空売りは儲かるって本当?『特別空売り料』に注意しつつ『日計り売り』でデイトレードをして大きな利益を上げよう!!

空売りは儲かるって本当?『特別空売り料』に注意しつつ『日計り売り』でデイトレードをして大きな利益を上げよう!!

空売り」は証券会社から株を借りてきて『売り』から相場に入る特殊な取引手法です。

 

【株の空売り・信用買いとは?】信用取引について『逆日歩』等のデメリットも交えながらわかりやすく解説する。

2019.01.16

 

巷でプロトレーダーが空売りで大きな利益を得たときくことも多いのではないでしょうか。

でも空売りは儲かるって本当なのでしょうか?

 

空売りは現物買いのヘッジに利用するなどリスクヘッジでの利用が一般的です。

しかし近年証券会社では儲けるための攻めの空売り「日計り売り」を導入する証券会社が増加しています。

 

今回は稼ぐための攻めの空売り「日計り売り」とはどのような空売り制度であるのか。

また実際に相場で「日計り売り」を利用し稼ぐテクニックをご紹介していきたいと思います。

 

攻めの空売り「日計り売り」の仕組みとは?特別空売り量に注意しよう

日計り売

(引用::楽天証券)

 

「日計り売り」は証券会社で呼び名が異なります。

ここでは「日計り売り」の銘柄が最も豊富で利用しやすい楽天証券の「日計り売り」(以下「いちにち信用」)を使い説明したいと思います。

 

すべての銘柄が空売りできるわけではない!?貸借銘柄と非貸借銘柄とは

そもそも上昇しているすべての銘柄に『空売り』ができるわけではありません。

ここでは空売りの仕組みを見ていきましょう。

 

<<ⅰ.空売りできる銘柄は?>>

制度信用取引ができる銘柄は貸借銘柄と非貸借銘柄の2種類が存在します。

貸借銘柄は資金の調達と株券の調達の両方が可能な銘柄であり、信用売り(空売り)も可能な銘柄です。

一方、非貸借銘柄は資金の調達のみが可能な銘柄であり、株券の調達ができません。

そのため日貸借銘柄は信用売りができない銘柄となります。。

よって、基本的に空売りが可能な銘柄は貸借銘柄のみということができます。

 

<<<ⅱ.非貸借銘柄でも空売りができる「いちにち信用」>>

基本的には空売りができない非貸借銘柄ですが、「いちにち信用」を利用した場合、空売りすることが可能になります。

しかし空売りができるといっても例外であることに変わりがなく、貸借銘柄とは異なるルールが設定されています。

 

「いちにち信用」のルール!特別空売り料は高額になることも・・

  • 基本売り建ては1日(当日)のみ

いちにち信用の売り建て期間は当日のみです。

なお、当日中に売り玉を買戻ししない場合、翌日の寄り値で強制的に買戻しが行われます。

 

  • 特別空売り料が発生する

いちにち信用を利用すると特別空売り料が発生します。

この特別空売り料は毎日異なるので注意が必要です。

人気銘柄の特別空売り料はかなり高額に設定されます。

特別空売り料に見合った幅値をとることができる銘柄を選択しなければいけません。

 

特別空売り料

参考:松井証券

 

こちらは松井証券の特別空売り料です。

特別空売り料は1株当たりの料金ですので、100単元なら、100倍の料金がかかります。

フィルカンパニーやロゼッタは4,000円台の株価で4.5円特別空売り料が設定されています。

およそ1%以上のビハインドを背負ってのトレードになります。

特別空売り料に見合った下落をする銘柄を選択する必要があります。

今回は超高額の特別空売り料の銘柄は見当たりませんが過去20円や50円といった高額な銘柄も存在したので注意が必要です。

 

『いちにち信用』ができる証券会社

いちにち信用は松井証券が売り出した制度です。当時は衝撃的だったことを今でも覚えています。

松井の導入からすぐにSBI証券でも『いちにち信用』を導入しました。

最も導入が遅れた楽天証券です。

しかし、『いちにち信用』が使える銘柄の種類が豊富で、使い勝手が良いのが魅力であるといえます。

いちにち信用は自分が今空売りしたい銘柄がなければ意味をなさない制度です。

ですから、銘柄が豊富な楽天証券が最もいちにち信用向きの証券会社であるといえましょう。

 

【無料でデイトレードが可能!】楽天証券の信用取引の魅力・特徴を徹底解説!一般信用取引の「無期限」「短期」「いちにち(一日)信用」の違いとは?

2019.03.10

 

「いちにち信用」で稼ぐための実践的テクニカル分析!

非貸借銘柄でも空売りすることができる便利ないちにち信用。

ここでは実際の相場でのいちにち信用の使い方を具体的にご紹介していきたいと思います。

 

『いちにち信用』は逆張りでのリターンが高い

通常空売りは順張りで売っていくのが正攻法です。

しかし、いちにち信用の場合は高額の特別空売り料を支払ったうえでリターンが望める銘柄に空売りを仕掛けなければいけません。

よって、超ハイリスク、超ハイリターンが望める逆張り(天井売り)で仕掛けていくことになります。

 

オルトプラスの空売り

参考:オルトプラス(3672)日足チャート

 

上図はオルトプラスの日足チャートです。

11営業日で株価がおよそ4倍になっていることがわかります。

具体的にはこのように短期で急騰した銘柄の逆張り(天井売り)をいちにち信用で狙うことになります。

 

でも、どこが天井なのか、リアルな相場ではなかなか判断することができません。

また読みを外してしまった場合、オルトプラスのチャートを見るとわかるように、ストップ高まで担ぎ上げられる危険性が高いことがわかります。

 

空売りのタイミング

参考:オルトプラス(3672)日足チャート

 

ⅰ.赤の矢印 (ボリンジャーワークから外れた時)

3σのバンドウォークで推移していた株価が崩れました。

 

【ボリンジャーバンドとは?】見方や使い方をわかりやすく解説!簡単な手法で売買タイミングをつかもう。

2019.08.07

 

ここは絶好の空売りポイントです。

 

始値  787
高値  795
安値  690
終値  707

 

寄りで売って引けで買い戻すだけでも一撃80円と11%以上の利益を上げることができます。

 

ⅱ.≪超おすすめ≫緑の矢印

しかし、上昇している銘柄の天井売りは怖いですよね?

そういった場合は緑の矢印の場面で売りに入るのがおすすめです。

 

RSIをご覧ください。ダイバージェンスを起こしていますよね。

よってこの高値更新はフェイクなんです。

 

株式投資におけるRSIの見方と計算式とは?ダイバージェンスと組み合わせた使い方を含めてわかりやすく解説!

2019.05.30

 

またボリンジャーバンドも確認しましょう、3σ未達で完全に上昇力が落ちていることがわかります。

始値:900
高値:998
安値:796
終値:837

 

個の場合寄りで売って引けで買い戻しても8%近い利益をあげることができます。

しかし、より正確に売り場を見極めたい場合は5分足でインするポイントを図っていきましょう。

 

このようにいちにち信用を使うことで非貸借銘柄を空売りすることができる上に、

空売りで大きなリターンを得ることができます。

 

ひと相場が終わった銘柄は安心・便利な空売り銘柄

日計り空売りポイント

参考:アクセルマーク(3624) 日足チャート

 

MACDからひと相場が終了していることが見て取れます。

しかし株価はというと…「大陰線が多く発生している」ことがわかりますよね?

 

こういったひと相場終わった銘柄はテクニカルリバウンドをはさみながら暴落していくだけの銘柄です。

ですからテクニカルリバウンドを狙っていちにち信用で空売りするだけで簡単に利益を上げることが可能になります。

 

簡単便利!?テクニカルリバウンドの銘柄を空売り

テクニカルリバウンドの戻り売り

参考:リバーエレテック(6666)日足チャート

 

上図はリバーエレテックの日足チャートです。

短期で株価が2倍以上になっていることがわかります。

勢いがありますが、これはテクニカルリバウンドです。

 

リバーエレテック(6666の月足チャートでみる空売りポイント

参考:リバーエレテック(6666)月足チャート

 

月足を見ると、ちがう側面が見えませんか?

単純に下落相場のテクニカルリバウンドですよね?

なので強気で一日信用で攻めてもOKだということがわかります。

 

リバーエレテックの5分足チャート

参考:リバーエレテック(6666)5分足チャート

 

予測通り便利な空売り銘柄になっていることがわかります。

赤い矢印からゼロラインからの下抜け狙いで空売りを入れるだけで簡単に10%以上利益を上げることができます。

 

このように相場を見る場合は日足だけではなく、いろいろな角度から相場を見ることでより本質をつかみやすくなります。

相場のフェイクを空売りでとることが可能になります。

 

稼げる空売り「日計り売り」の気になる手数料

いちにち信用の金利・貸株料は無料です。

楽天証券の1日信用の手数料

参考:楽天証券

 

その代わりに特別空売り料がかかります。

特別空売り料は日替わりで料金が異なりますので、いちにち信用を利用するときに確認することになります。

 

まとめ

今回は稼ぐための攻めの空売り「日計り売り」とはどのような空売り制度であるのか、

また実際に相場で「日計り売り」を利用し稼ぐテクニックをご紹介してきました。

 

いちにち信用が個人投資家に人気がある理由がお分かりいただけたと思います。

デイトレードでハイリターンを上げることができるいちにち信用を利用して空売りで稼いでみませんか。

 

「危険だからやめとけ!」と言われるレバレッジの効く「信用取引」を解説!制度・一般取引の違いと取引におすすめ証券会社も紹介。

2019.07.05



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。