【4491】システム開発を行うIT銘柄「コンピューターマネージメント」のIPO初値を予想する!

【4491】システム開発を行うIT銘柄「コンピューターマネージメント」のIPO初値を予想する!

コンピューターマネージメント」【4491】は3月11日に上場予定のIPO銘柄です。

コンピューターマネージメントはシステム受託開発などの事業を行っています。

IPOでは人気の出やすいIT銘柄です。

 

今回のIPO情報は【4491】コンピューターマネージメントを紹介します。

スケジュールや初値予想などのIPO情報や事業内容、業績などを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

コンピューターマネージメントのIPOスケジュール

コンピューターマネージメントのIPOスケジュールは以下の通りです。

ブックビルディング期間2月25日(火)~3月2日(月)
市場JASDAQスタンダード
公募価格決定日3月3日(火)
購入申し込み期間3月4日(水)~3月9日(月)
上場予定日3月11日(水)
当選株式数421,800株(内訳 公募178,200株 売出234,600株)
オーバーアロットメントによる売出55,000株
想定価格2,630円
仮条件価格未定
公募価格3月3日(火)発表

主幹事はSMBC日興証券!SBI証券でも取引可能

証券会社株式数割当率
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
岩井コスモ証券
岡三証券
むさし証券

※各証券会社の割当株式数は現時点で未定。

主幹事はSMBC日興証券です。

主幹事は割当株式数が圧倒的に多いので、IPO当選確率を高めるなら主幹事証券からの申込みは必須になります。

コンピューターマネージメントの会社概要

会社名コンピューターマネージメント
コード番号4491(JASDAQスタンダード)
設立1981年11月26日
資本金112,045 千円
本社住所大阪府大阪市港区弁天一丁目 2 番 1 号
代表代表取締役社長 竹中 勝昭
事業内容システムの受託開発
従業員数565名

コンピューターマネージメントの事業内容

コンピューターマネージメントはシステムの受託開発などを行う企業です。

創業は1981年と約40年の歴史を持っています。

独立系情報サービス企業としてシステムソリューションサービスを提供している企業です。

事業内容は3つに分類されます。

ゼネラルソリューションサービス

ゼネラルソリューションサービスは、コンピューターマネージメントの中核サービスです。

幅広い分野の顧客からシステムの受託開発や運用保守などのサービスを提供しています。

 

インフラソリューションサービス

インフラソリューションサービスは、顧客のITシステム基盤の構築とその後の運用・保守を行うサービスです。

サーバーの導入やネットワークの構築データベース、アプリケーション基盤などシステムインフラを構築します。

システムの構築から運用・保守まで一連のサービスを提供しています。

 

ERPソリューションサービス

コンピューターマネージメントは世界トップシェアのSAPジャパンと20年以上の取引実績があります。

そのノウハウを生かし、SAPジャパン製品の導入支援、カスタマイズ、保守、運用を行うサービスです。

大企業・中堅企業・中小企業向けのラインアップを展開しており企業規模に応じたサービスの提供が可能です。

 

IPOにより得る手取金の使途は本社移転費用と事業拡大による人件費が大半を占める

コンピューターマネージメントがIPOにより得る資金は手取り概算で446,149千円です。

第三者割当増資の手取り概算額132,612千円と合わせると578,761千円となります。

資金の使途は以下となっています。

 

①本社移転費用(262,000千円)

②事業拡大のための人件費(135,000千円)

③社内基幹システムへの投資(76,000千円)

④開発拠点拡充のための東京本社分室開設にかかる費用(57,000千円)

 

コンピューターマネージメントの業績

ここではコンピューターマネージメントの業績を有価証券報告書で確認していきます。

まずは売上高の推移です。

売上高は右肩あがり

売上高(千円)
2015年3月2,972,842
2016年3月3,573,799
2017年3月4,119,620
2018年3月4,774,489
2019年3月5,366,835

 

売上は順調に増加していますね。

2015年3月期に比べて前期は80%程度増加しておりしっかりと成長しています。

 

つづいて、コンピューターマネージメントの経常利益を確認していきましょう。

経常利益も堅調に推移

経常利益(千円)
2015年3月39,888
2016年3月129,545
2017年3月168,882
2018年3月222,688
2019年3月242,406

 

売上高の増加と共に経常利益も増加していますね。

2015年3月期に比べて前期の経常利益は6倍以上となっており高い成長となっています。

 

コンピューターマネージメントのロックアップ情報

コンピューターマネージメントの上位株主の保有比率、ロックアップ情報は以下の通りです。

株主保有比率ロックアップ期間
(有)シー・エム・ケー46.80%180日間
竹中 勝昭(社長)19.62%
コンピューターマネージメント社員持株会15.54%180日間
竹中 澪子3.69%180日間
竹中 英之2.73%180日間
竹中 利之2.58%180日間
長平 由美子2.58%180日間
吉田 徹1.50%180日間
辻下 知充1.27%180日間
常深 雅稔0.66%180日間

 

上位1位株主及び3位~10位株主は180日間のロックアップが設定されています。

ロックアップ期間中は、保有する株を売却することはできません。

ロックアップは上場と同時に大株主が株を売却し、株価が暴落しないように取られている対策です。

 

約20%の株を保有する第2位株主である社長にロックアップが設定されていません。

持ち株を売却した場合は株価に悪影響となります。

 

IPO銘柄は特に需給によって株価が大きく変動しますので、ロックアップ情報は必ず確認しましょう。

コンピューターマネージメントの初値予想

コンピューターマネージメントは売上、利益共に成長している企業です。

赤字企業も多いIPO銘柄の中で黒字を継続していることとIT企業であることから人気となるかも知れません。

 

前期のEPSは233.4円です。

今期は直近の第3四半期時点でEPSは175.47円となっています。

第4四半期も第3四半期までと同程度の利益があるとするとEPSは234円程度です。

 

今回のIPOにより発行済総株式数が増加しますので、上場後のEPSは189円程度となります。

このEPSを利用して同業者のPERから初値を予想してみます。

 

システム開発、運用を行っている同業他社企業と比較してみます。

比較するのは以下です。

【4709】IDホールディングス

【4769】インフォメーションクリエーティブ

 

企業名PER
IDホールディングス【4709】13.3倍
インフォメーションクリエーティブ【4769】15.2倍
PER平均14.25倍

 

EPS 189円×PER14.25倍=2,693円 となります。

コンピューターマネージメントは人気が出やすいIT関連企業です。

また、既に黒字化しており成長も見込めることから人気化する可能性は十分あります。

 

まとめ

コンピューターマネージメントはシステム開発から運用まで一括して行うシステム開発受託会社です。

創業約40年の企業であり売上も50億円以上あります。

IT関連企業ということもあり人気化する可能性のあるIPO銘柄であり注目すべき銘柄となりそうです。

 

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

2020年2月2日

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。