がリーマンショック後、いかに調子がよかったかがよくわかりますね!

 

ナスダック総合指数の構成上位銘柄

ナスダック総合指数の対象銘柄は、ナスダックに上場している全企業です。

この中から、特に時価総額の大きい企業をピックアップして紹介していきます。

 

以下は2019年11末時点での構成上位10銘柄です。

構成銘柄時価総額
アップル1.18兆ドル
マイクロソフロ1.15兆ドル
アルファベット0.90兆ドル
アマゾン0.89兆ドル
フェイスブック0.57兆ドル
インテル0.25兆ドル
コムキャスト0.20兆ドル
シスコシステム0.19兆ドル
ペプシコ0.19兆ドル
アドビシステムズ015兆ドル

参照:NASDAQ RESEARCH(2019年11末)

 

上位10銘柄で5.7兆ドルでありNASDAQ全体の時価総額17.1兆ドルの約34%を占めています。

 

上位のFAANGとマイクロソフトはナスダックに限らず、世界の時価総額1位〜5位に君臨する巨大企業群です。

この10年の米国並びに世界の株式市場を牽引してきた企業が名を連ねています。

 

【"GAFA" "FAANG"株見通し】アメリカの巨大IT企業の個別株式銘柄を分析&株価予想!米国株でリターンを最大化。

2019.09.17

 

アップル

日本でもおなじみのアップルは、ナスダック上場企業です。

今や大企業ですが、ナスダックへの上場を継続しています。

iPhoneやiPadなど、独自のIT機器、ソフトウェアを開発して、他のIT関連企業と差別化を図ってきました。

 

アップルを語る上で欠かせないのが創業者のスティーブ・ジョブズです。

スティーブ・ジョブズは、かなり破天荒な人生を歩んでおり、紆余曲折を経て、アップル創業に至ります。

近年は、iPhoneの販売数が減少するなど、苦境に立たされている面がありますね。

 

スティーブ・ジョブズが亡くなってから、独創的なアイディアが中々出てこなくなったというのも要因と言えます。

とはいえ、まだまだITソフトウェアの市場ではトップクラスの業績を出していますので、侮ることはできません。

直近ではウォーレンバフェットも巨額の投資を行なっており注目を浴びています。

 

【新バフェット銘柄・Apple】編集部も保有するアップル(AAPL)の今後の株価の見通しを予想する。

2019.02.15

 

 Microsoft (マイクロソフト)

アップルと並び、ITソフトウェア企業の二大巨頭として君臨しているのがMicrosoftですね。

日本での知名度は、アップル程ではないかもしれませんが、「Windows」と聞けば知らない人は少ないと思います。

 

Microsoftは、このWindowsをリリースして、世界的なITソフトウェア企業にのし上がりました。

創業者であるビル・ゲイツは、世界長者番付トップ10以内に毎回ランクインする富豪です。

 

ただ、ビル・ゲイツ自身は得たお金を寄付や財団設立に使っており、自身が贅沢な暮らしをすることはないようですね。

ビル・ゲイツとアップルの創業者スティーブ・ジョブズは互いに友人であり、ライバルである関係でした。

このライバル関係が、今の二大IT企業を作りあげたのかもしれません。

 

【Microsoft】マイクロソフト(MSFT)の今後の株価推移を予想!業績堅調で配当金は14期連続増配中の世界最大の企業に迫る。

2019.07.31

 

Amazonドットコム

世界最大の通販サイトであるAmazonも実は、ナスダック上場企業です。

Amazonは初期の頃は書籍のみを扱っていたのですが、業績好調にともなって、事業規模を拡大していきます。

 

今では、Amazonの専用倉庫があるほどになり、世界中どこでも迅速に配送できる状態が整えられています。

日本ではまだ実用化されてませんが、アメリカのAmazonでは「ドローン」を使った配送が実験段階に入っており、

早ければ今年中にドローン配送が実現する模様です。

 

無人機が家の前まで商品を配送してくれる時代になるとは、100年前の人たちは想像していなかったでしょうね。

大企業になっても、新たな試みを行うベンチャー精神を忘れずにビジネスを行っている点が市場から高評価を得ています。

 

【Amazon】バフェットも遂に購入を開始!アマゾンの株価の見通しを業績・PER推移から予想。

2019.05.03

 

アルファベット (Google)

Googleは言わずと知れた検索サイトのドンですね。2000年代前半は、ヤフーとシェアを争っていました。

現在はGoogleの一人勝ち状態です。

 

Googleは検索サービスの他に、企業の「広告」を配信するサービスも展開しています。

これが「Googleアドセンス」と呼ばれるものです。

YouTuberたちが収入を得られているのも、このGoogleアドセンスのおかげです。

 

YouTuberは、自身の動画にGoogleアドセンスを組み込んで、動画の途中に企業のCMを流します。

再生回数に応じて、YouTuberサイドに報酬が入る形式です。

 

Googleアドセンスが無ければ、多くのYouTuberたちはお金を稼ぐことができない訳です。

加えて、Googleは「Googleアース」と呼ばれる3Dの地図を無料でリリースしています。

 

Googleアースを使えば、まるでその場を歩ているような感覚になります。

家にいながら、海外旅行ができる感覚です。

様々なネットワークサービスを通じて、他のネットワーク企業の追随を許さない、確固たる地位を築いています。

 

【GOOGL】Google(グーグル)を運営するアルファベット(Alphabet)の今後の株価推移を予想する!

2019.09.07

 

フェイスブック(Facebook)

フェイスブックはドラマ『ソーシャルネットワーキング』でも取り上げられたマークザッカバーグ氏が創業した世界最大のSNSを運営していう会社です。

ちなみに現在、日本で大流行しているInstagramもフェイスブック社が運営しています。

 

現在はSNSから事業を多角化しようと奮闘しています。

特に仮想通貨『リベラ』については可能性が大きく今後が期待されています。

 

【FB】FAANGの一角『フェイスブック』の今後の株価推移を見通す!Facebookは制裁金等の苦難を乗り越えられるか。

2019.09.09

 

Costco(コストコ)

最近、日本の雑誌はバラエティ番組でも取り上げられるようになったコストコもジャスダック上場企業です。

コストコは、飲食料品や生活用品全般を販売する小売企業です。

 

日本の場合、コストコは都心部から離れた郊外に店舗を構えているところが多いですね。

コストコといえば、何といっても「コストパフォーマンスの良さ」です。

アメリカンサイズの商品が、とても安い値段で販売されています。

 

コストコは「会員制」をとっており、コストコの会員にならなければ買い物をすることができません。

小売業で会員制を採用しているのは、日本ではコストコぐらいではないでしょうか。

 

会員制にすることで、リピート率を増やし、売上の安定化を図っています。

アメリカでは、ウォールマートと並び、全米最大規模の小売企業です。

今後も堅調な国内消費支えられて、業績を伸ばしていくことが予想されますね。

 

まとめ

ナスダック総合指数は、ナスダックに上場する全企業を対象にした株価指数です。

ナスダック自体、新興企業、とくにIT企業が中心に上場しています。

ナスダック総合指数の推移を見れば、アメリカのハイテク産業の動向を知ることができます。

 

もちろん、新興企業以外にも、アメリカを代表する大企業がジャスダックに上場しています。

GoogleやMicrosoft、アップル、Amazonなど日本でもなじみの深い企業がジャスダックに名を連ねていますね。

 

これらの企業は時価総額が高く、ナスダック総合指数の推移に対して大きな影響力をもってます。

ナスダック総合指数は、2008年から右肩上がりで上昇してきています。

アメリカのIT企業の業績が好調であったことが伺えます。

 

ただ、直近のナスダック総合指数は横ばいの状態が続いており、ハイテク産業全体の勢いが若干弱まってきています。

長期的に見れば、上昇していくことが予想されますが、ナスダック総合指数がどのタイミングでブレイクするか、

注視していかねばなりませんね。

 

今後の動向からも目が離せません。

米国のその他の指数については以下でまとめていますので参考にしてみてください!

 

【アメリカの株価指数】初心者が知るべき米国代表株価指数(ナスダック総合指数・S&P500・NYダウ・ラッセル2000)をまとめて紹介!

2019.08.07



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。