【4432】クラウド事業を展開するIPO銘柄「ウイングアーク1st」の初値を予想する!

ウイングアーク1stは3月26日に上場予定のIPO銘柄です。

ウイングアーク1stはソフトウェアやクラウドサービスの提供をしています。

再上場案件となるIPOです。

 

この記事では【4432】ウイングアーク1stのIPO情報を紹介します。

スケジュールや初値予想などのIPO情報や事業内容、業績などを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ウイングアーク1stのIPOスケジュール

ウイングアーク1stのIPOスケジュールは以下の通りです。

ブックビルディング期間3月9日(月)~3月13日(金)
市場未定(東証一部または二部)
公募価格決定日3月16日(月)
購入申し込み期間3月17日(火)~3月23日(月)
上場予定日3月26日(木)
当選株式数16,834,500株(内訳 全て売出)
オーバーアロットメントによる売出1,317,400株
想定価格1,670円
仮条件価格未定
公募価格3月16日(月)発表

主幹事は野村証券!SBI証券でも取引可能

証券会社株式数割当率
野村証券(主幹事)
三菱UFJモルガンスタンレー証券
メリルリンチ日本証券
みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
楽天証券

※各証券会社の割当株式数は現時点で未定。

主幹事は野村証券です。

主幹事は割当株式数が圧倒的に多いので、IPO当選確率を高めるなら主幹事証券からの申込みは必須になります。

 

ウイングアーク1stの会社概要

会社名ウイングアーク1st
コード番号4432(東証一部または二部)
設立2016 年 3 月 7 日(実質上 2004 年 3 月 24 日)
資本金200,000 千円
本社住所東京都港区六本木三丁目 2 番 1 号
代表代表取締役社長 田中 潤
事業内容企業の情報活用を促進するソフトウェアおよびクラウドサービスの提供
従業員数607人

 

 

ウイングアーク1stの事業内容

ウイングアーク1stは企業の情報活用を促進するソフトウェアおよびクラウドサービスの提供している会社です。

 

主な事業内容は以下の2つになります。

・帳票・文書管理ソリューション

・データエンパワーメントソリューション

 

具体的な事業内容を確認していきましょう。

 

帳票・文書管理ソリューション

帳票・文書管理ソリューションは企業の基幹業務を支えるサービスです。

帳票に関するソフトウェア及びそれらをベースとしたソリューションを提供しています。

具体的には、請求書や納品書、発送伝票などの帳票の作成や出力、管理を行うことが可能です。

また、公的機関が発行する各種証明書にも利用されています。

 

帳票市場におけるシェアは68.3%となっています。

 

データエンパワーメントソリューション

データエンパワーメントソリューションは、様々なデータを活用し新たな価値を生み出すサービスです。

生産性の向上やビジネスプロセスの効率化による経営スピードの向上を実現することをコンセプトとしています。

 

データの集計、分析、可視化、意思決定支援というデータ活用の一連の流れをカバーしているサービスです。

ビックデータを利用して企業の意思決定やイノベーションを援助するソフトウェアの販売などを行っています。

 

IPOにより得る手取金の使途

ウイングアーク1stのIPOは全て売出によるもののためIPOにより会社側が得る資金はありません。

IPO銘柄においては特に成長性が重要視されます。

 

成長に必要な先行投資には資金が必要であり、IPOを資金を得るためには公募が必要です。

公募の無いIPO銘柄は成長性が疑問視されることがありますので注意が必要となります。

 

ウイングアーク1stの業績

ここではウイングアーク1stの業績を有価証券報告書で確認していきます。

まずは売上高の推移です。

売上高は順調に成長

売上高(千円)
2017年2月11,655,320
2018年2月15,566,097
2019年2月17,297,202

※国際会計基準

売上高は順調に増加しています。

2017年2月期に比べて2019年2月期は48%の増加となっています。

つづいて、ウイングアーク1stの税引き前利益を確認していきましょう。

 

税引き前利益も順調に増加

経常利益(千円)
2017年2月1,712,084
2018年2月4,046,856
2019年2月4,738,869

 

税引き前利益も順調に増加しています。

2017年2月期に比べて2019年2月期は2.7倍となっています。

 

ウイングアーク1stのロックアップ情報

ウイングアーク1stの上位株主の保有比率、ロックアップ情報は以下の通りです。

株主保有比率ロックアップ期間
CJP WA Holdings, L.P.47.27%180日間
IW.DXパートナーズ(株)21.46%180日間
Sansan(株)10.02%180日間
モノリス有限責任事業組合3.93%180日間
鈴与(株)1.51%180日間
(株)インテージホールディングス1.4%180日間
合同会社PKSHA Technology Capital1.01%180日間
内野 弘幸0.79%180日間
(株)データ・アプリケーション0.6%180日間
田中 潤(社長)0.56%180日間

 

ウイングアーク1stは第1位株主~第10位株主全てに180日間のロックアップが設定されています。

ロックアップ期間中は、保有する株を売却することはできません。

 

ロックアップは上場と同時に大株主が株を売却し、株価が暴落しないように取られている対策です。

IPO銘柄は特に需給によって株価が大きく変動しますので、ロックアップ情報は必ず確認しましょう。

 

ウイングアーク1stの初値予想

ウイングアーク1stは売上高は順調に伸びており、利益も増加しています。

ただし、公募が無く売出のみのIPOである点と再上場である点には注意が必要です。

 

前期のEPSは105.56円です。

今期のEPSは第3四半期時点で102.46円となっています。

第4四半期も第3四半期と同様の利益になると想定すると今期のEPSは136.61円です。

 

売出のみのIPOであり、発行済総株式数は増加しませんので上場後の予想EPSも136.61円となります。

EPS136.61円という数字と同業者のPERから初値を予想してみます。

 

ウイングアーク1stと同様に帳票システムの販売を行っている他社と比較してみます。

比較するのは以下の3銘柄です。

【2492】インフォマート

【4284】ソルクシーズ

【7041】CRGHD

 

企業名PER
2492】インフォマート138.75倍
【4284】ソルクシーズ14.89倍
【7041】CRGHD8.66倍
PER平均54.1倍

 

EPS 136.61円×PER54.1倍=7,390円 となります。

 

まとめ

ウイングアーク1stはソフトウェアやクラウドサービスの提供を行っています。

再上場案件となるIPOであり、売出のみでもあるため人気化する可能性は低そうです。

混乱している市況の状況もあり注意が必要なIPOとなります。

 

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

2020年2月2日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。