【S&P500指数とは?】米国の代表的な株価指数の全容をわかりやすく解説する!

アメリカでは、株価の上下を見るのに様々な指標が使われます。

中でも「S&P500」は代表的な指標として知られています。

 

ただ、日本の経済ニュースを見ていても、そこまでS&P500は登場してきませんよね。

 

信太郎
アメリカ企業株に投資をするならば、S&P500に関する知識は必須じゃぞ!

 

今回は、S&P500について内容を詳細に解説していきます。

 

S&P500とは?

S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出を行っている米国株価指数の1つです。

ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、ナスダックに上場している銘柄の中から500銘柄を抽出して算出されています。

 

信太郎
S&P500は時価総額は約25.5兆ドルで、米国株式市場のおよそ80%を占めておるぞ!

 

アメリカ経済の全体的な動向を確かめるのにS&P500は打ってつけの指標であると言えますね。

 

S&P500の特徴!世界で最も有名な時価総額加重平均指数

S&P500は時価総額を加重平均して算出されます。時価総額の計算式は、

「株価×上場株式数」となります。

 

この時価総額の数値を使って、S&P500の数値を出していきます。

S&P500の具体的な計算式は以下の通りです。

 

「対象銘柄(500銘柄)の時価総額合計額÷基準点の時価総額合計」

 

S&P500では、1941年~1943年の平均を「10」としています。

たとえば、ある時期のS&P500が3,000であった場合、1941年~1943年と比べて「300倍」になっていることが分かります。

基準となる時期を設定することで、株価がどれくらい増えたかすぐに把握することができますね。

 

S&P500以外にも、時価総額加重平均で算出される指数がいくつかります。

たとえば、「TOPIX」や「上海総合指数」などが挙げられますね。

 

【TOPIX】トピックス(東証株価指数)とは?日経平均株価とは何が異なるかを初心者にもわかりやすく解説。

2019.02.01

 

これに対して、時価総額加重平均ではない方法で算出される指数もあります。

その方法とは、「株価平均型」と呼ばれるもので、

 

「対象銘柄の株価合計÷除数」の式で表されます。

 

ここで言う「除数」とは「銘柄を入れ替えた際に、不自然に株価が変化しない為に用いる調整値」を指します。

各銘柄を比較できるようにする「縮小・拡大ツール」というイメージです。

 

株価平均型で算出されている指標は、「日経平均株価」、「NYダウ」などが代表例です。

 

ダウ平均株価(ダウ工業株30種)とは?選別された代表企業と指数としての特徴をわかりやすく解説。

2019.08.07

 

世界的に見ると、S&P500に用いられている時価総額加重平均型の方が主流になっています。

株価平均型の場合、株価水準が高い銘柄の影響を強く受けてしまうからです。

市場全体の指標を正確に反映できないという事態に陥りますからね。

 

例えば分かりやすく日本の株式市場を例にして説明します。

日本の時価総額1位はトヨタ自動車です。

そのため時価総額加重平均指数のTOPIXではトヨタ自動車が構成銘柄トップですが、

平均株価である日経平均株価は株価の絶対値が70,000円近いファーストリテイリングがトップの構成銘柄となっています。

 

以下はTOPIXと日経平均株価の構成順位の比較です。

順位TOPIX構成上位構成比率日経平均構成上位構成比率
1位トヨタ自動車3.38%ファーストリテイリング8.85%
2位三菱UFJ1.75%ソフトバンクグループ4.54%
3位ソニー1.69%ファナック3.26%
4位NTT1.42%KDDI2.90%
5位ソフトバンクグループ1.42%東京エレクトロン2.78%
6位キーエンス1.29%ユニファミリーマート2.26%
7位三井住友1.20%テルモ2.00%
8位ホンダ1.16%京セラ2.17%
9位みずほ1.08%ダイキン工業2.09%
10位KDDI1.07%信越化学工業1.63%

 

秀次郎
ダウ平均株価とS&P500指数の構成上位銘柄の比較は後で紹介するぞ!

 

時価総額平均型の場合、たとえ株価が高くても時価総額が高くなければ指標への影響は小さくなります。

株価平均型よりも、企業の規模、影響力を正確に反映できてると言えますね。

 

S&P500の構成企業

S&P500の構成企業は、「情報通信産業」の企業が多数を占めます。

いわゆる「ハイテク産業」とよばれる業種です。代表的な銘柄は以下の企業になります。

 

構成上位10銘柄
アップル4.30%
マイクロソフト3.80%
アルファベット3.00%
アマゾン2.90%
フェイスブック1.70%
バークシャー1.60%
JPモルガン1.50%
ジョンソン&ジョンソン1.40%
P&G1.30%
エクソンモービル1.20%
上位合計10銘柄22.70%

 

どの企業も、アメリカを代表する大企業ですね。

アメリカの株式市場における時価総額トップクラスの企業は、ハイテク産業が多いために、

自然とS&P500を構成する企業も情報通信系企業が多くなってきます。

 

『S&P500指数』と『ダウ平均株価』の違い

S&P500とNYダウ、NASDAQ総合指数では指標の算出方法が異なるのは、先ほど述べた通りです。

加えて、それぞれの指標は対象としている銘柄数が異なってきます。

それぞれの構成銘柄数は以下の通りとなっています。

 

  • S&P500:500
  • NYダウ:30
  • NASDAQ総合指数:3300以上

 

 

NYダウは、米国を代表している30銘柄に絞っています。

NYダウは先ほど言及したとおり平均株価指数なので株価の絶対値が高い銘柄の構成比率が高くなっています。

 

ゆえにダウ平均株価では時価総額では全く上位ではない、ボーイングが最大のポーションを占めています。

以下はS&P500指数とダウ平均株価の上位10銘柄の構成比率です。

 

S&P500ダウ平均株価
アップル4.30%ボーイング8.85%
マイクロソフト3.80%ユナイテッド
ヘルスグループ
6.77%
アルファベット3.00%アップル6.46%
アマゾン2.90%ゴールドマンサックス5.35%
フェイスブック1.70%ホームデポ5.33%
バークシャー1.60%マクドナルド4.70%
JPモルガン1.50%ビザ4.46%
ジョンソン&ジョンソン1.40%スリーエム4.10%
P&G1.30%マイクロソフト3.66%
エクソンモービル1.20%ウォルト・ディズニー3.66%
上位合計10銘柄22.70%上位合計10銘柄53.34%

*これらの銘柄は、定期的に組み換えが行われます。

 

ダウ平均株価は対象の銘柄数は少ないですが、実はこの30銘柄だけで米国株式市場の25%の時価総額となります。

それだけ、巨大な企業で市場に対する影響力が大きいということですね。

 

S&P500の場合、時価総額が大きい順に算出しています。

フェイスブックなどNYダウには含まれていない企業も組み入れているため、

NYダウよりもより広範囲で米国市場の動向を見渡せる指標になっています。

 

しかし、リターンは以下の通り「S&P500指数」と「ダウ平均株価」では殆ど同じリターンとなっています。

 

S&P500指数とダウ平均株価指数のチャートの比較

参照:Vanguard

 

大型株全体の傾向としては同じ値動きをしているということが出来ますね。

 

『S&P500指数』と『NASDAQ総合指数』の違い

NASDAQ総合指数はNASDAQに上場している全銘柄を対象にしています。

そのため、銘柄数は3300以上に及び、S&P500、NYダウと比べると網羅している銘柄が非常に広いです。

 

ただナスダック総合指数は新興銘柄の割合が多くなっているためテクノロジー系企業の割合が大きくなっています。

上位5社は全く同じ構成ですが組入比率はナスダック総合指数の方が高くなっています。

また6位以下もナスダック総合指数はテクノロジー系企業で占められています。

S&P500ナスダック総合指数
アップル4.30%アップル6.90%
マイクロソフト3.80%マイクロソフト6.73%
アルファベット3.00%アルファベット5.26%
アマゾン2.90%アマゾン5.20%
フェイスブック1.70%フェイスブック3.33%
バークシャー1.60%インテル1.46%
JPモルガン1.50%コムキャスト1.17%
ジョンソン&ジョンソン1.40%シスコシステムズ1.11%
P&G1.30%ペプシコ1.11%
エクソンモービル1.20%アドビシステムズ1.11%
上位合計10銘柄22.70%上位合計10銘柄33.39%

 

この10年間は米国のテクノロジー系企業が大躍進を遂げました。

結果的に以下の通り、ナスダック総合指数はS&P500指数を大きく上回る成績を残しています。

 

S&P500指数とNASDAQ総合指数の比較

参照:Vanguard

 

テクノロジーの進歩に長期的に期待するのであればナスダック総合指数が魅力的になります。

しかし、ITバブル崩壊時のようにナスダック総合指数はS&P500に比して価格下落時の勢いも凄まじいものがありますので注意も必要です

 

ナスダック総合指数前後のナスダックの動き

 

S&P500を利用した投資信託とETF

 

秀次郎
ところで、S&P500指数に投資するにはどうしららよいのですか?
信太郎
うむ。S&P500指数では投資信託やETFといった選択肢があるぞ!

 

S&P500指数の連動を目標とする投資信託

S&P500をベンチマークにした投資信託が、日本の証券会社でも販売されています。

販売されているS&P500関連の投資信託は以下の通りです。

 

運用会社投資信託信託報酬(税込)
三菱UFJ国際投信eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)0.0968%
大和投信iFree S&P 500インデックス0.2475%
ブラックロックジャパンiシェアーズ  米国株式インデックス・ファンド0.4125%
ステートストリート米国株式インデックスファンド0.4950%

 

購入手数料は全て無料ですが、年間発生する信託手数料が発生します。

殆どリターンは変わらないため、信託手数料が最も小さいeMAXIS Slim米国株式(S&P500)が最良の選択肢でしょう。

 

これらの投資信託は、日本円で購入することが可能です。

ただし、為替変動のリスクが生じる為、円安の場合は円建で利回りがよくなります。

一方、円高に振れた場合は円建での利回りが悪化します。

 

S&P500指数の連動を目標とするETF

ETFは株式と同様に株式市場が開場しているときに常時取引ができる上場投資信託です。

 

【ETFとは?】その仕組みと一般投資信託との違い・取引するメリットデメリットをわかりやすく解説。

2019.02.16

 

S&P500指数に連動するETFとして一番有名で尚且つ手数料も低いのがバンガード社が運用するVOOです。

VOOは勿論取引手数料は無料で、更に信託報酬は年間0.03%という驚異の水準です。

 

信太郎
以下のコンテンツでVOOを徹底的に紐解いておるぞ!

 

バンガード社の人気ETF「VOO」と「VTI」はどちらが良い?楽天証券を使ったお得な購入方法と共に解説する。

2019.06.03

 

まとめ

S&P500は、アメリカの株式市場から厳選された500銘柄の株価、時価総額をもとに算出された指数です。

アメリカ経済全体の動向を把握するのに適した指標となっています。

 

S&P500を利用した投資信託やETFも販売されており、アメリカ銘柄に対して分散投資が行える優れものとなっています。

アメリカ経済が落ち目にならない限りは、S&P500は堅調に伸びていくことが予想されます。

 

日本の株式市場の場合、少子高齢化に伴い、国内消費が落ち込んでいますが、アメリカは国内消費も堅調に伸びています。

まだ世界経済の中心は「アメリカ」であると言えます。

 

株式投資の世界で「神」と称されているウォーレン・バフェット氏は、自分が亡くなった後の資産運用について、

「S&P500に資産の90%、残りの10%を政府短期国債」に投資するよう、妻に語ったとされています。

それほどに、投資初心者の人間でも着実に利益を挙げられるのがS&P500関連の金融商品であるということですね。

 

米国のその他の株価指数については以下でまとめております。

 

【アメリカの株価指数】初心者が知るべき米国代表株価指数(ナスダック総合指数・S&P500・NYダウ・ラッセル2000)をまとめて紹介!

2019.08.07



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。