【4499】4月20日IPO予定!IT関連企業Speeeの初値を予想する。 

Speeeは4月20日に上場予定のIPO銘柄です。

Speeeはデータ資産を活用したマーケティング活動を支援する MarTech 事業などを行っています。

 

この記事では【4499】SpeeeのIPO情報を紹介します。

スケジュールや初値予想などのIPO情報や事業内容、業績などを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

SpeeeのIPOスケジュール

SpeeeのIPOスケジュールは以下の通りです。

ブックビルディング期間4月2日(木)~4月8日(水)
市場マザーズ
公募価格決定日4月9日(木)
購入申し込み期間4月10日(金)~4月15日(水)
上場予定日4月20日(月)
当選株式数3,222,300株(内訳 公募2,607,000株 売出615,300株)
オーバーアロットメントによる売出420,300株
想定価格2,590円
仮条件価格未定
公募価格4月9日(木)発表

 

主幹事は野村証券!SBI証券でも取引可能

証券会社株式数割当率
野村証券
SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
藍澤証券
いちよし証券
マネックス証券
楽天証券

※各証券会社の割当株式数は現時点で未定。

主幹事は野村証券です。

主幹事は割当株式数が圧倒的に多いので、IPO当選確率を高めるなら主幹事証券からの申込みは必須になります。

 

Speeeの会社概要

会社名Speee
コード番号4499(マザーズ)
設立2007 年 11 月 29 日
資本金36,640 千円
本社住所東京都港区六本木四丁目 1 番 4 号
代表代表取締役 大塚 英樹
事業内容データ資産を利活用したマーケティング活動を支援する MarTech 事業など
従業員数295人

 

Speeeの事業内容

SpeeeはIT関連事業を展開しています。

主な事業は以下の3つです。

 

  • MarTech事業
  • X-Tech事業
  • Data Platform事業

 

それぞれの事業内容を確認していきましょう。

MarTech事業

消費活動の複雑化に伴い、マーケティング活動は高難易度化しています。

Speeeは自社で蓄積したデータと世の中に散在するデータや解法を収集・整理し活用するサービスを提供しています。

 

MarTech事業は、データ分析を元にしたマーケティングソリューションサービスを提供する事業です。

また、データを活用したマーケティング施策のオペレーション代行等も行っています。

X-Tech事業

X-Tech事業は、テクノロジーを活用した新たなソリューションを提供する事業です。

具体的には以下のようなサービスがあります。

 

・イエウール

中古不動産売却におけるマッチングサービス

・ ヌリカエ

外壁リフォームにおけるマッチングサービス

 

Data Platform事業

ビッグデータやAIといった重要なデータは共有されず、データを活用しきれていないという現状があります。

Data Platform事業はこういった問題を解決するサービスを提供しています。

 

例えばDatachainというサービスがあります。

Datachainは重要なデータに関して、全ての取引履歴について第三者による検証が可能なサービスです。

 

データ流出を防ぎつつ、中央管理者を介さずに当事者間でデータ流通を完結させることができます。

ブロックチェーン技術とトークンエコノミーによってデータ流通を革新することを目指している事業です。

 

IPOにより得る手取金の使途は人件費、広告宣伝費、借入金の返済に充てる予定

SpeeeがIPOにより得る資金は手取り概算で6,185百万円です。

 

これらの資金については人件費、広告宣伝費、借入金の返済に充当する予定です。

具体的な資金の使途は以下の通りとなっています。

 

  • 採用費及び人件費(1,914百万円)
  • 広告宣伝費(4,158百万円)
  • 借入金の返済(1,114百万円)

 

Speeeの業績

ここではSpeeeの業績を有価証券報告書で確認していきます。

まずは売上高の推移です。

売上高は順調に増加

売上高(千円)
2015年9月3,648,949
2016年9月5,666,438
2017年9月5,737,701
2018年9月7,156,993
2019年9月7,361,503

 

売上高は年々増加しています。

2019年9月期の売上高は2015年9月期に比べて2倍以上となっています。

つづいて、Speeeの経常利益を確認していきましょう。

 

経常利益は2017年9月期は赤字

経常利益(千円)
2015年9月417,298
2016年9月367,456
2017年9月△287,580
2018年9月388,437
2019年9月301,384

 

経常利益は2017年9月期は赤字を計上しています。

2019年9月期も減益となっており安定成長しているとは言えません。

 

Speeeのロックアップ情報

Speeeの上位株主の保有比率、ロックアップ情報は以下の通りです。

株主保有比率ロックアップ期間
大塚 英樹29.91%90日間
久田 哲史26.96%90日間
株式会社Print25.93%90日間
渡邉 昌司8.32%90日間
安田 智之7.54%90日間
松嶋 良治0.77%
株式会社バルーン0.57%90日間

 

Speeeは第6位株主以外は90日間のロックアップが設定されています。

ロックアップ期間中は、保有する株を売却することはできません。

 

ロックアップは上場と同時に大株主が株を売却し、株価が暴落しないように取られている対策です。

IPO銘柄は特に需給によって株価が大きく変動しますので、ロックアップ情報は必ず確認しましょう。

 

Speeeの初値予想

Speeeは売上高は成長していますが、経常利益については安定性を欠きます。

今後利益面も成長していけるかどうかが注目されそうです。

 

前期のEPSは2.53円です。

今期のEPSは第1四半期時点で51.86円となっています。

第2四半期以降も第1四半期までと同様の利益になると想定すると今期のEPSは344円です。

 

IPOにより2,607,000株の公募があり、発行済総株式数の増加を加味すると今期の予想EPSは264.75円となります。

EPS264.75円という数字と同業者のPERから初値を予想してみます。

 

Speeeと同様にサイバー上のマーケティング関連のサービスを行っている会社と比較してみます。

比較するのは以下の3銘柄です。

【3675】クロスマーケティンググループ

【4286】レッグス

【6069】トレンダーズ

 

企業名PER
【3675】クロスマーケティンググループ6.28倍
【4286】レッグス7.24倍
【6069】トレンダーズ10.63倍
PER平均8.05倍

 

EPS264.75円×PER8.05倍=2,131円 となります。

 

まとめ

Speeeはマーケティングを支援する事業などを展開しています。

マーケティングは様々な業界で欠かせない分野です。

利益面については右肩上がりの成長となっておらず、現在の混乱した市況もあり不安のIPOとなりそうです。

 

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

2020年2月2日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。