「つみたてNISA」を活用した人生設計とは!?期待できる資産額と老後の出口戦略についてシナリオ毎に解説する。

「つみたてNISA」を活用した人生設計とは!?期待できる資産額と老後の出口戦略についてシナリオ毎に解説する。

「つみたてNISA」を活用して老後の資産を構築したいという方は非常に多いのではないでしょうか?

 

淀姫
昨年は老後2000万円問題が世間をにぎわせましたね。。
信太郎
うむ。特に若い世代の中には危機感をもって「つみたてNISA」を始めることを検討している衆が多いように見受けるの!

 

実際、筆者も自分でアクティブリターンを狙って投資しているポーションとは別に、

「つみたてNISA」で月3万円、「iDeCo」は月5万円の積立を行なっています。

 

信太郎
サラリーマンじゃとiDeCOは月1.2万しか投資できぬ衆が多いが、厚生年金を貰えるからの!ワシら独立組は自分で年金を作らねばならんのじゃ!

 

iDeCo(イデコ)の限度額とは?自営業・サラリーマン・専業主婦・公務員とタイプ別に説明。

iDeCo(イデコ)の限度額とは?自営業・サラリーマン・専業主婦・公務員とタイプ別に説明。

2019年5月2日

 

本日は「つみたてNISA」を活用した場合、老後までにどれだけの資産を構築できるか?

過去100年近いデータを元に悲観的シナリオ、平均的シナリオ、楽観的シナリオを元に算出していきます。

 

更に、各シナリオ毎に20年間の積み立て終了後の戦略を含めて老後の資産形成についてお伝えしていきたいと思います。

現在20代-40代の方に是非ともご覧いただきたい内容となっています。

 

信太郎
老後の心配が吹き飛ぶ内容となっていると自負しておるぞい!

 

【今回の瓦版概要】

  • 「つみたてNISA」で資産はどれくらい構築できる?
  • 相場環境によってどれほど構築できる資産額に差ができるかを「悲観的」「標準」「楽観的」シナリオでシミュレーション
  • 好況と不況が交互に訪れる仕組みとは?
  • 重要なのはいつ積立を始めるかより出口戦略を考えること
  • 各シナリオ毎に考えられる出口戦略とは?

 

そもそも「つみたてNISA」とは?

まずは「つみたてNISA」についての簡単な復習から入りたいと思います。

 

信太郎
基本は知っておる!という衆は「次項にジャンプ」するんじゃ!

 

「つみたてNISA」は2018年から金融庁の肝いりで始まった制度で長期投資による資産形成を促す目的で開始されました。

一般NISAとの併用を行うことができません。

 

淀姫
最大20年間の枠で年間40万円ずつ非課税枠が与えられるのが特徴じゃな!

 

以下図の通り2018年から初めていた場合2037年時点で最大800万円の枠をもらうことができます。

また各ボックス毎ですので2037年に与えられる40万円の枠は2056年まで継続して非課税の枠をもらうことが出来ます。

 

信太郎
因みに2024年に制度改正が予定されており「つみたてNISA」の最後の非課税枠を獲得できるのが2042年まで、最後の枠が期限切れとなるのが2061年に延長される予定となっておる!!

 

つみたてNISAの仕組み

 

NISAとの比較は以下となっています。

 

信太郎
つみたてNISAでは個別株の投資はできぬが長期投資に適した投信やETFへの投資は行うことができるぞ!
淀姫
金融庁が選んだ長期投資に適した投信に投資できるのも魅力的ですね!

 

つみたてNISA一般NISA
対象者20歳以上の日本在住者
必要書類マイナンバー・口座届出書
金融機関変更可能
非課税対象長期の積立・分散投資に適した
一定の要件を満たす投資信託
上場株式投資信託等
非課税枠年間40万円年間120万円
非課税期間最長20年最長5年
最大非課税枠【現行制度】
最大800万円

(年間40万円×20年)
最大600万円
(年間120万円×5年)
ロールオーバー不可能可能
口座開設期間2018年〜2037年(2042年に延長見込み)2014年〜2023年

 

詳しくは以下で纏めておるから制度について詳しく知りたいという方はご覧頂ければと思います。

 

つみたてNISAのメリットとデメリットをNISA(ニーサ)と比較してわかりやすく解説する。どんな人におすすめの制度なのか?

「つみたてNISA(ニーサ)」とは?メリット・デメリットを一般NISAと比較しながら新制度への改正内容も含めてわかりやすく解説。

2018年12月31日

 

今回の検証を行う前提を予め規定する

まず今回シミュレーションを行う前に前提をお伝えしていきたいと思います。

一旦の積立投資期間を20年に設定

「つみたてNISA」で非課税枠を維持できるのは20年間となります。

単純化のために20年間を積立投資期間として考えていきます。

 

信太郎
後で20年間積立を終えた後の戦略についてお伝えしていくぞ!

 

毎月3万円ずつ投資

毎月3万円ずつ投資をすると年間36万円となります。

40万円の枠の満額に違い金額を積み立てる前提で算定していきたいと思います。

 

1万円ずつ積み立てていきたい方は全ての金額を3分の1ずつして考えてみてください。

2万円ずつ積み立てていきたい方は全ての金額を3分の2ずつして考えてみてください。

 

信太郎
自分の積立たいペースで積み立てるがよいぞ!今回はわかりやすく3万円で算定を進めていこうと思う!

 

投資先は米国株インデックス投資を想定

投資先は米国のインデックス投資を前提として進めていきます。

今回はデータが取りやすかったS&P500指数に連動した成績を挙げた場合どうなるかという算定を行っていきたいと思います。

 

信太郎
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)などが有力候補じゃな!

 

S&P500指数は長期間にわたり上下動はありながらも右肩上がりに成長しています。

後で紹介しますが長期間投資するこで年平均リターンは安定しますのでS&P500指数のデータを元にお伝えしていきます。

S&P500指数のチャート

 

なお、S&P500指数の数値は配当金が加味されていない数値となります、

S&P500指数の平均的な配当利回りは2%ですので、年末に配当金を拠出した前提で算出していきます。

 

コラム:筆者が実際に投資しているのは楽天証券で楽天VTIの積立

投資を行う先は楽天VTIで行なっていこうと思います。

楽天VTIは米国株全体に投資することができるVTIを楽天証券が投資信託として仕立てた金融商品です。

 

米国株全体といっても85%はS&P500指数に組み入れられている大型銘柄ですのでリターンは殆ど変わらないものとなります。

以下は楽天VTIが連動を目指すETFであるVTIとS&P500指数連動のVOOのチャートですがリターンは殆ど同じレベルのものとなります。

 

青:VTI(米国株全体)
赤:VOO(大型株中心noS&P500指数)

VTIとVOOの比較

 

信太郎
VOOが設定されてから10年間は大型株相場じゃったからVOOの方が強かったが超長期的にみると小型株効果を享受できるVTIの方が強いと考えておる!

 

楽天VTIであれば投資しているVTIが配当金を拠出した瞬間に配当金を再投資します。

 

信太郎
つまり、米国側での課税10%しか徴収されずに再投資を行うことができるんじゃ!

 

楽天VTIの再投資の仕組み

 

通常の投資信託であれば二重課税調整を受けたとしても日本側の20.315%の税金がかかった後に再投資となります。

 

信太郎
詳しくは以下でまとめておるぞ!

 

米国株の配当金は二重課税!?投信に適用される二重課税調整と共に仕組みを解説!外国税額控除を利用して取り返すことも考えよう。

米国株の配当金は二重課税!?投信に適用される二重課税調整と共に仕組みを解説!外国税額控除を利用して取り返すことも考えよう。

2020年5月13日

 

楽天証券で楽天クレジットカード引き落としを行うことで5万円分まで投資金額の1%がポイント還元されます。

 

信太郎
更に得られたポイントで投信を購入することができるんじゃ!これは凄いしくみじゃぞ!
淀姫
例えば3万円投資したら300ポイント獲得できて、300ポイントで投信が300円分買えるということですね!つまり1%分リターンが改善するという凄まじい仕組みなんじゃな!

 

【関連】

楽天証券で投資信託を購入・積立するメリットを徹底解説!ポイント購入に加え楽天カード積立で1%のポイント還元!?

楽天証券で投資信託を購入・積立するメリットとは?現金いらずのポイント購入・楽天クレジットカード積立で1%のポイント還元!?

2018年12月20日
楽天証券で楽天カードクレジット決済で1%ポイント還元を獲得するための設定方法を画面付きで解説する。

【楽天証券で投信積立】楽天カードクレジット決済で1%ポイント還元を獲得するための設定方法を画面付きで解説!

2019年3月6日

 

過去20年間「つみたてNISA」で積み立てを行った場合の資産

以下は2000年の5月から3万円ずつ積み立てた場合の元本と運用資産額の推移です。

積立元本:720万円
資産額:1877万円

となっております。

 

信太郎
S&P500指数の配当込みの年平均リターンは5.7%となっておるの!ITバブル崩壊リーマンショックの影響で大幅にリターンが低下しておる。

 

筆者が1972年から2000年に運用を開始した場合の年平均の運用リターンをまとめたものが以下となっています。

1999年から2019年の20年間の平均リターンが一番低く、2番目に低いのが2000年ということになります。

逆に1970年代後半からの年平均複利は15%以上と驚異的な実績を誇っています。

 

米国株を20年運用した場合の年平均リターン

 

淀姫
ワラワには年平均リターンが右肩下がりのようにしか見えぬのじゃが?これは傾向として右肩下りなのですか?
信太郎
そんなことはないぞ!景気の好況と不況の波の谷にあたっただけじゃと思う。実際、以下の通り過去20年の長期データじゃと今より低い時もあったんじゃ!

 

以下は世界恐慌があった1929年からの20年平均リターンです。

1920年代後半と1950年代後半から1960年代前半に積立を開始すると1990年代後半より低い平均リターンとなります。

 

信太郎
あくまでインフレ調整後のリターンじゃからな!実際の名目リターン(額面)は平均して+2%-+3%して考えてやるとよいぞ!つまり最低でも年平均3%ということになるの!

 

20年平均リターン

 

淀姫
名目で20年平均3%の時もあれば、15%以上の時もあるんじゃな。それは大きな差じゃの。。
信太郎
まぁ、積立NISAは毎年1年ずつずらして投資するからの。リターンは平準化されるが、最初らへんの積立が高い年率リターンを叩きだす年にあたれば大きな差が生まれるの。

 

今回は、一旦の積立開始から終了までの積立期を20年としますが、30年間積み立てた場合更に年率リターンは平均化します。

 

淀姫
最低でもインフレ調整後で4%、調整前の名目だと6%-7%を期待できるのですね!!
30年間の年平均リターン

 

1920年代からの景気循環については以前、レイダリオのパラダイムシフトを纏めた時にお伝えしていますので気になる方はご覧ください!

 

レイ・ダリオのパラダイムシフト(=Paradaigm Shift)を日本語で紐解く!今後の世界をヘッジファンドの帝王はどう考えているのか?

レイ・ダリオのパラダイムシフト(=Paradaigm Shift)を日本語で紐解く!今後の世界をヘッジファンドの帝王はどう考えているのか?

2020年5月11日

 

各シナリオ毎に20年後の資産をシミュレーション

実際のところ「つみたてNISA」を行うことでどれだけの資産が築けるのか気になる方が多いと思います。

そこで、今までの景気循環の中でワーストケースとベストケースと平均的なケースの3パターンでお伝えしていきたいと思います。

 

悲観的シナリオ(=最悪の20年を経験した場合)

 

信太郎
最も気になるのは最低でもいくらになるのかということじゃな!

 

先ほどもお伝えした通り景気は循環します。

期間中に大きなマイナスの年度が多くあり、資産額が大きくなってきた最終年度近くでリターンを伸ばせない場合悲惨な結果となります。

以下は1928年からの各年度のリターンですが1929年から20年間積み立てたケースが最も最悪な20年間となりました。

 

信太郎
つまり、世界大恐慌の時から積立を開始した場合のリターンが最小となるわけじゃ!

 

最悪の20年間

 

上図は丁度バフェットが運営する「Berkshire Hathawayの年次レポート」に1965年からの配当込みのレポートがありましたので活用して算出します。

また1965年以前については「macrotrends」を参照にしています。(配当が加味されていないので2%を加味します)

 

1929年から月3万円を積み立てた結果が以下となります。因みに1962年から積立た場合もほぼ同じ資産となりました。

最悪の年に積立を開始した場合の資産の推移
元本運用資産額
1年目3632.43
2年目7259.84
3年目10868.87
4年目14495.82
5年目180178.37
6年目216207.34
7年目252333.27
8年目288468.98
9年目324333.38
10年目360460.10
11年目396480.22
12年目432452.40
13年目468416.65
14年目504512.77
15年目540658.76
16年目576798.85
17年目6121096.23
18年目6481024.03
19年目6841080.51
20年目7201131.10

 

 

淀姫
元本の1.6倍程度にしかならんのは物足りないのぉ。

 

1100万円-1500万円程度であれば悪い年に投資を開始してしまったと考えた方がよいでしょう。

 

信太郎
20年じゃとババを引いてしまう可能性があるというわけじゃな。ただ、追って出口戦略の項でお伝えするが決して悲観するではないぞ!

 

ノーマルシナリオ(=平均的な20年を経験した場合)

以下は1928年に積立NISAを開始して20年経過した場合から初めて1999年に開始した場合の資産額の推移です。

 

信太郎
平均じゃと2567万円ということになっておる!また標準偏差は1178万円となっておるの。

 

つまり約1400万円-約3750万円におさまる可能性が68%ということじゃな。

ただ、1980年開始の場合の構築学が調子が良すぎることを加味すると1500万円〜3000万円が標準的な成績ということができます。

 

積立NISAで構築できる資産
積立開始年次構築資産額
19281131.12791
19291165.16847
19301169.06116
19311309.99664
19321604.7656
19331852.01407
19341967.17382
19351722.48095
19362376.6948
19372831.44194
19382811.27527
19392375.0049
19403083.67606
19413200.75002
19422957.38896
19433378.24262
19442698.73289
19452892.70996
19462977.61135
19472946.47524
19482394.96769
19492818.4266
19502780.75688
19512236.38877
19522038.64843
19532075.13519
19542205.07609
19551691.38398
19561108.87821
19571396.8877
19581608.05974
19591388.31992
19601347.25271
19611488.42909
19621837.51316
19631620.78261
19641847.57012
19652085.63138
19662062.97195
19672538.10083
19682816.78256
19692723.38674
19702968.24638
19713656.60022
19723273.96801
19733925.09489
19743899.38962
19753995.86066
19763687.44406
19774368.89695
19784745.41229
19795808.94335
19805765.385432
19815634.57234
19825103.71957
19833952.47035
19842639.451
19852928.85596
19862827.34775
19872550.30021
19882591.87803
19892416.95329
19901346.79555
19911509.8211
19921572.90323
19931430.25229
19941506.93095
19951799.64676
19961843.09808
19971665.56514
19981706.62433
19991921.76038

 

楽観的ケース(=最高の20年を経験した場合)

最高の20年間については積立期間においてプラスのリターンとなる年が多く、

資産額が大きくなる後半に大きなプラスのリターンが集中する期間となります。

積立NISAの最高の20年間

 

検証の結果1979年から月3万円の積立を開始した時に20年後に最大の資産を構築することが出来るようになります。

積立NISAの20年間のベストケース
元本運用資産額
1年目3647.63
2年目7281.25
3年目108134.63
4年目144200.79
5年目180249.04
6年目216363.74
7年目252467.39
8年目288527.23
9年目324650.75
10年目360893.03
11年目396901.35
12年目4321212.26
13年目4681340.39
14年目5041511.77
15年目5401567.43
16年目5762192.78
17年目6122733.12
18年目6483681.98
19年目6844771.03
20年目7205808.94

 

淀姫
元本の8倍になっておりますね!
信太郎
3000万円以上であれば上出来な結果とみてもよいじゃろうな!

 

悲観的シナリオとなってしまった場合の出口戦略

 

信太郎
皆の衆が最も気になっておるのはワーストケースとなってしまった場合ではないかの?ワーストに近い結果となった場合の対処策についてまずは見ていこうと思うぞ!

 

積立を終えた後も引き出しを行わず放置を続けるのが歴史的にみて有効

20年間の運用であれば大きな差が生じてしまいます。

しかし、30年以上のリターンとなると平準化します。(あくまで過去90年の傾向なので保証はできません)

 

実際景気は波を描いており、最悪の20年間の後は高いパフォーマンスの10年間が続いてますし、

最高の20年間の後は最悪といってもよい10年間が続いています。

 

最低の20年間の後の最高の20年間

 

因みに1929年の積立開始と同様に低い成績となった1960年前半の積立開始も、

その後の10年は1980年代の安定して高いリターンを享受することができています。

 

信太郎
経済がサイクルする理由については次の項目のコラムでも少しふれておるぞ!

 

20年という期間であれば不況の影響を色濃く受けてしまう期間が残念ながら存在します。

しかし、30年という期間でみると景気の良し悪しを全て経験することができる期間となります。

実際、30年投資した場合の年平均リターンは以下の通り20年の時と比べて平準化されています。

 

S&P500に30年間投資した場合の年平均リターン

 

例えば、先ほどのワーストシナリオで20年経過した1949年からは積立を休止し放置した場合を考えます。

積立を20年後に終了したとしても1958年末時点では4911万円となっています。

 

最悪のケースとなった場合の対策

 

淀姫
要はハズレくじを引いた場合はハズレくじを持ち続ければ当たりクジとなるというわけじゃな!

 

具体的な「つみたてNISA」終了後の手続き

「つみたてNISA」が終了した時に保有していた残高は通常の課税口座に移管となります。

 

家三郎
移管した時の金額が基準価格となるぞ!

 

つまり最初に投資した40万円の非課税枠分の金額が20年後に60万円となっていたら60万円が元本という扱いになります。

課税講座に移された後に100万円まで上昇した場合は40万円(=100万円-60万円)分について20.315%の税金がかかります。

 

ワーストシナリオの場合は20年経過した分から順次課税講座に移し替えていきます。

ワーストシナリオの場合の積立終了後の処理

ケース①:資金が必要でどうしても20年積立後に取り崩したい場合

 

信太郎
どうしても20年経過後に生活資金として取り崩したいという衆もおるじゃろう。そのような方におすすめの方法をお伝えしていくぞ!

 

ワーストケースの場合は1130万円の資産しか構築できていないので全く十分ではありません。

しかし、どうしても資金が必要な場合は積立資産の4%を目処に取り崩していきましょう。

 

信太郎
いわゆる4%ルールというやつじゃな!

 

4%を最初の年に積立た「つみたてNISA枠」から順番に取り崩していきましょう。

1130万円の4%ですから45万円と、ある程度の金額になります。

 

信太郎
そして残りの金額は引き続き放置して課税口座と「つみたてNISA口座」で運用を続ければよいのじゃ!

 

最悪の20年間の後は良好な10年が続く可能性が高いです。仮に4%ずつ取り崩したとしても資産は増え続けることが期待できます。

先ほどのワーストケースで20年間積立が終了した後に、4%ずつ取り崩した場合の資産の推移は以下となります。

 

淀姫
しっかり30年後には3265万円を築けておるの!また4%ルールで毎年の拠出額も増えていっておるの!30年目が近くなると100万近く引き出せておるではないか!

 

ワーストケースの場合の取り崩し戦略

 

ケース②:満足いく資産が形成されるまで待機できる場合

先ほどは資産を取り崩す必要性がある人についてお伝えしてきました。

しかし、20台で「つみたてNISA」を初めた方は20年経過してもばりばり現役といえるでしょう。

 

このような場合、最悪の20年に狼狽することなく、じっくり課税口座に移しながら運用を続けるのがよいでしょう。

自分の満足のいく金額が形成された段階で、非課税期間が終わり課税口座に移管となっている分から取り崩していけばよいのです。

 

信太郎
この場合も継続して取り崩していない分については運用して資産を増やしていくことが出来るぞい!

 

資産形成後の資産取り崩し法

 

ワーストケースで20年積立終了後に、10年間課税口座と「つみたてNISA口座」で運用した場合、先ほどの試算の通り4911万円となります。

ここから4%を取り崩すと年間196万円となります。

 

淀姫
月額16万円の資金を老後に得ることが出来るということですね!!
信太郎
うむ。そして運用していくことで資産の減少を抑えるどころか場合によっては増えるからの!

 

30年運用した場合は、次の10年は引き続き好況かどうかは半々です。

基本的には運用を行うことで増加することが見込めますが4%の引き出しと見合うレベルかもしれません。

また、債券や金と組み合わせて運用するということも考えられます。(楽観的シナリオの出口戦略で解説)

 

とはいえ十分資産を保持しながら老後の資産を構築できているといえますね。

 

信太郎
年金と「つみたてNISA」の取り崩しで裕福な老後を送ることができるということじゃな!
淀姫
20台や30台前半までの衆は今すぐ初めておいた方がよいの!たとえ最悪の20年でも次の10年で報われる可能性が高いからの!

 

コラム:何故景気は循環するのか?

人間は資本主義始まって以降、信用拡大と信用収縮によって景気の波を常に繰り返してきました。

経済が浮き沈みする仕組みについてはRayDalioが30分の動画でまとめています。

参照:レイダリオ「経済の仕組み」

 

また、詳しく纏めたいと思いますが今回は概要だけさらっとお伝えします。

 

信太郎
彼は景気に波を生む原因はクレジット(信用)だといっておる。もし借金が出来ぬのなら景気は一定に推移すると説明しておる
淀姫
どういうことですか?

 

国や人や企業は借金をすることで自分が保有する以上の資金を手にすることができます。

国の債務や企業の借入金や個人の住宅ローンを見れば、人の本質はよりお金を欲しいと欲して借り入れを行うことだとしています。

 

人間の本質は借り入れを行うこと

 

借り入れを行い需要が増えて経済が伸びていくときには人々は味をしめて、どんどん借り入れを増やしていきます。

しかし、当然借り入れには利払いが発生します。

利払いを支払うことが困難になってくると、今まで通り借り入れを継続して経済を加熱させることができなくなります。

 

信太郎
ことここに至って人々は使う金額を減らして、借金の返済に勤しむようになり経済が収縮する局面に至るとしておる。

 

経済の拡大と縮小の図

 

レイダリオが書いた1920年代からのパラダイムシフトは常にこの繰り返しの歴史を描いています。

 

人類は世代を経て入れ替わり同じことをし続けているといえるでしょう。

ただ、当然借り入れを全否定しているわけではなく、プラスの側面もあると言及していますが今回は割愛させていただきます。

 

ノーマルシナリオとなった場合の出口戦略

ノーマルケースとなった場合は2000万円近い資産ということになります。

この場合は個々人の趣向による部分が大きいと言えます。

 

例えば60歳からの40年間で年間50万円を取り崩していくだけで十分という方は全て現金化することも妥当な選択肢となります。

ただ、40年間インフレが発生しないという確証も持てません。

やはり基本的には先ほどの悲観的シナリオと同じ戦略を取るのが妥当な選択肢となります。

 

信太郎
つまり直ぐに資金が欲しい人は4%ルールで取り崩しながら(3%でも良い場合は3%)、残りを運用し続けるのがよいじゃろう!
淀姫
また、資金需要がない衆は放置又は追加投資をして十分な資産が構築できるまで待つということじゃな!

 

楽観的シナリオとなった場合は要注意!出口戦略を考えよう

次にベストケースとなった場合の出口戦略について考えていきましょう。

 

信太郎
円満じゃと考えてしまう衆もおるじゃろうが、実は楽観的シナリオの場合も出口戦略は重要なんじゃ!

 

好況の後は不況が待ち受けるリスクが高い

運よく積立を開始した年がよく予想以上に大きい資産を構築できた場合も要注意です。

先ほどの悲観的シナリオで終えた場合で見たとおり、好調な20年の後は基本的には不調な10年が待ち受けています。

景気循環によるリターンの平準化

 

淀姫
世の中永遠にはうまくいかぬということじゃな。
信太郎
うむ。先ほどもコラムで解説した通り経済のメインプレーヤーが変遷する過程で人類は常に同じ過ちをおかしつづけているんじゃよな。
信太郎
要は好況と不況が交互に訪れるのは人間の性ということじゃ。

 

ベストな20年間を享受した後は単純に投資し続けることを考え直した方がよいでしょう。

戦略①:一旦現金化して様子をみる

待つも相場の一つです。予想以上のリターンを享受して自分の納得する資産が構築できた場合は一旦現金化して待つことも考えてみましょう。

今回のコロナショックやリーマンショックのような40%近い下落が発生しては精神崩壊を起こしてしまいますからね。

 

積立初期の少ない金額が40%減少しても痛みは小さいですが、せっかく最高の20年を享受した後に40%の下落を被ったら精神的に立ち直れませんね。

 

信太郎
構築した5000万円が3000万円になってしもうたら膝から崩れ落ちるからの。

 

現金化する割合は個々人の趣向に合わせてですが、積立を開始した初期の分から4%分を目安に現金化を行いましょう。

現金化していない分は引き続き「つみたてNISA」口座で運用していけばよいのです。

 

5000万円のうち半分を現金化して、残り半分の2500万円の運用を継続したとします。

ここで40%の下落に見舞われても損失は1000万円で済みますので、まだ精神的には崩壊をまぬがれますね。

 

家三郎
元々元本は720万円ですからね!

 

戦略②:債券や金と組み合わせたポートフォリオを組成してリスクに備える

現金化した分を現金で寝かしておくのは勿体ないという方にはオールシーズンズポートフォリオでの運用がおすすめです。

オールシーズンズポートフォリオもレイダリオが提唱したポートフォリオです。

 

ブリッジ ウォーター アソシエイツの「レイ・ダリオ」を特集!同氏が推奨するオールウェザー・ポートフォリオ&オールシーズンズ・ポートフォリオとは?

ブリッジ ウォーター アソシエイツの「レイ・ダリオ」を特集!同氏が推奨するオールウェザー・ポートフォリオ&オールシーズンズ・ポートフォリオとは?

2019年9月23日

 

【オールシーズンズポートフォリオ】

アセットクラス構成比率該当ETF
15%GLD
米株30%VTI or VOO
米中期債15%IEF
米長期債40%TLT

 

どのような環境でも一定に近いリターンを出せることが期待されています。

以下は1978年からのオールシーズンズポートフォリオの成績ですが年率9.59%で一定のリターンを出し続けています。

 

赤:米国株100%
青:オールシーズンズポートフォリオ

オールシーズンズポートフォリオの成績

 

信太郎
とはいっても20年後オールシーズンズポートフォリオを組成するなら一つ注意しなければならぬことがある。

 

現在までの40年間オールシーズンズポートフォリオが高い成績を出してきた理由はTLTの安定した成績が大きく寄与しています。

TLTのような長期債は金利水準が下がると大きくリターンがでますが、逆に金利が上がると大きな損失がでます。

以前、債券ETFの仕組みについては以下で解説しています。

 

【ロールダウン効果とは?】債券ETFの利益の源泉をわかりやすく解説する!おすすめの米国債ETF「TLT」を取り入れた今後の戦略を考える。

【ロールダウン効果とは?】債券ETFの利益の源泉をわかりやすく解説する!おすすめの米国債ETF「TLT」を取り入れた今後の戦略を考える。

2020年5月10日

 

この40年間長期金利は低下しつづけましたが、足元0金利近傍まできており金利の引き下げ余地が殆どなくなっています。

 

米10年債の金利

 

20年後、米国の長期金利が今より少なくとも数%は高い状況である場合に限り有効な選択肢となってくるでしょう。

 

まとめ

 

信太郎
今回も盛りだくさんじゃったな!

 

【概要】

  • 「つみたてNISA」を米国株インデックス投資で実践することで資産を形成できる
  • ただ20年という期間ではシナリオによって構築できる資産に大きな差が生まれるのも事実
  • つまり出口戦略が重要となる

 

【悲観的シナリオ:元本720万円に対して1100万円-1500万円程度】

  • 景気は畝っているため次の10年は栄光の10年となる可能性が高い
  • 取り崩すにしても全体の4%と決めて運用を継続する
  • 4%取り崩しを行なっても資産は伸びていく可能性が高い
  • 余裕があれば取り崩しを行わず目標資産達成まで運用継続をするのがベスト

 

【ノーマルシナリオ:元本720万円に対して1500万円-3000万円程度】

  • 基本的には悲観的シナリオと同じ
  • 今後どちらに転ぶか不安であれば現金化も考えるのがよい

 

【楽観的シナリオ:元本720万円に対して3000万円以上】

  • 景気循環で次の10年間運用を続けると大きな損失を被る可能性がある
  • 一定ポジションを現金化してショックが起こったときの衝撃を和らげておくことが懸命
  • 現金化したポジションを放置することが勿体ない場合はオールシーズンズポートフォリオ構築を検討
  • ただ、金利カーブが少なくとも今より数%は上であるかを確認しておこう

 

信太郎
ワシの他の記事も読んでみてくれると嬉しいぞ!

 

【信太郎の瓦版】話題の経済ニュースや金融トピックスを証券アナリスト目線でわかりやすく解説していく!

2020年4月25日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。