【4498】認証・セキュリティ事業やIoT事業を展開 IPO銘柄サイバートラストの初値を予想

サイバートラストは4月17日に上場予定のIPO銘柄です。

サイバートラストは認証・セキュリティ事業、IoT事業、Linux/OSS事業を展開しています。

 

この記事では【4498】サイバートラストのIPO情報を紹介します。

スケジュールや初値予想などのIPO情報や事業内容、業績などを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

サイバートラストのIPOスケジュール

サイバートラストのIPOスケジュールは以下の通りです。

ブックビルディング期間4月1日(水)~4月7日(火)
市場マザーズ
公募価格決定日4月8日(水)
購入申し込み期間4月9日(木)~4月14日(火)
上場予定日4月17日(金)
当選株式数402,500株(内訳 公募150,000株 売出252,500株)
オーバーアロットメントによる売出52,500株
想定価格1,150円
仮条件価格未定
公募価格4月8日(水)発表

 

主幹事はみずほ証券!SBI証券でも取引可能

証券会社株式数割当率
みずほ証券
SBI証券

※各証券会社の割当株式数は現時点で未定。

主幹事はみずほ証券です。

主幹事は割当株式数が圧倒的に多いので、IPO当選確率を高めるなら主幹事証券からの申込みは必須になります。

 

サイバートラストの会社概要

会社名サイバートラスト
コード番号4498(マザーズ)
設立2000 年 6 月 1 日
資本金540,160 千円
本社住所東京都港区六本木一丁目 9 番 10 号
代表代表取締役社長 眞柄 泰利
事業内容トラストサービス事業
従業員数200人

 

サイバートラストの事業内容

サイバートラストはトラストサービス事業を行っている会社です。

 

事業は以下の3つです。

 

  • IoT事業
  • 認証、セキュリティ事業
  • Linux/OSS事業

 

それぞれの事業内容を確認していきましょう。

 

IoT事業

IoT事業はIoT 製品の長期利用を支援するサービスです。

IoT機器が急速に普及する現代ではさまざまな IoT 機器の多くが10年以上使用されることを想定されています。

長期間使用されるIoT機器はセキュリティリスクや IoT 関連の法改正などに素早く対応する必要があります。

サイバートラストのIoT事業はこういった問題を解決するサービスです。

具体的なサービスとして

 

  • 長期間利用可能な IoT・組込み機器専用の Linux  EMLinux
  • IoT 機器の安全性・本物性を PKI (公開鍵暗号基盤)技術を活用する セキュアIoTプラットフォーム
  • IoTの脆弱性検査ツール VDOO Vision

 

があります。

 

認証・セキュリティ事業

商用電子認証局として、SSL/TLS サーバー証明書などのパブリック証明書サービスを提供しています。

サイバートラストは日本初かつ国内最長 20 年以上の運用実績を持つ商用電子認証局です。

その実績を生かして各人称・セキュリティサービスを提供しています。

 

Linux/OSS事業

Linux/OSS事業はLinuxサーバーOSや組込み用途のLinuxなど必要不可欠なソリューションを提供しています。

サーバーアプリケーション製品や基幹システムにOSSを利用するための統合監視ツールなどを提供する事業です。

 

IPOにより得る手取金の使途は開発費用に充てる予定

サイバートラストがIPOにより得る資金は手取り概算で153,700千円です。

第三者割当増資により得られる手取り概算額55,545千円と合わせて209,245千円となります。

これらの資金については開発費用に充当する予定です。

具体的な資金の使途は以下の通りとなっています。

 

・自社開発ソフトウエア及び開発設備への投資(209,245千円)

 

サイバートラストの業績

ここではサイバートラストの業績を有価証券報告書で確認していきます。

まずは売上高の推移です。

売上高は順調に増加

売上高(千円)
2015年3月677,340
2016年3月890,032
2017年3月1,136,638
2018年3月2,629,590
2019年3月4,167,266

 

売上高は年々増加しています。

2019年3月期の売上高は2015年3月期に比べて6倍以上となっています。

つづいて、サイバートラストの経常利益を確認していきましょう。

 

経常利益も右肩上がりに増加

経常利益(千円)
2015年3月86,094
2016年3月154,393
2017年3月197,785
2018年3月369,144
2019年3月436,775

 

経常利益も売上高と同様に右肩上がりに成長しています。

2019年3月期の経常利益は2015年3月期に比べて5倍以上となっています。

 

サイバートラストのロックアップ情報

サイバートラストの上位株主の保有比率、ロックアップ情報は以下の通りです。

株主保有比率ロックアップ期間
SBテクノロジー(株)64.83%180日間
(有)SPCトラスト9.85%
日本電気(株)5.52%180日間
(株)オービックビジネスコンサルタント5.52%180日間
(株)ラック5.52%180日間
(株)エヌ・ティ・ティ・データ1.58%180日間
(株)日立製作所1.58%180日間
(株)サンブリッジコーポレーション1.58%180日間
セコム(株)1.58%
大日本印刷(株)1.58%

 

サイバートラストは第1位株主及び第3位~第8位株主に180日間のロックアップが設定されています。

ロックアップ期間中は、保有する株を売却することはできません。

 

ロックアップは上場と同時に大株主が株を売却し、株価が暴落しないように取られている対策です。

IPO銘柄は特に需給によって株価が大きく変動しますので、ロックアップ情報は必ず確認しましょう。

 

サイバートラストの初値予想

サイバートラストは売上高、経常利益ともに右肩上がりに成長しています。

 

前期のEPSは57.34円です。

今期のEPSは第3四半期時点で49.28円となっています。

第4四半期も第3四半期までと同様の利益になると想定すると今期のEPSは65.7円です。

 

IPOにより150,000株の公募があり、発行済総株式数の増加を加味すると今期の予想EPSは63.11円となります。

EPS63.11円という数字と同業者のPERから初値を予想してみます。

 

サイバートラストと同様にサイバー上のセキュリティサービスを行っている会社と比較してみます。

比較するのは以下の3銘柄です。

【3042】セキュアヴェイル

【3692】FFRI

【3916】デジタル・インフォメーション・テクノロジー

 

企業名PER
【3042】セキュアヴェイル37.38倍
【3692】FFRI65.04倍
【3916】デジタル・インフォメーション・テクノロジー22.7倍
PER平均41.7倍

 

EPS63.11円×PER41.7倍=2,631円 となります。

 

まとめ

サイバートラストは認証・セキュリティサービスなどトラストサービスを展開しています。

セキュリティサービス、IoT分野と今後成長が期待できる分野で活躍している企業です。

コロナショックの影響で株式市場は混乱していますが、注目のIPOとなりそうです。

 

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

2020年2月2日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。