【賢明なる投資家・ベンジャミン・グレアム特集】バフェット氏の師匠・バリュー投資の父の思考回路を解読。

【賢明なる投資家・ベンジャミン・グレアム特集】バフェット氏の師匠・バリュー投資の父の思考回路を解読。
信太郎
世界的に有名な投資家といえば、ウォーレン・バフェット氏が現代では挙げられるが、実はベンジャミン・グレアム氏はそのバフェット氏の師匠だったのじゃ。
秀次郎
ということはとんでもなく偉大な投資家ということじゃな(語彙力
信太郎
今回のコンテンツでは、そんなベンジャミングレアム氏の思考と投資手法について紹介していくぞよ。

 

有名投資家・ベンジャミングレアムの思考

バリュー投資の父・ウォーレン・バフェットの師匠:「ベンジャミン・グレアム」の思考を解説

2019.03.01

 

基本的に、投資は分析を行い、理論に基づくものです。

対して、投機はギャンブルのように運に任せたものと認知されています。

楽天証券経済研究所では、資産形成を含めて以下のような見解を出しています。

投資と投機の違い

出所:楽天証券経済研究所作成

 

家三郎
対して、グレアム氏は、以下のように考えておるのじゃ。
投資 詳細な分析・理論に基づき、元本の安全性を守りつつ、かつ適正な収益を得るような行動
投機  上記投資以外の取引、理論がない

 

加えて、グレアム氏は投資家の種類を「防衛的投資家」・「積極的投資家」の2つに分けています。

コンテンツ内では詳しく両者の違いと、投資家が取るべき戦略を解説しています。

 

上記コンテンツでは積極的投資家の取るべき投資戦略を詳しく掘り下げています。

続いて、以下のコンテンツでは「防衛的投資家」が取るべき戦略(株式と債券の適正な割合)を紹介しています。

ベンジャミン・グレアムが提唱する防衛的投資家の投資指針を紹介!収益が高く財政状態の良い優良企業の見極め方。

2019.03.01

 

家三郎
自分が積極的投資家になるのか、防衛的投資家になるべきなのかを見極めた上で参考にするのじゃ。

 

また、上記のコンテンツの内容を踏まえ、「インフレーション」と「企業収益」の相関性についてのベンジャミン・グレアム氏の考え方を以下では紹介しています。

ベンジャミン・グレアムが考える「インフレ」と「企業収益」の関係と株式投資の有効性を賢明なる投資家から読み解く

2019.03.01

 

大前提として、ベンジャミン・グレアム氏はインフレと企業収益(利益率)の相関性は低いと結論づけています。

グレアム氏は企業収益の増加はインフレによるものではなく、稼ぎ出して「利益」の「再投資」を継続しているからであるとしています。

 

家三郎
グレアム氏が投資に従事していた1966年〜1970年まで、インフレにより生活費は22%上昇したのじゃ。しかし、1965年以来株価は全体的に落ち込んだ等の事例が複数発見し、それが同氏の考えの根拠となったんじゃな。

そんなグレアム氏が考える米国の株価上昇の要因なども含めて解説していますので参考にしてみてください。

グレアム氏が提唱するバリュー株(ネットネット株)投資

ベンジャミン・グレアムの成長株(グロース)を明確に否定する理由と割安株投資の実験結果を踏まえた積極的投資家向けバリュー株投資とは?

2019.03.02

 

上記のコンテンツでは、グレアム氏は「積極的投資家」は市場平均以上の利益、オーバーパフォームを得ることを目的とした投資家を指すという内容となっています。

その積極的投資家に対しては、市場平均を超える成績を残すことを希望しているにも関わらず、グロース株投資ではなく、バリュー株投資を勧めています。

 

家三郎
しかし、具体的にどのように株式銘柄を選択し、投資をしていくべきなのか?

コンテンツ内ではグレアム氏がグロース株を否定している点、どのようにバリュー投資を進めていくべきかを詳しく解説していますので参考にしてみてください。

グレアム氏のネットネット株の探し方

図解!ウォーレンバフェットの師/ベンジャミン・グレアムのネットネット株の探し方とその欠点について解説。

2019.02.18

 

ある程度、株式投資を経験している方は、「ネットネット株」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

「ネットネット株」はベンジャミン・グレアム氏が紹介した一つの投資手法の一つです。

 

そのネットネット株で、ベンジャミン・グレアム氏が設立したヘッジファンドである「グレアム・ニューマン社」は卓越したパフォーマンスを残していたのです。

ネットネット株とは、「正味流動資産株」としてベンジャミン・グレアム氏の著書・賢明なる投資家(第15章積極的投資家の株式銘柄選択)で紹介されています。

正味流動資産のみを考えた簿価よりも安い価格で買える株をなるべく多く取得する。我々が買い付けた銘柄のほとんどは、この「スリム化された」資産価値の三分の二以下の価格で入手したものである。

コンテンツ内では個人が株式投資をする上でも応用可能なこのネットネット株の探し方、そしてその欠点について、詳しく解説していきます。

グレアム氏が比喩するミスターマーケットの正体

【有名投資家】グレアム氏が株価の比喩表現に使う「ミスターマーケット」の真意とは?

2019.03.06

 

ミスターマーケット」とは、ベンジャミン・グレアム氏が株式市場における情緒不安定なパートナーであるとし、ミスターマーケットという名を付けました。

この項目の締めくくりとして、例え話をしよう。ある個人企業に一〇〇〇ドルの出資をしていると想像してほしい。

共同出資者の一人には、ミスター・マーケットという名の非常に世話好きな男がいる。

彼は、あなたの持ち分の現在価値に関する自分の考えを毎日教えてくれ、さらにはその価格であなたの持ち分を買い取ってもいいし、同じ単位価格で自分の持ち分を分けてもいいと言ってくる。

彼の価値評価が、企業成長やあなた自身が考える将来性に見合っており、適切なものに思えるときもあるだろう。

その反面、ミスター・マーケットはしばしば理性を失い、あなたには彼が常軌を逸した価格を提示しているように思えることもある。

(引用:賢明なる投資家)

 

グレアム氏は「ミスターマーケット」を投資家の共同出資者であり、「世話好き」「しばしば理性を失う」パートナーであるとしています。

秀次郎
メンヘラということじゃな。
コンテンツ内でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

まとめ

家三郎
今回は、賢明なる投資家・ベンジャミン・グレアム氏を特集してきたぞよ。株式投資をする上で、同氏の思考をぜひ参考にして、実践に入っていくのじゃ。

以上、【賢明なる投資家・ベンジャミン・グレアム特集】バフェット氏の師匠・バリュー投資の父の思考回路を解読。…の話題でした。

 

【ウォーレン・バフェット特集】「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」から解読する有名投資家の思考。

2019.06.04

【有名投資家まとめ!】一流ファンドマネジャー・ピーターリンチから個人ブロガーまで一挙紹介。

2019.06.05

【株本・漫画・アプリまとめ】名著から株式投資初心者にも読みやすい勉強本・実践に生きるアプリを紹介。

2019.05.24



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。